海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク特派員ブログ

タイ/バンコク特派員ブログ サカモトヨウコ

タイ・バンコク特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



2018年のキンジェー(菜食期間)がスタート


vegetarianfes18_0483.jpg

今年も菜食期間「キンジェー(กินเจ)」ことベジタリアンフェスティバルが始まりました!2018年は10月9日〜10月17日の期間。


「キンジェー」は観音信仰の中華系仏教徒の習慣で、この期間の間、肉、卵、魚などの動物性食品、ニンニク、ニラ、ネギなどの匂いのきつい野菜、アルコール類の摂取を避け、身を清めます。


期間中、特に中華系タイ人が多いバンコクでは、至る所でジェー(菜食)を表す「齋」の文字が書かれた黄色いマークを見かけます。肉や魚を扱う食堂や屋台のなかには休業するお店も一部ありますが、肉・魚を大豆を加工した代替タンパク質に置き換えたタイ版の精進料理のようなものが、至る所で味わうことができます。きのこ類を使った食品も多いのも特徴。



キンジェーで盛り上がるヤワラート(中華街)


すでに多くのタイ人に浸透しているキンジェーの習慣ですが、中華系の行事のため、一番盛り上がるのはやっぱり中華街のヤワラート通り。ワット・トライミット近くの中華門を起点に、ヤワラート通りの一角の100数十メートルほどの両側にベジタリアン料理やデザートを販売する屋台が軒を連ねます。

vegetarianfes18_0484.jpg vegetarianfes18_0481.jpg vegetarianfes18_0524.jpg

旧正月ほどの規模ではありませんが、獅子舞が練り歩き、お祭りモードに。屋台で売られているジェー料理は、慣れ親しんだ料理がいつも少しだけ違う食感で味わえるので、グルメとしても十分楽しめます。


大豆ミート。ポークの見た目がリアル! vegetarianfes18_0530.jpg vegetarianfes18_0531.jpg

ガパオ(バジル炒め)やトートマン・プラー(魚のつみれ揚げ)といった料理も、もちろんジェー仕様。ただし、ジェー料理は味付けが濃かったり、揚げ物を多用しており、通常のものより格段にヘルシーという訳ではありませんので、食べ過ぎにはご注意ください。 vegetarianfes18_0488.jpgvegetarianfes18_0537.jpgvegetarianfes18_0533.jpg

お供え用の豚の頭も、こんな風に。 vegetarianfes18_0541.jpg

プラム味のソフトクリームといったものから、伝統的なハーブジュースまで。普段はあまり目にしないデザートも多く販売されており、甘党な方にもおすすめです。 vegetarianfes18_0490.jpg vegetarianfes18_0527.jpg


どこでも買えるジェー料理


ジェーのマークが付いた料理は、屋台や食堂、レストランだけでなく、セブンイレブンやスーパーマーケットでも買うことができます。きのこパスタといった冷凍食品や、ジェー仕様のインスタントラーメンといった期間限定品の他に、豆乳や動物性タンパク質を含まないデザート類にもジェーの印が付けられます。


私のこの時期の楽しみは、かぼちゃや黒ごまペースト入りのパンや、伝統的なタイ・中国のデザート。また、台湾などの中華圏でも見かけますが、「齋」マークのある月餅などの中華焼き菓子は、ラードを使用した通常のものよりもさっぱりとして癖がなく、和菓子のように食べやすくオススメです。



期間中にタイに滞在される方は、ぜひこの時期ならではのジェー料理を試してみてください。
2018年10月11日
ストリートアートが集まるエリアHua Chang


StreetArtBKK__DSC5789.jpg バンコクでは下町のあちこちでグラフィティーを見ることができますが、なかでもセンセープ運河Hua Chang船着場周辺は、至る所の壁がストリートグラフィティーで埋め尽くされていることで知られているエリア。その一角にある公園Chalerm La Park(Sapan Hua Chang)は、有名なアーティストによる作品が多く見られる場所。BTSサイアム駅からラチャティーウィー駅に向かう際に、進行方向の右手に見える、ど派手な空き地。乗車中に目にしたことがある方も多いはず!



