海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリンの治安について 旅行者が行かないほうがいい...

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月 3日

ベルリンの治安について 旅行者が行かないほうがいいエリア


メール プリント もっと見る

ベルリンの治安について 旅行者が行かないほうがいいエリア

 2013年7月にも、ベルリンの治安についてこのブログで書きました。(『ベルリンの治安は、どんな感じなの?』 ) そして3年近く経った2016年の3月現在、残念ながら治安は悪くなっていることを認めざるを得ません。

 つい先日も、クラブやカフェが集まっていてツアリストにも人気のレヴァラー通りで、殺傷事件がありました。 去年の秋にも同じ通りで旅行者がナイフで切りつけられ、ケガをしています。同エリアの雰囲気がここ数年悪化していることについては地元新聞でもちょくちょく報じられています。


DSC_2810.JPG

 ↑新聞 DER TAGESSPIEGEL の記事掲載の地図より。白く囲った中のRevaler 通りは、明るい時間帯でも黒人の麻薬密売人があちこちに立っていて、嫌な雰囲気です。


 ベルリンに来る方に、「行かないほうがいいエリアはありますか?」と聞かれたら、今はこの3か所だと答えます。(それぞれ、場所名をクリックするとGoogleマップにリンクします)

1、Revalerstr.レヴァラー通り)<フリードリヒスハイン地区> 

2、Gorlitzer Park (ゲルリッツァー公園)<クロイツベルク地区> 

3、Kottbusser Tor (コットブッサー・トーア)駅とその周辺<クロイツベルク地区>

 この3か所は、いわゆる観光名所からは離れているので普通の日本人旅行者ならそもそもあまり行くことはないと思うのですが、いずれも周辺にカフェやクラブ、バーなどがたくさんあって「夜遊びエリア」としてはとても魅力的な場所でもあるのです。欧米からの若い旅行者は、まずこのエリアを目指すといっても過言ではありません。

 普通に地元の若いカップルや子供連れも見かけますし、路地を1本入れば普通の住宅地でもあるので一人で歩いたからといって必ずしも危ない場所ではないのですが、実際にこのエリアで事件が多発しているので、それを知っておく必要があります。

 特にコットブッサー・トーア駅周辺は見るからに薬物中毒のような人が多く、外国人をターゲットにしたスリや強盗も増えているとのことなので、用がなければ近づかないようにするのと、行くのであればそういうエリアだということをちゃんと意識して周囲に気を付けて歩きましょう。

 

 ゲルリッツァー公園内は、とても広い公園でお天気の良い日は地元の子供連れで賑わいますが、黒人男性が数人で集まって、あちこちに立っています。彼らは麻薬の密売人で、人によっては前を通るたびに「いらないか?」と声をかけられます。別にそれが危ないわけではないのですが、気分は良くありません。

DSC_2683.JPG

 

 ↑これはゲルリッツァー公園近くの通りにある建物。落書きが多く、それをそのままにしてるエリアは、やはり雰囲気が良いとは言いづらいですね。とはいえ、街中が落書きだらけなので、落書きがある=そこは危ない場所、というわけではないですよ! 私の中では良くも悪くも壁の落書きは「ベルリンらしさ」のひとつです(^_^;)

 男女共に、海外に慣れていてこういうエリアも平気で歩ける人は、今回の記事は気にしなくていいです。私も普段普通に一人で歩いているエリアですから。 それに、私もこんな記事を書いて「ベルリンは危ないところだ」なんて思われたくないですし!

 でも、海外旅行に慣れていなくて、「少しでも雰囲気の悪いところは避けたい!」と考える人は、今回の記事にあるエリアには近づかないようにしたほうがいいですよ、というのをお知らせしたくて書きました。ご参考になれば幸いです!

 ベルリン個人ガイド&ホームステイのオーナーでもある私のHPにも、ベルリンの治安についての記事を書いています。そちらも参考にどうぞ。→『ベルリンの治安と、日本人女性がうちにステイするメリットについて』



読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 治安・渡航安全情報
2016年3月 3日
« 前の記事「2016年ベルリンの祝日とショッピングサンデー」へ
»次の記事「ベルリン初のベジタリアン・チャイニーズレストラン「Tianfuzius 天府子」」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    2日間だけ開催・べルリン郊外の人気クリスマスマーケット
    週末だけ開催☆ゾフィーエンシュトラーセのエコ・クリスマスマーケット
    ベルリンの主要駅紹介 4、ツォー駅
    ベルリンの主要駅紹介 3、アレクサンダープラッツ駅
    ベルリンの主要駅紹介 2、フリードリヒシュトラーセ駅
    ベルリンの主要駅紹介 1、ベルリン中央駅
    11月にドイツ土産を買うなら、アドベントカレンダー!
    サマータイムもうすぐ終了!!10月最後の日曜日からは冬時間です

    ドイツ ツアー最安値


    2017/12/15更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集