海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/北京特派員ブログ

中国/北京特派員ブログ Wuzi

中国・北京特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


大家好(ダージャーハオ)! みなさん、こんにちは!
北京特派員Wuzi(ウーズ)です。


今回のタイトルを見た皆さんは、「ええっ、北京なのにディンタイフォン?」と思われるかもしれませんね。
でも、ご紹介したいのは「北京限定メニューがある」こと。
有名店だからこそ、食べ比べも旅の醍醐味のひとつではないでしょうか?

①正面玄関.jpg

鼎泰豊は北京市内にいまや六店舗ありますが、どこもピークの時間帯は大盛況。
北京の人たちにとっては、ちょっと高いけどサービスがいいし、洗練されているレストランとして。
私たち日本人には、控え目で繊細な味が「ほっとする」と、定期的に訪れたくなる場所として
支持されています。

この日も、「鼎泰豊で好きな物思いきり食べない?」と声をかけたら、
あっという間に食いしん坊の友達が集まりました!


まずは、お約束の小籠包から~♪
②小籠包.jpg

いつも頼む、特色小籠包と蟹粉小籠包。他にもいろいろありますが、個人的にはこちらが一番好きです!

➂エビワンタン.jpg

あっさりとしたスープが具を引き立てる、虾仁馄饨(エビワンタン)。
慣れ親しんだ味に「しあわせ~!」と悶えていると、遅れてやってくる友達からのメッセージが。
「クラゲと瓜の冷菜を頼んでおいて!」
それ食べたことない!と、みんなで早速メニューを探すと・・・

➃金瓜メニュー.jpg

日本語表記は「かぼちゃ」となっていますが、瓜ですね。


➄金瓜実際の写真.jpg

友達の到着に合わせて、オーダーしました。
瓜とクラゲの触感が絶妙!ビールに合うさわやかな一品です。


ちょっと道をそれて、私がいつもオーダーしてみたかった変わり種をひとつ。

⑥チョコ小籠包メニュー.jpg

日本や本家台湾のメニューにあるかどうかわかりませんが、チョコレート小籠包。
こちら、スイスチョコレートをふんだんに使用している大変贅沢な一品として以前から噂を聞いていたのです。
ひとつ9元(約153円)で、オーダーは2個から。

➆チョコ小籠包.jpg

見た目はいたって普通ですが、口にいれると濃厚なチョコレートの香りが広がります。
この場にいた全員が初めて食べましたが、「これはあり!気に入った」「熱いお茶がほしい!」と大好評。
ティータイムのおやつとして、これだけ食べに再訪したいと思いました。


そして、ようやくですがシメの一品として北京限定メニューの登場!
それが、こちらの玉脂冰清(杏仁豆腐かき氷)。

⑧杏仁かき氷.jpg

お餅のように弾力のある杏仁豆腐とひんやりシャキシャキした氷の相反する食感に、旅の疲れも吹き飛ぶはず。
3~4人でシェアするくらいの大きさなので、最初に「デザートはこれを食べるよ!」と
宣言しておくといいかもしれません。
ぜひ、お試しください!

<鼎泰豊 漁陽店>
住所:新源西里中街24号(近渔阳饭店)  電話:+86 010 6462 4502


☆本日のワンポイント中国語レッスン☆
・酢をちょっと足してください  醋加一点吧 (ツゥ ジャーイーディエンバ)
・生ビールひとつ  扎啤一杯(ジャーピー イーベイ)
・同じのをもう一杯ください  再来一杯(ザイライ イーベイ)



2018年7月15日

大家好(ダージャーハオ)!みなさん、こんにちは!
今回より北京特派員となりました、Wuzi(ウーズ)と申します。
前任のbyronkoさんは、とっても仲良しのお友達。
彼女から引き継いだバトンを大切に、北京のあれこれを皆様にお伝えしていきます。
どうぞよろしくお願い致します!


私は2014年の秋からこちらに住んでいますが、食生活で一番目からウロコだったのが
「水餃子のおいしさ」。
餃子は日本が一番、焼き餃子のパリパリ感に勝るものは何ひとつない!とかたくなに信じていましたが、
手作りの皮でほっくりとゆでられた水餃子の素朴なおいしさは、これまた別格です。

今日は数々の名店の中から、旅行者にも行きやすいお店をご紹介します。

①リド広場.jpg

北京の北東に位置する麗都(リド)エリアは、緑が多く落ち着いた雰囲気の住宅街。
そのエリアのランドマーク的な存在である麗都広場(リドグアンチャン)の正面で降りたら、門を入って左側に進みます。

