海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バルセロナ特派員ブログ

スペイン/バルセロナ特派員ブログ 岸田 早希子

スペイン・バルセロナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

barcelonaestamoscontigo.jpg


昨日8月17日にバルセロナのランブラス通りでテロが起こりました。
不幸中の幸いで、特に知り合いが影響を受けることはなかったのですが、大好きな街に深く大きな傷あとを残した今回の出来事に怒り、かなしみ、やりきれなさ・・いろいろな思いがこみ上げ昨日は何も手がつかない状態でした。

現時点では日本人の被害者は報告されていないとのこと、事件のあったランブラス通りも解放され、一時閉鎖されていた通りや駅も通常通りに戻り、本日は公共の交通機関もスケジュール通りに動いています。

犯人のうち5人は拘束(数名は射殺)されたとのことですが、実行犯一名が現在も逃走中とのことでバルセロナの周辺の道路などでは
検問が引き続き行われていますし、まだしばらくは予断が許されない状況かと思います。

また今回の事件を受けて街全体のセキュリティはかなり厳しくなっていますが、念のため人が多く集まる場所は避けた方が無難かと思います。

今回のランブラス通りと同様にバルセロナで人が集まりやすくまた車が侵入しやすい場所の情報をいくつかシェアさせていただきます。
もし万が一付近に出かけられる際は、周囲に避難できる場所があるかどうかも確認されたほうがよいかと思います。

■ カテドラル前広場
旧市街にあるカテドラルの前の大きな広場には一日中たくさんの人が行き買っておりかつ特に大きな段差がないので
車の侵入はしやすいです。

■ モンジュイックの噴水
夏の間は水曜から日曜まで噴水ショーが行われておりサグラダファミリア以上に人が訪れるそうです。
最近はパトロールの車が頻繁に巡回していますが、こちらもトラックが出入りできる大きな広場の入り口があり、特にチェック機能がありません。
見る場合はできれば階段付近でみるとよいかも知れません、車がとおれないので

■ ランブラ カタルーニャ通り
ガウディの建物が並ぶパセオ デ グラシアに並行して通っている通りで、通りにはカフェやレストランがテラスを出しいつも人であふれています。

■ プエルタ デ アンヘル通り
今回事件のあったランブラス通りに並行する通りで、通常歩行者天国となっているかなり広い通りですが車が自由に出入りできる作りになっているので注意が必要です。

■パセオ デ ジョアンボルボ
地下鉄バルセロネータ駅からバルセロネータ海岸に伸びる大通りで特に夏場はテラス席がかなりにぎわいます。

その他の観光名所(サグラダファミリア、グエル公園など)は入場の際に必ず厳しいセキュリティチェックが行われているはずなので一旦入ると安全かとは思いますが、周囲にはあまり長居し過ぎないのが無難かも知れません。

“スペインはテロとは無関係かと思っていた”といわれることがありますが、実際はバルセロナにはヨーロッパ最大のモスクの建築計画(かつてのMonumental闘牛場がモスクに改築される計画が一時期ありました)もされていたことがあり、イスラム教徒の数は多い土地です。ただこれまでのアルカイダやETAのテロの経験を経てスペインの警察がテロ対策に長けていたこともありこれまでのテロが防げていた可能性は高いと思います。あとはおそらく他の国に比べると宗教や人種の違いに対しては寛容なお国柄、対立がそれほど表面化していなかったこともあるのかもしれません。

立て続けにテロがヨーロッパ各地で起こり、正直不安な気持ちはぬぐい切れませんが…上記のジョほうが少しでもこれからいらっしゃる方のお役にたつことをお祈りしつつ。


亡くなられた方々のご冥福と、怪我をなさった方のご回復を心よりお祈りいたします。


2017年8月18日

ヨーロッパの本格的なバケーションシーズン到来で、バルセロナは例年にないにぎわいを見せています。
あまりに観光客のが多すぎる中心街から足が遠ざかるようになって久しいのですが、
先日ふとこんな記事を目にしました。


