海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スイス/ベルン特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

スイス/ベルン特派員ブログ 田山 貴子

スイス・ベルン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

≪スイス情報.comのメンバーが、スイスで妊娠した時の様子をレポートしてくれました。≫
 
日本に一時帰国した際(2016年10月〜11月/妊娠15週〜20週)、日本の産婦人科に3回通いました。
 
健診内容等は受診する病院、そして時期や健康状態によっても異なりますが、私の場合に日本とスイスで違った点をご紹介します。
 
 
●日本は健診回数が多い
 
日本の場合、妊娠初期~23週は4週間に1回、妊娠24~35週は2週間に1回、妊娠36週~出産までは1週間に1回と通常14回妊婦健診がありますが、スイスの場合は通常9回。
 
 
●日本は体重管理を徹底している
 
日本では病院によっては厳しく体重管理をするところがあるようですが、スイスでは体重の増加について細かく言われることはありません。
 
 
●日本では子宮底長・腹囲測定が毎回ある
 
私の通うスイスの婦人科では子宮底長・腹囲測定の測定は一度もありません。
 
2017_2_7_Tokuhain_JapantoSwitzerland01credit.jpg

(日本の母子手帳 基本健診結果記入欄)
 
2017_2_7_Tokuhain_JapantoSwitzerland02credit.jpg

(スイスのママパス 基本健診結果記入欄)
 
 
●日本では診察室と内診室が別室で、さらに仕切りカーテンが付いてる
 
スイスは診察室に内診台が置かれ、内診台にカーテンなどの仕切りはありません。
 
診察室の端にある小さな脱衣スペースで服と下着を脱ぎ、内診台まで下半身裸で移動することになります。
 
 
●日本は3D/4D超音波検査がある
 
スイスで私が通っている婦人科は2Dエコーのみ。
 
ルツェルン州立病院(Kantonsspital Luzern)で再検査をした際に3D超音波検査がありましたが、日本の方がエコー写真のクオリティーが良かったです。
 
2017_2_7_Tokuhain_JapantoSwitzerland03credit.jpg

(スイスのルツェルン州立病院(Kantonsspital Luzern)で撮影した3D超音波検査写真)
 
 
●日本の産婦人科には無料の託児所があるところが多い
 
日本の産婦人科では、保育士の方がいたので安心して息子を預ける事が出来ました。
 
このようなサービスがあるのは大変ありがたいです。
 
 
受診する病院の方針や医師、健診時期によって違いますが、私の場合、時間をかけてゆっくり超音波検査をしてくれるのはスイスの婦人科です。
 
日本には日本の良さが、スイスにはスイスの良さがあるなと感じました。
 
 
<詳細・問い合わせ>
Gesundheitszentrum Rigi AG
住所:Bodenstrasse 20
6403 Küssnacht am Rigi
電話:+41 41 829 70 00
e-mail: info[at]gzrigi.ch
website: http://www.gzrigi.ch/medizinisches-angebot/gynaekologie-und-geburtshilfe/
 
 
*現在お住まいの地域や州、またご契約されている保険会社により、異なる場合があります。事前に病院や保険会社にご確認されることをお勧めします。
 
 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ


2017年2月22日

スイス各地で毎年2月~3月に開催される大イベントのファスナハト/カーニバル。
 
『ファスナハト』=『断食の前夜祭』で、四旬節の断食前に飲んで食べて歌って踊って陽気に過ごそう!というもの。仮装行列や音楽隊が町を練り歩きます。
 
 
スイスを代表するファスナハトと言えば、バーゼル、ルツェルン、ベルン。
 
この3都市のカーニバルには、毎年多くの人が訪れます。
 
大きなパレードはやはり盛り上がりもすごいですが、スイス各地の小さな町が開催するアットホームなファスナハトもいいものです。
 
私は、リギ山麓街のキュスナハト(Küssnacht)で2月16日(木)『Schmutziger Donnerstag』に開催された、子供パレードを見に行ってきました。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht001.jpg

この日は朝から青空が広がり、最高のパレード日和となりましたよ。
 
14時にスーパーミグロ前からパレードがスタートしました。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht002.jpg

2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht003.jpg

私は2歳の息子とバーンホフ通りでスタンバイ。
 
多くの大人達ががまだかまだかと待ち構えている中で、子供達は紙吹雪(コンフェッティConfetti)を掛け合い楽しんでいました。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht004.jpg

まずはグッゲンムジーク (Guggenmusik)の音楽隊がやってきました。
 
グッゲンムジークはパレードの名物で、このパレード音楽が好きでファスナハトを見に行く方もたくさんいるでしょう。
 
私の義父はそのひとりです。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht005.jpg

そして、コミカルな衣装や恐ろしげな衣装など、様々な衣装に身を包みんだ仮装組がやって来ました。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht006.jpg

インディアン衣装、デビル、ハリーポッター、異星人、80年代ダンスミュージックなどなど。
 
トラクターや台車など大掛かりなセットで登場する仮装組もあり、見ている人たちも大盛り上がり!
 
