海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/北京特派員ブログ

中国/北京特派員ブログ Wuzi

中国・北京特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


大家好(ダージャーハオ)!
北京特派員Wuzi(ウーズ)です。

今回は、旅をしながらキレイになりたい方におすすめの情報をお届けします。
物価がどんどん上がり続けている北京では、安くてびっくり!ということが
昔よりも少なくなっているように思います。
でも、美容の分野ではまだまだ日本よりお手頃価格。
人口が多く、その分競争が激しいことから、丹念にリサーチしていくと
思いもよらぬ掘り出し物に当たることもあるのです!

今回ご紹介するDr.Liu Office は、観光地として有名な王府井から
地下鉄1号線でさらにひと駅。

①地下鉄E口.jpeg


東単駅E口から、徒歩5分ほどの場所にあります。

②東方広場.jpg


地上に出て、こちらの看板を左手に見ながらまっすぐ進みます。

つきあたったら目の前の通りを左折してしばらく進むと、左手に「冬虫夏草」という看板があります。

➂冬虫夏草.jpg

この奥の扉が、Dr.Liu Officeです!

➃入口.jpg

かなりローカルな構えですが、安心してお入りください。


➄デニスさん.jpg

施術者のDeniseさん(右側)は、英語も堪能。欧米系航空会社のお客様が多いので、
受付の方や他のスタッフさんも英語でやりとりできる方がほとんどだそうです。

数多くあるメニューの中からお好みの施術を選んだら、二階のお部屋へ。

⑥室内.jpg


余計な装飾のない、こざっぱりとした室内。期待が高まります。

この日私が受けたのは、サーマージ・スキンタイトニング(380元)とオキシジェン・フェイシャル(180元)。
機械だけではなく施術者の手技も見たいと思ってフェイシャルを入れたのですが、
リズミカルなフィンガータッチが心地よい!
スキンタイトニングレーザーも、強さを確かめながら「そう、そこ!」という部分に
しっかりとあててくれます。
(痛みには個人差があるので、違和感を感じたらすぐに伝えましょう)

しあげに高純度のオキシジェン(酸素)ジェルをたっぷり肌に浸透させて、保湿もばっちり。
鏡を見ると・・・おお、上がってる~!個人的には、大満足の結果となりました♪

なお、メニューは中国の多くのエステがそうであるように、
単発よりも数回分まとめて購入した方がお得な値段設定になっています。
お友達同士で分けて使っても大丈夫とのことなので、お得にキレイになってくださいね!


➆連絡先.jpg

<Dr.Liu Grand Hyatt Office>
住所:東城区東単三条8-16号 1F 凯西美容 電話:+86 010 6437 2288
(予約はWe chat か電話のみ。電話は英語での予約可。)


<本日のワンポイント中国語レッスン>
顔のリフトアップをしたい  我想提拉脸部(ウォーシャンティーラリェンブ)
しわ/しみを取りたい 我想丢(ウォーシャンディウ)皱纹/斑点(ジョウウェン/バンディエン)
痛いです。 痛 (トン)
痛くないです。 不痛(ブートン)


2018年7月31日

大家好(ダージャーハオ)!
北京特派員Wuzi(ウーズ)です。

北京といえば火鍋(しゃぶしゃぶに似た鍋料理)が有名で、中国各地の特色ある火鍋を楽しむことができます。
今回ご紹介するのは、最近特に賑わっている河南省発祥の火鍋チェーン店
「巴奴毛肚火鍋(バーヌーマオドゥフォグオ)」です。
①Ucenter.jpg

やってきたのは、地下鉄2号線の朝陽門(チャオヤンメン)駅からほど近いショッピングモール、
U-TOWN MALL(ユータウン モール)。
日本人にもなじみのあるカフェやファッションブランドのお店が多く、
買い物のしやすさに定評があります。


中に入ってエスカレーターを上がると、すぐに目に飛び込む黄色いお店のPOP!


②POP.jpg

全館あげての推し火鍋店とは!期待が高まります。

➂お店正面.jpg

目にも鮮やかな黄色とえんじ色の店構え。
左側には、順番待ちのお客様が椅子に座ってズラリと並んでいました。
予約を入れておいてもらってよかったー!

➃店内その1.jpg

一歩入ると、「ファンイングァンリン(いらっしゃいませ)!」と店員さんから笑顔で次々に声がかかります。
絞りたてが自慢のフルーツジュースは、あとでぜひ試したい!


➄店内その2-1.jpg

湯気と人々の熱気でむせかえるような店内。流行っているお店がもつ、独特のエネルギーに満ちています。

火鍋の注文は、まず鍋底(グオディー)と呼ばれるスープの味を決めることから始まります。

⑥鍋底.jpg

おすすめは、辛いのと辛くないのが一度に味わえるこちらの鍋底。
真ん中の小さいスープはキノコのだしを丁寧にとったもので、滋味あふれる身体に優しい味です。


➆毛肚.jpg

そして、やってきましたイチオシメニューの毛肚(マオドゥ)!
毛肚は、日本語で言うところの「センマイ」。ホルモンのひとつです。
火鍋の具としてこちらでは定番ですが、下処理がきちんとされていないと、
火を通しても独特の臭みが残ってしまいます。
しかしそれがお店の招牌(ジャオパイ・おすすめ)になっているのですから…絶対においしいはず!


