海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク2特派員ブログ

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


12月ですね!2018年もあっという間に最終月を迎えました。バンコクの街でも、至る所でクリスマスのイルミネーションが飾られています。

18-79-01.jpeg
先月のことですが、デパート前の広場では華々しくクリスマスのセレモニーが開かれました。平日にも関わらず、人人人で大にぎわい!
18-79-02.jpeg
この時、まだ11月の半ば!タイの歌手や有名人がたくさん招待されていたようで、場内ではあちらにもこちらにもカメラマンが。頭上にはドローンの姿も散見されました。
18-79-03.jpeg
可愛らしいサンタ達も登場し、クリスマスソングやダンスで大盛り上がりの夜となりました。
18-79-04.jpeg
バンコクでは、年々クリスマスの催しが華やかになっている印象を受けます。特にデパート周辺ではダイナミックなデコレーションが楽しめますので、お近くを通りがかった際にのぞいてみてはいかがでしょうか☺︎
18-79-09.jpeg


クリスマスデコレーションが楽しめるスポット〈プロンポン編〉



最寄駅:BTSプロンポン(Phrom Phong)下車。駅の改札をデパートの「エムクオーティエ(EmQuartier)」や「エンポリウム(Emporium)」方面へ出ると、すぐにクリスマスモードのデコレーションが目に入ります。
18-79-10.jpeg


2018年12月 4日

〈閉店のお知らせ〉

以前ご紹介したこちらの店舗は、閉店となりました。バンコクには、他にもクラフトビールを飲むことができるお店があります。またこちらのブログでご紹介したいと思いますので、お楽しみに☺︎




クラフトビールがアツい、バンコク。中心部のスクンビットエリアだけでなく、バンコクの中華街「ヤワラート」にも美味しいクラフトビールやさんが潜んでいます。今回は、2017年にオープンした「Let The Girl Kill」をご紹介します。


letthegirlkill0.JPG



オーダー方法


縦に長い、こじんまりとした店内。メニューはボードにあるので、正面のカウンターで注文し、その場で支払います。ビールが準備できると、カウンターから呼ばれます。場合によっては席まで持ってきてくれることも。価格帯は180バーツ〜200バーツ台が中心です。

letthegirlkill1.JPG

ヴァイツェンタイプ。
letthegirlkill0.JPG


こちらはポーター(UNDER DOG/PORTER)。
キリッとした黒ビールです。


letthegirlkill6.JPG


3種セットもあるので、お好みの味を飲み比べてみるのも楽しいですね。
letthegirlkill7 13-19-23-995.JPG




Let the Girl Kill

所在地:747 Charoenkrung Rd., Bangkok, Thailand
交差点からほど近い場所にあります。

FB : Let the girl kill
最新の営業時間は、FBにてご参照ください。


2018年12月 3日

タイの11月の風物詩、灯籠流しの「ロイクラトン」。例年11月に行われる催事で、今年は昨日(22日)にバンコク各地で賑わいを見せました。
Loycrathong1.jpegのサムネイル画像



ロイクラトンとは



タイのお祭り「ロイクラトン(Loi Krathong Festival)」。バナナの葉で作られたクラトン(灯篭)を水辺に流して農作物の収穫へ感謝を捧げ、罪を洗い清めるという一年に一度行われる風習です。

Loycrathong8.jpeg


毎年、旧暦の12月の満月の夜に催される「ロイクラトン」。バンコクでは、今年は11月22日行われました。私marie(マリー)が当日向かったのは、BTSアソーク駅からほど近い場所にある「ベンシャキティ公園(Benjakiti Park)」です。現地には18時台の到着で、ちょうどお勤め帰りの皆様の帰宅ラッシュと重なった時間ということもあり、駅構内はかなりの混雑でした。

Loycrathong2.jpeg

主要道路もやはり渋滞だったようで、距離によってはタクシーではなく、一駅くらいなら徒歩で向かうのも一つの正解だと思います。

さて、公園の最寄駅であるBTSの「アソーク(Asok)」で下車し、そこから徒歩で現地に向かいます。尚、この公園へは、地下鉄のMRTからもアクセス可能です。道中、通路にはクラトン(灯篭)を売る屋台が並んでいました。小さな女の子の関心を引きそうなクラトンから、ランの生け花も美しいクラトンまで、そのセレクションは様々。安いものでは30バーツ、日本円で100円ほどから販売されています。

Loycrathong3.jpegのサムネイル画像

現地の公園に到着すると、池にはキラキラとクラトンの明かりが浮かんでいました。比較的早めの到着だったからか、公園内には往来の人もそれほどすし詰め状態でもなく、程よい距離感覚で楽しむことができました。

Loycrathong4.jpegのサムネイル画像
あちらこちらで、火を灯したクラトンに深いお祈りを捧げながら水に流す光景が見られます。バンコクでは、年齢が若い方々も立ち止まって祠に手を合わせたり、日常的にお祈りをしているのを見かけますが、その度につい胸が熱くなってしまいます。


灯籠流しのスポットでは、一年に一度の行事なのにも関わらず、流す灯篭が生花でもリーズナブルなのが良心的です。ご旅行でいらした方や外国人でも、カジュアルに参加できるのが良いところ。ランは日本では高価で非日常的な花なので、この機会に生花を選んでみるのもタイの思い出になりますね。他にもジャスミンなど、「タイならでは」の南国らしい生花をあしらったクラトンがあるので、来年参加予定の方はぜひそういった香りも楽しめそうなクラトンに注目してみてはいかがでしょうか。
Loycrathong1.jpeg
私が前年参加したチャオプラヤー川エリアは、この場所の比ではないほどの混雑ぶりでした。穏やかに「ロイクラトン」に浸りたい場合はこちらの公園がオススメです。

さて、今年も残り少なくなって参りました。皆様にとって、2018年が充実した思い出深い日々でありますように!ハッピー ロイクラトン☺︎


2018年11月23日
2018年11月22日
2018年11月16日
2018年11月 6日
2018年11月 1日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク2特派員

    バンコク2特派員
    marie
    タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集