海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ヨーロッパ/バルカン特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ヨーロッパ/バルカン特派員ブログ 牧野 貴彦

ヨーロッパ・バルカン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

「地球の歩き方」バルカン地域特派員ブログ担当の牧野です。

先月実施した日本のメディア各社を対象としたツアーで廻った際に訪れたラキヤ製造農家について、もう少し詳しくお伝えできればと思います。

前回のご紹介したトポラの町からさらに南に60km1時間30分ほど車で行くと、「ラキヤ」というこの地域独特のお酒を作っている農家にたどり着きました。

トポラ-ラキア農家.jpg

とてもかわいらしい家と庭構えとなっており、犬や鶏の歓迎も受けながら中へ案内を受けます。

IMG_0667.jpgIMG_0676.jpgIMG_0690.jpgIMG_0677.jpg

そもそもラキヤとはですが、どんな果物からでも作れるようですが、このバルカン地域独特の方法で発酵させて作られる蒸留酒です。セルビアでのラキヤは、プラムから作られるものが有名です。

IMG_0671.jpg

この製造農家では、色々な種類の果物からラキヤを製造しており、私たちが訪れた際には、プラムのラキヤにハチミツと香辛料を加えて加熱した、冬の時期に好んで飲まれる「シュマディア茶」というものでもって、おもてなしを受けました。バルカン地方では、訪問者に対してラキヤで歓迎するとされています。

IMG_0670.jpg

なお、シュマディア茶の「シュマディア」とは、セルビアにおける中部地方の中心にあるシュマディア地方と言われる地域の由来と言われています。シュマディアと言えば、プラムが有名で、同地方は、「森の国」と訳されるとのことです。だから、シュマディア茶なんですね。

さて、このラキヤ製造農家は、30年以上もラキヤを製造しており、数々の賞も取っているほど美味しいことで有名です。
私も色々な果物のラキヤを試させてもらいました。

IMG_0679.jpgIMG_0682.jpgIMG_0678.jpgIMG_0685.jpg

特別に、ラキヤ製造農家の方が生まれた年のラキヤとその方のご夫人の生まれた年のラキヤもいただきました。やはり、コクと奥深さがどこか感じられました。

IMG_0687.jpg

帰りには、1960年のラキヤを特別に購入させてもらい、次の目的地へと向かいました。

IMG_0695.jpg

いかがでしたでしょうか。各国には、まだまだ沢山の興味深い観光資源で溢れています。
次回は、ついにこの国初めての世界遺産へ向かいます、また世界遺産の近くにある保護地区にある絶景も眺めに行きます。

ご要望・ご不明点等ございましたら、是非ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


2016年12月12日

「地球の歩き方」バルカン地域特派員ブログ担当の牧野です。

先月実施した日本のメディア各社を対象としたツアーで廻った「トポラ」の町について、もう少し詳しくお伝えできればと思います。

トポラという町は、ベオグラードから車で南に約80km、約1時間半程度とのところにある、小さな町です。

ベオグラードートポラ地図.jpg

とは言っても、1804年から続く由緒正しいセルビア(含む旧ユーゴスラビア時代)の王家、カラジョルジェ王家が拠点として切り開いた場所であり、セルビアの歴史を知るうえで重要な町となっています。

同町の丘の上には、代々セルビア王家の霊廟が地下に祭られているオプレナツ教会があります。約400円程度で、見学もできるようになっています。さすがに王家が祀られている教会というだけあって、そもそもキリスト正教の教会はカトリック教会よりも豪華さが伺えるものの、他の正教の教会と比較しても豪華さがあります。

IMG_0638.jpgIMG_0625.jpgIMG_0629.jpgIMG_0633.jpgIMG_0634.jpgIMG_0627.jpgIMG_0637.jpgIMG_0636.jpgIMG_0632.jpgIMG_0628.jpgIMG_0635.jpg

また、同教会の裏には、王家のぶどう園があり、沢山生産しているわけではないようですが、教会近くにワイン蔵もあり、ワインも教会の敷地内にある小さな案内博物館等で購入することができ、王家の味がワインから伺えます。

IMG_0643.jpgIMG_0644.jpgIMG_0640.jpg

トポラの町から車で15分のところに、アレクサンドラビッチというセルビアにおいても有名なワインブランドのぶどう園及び併設されているワイン蔵があります。

IMG_0645.jpg

同ワイン蔵では、無料案内や試飲会も実施しており、訪れる人の好みに従って、ワインの購入もできるお土産コーナーもあります。眺めもよく、結婚式もできるようになっているようです。

IMG_0647.jpgIMG_0651.jpgIMG_0648.jpgIMG_0646.jpgIMG_0650.jpg

以上今回は、セルビアから南へ100km程度の観光地についてのご紹介でした。

次回は、セルビアをさらに南下していきます。

ご要望・ご不明点等ございましたら、是非ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


2016年12月 5日

「地球の歩き方」バルカン地域特派員ブログ担当の牧野です。

先日日本のメディア各社を対象としたツアーをターキッシュ エアラインズ様のご協力のもと、アルバニア、セルビア、モンテネグロ各国政府観光局とともに実施いたしました。

今回は同メディアツアーで廻った各国観光地の魅力をご紹介します。

メディアツアー地図.jpg

セルビア、二コラ・テスラ国際空港に到着後、早速首都ベオグラードの散策です。ベオグラードは、ヨーロッパでも有数の歴史を誇る街で、紀元前3世紀にケルト人が都市として築いたと言われています。町の中心の共和国広場から歩き、広い歩行者天国での画廊、アンティークショッピングなどを楽しむとともに、歴史ある国立劇場でのバレエやオペラ鑑賞はいかがでしょうか。散策に疲れたら、あの有名テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手のカフェでくつろげます。