最初は店員さんがおいしいゆで方の見本を見せてくれます。

⑧ゆで方お手本.jpg

辛いスープでゆでた方が味にアクセントがつく様子。
「できたらすぐに食べてください!」と、お皿に入れてくれた毛肚を口に入れると…
噛みきれないほどの歯ごたえ!
この食感は、新鮮なものじゃないと味わえないことがよくわかります。
毛肚自体があっさりとしているので、ホルモンが苦手な人にも一度試して頂きたいです。


⑨ほかの食材.jpg

他にも、肉・野菜・キノコ等食べやすい食材も豊富に揃っています。
英語表記のメニューもあるので、テーブル担当の店員さんに遠慮なく尋ねてみてください。

⑩笑顔のスタッフ.jpg

何よりも素晴らしいのは、お店のみなさんのサービスと笑顔!
心にも元気をもらえる火鍋店、ぜひ訪れてみてくださいね!

<巴奴毛肚火鍋 悠唐购物中心店>
住所:朝外南街三豊北里2号 悠唐购物中心4F 
電話:+86 40 0023 2577

<本日のワンポイント中国語レッスン>
今日のおすすめは何?  今天的推荐是什么?(ジンティエンダ トゥイジエン シーシェンマ?)
あなたの接客、とってもいいね! 你的服务,真好!(ニダフーウー、ジェンハオ!)



2018年7月31日

大家好(ダージャーハオ)! みなさん、こんにちは!
北京特派員Wuzi(ウーズ)です。


今回のタイトルを見た皆さんは、「ええっ、北京なのにディンタイフォン?」と思われるかもしれませんね。
でも、ご紹介したいのは「北京限定メニューがある」こと。
有名店だからこそ、食べ比べも旅の醍醐味のひとつではないでしょうか?

①正面玄関.jpg

鼎泰豊は北京市内にいまや六店舗ありますが、どこもピークの時間帯は大盛況。
北京の人たちにとっては、ちょっと高いけどサービスがいいし、洗練されているレストランとして。
私たち日本人には、控え目で繊細な味が「ほっとする」と、定期的に訪れたくなる場所として
支持されています。

この日も、「鼎泰豊で好きな物思いきり食べない?」と声をかけたら、
あっという間に食いしん坊の友達が集まりました!


まずは、お約束の小籠包から~♪
②小籠包.jpg

いつも頼む、特色小籠包と蟹粉小籠包。他にもいろいろありますが、個人的にはこちらが一番好きです!

➂エビワンタン.jpg

あっさりとしたスープが具を引き立てる、虾仁馄饨(エビワンタン)。
慣れ親しんだ味に「しあわせ~!」と悶えていると、遅れてやってくる友達からのメッセージが。
「クラゲと瓜の冷菜を頼んでおいて!」
それ食べたことない!と、みんなで早速メニューを探すと・・・

➃金瓜メニュー.jpg

日本語表記は「かぼちゃ」となっていますが、瓜ですね。


➄金瓜実際の写真.jpg

友達の到着に合わせて、オーダーしました。
瓜とクラゲの触感が絶妙!ビールに合うさわやかな一品です。


ちょっと道をそれて、私がいつもオーダーしてみたかった変わり種をひとつ。

⑥チョコ小籠包メニュー.jpg

日本や本家台湾のメニューにあるかどうかわかりませんが、チョコレート小籠包。
こちら、スイスチョコレートをふんだんに使用している大変贅沢な一品として以前から噂を聞いていたのです。
ひとつ9元(約153円)で、オーダーは2個から。

➆チョコ小籠包.jpg

見た目はいたって普通ですが、口にいれると濃厚なチョコレートの香りが広がります。
この場にいた全員が初めて食べましたが、「これはあり!気に入った」「熱いお茶がほしい!」と大好評。
ティータイムのおやつとして、これだけ食べに再訪したいと思いました。


そして、ようやくですがシメの一品として北京限定メニューの登場!
それが、こちらの玉脂冰清(杏仁豆腐かき氷)。

⑧杏仁かき氷.jpg

お餅のように弾力のある杏仁豆腐とひんやりシャキシャキした氷の相反する食感に、旅の疲れも吹き飛ぶはず。
3~4人でシェアするくらいの大きさなので、最初に「デザートはこれを食べるよ!」と
宣言しておくといいかもしれません。
ぜひ、お試しください!

<鼎泰豊 漁陽店>
住所:新源西里中街24号(近渔阳饭店)  電話:+86 010 6462 4502


☆本日のワンポイント中国語レッスン☆
・酢をちょっと足してください  醋加一点吧 (ツゥ ジャーイーディエンバ)
・生ビールひとつ  扎啤一杯(ジャーピー イーベイ)
・同じのをもう一杯ください  再来一杯(ザイライ イーベイ)



2018年7月15日
2018年6月29日
2018年6月21日
2018年6月17日
2018年6月 6日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北京特派員

    北京特派員
    Wuzi
    翻訳家・ライター・日本語と音楽とダンスの先生を、日替わりでしています。2014年9月より北京在住。まさか自分が中国に住むとは思いませんでしたが、住めば都とは本当にその通り。こんなに刺激的で面白いところは、そうそうありません。街中を電動バイクで走りながら、刻一刻と変化していく北京を肌で感じています。 DISQUS ID @disqus_eA2tFNkJ4k

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集