②餃子館.jpg

道なりに進んでいくと、「一軒餃子館」(イーシュン ジャオズグァン)という看板が見えるのですぐにわかります。

窓側の席は自然光をふんだんに取り入れ、明るく清潔な雰囲気。
オープンキッチンなのは、素材と手技に自身のある証拠です。

席についたら、さっそくオーダー!
今回はエビ、豚肉とレンコン、ニラと卵の三種類の水餃子を頼みました。

④餃子~1.JPG

こちらの水餃子の特徴は、一般的なものよりも皮が少し薄くつるんとしていること。
のどごしがよいので、いくらでも食べられる気分になってしまうのです。
結構たくさん頼んだのに、「あれっ、もうないの?」と空のお皿にいつもびっくりしてしまいます。

客層を見ると、おじいちゃんおばあちゃんも含めた大人数の中国人ファミリー、日本人の親子連れ、欧米人カップルと世代も国籍も様々。
幅広い層に受け入れられていることが、よくわかります。

餃子以外のメニューも大変おいしいので、個人的なおススメを挙げておきますね。

⑤大拉皮~1.JPG

寒天をやわらかくしたようなプルプル麺と、ゴマダレがよく絡んでおいしい大拉皮(ダーラーピー)

⑥地三鮮.jpg

茄子のおいしさがひきたつ炒め物、地三鮮(ディーサンシェン)

⑦鍋包肉~1.JPG

ビールに合う豚肉唐揚げ甘酢あんかけ、鍋包肉(グオバオロウ)

どれも日本人の口にあう味付けです!ぜひお試しください。


<一軒餃子館(麗都店)>
住所:将台路6号 丽都广场附近  電話:+86 010 6432 1288

<本日のワンポイント中国語レッスン>
メニューをください 给我菜单(ゲイウォー ツァイダン)
冷たいお水をください  给我冰水(ゲイウォー ビンシュエイ)
※中国ではもともと冷たい物を飲む習慣がないので、「冷たいお水」を頼んでも常温または白湯が出てくることがあります。


2018年6月29日

byronkoの北京特派員ブログは、今回が最後となりました。
今までのエントリーが参考になりましたら、非常に幸いです。
北京の発展は目まぐるしく、1年前の情報がすでに古くなることもあります。
それを踏まえて、旅行者に役立つアプリを2種類ご紹介したいと思います。


D0329A85-1193-48BF-951C-53579160FB5F.jpeg
(酒仙橋エリアの近代的なビル。)


① 「大衆点評(ダージョン・ディエンピン)」は、中国で爆発的人気のアプリです。
中国人だけでなく、中国在住の日本人にも重宝されています。
お店や観光地の情報、アプリ割引、口コミが載っています。
(アプリ割引は、原則として、中国の銀行の電子ウォレットがないと使用できません。)


観光地の住所、営業時間などの確認ができるので、北京の旅行者にもオススメです。
英語名では検索しにくいですが、中国名が日本語の漢字と似ていれば、漢字で検索できます。
アプリをダウンロードしたくない方は、インターネットサイトを確認するのも良いでしょう。
(アプリのほうが使いやすいです。)


D4A7F18B-5349-4897-BA17-34CEFC3BC016.jpeg
(国貿エリアの近代的なビル。)


② 中国ではグーグルマップは使い勝手が良くありません。
中国の「百度地図(バイドゥー・ディートゥー)」や「高徳地図(ガオダー・ディートゥー)」といった地図アプリをダウンロードしておくと良いと思います。
目的地に行くための交通機関、所要時間などが分かります。


253E73A5-E407-4B24-9311-2D67F74A7387.jpeg
(万里の長城。)


北京は、旅行者にとって楽な都市ではないと思います。
急速に発展しているため、様々なギャップが見られます。
しかし、歴史的建造物に触れて、文明の偉大さに感動するかも知れません。
日本を別の角度から見直す機会を与えてくれるかも知れません。
あなたをさらにタフにしてくれるかも知れません。
何が大切なのか、再認識させてくれるかも知れません。
北京は、今までの観光地とは違った、強烈な印象を与えてくれることでしょう。


EDC14AFE-7096-48D4-934F-E18F162F5D3E.jpeg
(北京首都国際空港。)


2018年6月21日
2018年6月17日
2018年6月 6日
2018年5月30日
2018年5月26日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北京特派員

    北京特派員
    Wuzi
    翻訳家・ライター・日本語と音楽とダンスの先生を、日替わりでしています。2014年9月より北京在住。まさか自分が中国に住むとは思いませんでしたが、住めば都とは本当にその通り。こんなに刺激的で面白いところは、そうそうありません。街中を電動バイクで走りながら、刻一刻と変化していく北京を肌で感じています。 DISQUS ID @disqus_eA2tFNkJ4k

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集