バンコク最大のグラフィティーイベント


StreetArtBKK__DSC5781.jpg


先週末、ここで開催されたのがバンコク最大のグラフィティーイベント「Meeting of Style 2018」(以下、MOSBKK 2018)。タイを中心に、国内外のアーティストが80名ほど参加し、この広い敷地の壁画のほとんどが一新されました。


おなじみのRukkit,Bonus,AlexFaceといった、ストリートアートの枠を超えて活躍するアーティストから、新鋭アーティスト、台湾、ミャンマー、ベトナムなどの海外からも参加。主催するのは、グラフィティー関連のイベントのオーガナイズやWebを作るSpray Brush。グラフィティーは許可を取らず違法に行われるものが多い中、こちらはコミュニティーの発展にも役立つイベントということで、正式に地元の区の許可を得ているそう。


コンセプトは”BANGKOK CITY”。ムエタイやタイのお菓子など、タイらしい作品がたくさん見られます。



会場の様子


StreetArtBKK__DSC5786.jpg
こちらは、後ろのムエタイをするタイガーの作品を描いたアーティストPAKORN。

StreetArtBKK__DSC5782.jpg

StreetArtBKK__DSC5776.jpg

StreetArtBKK__DSC5777.jpg

StreetArtBKK__DSC5774.jpg

StreetArtBKK__DSC5773.jpg

StreetArtBKK__DSC5771.jpg
一部、以前のものもそのまま残っています。
StreetArtBKK__DSC5780.jpg

とってもフォトジェニックなので、学生など、カメラ片手に訪れている人がたくさん。天気にもよりますが、8月8日ごろには全ての作品が完成し、見頃となります。作品は、次に塗り替えられるまで見ることができます。



MBK前の美術館BACC(Bangkok Art and Culture Center)からも歩いて数分の立地。入場無料で、どなたでも気軽に入ることができるので、アート好きな方はもちろん、フォトジェニックな場所をお探しの方もぜひどうぞ。



イベント詳細:
Meeting of Style 2018 (MOS BKK 2018)
https://www.facebook.com/MOSThailand2014/

Spray Brush
http://sprayxbrush.com/



会場:Chalerm La Park



入場料:無料




2018年8月 7日
7月のバンコクはこんな気候


_DSC7690.jpg


バンコクにある三つの季節「夏」「雨季」「乾季(冬)」の、「雨季」のはじめが7月になります。猛暑のピークは超えたものの、日中の平均最高気温は33度。平均湿度は90〜95%と、文字通り湿度が高く、突然激しく雨が降り始めて、プチ洪水や渋滞になることも。


ただ雨が降るといっても、一日中しとしと降ることはほぼなく、1〜2時間、時に数時間に集中して雨が降ることがほとんど。この時期の天気予報を見ても、毎日雨マークなのであまり役には立ちません。2-3km先では全く雨が降っていないなんてこともあるので、私はバンコクの雨雲レーダーをチェックしたりします。 https://www.accuweather.com/en/th/bangkok/318849/satellite/318849



7月のファッションと持ち物


7月のバンコクは日本との温度差も少ないので、基本的には日本と同じファッションで大丈夫。ただ、商業施設や電車・タクシー内は冷房がかなり効いているので、特に女性は薄手の上着かストールを常備するのがオススメです。足元は濡れてもOKな素材の靴を。街歩きをするなら滑りにくく足首を固定できるタイプのサンダルが安心です。折り畳み傘は必須アイテム。


あと、この時期に、特に男性がやりがちな失敗が、カジュアル過ぎるファッション。ルーフトップバーや、ホテルのレストランなど小綺麗な場所に入るなら、ビーチサンダル+短パンはNG。あまりにラフな格好だと、ドレスコードが明記されていない場所でも、入場を断られることもあります。



7月のバンコクの女の子


先日開催されたバンコクのインディー音楽レーベルPanda Recordsが主催する音楽とハンドメイド雑貨のイベント「Norm Market ‘Reuse is GOODs’ by Noise Market」で出会った女の子に話を聞いてみました。


_DSF4702.jpg


二人は大学を卒業したての23歳。「apricott.homme」という米袋を再利用した鞄のブランドを立ち上げたばかり。サスティナブルなライフスタイルに興味があり、いろんな米屋に飛び込みで交渉して素材を集めているんだそう。


_DSF4696.jpg


Bamさん(右)「今日のシャツは韓国旅行で見つけたビンテージです。カバンは(自分たちのブランド)apricott.hommeのもの。タイ発のファッションを買うならサイアムスクエアですね」


Neptuneさん(左)「今日の服はチャトチャック市場で買った古着です。もしファッションが好きなら、チャトチャック市場はオススメですよ。雨の日は正直外に出たくありませんが、出かけるならカフェかな。今一番のお気に入りのカフェはSoi Nanaにある『NANA Coffee Roaster』です」



オススメの過ごし方


・BTSサイアム駅〜BTSナショナルスタジアム駅:
Siam Paragon、Siam Discovery〜Siam Center〜BACC(Bangkok Art and Culture Center)