また、乳母車に乗っている小さな子供達の仮装姿はとても可愛かったです。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht008.jpg

キャンディーやオレンジなどを配るグループもあり、子供達は手のひらいっぱいになるほどのおやつを貰っていましたよ。
 
パレードの後は、ルツェルン湖沿いの建物『Monséjour』前に音楽隊や仮装組そして観客が集まり、飲んで歌って騒いで、とても賑やかな1日となりました。
 
2017_02_18_Tokuhain_Fasnacht007.jpg

さて、キュスナハトの本パレードは19日の日曜に開催されました。
 
一部同じ仮装組も登場しましたが、木曜よりもさらに多くのグループが参加し、盛り上がりを見せました。
 
地元の人達で賑わう小さなカーニバルもオススメですよ。
 
 
この時期の大イベント、ファスナハトへ行かれてみてはいかがでしょうか。
 
<スイスのファスナハト情報>
http://swissjoho.com/events/category/festival

*当サイトは情報提供を目的としており、日程の変更および中止などに対し、弊社は一切責任を負いませんので予めご了承願います。
 
*開催日時・場所は開催年によって変更の可能性ありますので、事前に確認しておかれることをお勧めいたします。
 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ

 
 



2017年2月20日

スイスの田舎町を散歩していると、放牧されている牛や羊、ヤギや馬などの動物達を見る機会が多くあり、2歳の息子も「ブタ~!ウシ~!トラクター!」といつも大喜びです。
 
そんな息子を連れてよく遊びに行くのが、中央スイス・ツーク湖沿いの小さな町、ハーム(Cham)にある農場『Schluechthof』です。
 
2017_2_11_Tokuhain_cham_1_credit.jpg

この農場では牛、子牛、豚、子豚、ウサギ、ニワトリなどの動物が飼育されています。

2017_2_11_Tokuhain_cham_2_credit.jpg

中に入って動物達を近くで見ることも可能です。
 
2017_2_11_Tokuhain_cham_3_credit.jpg

また、畜舎すぐ隣の小さな公園には砂場や滑り台、揺れる椅子などがあります。
 
2017_2_11_Tokuhain_cham_4_credit.jpg

公園には他にもトラクターやミニショベルカーが置かれ、実際に乗って遊ぶことも出来ます。
  
2017_2_11_Tokuhain_cham_5_credit.jpg

さらに嬉しいのは、小さな直営店があること!
 
2017_2_11_Tokuhain_cham_6_credit.jpg
 
2017_2_11_Tokuhain_cham_7_credit .jpg

2017_2_11_Tokuhain_cham_8_credit .jpg

新鮮な卵、リンゴや洋梨などの果物、フレッシュなりんごジュース(Süessmoscht)、農場で絞られたフレッシュな牛乳などが販売されています。
 
2017_2_11_Tokuhain_cham_9_credit .jpg

他には、手作りジャムや手作りパスタ、りんごチップス、ヨーグルトやクワーク(Quark)などの乳製品、アイスクリーム、小麦粉類、ソーセージなどの肉類があります。
 
また天気がいい日には、ショップ前に置かれたテラス席でコーヒーやりんごジュースを飲んで休憩することも可能です。
 
こちらの直営店はセルフサービス式なので、お釣りが出ないように細かいお金を用意して行って下さいね。
 
動物や公園で子供達も大喜び、そして新鮮な商品を購入出来る!ハームの中心地からも近く、週末の買い出し前に家族でぶらっと遊びに行けるオススメスポットです。
 
皆さんも近所にもこのような農場がありますか?
 
<お問合せ先>
施設名:Erlebnisspielplatz Schluechthof
住所:Bergackerstrasse 42
6330 Cham
Tel:+41 41 227 75 00
URL:https://www.zg.ch/behoerden/volkswirtschaftsdirektion/lbbz
 
<アクセス方法>
所要時間:チューリッヒ(Zürich)、ルツェルン(Luzern)から車で約30分。(無料駐車場あり)
最寄りバス停留所の Cham Städtli から徒歩約10分。
最寄駅のハーム駅から徒歩約20分。
 
写真撮影日:2017年2月11日(撮影許可済)
 
*【スイス情報.com】は情報提供のみを目的としており、紹介した店舗の取扱い商品・サービスの変更や中止に対して、弊社は一切責任を負いませんので予めご了承願います。また、遊具使用についての安全に関しましては、ご自身で確保されますようお願いいたします。
 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ

 


2017年2月18日
2017年2月15日
2017年2月11日
2017年2月 8日
2017年2月 6日
⇒すべての記事を見る

スイス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スイスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ/スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストバルカン半島フィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