海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > おすすめのラジオチャンネル「indigo-91.9...

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月20日

おすすめのラジオチャンネル「indigo-91.9fm-」


メール プリント もっと見る

おすすめのラジオチャンネル「indigo-91.9fm-」

移動に伴う渋滞で、車で過ごす時間も長くなるインド生活。我々外国人も楽しめるべンガルールで唯一のインターナショナルチャンネル「indigo-91.9fm-」を取材した。
IMG_0710.jpg

現在、ベンガルールでは4つの国営放送と8つの民間放送さらにコミュニティーラジオがある。ただし、1つの局で何チャンネルかを放送している局もあるので、チャンネル数はそれ以上。そして言語はローカル向けということもあり、カンナダ語とヒンディー語。その中で2006年に開局した「indigo-91.9fm-」はベンガルール唯一の英語チャンネルである。日本では、若者のラジオ離れが進んでいるだけに、ラジオ聴取人口割合は、10年前と比較すると減少しているのが現状。さらにAM局の聴取層は以前と変わらず50歳代以上が多く、FM局の聴取層も高齢になりつつある。ご存知の通り、日本のラジオはAM局はトーク中心でFM局は音楽中心の番組構成になっているが、現在ベンガルールではAM局は廃止され、音楽、トーク、教育、語学、農業に関する放送も全てFM局で流している。


「indigo-91.9fm-」の関係者は、ラジオ聴取人口割合を提示してくれなかったものの、インドでは今もラジオの人気が続いていると話した。それはどうしてなのか、様々な理由が出てきた。まず、ベンガルールは渋滞が多く退屈しのぎにラジオを聴き、ドライバー達は待ち時間にラジオを聴いている。他にも、朝流れるバッティソング(神の曲)は欠かせない、テレビより電気代がかからない、停電に影響されない、音楽好きでいつも賑やかなのが好きなお国柄、ネットで音楽を聞くにもスピードが弱いからちゃんと聞けない、音楽をダウンロードするにもお金がかかるその点ラジオは無料、手仕事が多いのでテレビを見る暇もない、識字率が低いので耳から情報を得ている。など日本ではなかなか当てはまらない条件が揃っていた。

「indigo-91.9fm-」の方針は「Fun Young Bangalore」とはっきりしている。CM以外は全て英語。ターゲットは18歳~35歳の若者で最新のUKチャートを元にポップ、ヒップホップ、ブルース、メタル、ロックを選曲しインドの音楽は流さない。また、ただ楽しむだけの放送を目指しているからニュースや渋滞情報、天気予報は省き、触れるとしてもDJがトークの中で入れる程度。放送スタイルもシンプルで、DJは事前にプログラミングしたCMや音楽をボタン1つで操作。あとはタイムキープしながら進行していくといういわゆる「ワンマンスタイル」。
IMG_0702.jpg

プログラミング、技術、営業、マーケティング、経理などの部署もある総勢100人規模の放送局だが、最低限の人数で運営している。
DSC07425.jpg

取材時にOA中だったのは、Lester D'coutoがナビゲートするお昼の人気番組。お昼12時からの1時間はリスナーと電話を繋いでトークをしリクエスト曲を聞いてその曲を流していくという。
Lester D'couto.jpg


詳しい番組表は、「indigo-91.9fm-」のホームページwww.indigo919.inをチェック。

「indigo-91.9fm-」
India Radio Ventures Pvt. Ltd.
3J, 3rd Cross, 7th 'C' Main,3rd Block Koramangala, Bangalore Karnataka 560034
Tel +91 80 2550 1126
SMS +91 99001 00919
www.indigo919.in
※ゴアでも同じ周波数で聴くことができる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2017年4月20日
« 前の記事「素朴なサーカス団「RAMBO CIRCUS」」へ
»次の記事「「インド最大級のアミューズメントパーク Wonder la」」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    移動式の鍛冶屋
    地元発祥の甘~いスイーツ「マイソール・パク(Mysore Pak)」
    黒い食器
    オディッサ州の素朴な絵画
    シンガポールじゃない「ドビーゴート」
    カラフルな子供服を扱う専門店「FOOBA WOOBA」
    ゴミから生まれたジュエリーたち
    繊細なデザインが人気の「The Jewelry Project」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「本格派!メキシコ料理」
    「絞り体験」~発祥の地?インドで絞り体験

    インド ツアー最安値


    2017/12/10更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集