海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ベルリン特派員ブログ

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 ベルリンで、ひと味ちがったギフトや雑貨を探すならこの屋内マーケットへ☆ ベルリン中から集まるデザイン雑貨やハンドメイドクラフト、ファッション、アートを販売するブースが200軒以上並びます!

DSC_8937.JPG


 今年で9回目になる『Weihnachtsrodeo ヴァイナハツロデオ』は、毎年アドヴェント期間の土日にだけ開催されているデザイン・クリスマスマーケット。2018年は12月1日~16日の期間の土曜と日曜のみ、12:00~20:00で開催されています。 昨日早速足を運んできましたので、様子をレポートします♪

DSC_8970.JPG

 ↑会場は、かつての氷工場だった古い建物をイベントスペースに改装した「KühlhausBerlin キュールハウスベルリン」。U1/2/3 Gleisdreieck駅から徒歩1分。この工事中の建物。


 ↓入場料金5ユーロを払って、手にスタンプを押してもらいます(再入場可)。そのときもらえる赤いチップは、4階のバーのドリンク引き換え用。

DSC_8951.JPG

 ↓中庭でも、ストリートフードやグリューヴァイン(ホットワイン)が楽しめます。でも外は寒いので中に入りましょう。

DSC_8968.JPG

 ↓建物内は地上階(EG)から4階まで分かれています。地上階にはクローク(Garderobe ガードローベ)もあるので、重いコートや大きなバッグは預けられます(未確認ですが多分有料)。

DSC_8966.JPG
 
DSC_8938.JPG


 1~3階は吹き抜けになっていて、DJも入って賑やか! 私が行ったのは初日の13時頃でしたが、すでに多くの人で賑わっていましたよ。
 
DSC_8941.JPG


 売られているものは、本当に様々。アクセサリー、洋服、マフラーやカバンなどのファッション雑貨、インテリア用品、1点もののアート、ハンドメイドのコスメやクラフトビール、クラフトジン、等々… ベルリン中のオシャレなセレクトショップがぎゅっと集まったような品揃えです。見ごたえありますよー。

 
DSC_8954.JPG

 ↑入場のときにもらった赤いチップは4階のタンカレー・ジンのバーコーナーへ行くと、ジントニックが一杯もらえます。3種類のジンから選べたので、私はライム風味だというこのボトルのジンを選びました。香りがよくて美味しかったです。

DSC_8960.JPG

 ↑4階、ストリートフードのエリア。奥の緑の照明のところでジントニックがもらえます。美味しそうなフード類もたくさん。座って食べられるようになっていましたが、混雑してると食べにくそうではありました(^^;)


 普通のクリスマスマーケットに飽きたら、ぜひこんなベルリンならではのデザインマーケットにも足を運んでみてくださいね!


Weihnachtsrodeo Designweihnachtsmarkt ヴァイナハツロデオ デザインヴァイナハツマルクト
住所: Luckenwalder Str. 3, 10963 Berlin
開催日時;2018年12月1、2、8、9、15、16日 12:00~20:00
入場料金:5ユーロ
http://weihnachtsrodeo.de/


2018年12月 2日

 今年も、ドイツ各地でクリスマスマーケット(ドイツ語では、ヴァイナハツマルクト Weihnachtsmarkt)がスタートしました☆ ベルリンでは、大小合わせて140以上(!)のクリスマスマーケットが開催されますが、じゃあ限られた時間内にどこのマーケットに行くべきか?迷いますよね。


 というわけで私の独断ですが、ベルリンでまず最初に訪れるならここでしょ!という、おすすめの定番クリスマスマーケットを3つ紹介します!



1、シャルロッテンブルク宮殿前のクリスマスマーケット 
Weihnachtsmarkt vor dem Schloss Charlottenburg  

IMG_4744.JPG


 世界遺産にも登録されているベルリンの人気観光名所のひとつ、シャルロッテンブルク宮殿。その広場で開催されるクリスマスマーケットは、場所に相応しくエレガント&ロマンティックな雰囲気で、ドイツのクリスマスマーケットに来た~♡という気分を満喫できます!


