海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オーストラリア/バロッサバレー特派員ブログ

オーストラリア/バロッサバレー特派員ブログ ヴァンダズワン 愛

オーストラリア・バロッサバレー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

新年明けまして、おめでとうございます。
2015年が読者の皆様にとってすばらしい一年となりますように。
今年も私、ヴァンダズワン愛とこちらのブログをよろしくお願いいたします。


IMG_9742.JPG


去年中頃からバロッサ・ファーマーズ・マーケットに
2週に一度、出店しております。
このブログを書くヴァンダズワン愛に直接会える機会でもありますので
遠慮なくお声をかけて下さいね。


さて新年早々、ちょっと驚かせるブログで申し訳ございません。
しかし、1月2日にアデレードの北東、バロッサのすぐ南で
山火事が発生いたしました。


IMG_9737.JPG


地域としてはアデレードヒルズになりますが、
バロッサの隣ですし、私が住んでいるところはバロッサの中でも
南寄りなので、発生した場所から町としても3つぐらいしか
離れておらず、ドキドキした時を過ごしました。
火事が発生した日はアデレードで40℃を越す真夏日、
そして次の日には暑さに加えて強風の嵐で
火の勢いをさらにあおってしまいました。
結果的に約32年ぶりの大火となりました。


IMG_9802.JPG


約1週間燃え続けまして、焼失面積は約12,500ha
東京の山手線内側部分の約1.8倍の面積が燃えたことになりました。
この地域の住宅約1000軒のうち約30軒が焼失したと
伝えられております。
幸いなことに人命を失ってはおりませんが、
ボランティアで消火活動にあたっていた消防士さん達が数名怪我を負い
また、ペット、家畜、野生動物にまで影響が出ており
残念ながら多くの動物が亡くなりました。


この山火事の消火活動にお隣のビクトリア州、NSW州からも
応援の機材・技術力、消防士さん達が駆けつけて下さり
最大約800人規模での消火活動が空中、地上で行われました。


こちらでは火事が発生し、危険な地域だと判断されると
ケータイに避難勧告のメッセージを受け取ります。
自宅にスプリンクラー等の消火機材があり、火事と戦うという場合は
家に残っても良いのですが
うちのように何も設備がない場合は避難勧告を受けたら
ただちに安全な場所へ避難しなければなりません。
今回はメッセージを受け取りませんでしたが、
もしもに備えて荷造りを始めました。


オーストラリアの夏には火事の恐怖がつきものです。
火事を起こさないことがもちろん一番の課題ですが、
火事が起きてしまった場合には速やかに行動をすることが大切です。
たばこの投げ捨てなどもちろん厳禁ですが
キャンプで火をおこしたりということが火災の原因にもなりかねません。
地域ごとに出される警報には十分注意して旅行をして下さい。


2015年1月 9日

こんにちは、バロッサ特派員のヴァンダズワン愛です。
先週までの2週に渡ってアップしておりました
ビンテージ・フェスティバルのお知らせはちょっとお休みいたしまして、
今日はアデレードにありますワイン・バーをご紹介したいと思います。


IMG_9579.JPG


こちらザ・ロフト・ワイン・バー(The Loft Wine Bar)
お店の名前に「ワイン・バー」と付いておりますが、
カクテルが美味しいお店のようです。


私達はパーティーで散々ワインを飲んでおり、
その2次会として「カクテルを飲みにロフトへ行くよぉ~!」と
誘われて付いていったお店なのです。
去年の6月にオープンしたアデレードでは新しいお店のひとつです。
元劇団の劇場だったところだそうで
バーと行っても大変贅沢なスペースです。


IMG_9582.JPG


IMG_9580.JPG


IMG_9581.JPG


ちょうど中途半場な時間帯(ランチとディナーの間)でお客様が店内におらず
このようなステキな写真を撮ることができました。
そして、2次会で大騒ぎしていた私達はというと・・・
ごめんなさい、写真を撮れませんでしたけれど
これまた素晴らしく広いバルコニーでくつろいでおりました。


IMG_9584.JPG


こちらの写真はロフト・ワイン・バーさんのサイトから拝借いたしました。
このようなカクテルを私達はなんとピッチャーで
ブラッディー・マリーとマルガリータが振舞われました。
マルガリータ、夏にバルコニー席で飲むと最高ですね。
クピクピとイケてしまいます…危険です!!!


IMG_9578.JPG


そして、やはりバーで重要なのはトイレですよね!
さすが元劇場なだけあって、トイレも贅沢な空間でした。
(中の写真は撮りませんでしたが、ちょうど柱の陰に
男性、女性用のトイレのドアがあります)


もちろんデートでロマンチックに・・・
あるいは仲間たちとワイワイ楽しくパーティーと
どちらにも使えるステキな空間だと思います。
今回お料理をいただきませんでしたが
次回はぜひシーフードをこちらでいただきたいと思いました。
リピート決定のお店です!!!