丸一日買い物&グルメを楽しむならここ。特にSiam Discovery〜Siam Centerには自分用に買いたくなるような、高品質のファッションアイテムや雑貨が揃います。お買い物に疲れたら、Siam Paragonで映画を観たり、BACCでアート鑑賞やコーヒーを飲んで一息を。


_DSC9252.jpg


地上階にあるCoffee Dripでは、美味しいドリップコーヒーがいただけます。また、3階のHappening Shopでは、タイのアート本やCD、Wisut Ponnimit(タムくん)のグッズが揃います。


_DSF4098.jpg


BACCの向かいにあるショッピングモールMBKの前は、人気のタイ人アーティスト・イラストレーターLolayのスカルプチャーや絵が設置されている、フォトジェニックなスポット。天気がよければ、合わせてどうぞ。



7月に食べたいグルメ


バンコクにいると、基本的に年中ほとんどの果物が手に入りますが、やっぱり旬のものは別格!今、ぜひ食べて欲しい果物を紹介します。


・マンゴスチン


甘酸っぱいマンゴスチンは、果物の女王と呼ばれるタイを代表する果物の一つ。(王様はドリアン)ナイフで皮に切り目を入れるか、指で皮を割って中の白い身を食べます。また、美白にもいいと言われるマンゴスチン皮を配合した石鹸はタイ土産の定番です。1kg35-50Bほど。


・ランブータン _DSF4559.jpg


ライチにも近い食感の爽やかな甘い果物。タイ語で「ンゴ」と言い、ナイフで皮に切れ目を入れて、中の半透明の果実を食べます。コンビニには缶入りのシロップ漬けも販売されているので、お土産にも。1kg20-40Bほど。


他にも、7月前半はまさに食べ頃の完熟のライチ、マンゴー、グァバ、パイナップル、ドラゴンフルーツなどがとっても安く売られいて、フルーツ好きには堪らない季節!私が果物を大量買いする時に利用するのが、プラカノン市場。果物ナイフやピーラー(皮むき器)も1つ20バーツ程度で買えるので、カットフルーツ屋台にはない果物にも挑戦してみたい方はぜひお試しを!



7月の祭日・イベント


本格的な雨期に突入する7月は、僧侶が修行に入るカオパンサー(入安居)と現タイ国王の誕生日があります。カオパンサー(入安居)にはお寺で使うろうそくを奉納する習慣があり、バンコク市内のスーパーなどでは長さ1m、直径30cmはある巨大なロウソクが販売される様子が目につきます。また、東北部のウドンラチャタニで開催されるのが、彫刻を施したろうそくの山車のパレードを行う「キャンドル・フェスティバル」。この日はタイ全土で酒類の販売が禁止され、この日から3ヶ月間禁酒する人もいます。


祝日・休日:
・7月27日(木):アサハブーチャ (三宝節)
・7月28日(金):カオパンサー(入安居)、ワチラロンコン国王誕生日
・7月30日(月):振替休日


7月28日は新国王・ワチラロンコン国王の誕生日で、2017年から祝日となりました。4連休になるので、この期間は地方のホテルの価格が高騰しています。


あと、今年初めて開催されるタイのアートビエンナーレ。7月から年末にかけて、なぜか3つの異なるオーガナイザーにより、3度行われます。主催者側も参加者側もやや混乱していますが(笑)、そのトップバッターとなる「Bangkok Biennial 2018」が7月1日から始まっています。こちらは、9月30日まで。小さな独立系ギャラリーがパビリオンなり、様々な展示やイベントが開催されています。このあと開催される2つのビエンナーレと比べ、コマーシャル度が低い、インディペンデントなもの。若手アーティストを発掘したい方にはぴったりかもしれませんね。


Bangkok Biennal 2018 https://www.facebook.com/BangkokBiennial/


雨期のバンコクはとにかく、全てが天気次第!時間の余裕を持った旅行の計画を立ててください。
2018年7月 3日
2018年6月29日
2018年6月 5日
2018年5月14日
2018年4月12日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク特派員

    バンコク特派員
    サカモトヨウコ
    フォトグラファー。2001年、学生時代に初めて訪れたタイに魅了されて定期的に通ううちに、次第にバンコクが拠点になり早10年。ユースカルチャー、アート、音楽、最先端のトレンドなどにアンテナを張っており、カルチャー系webサイトなどにも寄稿中。旅と猫とお茶が好き。趣味はギャラリー巡りとタイ料理作り。写真と連絡先はこちらDISQUS ID @disqus_xVyN9rCjRC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集