 フードから雑貨まで100軒くらいの屋台が出ていますが、出店者の選別にもこだわっていて、安っぽいプラスチックの玩具やドイツのクリスマスマーケットに関係ないフード類を売る屋台はゼロ。どの屋台も、伝統的なドイツのクリスマスマーケットに相応しいものを並べています(そこが重要!)。暖房の効いたテント内で、アクセサリーやハンドメイド雑貨を販売しているブースやレストランエリアもありますよ。


 広いので、ゆっくりとグリューヴァイン(ホットワイン)を飲みながらぐるっと見て回るだけでも2時間くらいは過ごせます。週末は特に混むので、平日に行くほうが吉☆ 動物園(Zoo)駅前のバスターミナルからM45番のバスで行くのがわかりやすいです。乗車約15分、「Luisenplatz/Schloss Charlottenburg」バス停下車すぐ。ちょっと街の中心から離れますが、わざわざ行く価値はありますよ!

IMG_4728.JPG

住所:Spandauer Damm 24 14059 Berlin
日時:2018年11月26日~12月26日、月~木 14:00~22:00、金~日 12:00~22:00
(*12月24日は休業 *12月25、26日は12:00~20:00)
入場料:無料
HP:https://wvdsc.de/



2、ジャンダルメン広場のクリスマスマーケット

WeihnachtsZauber Gendarmenmarkt

IMG_4926.JPG

 ベルリンで、最も洗練されたクリスマスマーケットといえばここ!毎日多くの観光客(もちろん地元のドイツ人も)が訪れる大人気のマーケットです。入場料が1ユーロかかり、入口で簡単な荷物検査もあるので不審者が紛れ込みにくいシステムになっているのは安心。


 シャルロッテンブルク宮殿のマーケット同様に選りすぐりの出店者がずらりと並び、プレゼントにぴったりの素敵な雑貨やハンドクラフトアート、チョコレートや焼き立てのバウムクーヘン等々、次から次へと「これかわいい!」「美味しそう!」と目移り必至。

 
 そして屋外の飲食屋台はもちろん、暖房の効いた屋内スペースのレストランやバーも充実しているのがここのマーケットの特徴。老舗の人気レストランLutter & Wegner などが出店しているので、ゆっくりと食事も楽しみたい方はレストランの一覧ページ(⇒☆)を確認して、予約してから行くのもいいですね☆


 会場中央のステージでは、毎日いくつものプログラムが用意されていてライブ演奏やダンスのパフォーマンスも楽しめます。会場に天使が現れる時間も、こちらのプログラムページ(⇒☆)からチェックできますよ(ドイツ語のみ)。街の中心に位置していて、アクセスがいいのもポイントです。

IMG_4956.JPG

住所:Gendarmenmarkt, 10117 Berlin
日時:2018年11月26日~12月31日、11:00~22:00
(*12月24日は~18:00 *12月31日は~01:00)
入場料:1ユーロ(平日の11:00~14:00は無料)
HP:https://www.weihnachtsmarkt-berlin.de/



3、赤の市庁舎前のクリスマスマーケット 

Berliner Weihnachtsmarkt vor dem Roten Rathaus

IMG_5247.JPG

ここの目玉は、なんといっても高さ50mの巨大観覧車! アレクサンダープラッツ駅からすぐ、テレビ塔の隣にあるので旅行者が最も気軽に行けて、かつ私もおすすめのクリスマスマーケットです。洗練度やロマンチックさでは先に紹介した2つのマーケットにはかないませんが、規模も大きくて大人も子供も楽しめるので特にファミリー向け。

 
 観覧車以外にも、100年前から使われている渋い回転木馬や子供用のジェットコースターがあり、移動遊園地が充実。600㎡のアイススケートリンクもあり、シューズ持参なら無料で滑れます(レンタルは5ユーロ)。スケートしながらキャーキャー言っている子供達を眺めているだけでも、なんだか楽しい♪


 屋台は、可もなく不可もなく(笑)。フードもギフト向けの雑貨も特別気合の入ったものが売っているわけではないので、ごくゆる~くグリューヴァインを飲んだり焼きソーセージを食べながらブラブラして、雰囲気を楽しむマーケットという位置づけです。入場無料で、ベルリン大聖堂など観光スポットの近くにあるので、通りがかったついでに覗くのにちょうどいい感じ。

