海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > インド/ベンガルール特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

インドのテーブルウェアーは、エキゾチックでゴージャスなデザインが多い。
6.jpg

インド駐在マダム達から圧倒的に支持があるのは、「good earth」というメーカーの器たち。個人ブログでよく紹介されているのであえて今回は触れない。実は、そう言ったゴージャスなデザインの器を製造している会社がベンガルールにある。
DSC05894.jpg

そんなDesigned by Indiaの器を製造しているデザイナーテーブルウェアーカンパニーに潜入した。

今回の取材に応じてくれたのは、デザイナーテーブルウェアーカンパニー「ishika」のオーナーのZaveriご夫妻。
1.jpg

2人ともテーブルウェアーのデザインができる才能あるご夫婦。

「立ち上げ当初、全ての絵付けは手描きだったので一日に15枚ほどしか生産できませんでした。しかし、2005年ベンガルールに工場を立ち上げてからは、生産方法をスクリーンプリントに切り替えたので、一日におよそ200枚の器の生産が可能になりました。」とご主人。「ishika」の仕事は、新しいデザインをお客さんに提案し、気に入ってもらえればそこへ卸したり、メーカーから指定されたデザインの器を生産すること。スクリーンプリントは、多くの陶磁器メーカーで採用されておりオートメーション化し大量生産が可能だがここでは手作業の部分も多い。

この工場の絵付けに使われている器は、インド産のBone chinaとスリランカ産の陶磁器。
2.jpg

インド産といっても色々な質の器があるが、ここで使っているのは南インド産のBone china。スリランカ産と比べて色は白くしかも軽い。さらに光にかざすと光を通すのが特徴。持ち運びに便利なのでホテルなどレストランで多く使われている。一方でスリランカ産は、インド産と比べ色はグレーでやや重い。丈夫でやや安価なのが特徴。ただ、ピュアベジタリアンは動物の骨を使ったBone chinaを嫌うこともあるというので要注意。良質な陶器用粘土が採れるスリランカでは、紅茶ほどではないが陶磁器を世界中に輸出しているほど。因みに日本の大手陶磁器メーカーノリタケも40年以上前に現地で工場を立ち上げている。
インドで売られているノリタケ製品は、スリランカで作られたものがほとんど。

【デザインから完成までの過程】
今回は、1枚のデザインシートから器のデザインが完成するまでを見せてもらった。紙に描かれたデザインがそのまま器に転写されるから凄い!
DSC05899.jpg

まず、絵付けのデザインは、全てパソコンで行うので配色も簡単にイメージできる。
例えば、5色のデザインなら5つのパターンのアウトラインを描き、それぞれのシートの色を指定する。1色につき1枚ずつ版を作り、多色刷りの場合は位置を合わせ重ねて刷っていく。最終的には、それぞれが重なり合うことで1つのデザインが出来上がる。

①デザインシートを作る。
DSC05912.jpg

まず、パソコン上で作ったデザイン画を版に焼き付け、製版を作り大量コピーする。
3.jpg

塗料には、身体に害のあるカドミウムや鉛は一切含まれていない。
DSC05928.jpg

IMG_9690.jpg

②デザインシートを器に貼る
IMG_9683.jpg

出来上がったシートからデザインの部分だけを切り抜き、水を浸しながら剥がして器に貼っていく。
5.jpg

水で貼るシールと同じ要領。そして水分を拭き取る。
4.jpg

③オーブンで焼く
IMG_9709.jpg
オーブンで3時間焼く。その温度はなんと800度。


④最後は、磨いて完成。
焼きあがる前と焼きあがった後の金色の出方に注目!
DSC05950.jpg

焼く前は、黄土色をしていた模様が焼きあがると見事金色に!

エキゾチックでゴージャスなDesigned by Indiaらしさの決め手となる金や銀。実は金の塗料には、1㎏およそ4Lakhの純金を。銀は、1㎏およそ4Lakhのプラチナを使っているから高いのも納得がいく。間違ってもレンジに入れないで!

