海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ベルリン特派員ブログ > ベルリン美術館の年間パスを買ってみました

ドイツ/ベルリン特派員ブログ 松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月 1日

ベルリン美術館の年間パスを買ってみました


メール プリント もっと見る

ベルリン美術館の年間パスを買ってみました

 ベルリン美術館とは、ドイツ語で「Staatliche Museen zu Berlin シュタートリッヒェ・ムゼーン・ツー・ベルリン」、直訳すると「ベルリンの国立博物館群」のことです。全部で15ヵ所あり、ペルガモン博物館や絵画館、ハンブルガーバーンホフ現代美術館など、人気の博物館や美術館の多くが含まれています。(→一覧はこちら☆


 これまでも、ベルリンの多くの美術館や博物館(「ベルリンの国立博物館群」以外も含む)には3日間有効・入り放題のミュージアムパス などを購入すればとてもお得に訪れることができましたが、去年から「ベルリンの国立博物館群」専用の年間パス(Jahreskarte ヤーレスカルテ)も発売されました。これがかなり割安で、在住者だけでなく、ベルリンに1年間で数週間以上滞在する予定がある方にもおすすめできるかもしれないと思ったので紹介しますね。


DSC_5020.JPG DSC_5019.JPG

↑実際のカードはこんな感じ。せっかくパスを購入したので、まだ足を運んだことがない美術館を1年かけて制覇しようと思います。


 私が買ったのは、一番安い25ユーロの「Jarhreskarte BASIC」。これは入場時間帯に制限があり、月~金の16~18時の間(木曜は一部20時まで)、土日祝は11~13時の間にだけ入館できるパスです。(一部例外あり。Museen Dahlem は、15~17時。Schloss Köpenick は10月~3月の期間のみで、15~17時の間になります。)入館後の滞在時間は、自由です。また、常設展以外の特別展示には別途入場料金を支払う必要があります。


 あと50ユーロの「Jarhreskarte CLASSIC 」と100ユーロの「Jarhreskarte CLASSIC PLUS」があり、CLASSICは 全ての常設展、CLASSIC PLUS は常設展と全ての特別展へ、それぞれいつでも入場できる年間パスになります。詳しくは、公式サイト (ドイツ語/英語)をご確認くださいね。


 ミュージアムパス は、美術館や博物館に3日間入り放題になるのでもちろんお得でおすすめなのですが、実際に1日何か所もハシゴするとすごく疲れます。なので、もしベルリンにある程度長く滞在する人や、年に何度か訪れる人は、年間パスを購入して、1日に1か所、のんびりとギャラリーを訪れるような使い方をするのもいいのではないかと。


 ちなみに、ミュージアムパス対象の施設は、現在45か所です。詳細はこちら☆ ←このPDFの2枚目、施設の名前の後に続く表示が「smb.museum」となっている15ヵ所が、ベルリン美術館の年間パスで入れる施設です。年間パスは、入れる施設がぐっと少なくなりますので注意してくださいね。


 年間パスの購入は、旧博物館やハンブルガーバーンホフ現代美術館、絵画館がある文化フォーラムのチケット売り場などで。その場で写真入りのパスを発行してくれます。身分証明書が必要なので、パスポートを持参してください。住所も伝える必要がありますが、ドイツの住所でなくても問題ないとのことです。日本の住所なら、ローマ字表記で伝えられるように用意しておくとよいですね。




読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ


☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年2月 1日
« 前の記事「2017年 ベルリンの主なイベント」へ
»次の記事「ベルリンのバレンタイン事情」 へ
おすすめ記事
    ベルリン特派員 新着記事
    一年中クリスマスのお店「ケーテ・ウォルファルト」はベルリンにもあります!
    クリスマスのお菓子、もうスーパーに並んでます♪
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーには「赤」もあるんです!
    ベルリンの壁、建設から崩壊までと今
    秋限定のお酒、フェーダーヴァイサーは今が飲み頃です♪
    レザーバッグ&ファッション小物のショップBOZANA
    ウェットティッシュ/除菌シートは、ドイツでもドラッグストアで買えます
    マルクトの魚屋さんで買い食いするなら
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2016年ベルリンの祝日とショッピングサンデー
    10年間で宿泊数が倍に!ベルリンの人気が止まらない!
    ドイツ人は世界一チョコレートがお好き!?
    点心メニューが豊富で美味しい中華料理店 「Aroma アロマ」

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベルリン特派員

      ベルリン特派員
      松永 明子
      ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
      )。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集