IMG_5230.JPG

住所:Rathausstraße 1, 10178 Berlin
日時:2018年11月26日~12月30日、月~金 12:00~22:00、土日 11:00~22:00、
(*12月24日は休業 *12月25、26日は11:00~21:00、12月30日は~21:00)
入場料:無料
HP:なし


 以上、誰もが知っている定番スポットですが、限られた時間内で1か所か2か所だけ行くならここがいいですよ!というおすすめのクリスマスマーケットを紹介しました。



 ちなみに、ベルリンで私が個人的におすすめしないのは、カイザーヴィルヘルム記念教会前と、アレクサンダープラッツのクリスマスマーケットです。どちらもふだんから観光客が集まる場所だからか、ひどく商業的で情緒のないマーケットです。売られているものも、観光地のお土産屋のような品揃えで何のこだわりも感じられないものがほとんど。わざわざ行くほどでもないので、ご参考までに! そして、どこのクリスマスマーケットに行く際も、スリには本当に気をつけてくださいね!!


2018年11月30日

 ベルリン生活もだいぶ長くなりますが、私は普段それほど和食が恋しくならないのであまりご飯も魚も食べないです。 が、そんな私でも、ここを通りかかると必ず食べたくなってしまう、とーってもおいしい焼き魚の屋台をご紹介します!

 
 毎週土曜日の8時から16時まで開催されている、ヴィンターフェルト広場の朝市。 そこにほぼ毎週出店しているのがこちらのお店『Steckerlfisch & Co.』。炭火でグリルする魚の香ばしい匂いが何十メートルも先まで漂ってきます~!

P1200187.JPG

 いつも忙しそうにせっせと魚を焼き続けるお兄さん。あんまり朝早く行っても、準備中なので要注意。そして、あまり遅く行くと売り切れなのでそれも注意です(笑)。


みんなが食べてるのは、コレ!

P1200191.JPG

 どーん!1匹丸ごと炭焼きされた、サバ!(ドイツ語で Makrele マクレーレ と読みます。) 


 お皿じゃなくて、大きな紙を2-3枚重ねただけのところに盛り付けられて、「はい、お待ちどお!」って感じで手渡されます。これで10ユーロくらい。 パンもついてくるし、ボリューム満点なので女性ならこれだけでおなか一杯になりますよ。


 こんがりと焼けたサバは、皮はパリッと、中はジューシーで本当においしいんです! 魚の種類は、サバ以外にもパイクパーチ(Zander)やブラウントラウト(Forelle) など、日によって何種類か用意されているようですが、私はまだサバしか食べたことないです。あまりにおいしいから、まだ他の種類を試す気にならず…。

 sakana.JPG

 半身のフィレもありますよ。これは5ユーロ(2018年11月現在)。


 屋外ですが、ちゃんとイスとテーブルが用意されているので、落ち着いて食べられるのも嬉しい。寒い季節には、熱々のフィッシュスープもあります。


 『Steckerlfisch & Co.』は毎週水曜と土曜のヴィンターフェルド広場の朝市以外にさらに2か所のマルクトに出店しているので、ベルリン滞在中に魚が食べたくなったらぜひこちらへ☆

Steckerlfisch & Co.
HP:steckerlfisch.com
営業時間と場所(不定休なので、HPやFacebookで確認を)
水曜 10:00-14:00、土曜 10:00-16:00 ヴィンターフェルド広場の朝市 Winterfeldtplatz(←クリックするとGoogle Mapに飛びます)

木曜 12:00-17:00 ブレスラウアー広場の朝市 Breslauer Platz
金曜 12:00-19:00 アルコナーナ広場の朝市 Arkonaplatz


*この記事は、2014年7月に掲載したものの内容を、最新情報に加筆修正して2018年11月にアップしています*


2018年11月25日
2018年10月25日
2018年10月23日
2018年10月22日
2018年10月17日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベルリン特派員

    ベルリン特派員
    松永 明子
    ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
    )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集