「ishika」
#114-115,2nd Floor,Pete Chennappa Industrial Estate, Kamakshipalya,Magadi Road,
Bengaluru 560079
時間:9:00~17:30
休:月曜日
電話:+919341216226 (Rajan)
お店はなく、工場でのみ販売しているので必ずアポを取ること。


2017年3月 7日

バンガロールの南西郊外に広がるビダディーに、インドの未来を担うリーダーを育成する職業訓練校、トヨタ工業技術学校(Toyota Technical Training Institute)があります。
gaikan.jpg

限られた条件の人しか入学できないというこの学校について特別に取材させていただきました。
トヨタ工業技術学校は、2007年8月インドの現地法人であるトヨタキルロスカモーター(Toyota Kirloskar Motor Private Limited)によって開校されました。受験資格は、中学を優秀な成績で修めたにも関わらず、世帯収入が月収Rs10,000以下の高校への進学が難しいとされている者。そんな条件がそろった生徒たちが毎年およそ3500人この門をたたくと言います。しかし、入学できるのはたったの64人という狭き門なのです。
この学校は、全寮制で食事付き、しかも授業料は無料で奨学金までも支給されます。
daily schedule.jpg

ここで生徒たちは3年間、一般教養、自動車の組み立て、溶接といった技術を学び、卒業後はほぼ全員職に就けるというまさに夢の学校なのです。
DSC01575.jpg

まず、その狭き門を突破するのに数学、科学、英語、面接、健康診断、体力テストが行われます。

そんな難関を突破した生徒たちの1日は、午前6:00から始まります。ヨガ、規律訓練、朝礼、決められたテーマで発表する英語でのプレゼンテーション。
20120724_061205.jpg

日中は、一般教養と実技をみっちり学びます。そして2年生からは、同じ敷地内にあるトヨタの工場で職場トレーニングもカリキュラムに入ってきます。
DSC00639.jpg

夕方は体力づくりの為の部活動、さらに生徒達の多くは農村出身なので、村に帰れば当然農作業も必要となってくる農業体験までも行われます。夕食は、午後7:30。その後は各自寮にて勉強。彼らは2人で1つの部屋を与えられていますが、彼らにとってここは5つ星ホテル並みのファシリティー。
DSC02841.jpg

なぜなら、村に帰れば4畳半程のスペースに祖父母、両親、兄弟が暮らし、子供達は外や道路で寝ることになってしまうからなのです。

この日、今や立派な社会人となった1期生ラムさんと2期生のスブさんに話を伺えました
Rum&Zubu.jpg

ラムさんは、結婚をし2人の子供にも恵まれ幸せな家庭を築き、現在はこの学校で後輩たちのトレーニングをしています。スブさんもトヨタの工場で働き、ITI(Industrial Technical Institute)を卒業した同僚達に技術指導をしながら現場で活躍しています。

校長のカルパナさんは「もし、ラムさんがこの学校に入っていなかったら今頃は実家を継いで祭祀になっていたでしょう。スブさんは、バングルを籠に入れて売り歩いていたかもしれない。ここは、彼らの夢を叶える場所なんです。」と話していました。
 
この学校では、身だしなみや規律など日本人が生活の中で学んでいく常識や礼儀作法を「トヨタ流」にして3年間でいっきに身に着け、どんな社会にでも通用する人間を育てていくという印象を受ました。16歳から親元を離れ、慣れない環境でホームシックになりかかりながらも親を思う気持ちと自分の夢を抱き、それを原動力に真っ直ぐに突き進むそんなインド人の強さを目の当たりにしました。


2017年2月21日

シルク、コットン、リネンといった化学繊維を使っていないピュアな布だけを扱っている店「Maa」
DSC06751.jpg

ベンガルールで有名なのは地元産のマイソールシルクだが、反対に北インド産のシルクを扱っているお店は少ない。
DSC06787.jpg

「Maa」のオーナーは、ビハール出身。ビハールで有名な「Tassar」を中心にMatkaシルク、コットンシルクを扱っている。

以前、インド国内のシルクが一堂に見られる展示会に足を運んだこともあるが、産地によって手触りや光沢、質感は全然異なる。
DSC06791.jpg

ここにあるシルクは、張りがあって光沢のあるものが多い。

また、このお店の奥には知る人ぞ知るブロックプリントの工房があり、好きな版木を使ってここで買った布にプリントしてもらえる。
DSC06777.jpg

1メートルRs200で希望があれば自分で押すことも可能です。
DSC06774.jpg

ハンドメイドストールならではの加工。
DSC06768.jpg

生地の中にさりげなくスパンコールが Rs1500

コットンシルクのショール 色もバラエティに Rs300
IMG_0198.jpg

「Maa Fabric Galleria」
#36/1,Dikenson Road,Bangalore 560042
Tel: 080-4132-0384
営業時間:10:30~19:00
休み:日曜日
supblr@yahoo.com


2017年2月13日
2017年2月 1日
2017年1月18日
2016年12月26日
2016年12月20日
⇒すべての記事を見る

インド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