Bye-bye locals: Tourists are taking over Europe’s city centres


記事の中でゴシック地区で25年間暮らしていたアパートが投資家に売りに出され強制退去、
周辺の家賃が高くなりすぎたため住み慣れた地区を離れざるを得なくなった76歳のおじいちゃんのことが触れられていました。

読み終えて観光客としてこの街の魅力に取りつかれ何度も訪れた”元観光客”であり、13年間住み続けている”バルセロナ市民”としてとても複雑な気持ちにならざるを得ませんでした。


バルセロナは気候もよく、世界遺産もたくさんあり食べ物もとてもおいしく観光地としてはとても魅力的な場所です。
なので世界中から観光客が集まるのは、かつてその一人だった立場としてもとてもよくわかります。

私が足しげくバルセロナに通っていた?ころはそれほど観光客はみかけることはなかったのですが近年LLCなどの発達によって、観光客数が短期間に大幅に増えました。急激な変化についていけず、ホテルの数も足りなくなり価格も数年で大幅に値上げされたようです。


ホテル不足の解消・価格の高騰を解決する手段として、バルセロナを訪れる人たちにホテルの代わりに使用されるようになったのがAIRBNBなどのプラットフォームを使用した”民泊”です。ちなみにバルセロナ市では(隣のホスピタレット市も)市から認可を得た建物しか民泊”として営業できないことになっています。認可なしに営業をおこなうことは違法です。(最高で30000ユーロの罰金が課されます)旅行者に”部屋貸し”をするためにも民泊”としての認可を受けることが必要です。

ほんの5年ほど前までは民泊の利用者もそれほど多くなく、バルセロナ市から正式に認可を受け登録することは比較的簡単だったようです。ただここ数年、AIRBNBをはじめとするプラットフォームの発達により手軽に旅行者に貸し出せるようになったこと、そしてビジネスとしても通常の賃貸よりも利益率が高いことと相まって、今まで賃貸に使用していた持ち家を民泊”として貸し出す人たちが急激に増えました。


そのせいもあり、バルセロナ市内では賃貸の家賃がここ1-2年で極端に高騰しました。記事の中のおじいちゃんのように長年住み慣れた場所を離れざるを得なくなっている人もたくさんいます。記事の中にありますが、観光名所として知られているゴシック地区の人口は2006年から2015年の間に一万人ほど減りました。現在ゴシック地区にある住居の63%が観光客用の短期滞在用として使用されています。
サグラダファミリア近くのアパートを借りていた友人の一人も、急に”大家の都合’で退去させられ、一カ月後に1.5倍の値段で貸しに出されていたのをみかけたそうです。


これ以民泊が増えると市民の生活に悪影響が出かねないと判断のうえ、1-2年ほど前からバルセロナ、そしてバルセロナに隣接するホスピタレット市でも新しい民泊への認可は下りていません。(バルセロナはホテルの建設許可も市長が変わってから凍結されました)
許可が下りなくなってもの民泊の数は増え続けたため、(スペインの大手不動産サイト idealistaによれば、現在バルセロナに存在する民泊の40パーセントが営業許可を得ていない違法のものです)バルセロナ市は取り締まりを本格化し、去年から市民に”違法民泊の通報”などのチラシを配布し、専門機関を組織するなどを行っています。同時に民泊を提供するプラットフォームにも登録している建物に”営業認可登録番号”の提出を義務化するよう協力をよびかけたところ、AIRBNBをはじめとするいくつかの大手のプラットフォームは協力を拒否したそうです。


これに関してバルセロナ市から2度にわたってAIRBNBに総額で600,000ユーロの罰金が課せられました。(明らかな違法行為を助長すること自体も違法行為です。スペイン語になりますが元記事にご興味がある方はこちらから読むことができます。


アパートを登録する際にホストに認可番号の提出を義務つけることはAIRBNBのような大手のIT企業にとって決して技術的に難しいことではないと思います。にも関わらず未だに協力を拒否しているのは、違法民泊がなくなることによって大幅な損失が見込まれるからかもしれません。もし事業の利益のために違法行為を助長するようなことをしているとすれば企業のモラルに問題があるように思えます。
宿泊する側にしても、安全基準を満たしていない違法の民泊を使用するということは大きなリスクになり得ます。(AIRBNBには認可された民泊も掲載されていますが、現状認可されているかどうかは確認することができません)
また、違法の民泊を利用することはなんらかの形で、先に引用させていただいたおじいちゃんのような人たちをさらに生み出す、地元の人たちを追い出してしまう、ことにつながっているのではと思います。


