海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > インドならではのゴージャスなテーブルウェアー

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月 7日

インドならではのゴージャスなテーブルウェアー


メール プリント もっと見る

インドならではのゴージャスなテーブルウェアー

インドのテーブルウェアーは、エキゾチックでゴージャスなデザインが多い。
6.jpg

インド駐在マダム達から圧倒的に支持があるのは、「good earth」というメーカーの器たち。個人ブログでよく紹介されているのであえて今回は触れない。実は、そう言ったゴージャスなデザインの器を製造している会社がベンガルールにある。
DSC05894.jpg

そんなDesigned by Indiaの器を製造しているデザイナーテーブルウェアーカンパニーに潜入した。

今回の取材に応じてくれたのは、デザイナーテーブルウェアーカンパニー「ishika」のオーナーのZaveriご夫妻。
1.jpg

2人ともテーブルウェアーのデザインができる才能あるご夫婦。

「立ち上げ当初、全ての絵付けは手描きだったので一日に15枚ほどしか生産できませんでした。しかし、2005年ベンガルールに工場を立ち上げてからは、生産方法をスクリーンプリントに切り替えたので、一日におよそ200枚の器の生産が可能になりました。」とご主人。「ishika」の仕事は、新しいデザインをお客さんに提案し、気に入ってもらえればそこへ卸したり、メーカーから指定されたデザインの器を生産すること。スクリーンプリントは、多くの陶磁器メーカーで採用されておりオートメーション化し大量生産が可能だがここでは手作業の部分も多い。

この工場の絵付けに使われている器は、インド産のBone chinaとスリランカ産の陶磁器。
2.jpg

インド産といっても色々な質の器があるが、ここで使っているのは南インド産のBone china。スリランカ産と比べて色は白くしかも軽い。さらに光にかざすと光を通すのが特徴。持ち運びに便利なのでホテルなどレストランで多く使われている。一方でスリランカ産は、インド産と比べ色はグレーでやや重い。丈夫でやや安価なのが特徴。ただ、ピュアベジタリアンは動物の骨を使ったBone chinaを嫌うこともあるというので要注意。良質な陶器用粘土が採れるスリランカでは、紅茶ほどではないが陶磁器を世界中に輸出しているほど。因みに日本の大手陶磁器メーカーノリタケも40年以上前に現地で工場を立ち上げている。
インドで売られているノリタケ製品は、スリランカで作られたものがほとんど。

【デザインから完成までの過程】
今回は、1枚のデザインシートから器のデザインが完成するまでを見せてもらった。紙に描かれたデザインがそのまま器に転写されるから凄い!
DSC05899.jpg

まず、絵付けのデザインは、全てパソコンで行うので配色も簡単にイメージできる。
例えば、5色のデザインなら5つのパターンのアウトラインを描き、それぞれのシートの色を指定する。1色につき1枚ずつ版を作り、多色刷りの場合は位置を合わせ重ねて刷っていく。最終的には、それぞれが重なり合うことで1つのデザインが出来上がる。

①デザインシートを作る。
DSC05912.jpg

まず、パソコン上で作ったデザイン画を版に焼き付け、製版を作り大量コピーする。
3.jpg

塗料には、身体に害のあるカドミウムや鉛は一切含まれていない。
DSC05928.jpg

IMG_9690.jpg

②デザインシートを器に貼る
IMG_9683.jpg

出来上がったシートからデザインの部分だけを切り抜き、水を浸しながら剥がして器に貼っていく。
5.jpg

水で貼るシールと同じ要領。そして水分を拭き取る。
4.jpg

③オーブンで焼く
IMG_9709.jpg
オーブンで3時間焼く。その温度はなんと800度。


④最後は、磨いて完成。
焼きあがる前と焼きあがった後の金色の出方に注目!
DSC05950.jpg

焼く前は、黄土色をしていた模様が焼きあがると見事金色に!

エキゾチックでゴージャスなDesigned by Indiaらしさの決め手となる金や銀。実は金の塗料には、1㎏およそ4Lakhの純金を。銀は、1㎏およそ4Lakhのプラチナを使っているから高いのも納得がいく。間違ってもレンジに入れないで!

「ishika」
#114-115,2nd Floor,Pete Chennappa Industrial Estate, Kamakshipalya,Magadi Road,
Bengaluru 560079
時間:9:00~17:30
休:月曜日
電話:+919341216226 (Rajan)
お店はなく、工場でのみ販売しているので必ずアポを取ること。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2017年3月 7日
« 前の記事「現場のリーダーを育成!トヨタ工業技術学校」へ
»次の記事「「apaulogy Curious Illustration」~ベンガルールの70年代を今に~」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
ベンガルール特派員 新着記事
おすすめのラジオチャンネル「indigo-91.9fm-」
素朴なサーカス団「RAMBO CIRCUS」
「apaulogy Curious Illustration」~ベンガルールの70年代を今に~
インドならではのゴージャスなテーブルウェアー
現場のリーダーを育成!トヨタ工業技術学校
ピュアな布だけを扱う店「Maa」
ベンガルールでフランスの香り
ショッピングモール一部崩落
1年前の同じ月に投稿された記事
Cinnamon~駐妻も癒されるおしゃれブティック~
インド人が嫌がる行為
ベンガルールでメトロ体験

インド ツアー最安値


2017/4/27更新

アジア 航空券情報


インド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