DSC01987.JPG

IMG_0446.JPG

ベオグラードの南にトポラというセルビア王家、聖ジョルジェ王家の霊廟と教会の建つ町があります。周辺のブドウ園から採れる王家ワインとともに、伝統あるセルビア王朝が味わえます。

IMG_0628.JPG

少し南下して、「ラキア」というバルカン地域特有の醸造酒で、一般的にはプラムが使われることが多いですが、ラズベリー、洋ナシ、メロンなど色々な果物からも作られるお酒を造っている農家を訪れました。

IMG_0693.JPGIMG_0676.JPG

さらに南下すると、山深い渓谷の奥に12世紀から14世紀にかけて建てられたユネスコ世界文化遺産のストゥデニッツァ修道院が現れます。ビザンチン様式のフレスコ壁画で飾られた修道院での夕方礼拝の後は、正教の精進料理を楽しみ、趣あるゲストハウスでその日を終えます。

studenica©セルビア政府観光局.jpgIMG_0696.JPG

早朝礼拝で心を清めた後は、大自然を味わえるウバッツ自然保護区に向け西に進みます。ジープに乗り換え牧場を両側に据えて走ると、大蛇が峰々を這い崩して作り出したようなうねりの激しい渓谷のウバッツ川が一面に広がります。絶景です。

IMG_0769.JPGIMG_0747.JPG

その後は、モンテネグロとの国境を越え西に向かい、モンテネグロの小さな町ジャブリヤックに辿り着きます。ここは、390㎢にも及ぶドゥルミトル国立公園で、ユネスコ世界自然遺産として登録されています。2,000mを超える多くの山々や峡谷、湖があります。夏にはハイキングや登山、冬にはウィンタースポーツが楽しめます。

IMG_0795.JPG

ドゥルミトル国立公園の澄んだ空気で体を癒した後、南にバスを走らせ、聖バシリエという聖人が建立したオストログで心を癒します。険しい岩山に沿って建てられた教会は、圧巻です。

e61_dji029373©モンテネグロ政府観光局.jpg

その後さらに南下していくと、アドリア海に面した港町、コトルに辿り着きます。中世時代に重要な貿易港として栄えたユネスコ世界文化遺産コトルは、城壁から中に入り細い街路を歩いていると、まるで中世時代にタイムスリップしたような感覚に陥る歴史都市です。

DSC02080.JPG

コトルからバスで海岸線を東に走ると、そこにはアドリア海で最も美しいビーチがあるスベティ・ステファン島に着きます。イギリスのエリザベス女王をはじめとする世界各国の著名人が訪れるこの島は、中世時代はじめに漁師たちが岩に囲まれた島に海賊から身を守るために作ったのが始まりで、現在は当時の面影をそのまま残した高級リゾートとなってます。

IMG_1145.JPG

スベティ・ステファン島でセレブな気分を味わった後、2,000年もの間実を付け続け、世界一古いと言われているオリーブの木を横目に眺めながら、そろそろバスはアルバニアとの国境に向かいます。

IMG_0939.JPG

アルバニアの国境からバスは、首都ティラナに到着します。ティラナでは、まず民族音楽を楽しみながら伝統料理をいただき、徐々にアルバニア文化へ引き込まれていきます。

IMG_1156.JPG

ティラナで旅の疲れを十分とった後、アルバニアを南下します。キリスト教地区とイスラム教地区が見事に共存している4世紀ごろまで遡る歴史都市ベラットは、その城とともにユネスコ世界文化遺産として登録されています。歴史的な町並みは、家々の窓の多さから「千の窓の街」と呼ばれています。

DSC02232.JPG

次に、同じユネスコ世界文化遺産として登録されているジオカストラの街に向かいます。こちらは町の家々が石でできていることから、「石の街」とも呼ばれています。ジロカストラでは、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている、同音多声合唱ポリフォニー伝統音楽を聴きながら食事を楽しみます。

DSC02262.JPGIMG_1215.JPG

ジロカストラからは、南西に車を走らせます。途中「ブルー・アイ」と呼ばれるとても澄んだ泉を訪れ、サランダという南西の海岸線の街に移動します。街を一望できるレストランでアドリア海から採れた新鮮な魚介夕食を終えると、本ツアーは終盤を迎えます。

DSC02285.JPGDSC02298.JPG

最終日は、アルバニアのもう一つのユネスコ世界文化遺産として登録されている、ブトリントを訪れます。古代ギリシャ、ローマ、その後オスマン・トルコ等数々の覇王の支配を受けつつも、ここまで保存状態が良い遺跡はなかなか見られません。紀元前6世紀頃に街として始まり、古代トロイの都市計画法に従って建設されたとされています。神殿、古代劇場、モザイク洗礼堂、バジリカなどは見事です。

butrint©アルバニア政府観光局.jpg

ブトリントを後にして、アドリア海岸線をゆっくりと北上します。途中の町々でカフェを楽しみながら、いよいよツアーは終了を迎えます。帰りは、アルバニア人として知られるマザー・テレサの名前にちなんだ国際空港から帰国となります。

IMG_1237.JPGDSC02331.JPG

いかがでしたでしょうか。各国には、まだまだ沢山の興味深い観光資源で溢れています。

次回は、今回のツアーで廻った各国観光地についての魅力を一つずつご紹介できればと思います。

ご要望・ご不明点等ございましたら、是非ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


2016年11月28日
2016年10月19日
2016年8月31日
2016年8月10日
⇒すべての記事を見る

ヨーロッパ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ヨーロッパの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