私が一番最初にバルセロナを訪れた時、美術館を歩いているような世界遺産にあふれた美しい街並みと同じくらいに、この街の人たちの親切さや明るさに魅了されました。この街で暮らし始めてからも、いろいろな人たちに助けられながらなんとか13年間やってくることができました。バルセロナの街はそんな人たちがあってからこそ、”バルセロナ”なのだと思います。
だからこそ近年の観光ブームで急激にバルセロナの人たちがバルセロナを去る選択を取らざるを得ないことをなによりも悲しく思いますし、地元の人がいなくなった形だけの”バルセロナ”という名前のテーマパークにはなってほしくないと心から願います。(もう手遅れかもしれませんが)


私自身も旅行の際に民泊を使用したことはありますし、長期滞在、家族やペット連れの旅行の際にはとても便利だと思います。
新しいプラットフォームによって急激に利用者数が増えたこともあり、現時点では利用者の利便にこたえつつ、市民の生活を壊すことない共存の方法を模索しているような段階のようにも思えます。なので、民泊の使用に絶対反対(一部のバルセロナの観光客ヘイトの活動家たちの人のように)というわけでばありませんが、自社の利益を優先し、住民のことは省みないとくみ取れるようなAIRBNBのスタンスには大いに疑問を感じます。


もちろんバルセロナ市から認可を得ている民泊のみを掲載しているプラットフォームも存在します。念のため以下にあげておきますね。

Booking.com


HomeAway


TripAdvisor


Rentalia


Apartur


バルセロナでの宿泊先を決める際に、ひとりひとりの選択がこの街にどのような未来ををもたらすのか、これからもバルセロナが魅力的な街でありつづけるために、訪れる方にも少しだけ知っていただきたいなと思い書かずにいられなくなった次第です。


2017年7月14日

スペイン、一時期より景気は良くなり失業率もぐんと改善されたものの、スリの被害は増加の一方で本当に困ったものです。
本日最近またかなり被害件数が多くなったと日本領事館より通達があったのでシェアさせていただきます。
そして手口なども次々と新しくなっておるようで…。加えて、かなり独断と偏見がはいっておりますが^^:
何度も目の前でスリを目撃してきた長年バルセロナで暮らす者としてのアドバイスも参考にしていただければと思います。


在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ
在バルセロナ日本国総領事館

最近,目立って発生しているのは以下の様な犯罪手口です。
【食事中の置き引き】
食事中,知らない人物からいきなり声をかけられ,気を取られている隙に隣席等に置いていたバッグを置き引きに遭う被害が頻発しています。食事中もバッグは膝の上に置く等して目を離さないようにして下さい。サグラダ・ファミリアやグラシア通り等の観光地での発生が目立っている他,ホテル朝食会場でも多発しています。

日本だとレストランやカフェなどの席取りのために鞄を置いたりしても全く大丈夫な場合がほとんどですが、バルセロナで同じことをすると一瞬でなくなります(冷汗)。近くにおいていても目を離したすきに持っていかれることが多くあり、足元に置いておくなどもってのほかです。上記以外の場所でも、これまでウェイターに盗難されたというケースも聞いています。(その方は帰る直前の日で鞄の中にパスポート、飛行機のチケットも入れていて手続きがすごく大変だったそうです。)
肩かけバッグなどを使用するなどして鞄はしっかりと身につけておいてください。

【電車内等におけるスリ】 身体を不必要に密着させ,バッグ内から財布等を窃取する手口が頻発しています。見知らぬ人物が不必要に身体を密着させてきた場合は,すぐにその場から離れて下さい。特に地下鉄やバス等の公共交通機関内で多数発生しています。