ザ・ロフト・ワイン・バー
The Loft oyster and Wine Bar


住所: 1/128 Gouger Street Adelalide (お店は階段を上がった2階です)
電話: (08)8211 8887
営業時間: 水曜日・木曜日・日曜日 午後3時から午前12時
        金曜と土曜日 午後3時から午前2時
        月曜と火曜日 定休


Face Book: The Loft Wine Bar


2014年12月23日

こんにちは、バロッサ特派員のヴァンダズワン愛です。
先週のブログに来年行われますビンテージ・フェスティバルの
プログラム・ローンチの記事を書きました。


記事はこちら → ポチッ!


先週の記事だけではご紹介しきれませんでしたので
今週も引き続き、バロッサ・ビンテージ・フェスティバルの
イチオシなイベントをご紹介したいと思います。


イベントによっては予約が必要になりますので
ご注意下さいませ。


以前にご紹介いたしましたバロッサ・ファーマーズ・マーケット、
(記事はこちら → ポチッ! )
このファーマーズ・マーケットは通常通りに
4月18日(土)午前7時半~11時半まで開かれますが
その他にもマーケットが行われます。


ひとつは「ヤランバ・フェスティバル・ガーデン」
(Yalumba Festival Garden)です。
前回までは「ハーベスト・マーケット」と呼ばれておりましたが
マーケットの規模が縮小するようで
「ミニ・ハーベスト・マーケット」がこのイベントの中で行われます。
他に料理教室、樽作り行程の見学、子供の陶芸教室、などなど
盛りだくさんな内容になっております。
(開催日: 4月15日(水) 午前10時~午後5時 入場無料)
場所: ヤランバ 40 Eden Valley Road, Angaston
注意: 料理教室については slindner@yalumba.comまでお問い合わせ下さい。


もうひとつは「ズィゲンマクト」(Ziegenmarkt)
こちらはドイツ語なのですが英語で「ゴート・マーケット」という意味なのです。
1800年代中頃に起源をもつタナンダの青空市、
生鮮食品と家畜のマーケットでした。
その伝統は一時消えましたが
1981年に再びビンテージ・フェスティバル中のみ復活させることとなり
ドイツ式・マーケットとしてキジ、ヒツジ、野ウサギ、ブタ、
果物、野菜、そして加工肉類を販売します。
そして2015年のマーケットにはバロッサのワイン&フードが
製品及び、テイクアウト屋台、競り、ライブ音楽などなど
活気あふれる感覚を体験できます。
(開催日: 4月16日(木) 午前8時~11時 入場無料)
場所: ゴート・スクエア John St と Maria St の角


さらにこのイベントの終了後に、すぐ近くで
バロッサの物産品を売るマーケットが開かれます。
バロッサでしか見つからない?!手工芸品のマーケット、
お土産を探すのに良いかもしれませんね。
「バロッサ・メイド・マーケット」
(’Barossa Made’ Market)
(開催日: 4月16日(木) 午前10時~午後2時 入場無料)
場所: フェスティバルハブ@バロッサ・ビジター・センター
66-68 Murray Street, Tanunda


さらにファーマーズ・マーケットの後には
「フルムーン・ファーム・ゲイト」 
(Full Moon Farm Gate)というマーケットが
ラングメイル・ワインズで行われます。
オーガニック自然食品、オリーブオイル、ナッツ&穀物
バロッサでローストされたコーヒー、
バロッサでブレンドされた紅茶、
ハンドメイド石けん、アップサイクルジュエリー、
焼きたてサワードゥ・ブレッドなどなど・・・
ライブ音楽付きで
これはバロッサにいられること全てについてのお祝いなのです。
(開催日: 4月18日(土) 午後4時~8時 大人$15、子供無料)
前売りチケット料金には食事券を含みます。
場所: ラングメイル・ワイナリー (Langmeil Winery)
Langmeil Road、 Tanunda


このようにフェスティバル中にはマーケットだけでも
5つ開催されます。
どうでしょう・・ますますビンテージ・フェスティバルの時期に
バロッサへ来てみたくなりましたか?
詳細はウェブサイトをご覧ください。


ウェブサイト: www.barossavintagefestival.com.au


IMG_9412.JPGのサムネール画像


まだ、全てをご紹介しきれませんでしたので、続きます!!!


2014年12月16日
2014年12月 9日
2014年12月 2日
2014年11月25日
2014年11月18日
⇒すべての記事を見る

オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バロッサバレー特派員

    バロッサバレー特派員
    ヴァンダズワン 愛
    東京都出身、玉川大学農学部卒。調理師・日本ソムリエ協会ワインアドバイザー
    オーストラリア初上陸は1990年、牧場での農場実習でした。それ以降、オーストラリアをこよなく愛し、メルボルンで数年暮らし、旅人としてはケアンズ・ゴールドコースト・シドニー・パース・アリススプリングス&エアーズロックと訪ねました。 2003年よりバロッサ・バレーに移住し、もうすぐ10年になります。ワインコンサルタント、料理人、通訳・翻訳、B&B経営と欲張りな日々を謳歌中です。
    B&B ホームページ
    B&B 日本語用 フェイスブック

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集