つい先日もグエル公園駅から地下鉄にのったときに、目の前でスリを目撃しました。(といっても実際にすっているところは本当に手品のようで全く見えなかったのでその場で捕まえることができなかったのです。)地下鉄の反対側に座っていたロシア人の観光客カップルにちょっとこ汚い二人組の女性が地図を持って近づいて行って場所を訪ねていたようでした。そもそもジャケットを着ているのに手にもジャケットを持っている(おそらくすっているのを見えないようにするための道具です。)おかしいなーと思って様子をみていたら話しかけた直後の駅で走るように降りてしまいました。そのあと、ロシア人の女の子の顔色がスーッと変わったのに気がついて声をかけてみたらやっぱり手に持っていたバッグの中身を全部すられてしまったそうで…。警察の場所を教えてあげましたが、地下鉄でのスリは本当に多いです。
手口としては、観光客の多いグエル公園やサグラダファミリアの駅でターゲットの目途をつけてそこから一緒に地下鉄にのってスリを行い次の駅でそそくさとおりていくというやり方のようです。そもそも現地の人はあきらかに”観光客”に見える人たちに道を尋ねたりしませんので、道を尋ねられた場合は無視するのが無難です。

【ケチャップスリ】 汚れた液体を衣服にかけ,その液体を拭き取ろうと親切を装って近づき,その隙にバッグ等を奪う手口です。最近は鳥糞に似た,緑色の液体をかけることが多くなっています。このような場合,親切を装って声をかける人物が近づいてきても絶対に相手にすることなくその場からすぐに離れて下さい。最近はカンプ・ノウ付近での被害が目立っています。

以前はサンツ駅のエスカレーターでよくあったらしいケチャップスリ。最近はカンプノウなのですね・・。
この手のスリを未然に防ぐためには、外出の時は”現金はあまり持ち歩かない”ことです。(カードだとすぐ止められますし被害も少なくて済みます。スペインはほとんどの場所で少額からカードが使えますのであまり現金は持ち歩かない方が無難です。)
ちなみにスマートフォン(とくにIphone)もスリのターゲットになっているようですのでくれぐれもお気をつけください。

【高速道路上でのパンク盗】 レンタカー等でバルセロナ郊外を走行中に車両がパンクし,修理を始めると親切を装った人物が近寄り,車から目を離した隙に車内の貴重品を奪う手口です。特にサービスエリアに立ち寄った後に発生することが多くなっています。パンク修理の際は車両を確実に施錠し,見知らぬ人が近づいてきた場合は無視をするか,危険を感じた場合はすぐに警察へ通報(112番)して下さい。バルセロナ近郊の高速道路で多発しています。

レンタカーをお使いになられる方は少ないとは思いますが、車から離れる場合は原則車の中に物を置かないでください。貴重品はもってのほかです、ほとんどの確立でなくなります。貴重品があると気付かれると施錠されていてもガラスを割って盗難される可能性もあります。(一時期自分のバイクの部品が車の中にあるものを盗難するためのガラス割りの道具として何度か盗まれたことがあり大変だったことがあります…)

スペインでは暴力を伴わない300ユーロ以下の金品の盗難は”Leve(軽犯罪)”とされ重い罪に問われない(罪にさえ問われない?)とされているそうでそのためにスリがなかなかなくならない+手口もますます巧妙になってきているようです。

たとえ被害が少額でもせっかくの楽しい旅が大なしになってしまいますので、最低限旅の間は貴重品からは”気”と”目”を絶対話さずに!
あと、意外とスリは小心者だったりします。怪しい人が近づいてきたら日本語で”あっちいけ!”といえばほとんどの場合あっちにいってくれますので、堂々と追い払うのが一番です!


2017年3月25日
2017年2月18日
2016年11月30日
2016年10月16日
2016年9月23日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バルセロナ特派員

    バルセロナ特派員
    岸田 早希子
    1996年に初めて訪れたバルセロナに”一目ぼれ“その後8年間バルセロナと東京間を毎年往復し2004年より”念願“のバルセロナ在住。現在はスペイン企業に勤務しつつ、日本語を忘れそうになるほど”バルセロナ”にどっぷりつかる毎日。“好きこそものの上手なれ”か、現地の友人たちの間でもお墨付きの”バルセロナ通“。友人たちと作ったサイト“Totteokiバルセロナ”で現地の最新情報を発信中。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集