海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ボン特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ドイツ/ボン特派員ブログ 新井 麻里

ドイツ・ボン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは。ボン特派員の新井です。

4月にも関わらず、ボンの近くのジーゲンという街では10㎝の雪が積もりました!
ボンでは小雨気味ではありましたが、そこまで寒くなかったのですが…


今回はボンの象徴であるミンスター教会をご紹介します。
カトリック教会であるミンスター教会は11世紀から13世紀に建設されました。


ちょうどロマネスク様式からゴシック様式への過渡期だったため、
その2つの建築様式が融合した建築物となっています。

bonn_muenster1.JPG

こちらの写真は、教会の東側から撮ったものですが、
教会のふもとに頭だけの彫刻があるのがお分かりいただけるでしょうか。


bonn_muenster2.JPG


こちらの彫刻は2003年にトルコ出身のIskender Yedilerが彫ったボン市の守護聖人、
聖フロレンティウスと聖カシウスの生首です。


二人が所属していたテーベのローマ軍団はキリスト教徒だけで構成されており、
ガリアへ行進している途中、古代ローマ帝国の皇帝マクシミアヌスが

「仲間のキリスト教徒を殺し、マクシミアヌスを神として崇めよ」


という命を出しました。


軍団がその命に背いた結果、大虐殺が行われ、二人もボンで首を斬られました。
そのときの姿がこの彫刻です。


地面に無造作に転がった大きな首は、なかなか不気味です・・・

4世紀になると、コンスタンティヌス1世の母である聖ヘレネが、
二人のための礼拝堂(墓)を建て、その場所の上に現在のミンスター教会が
建てられたのです。


ちなみに二人とともに行動し、ケルンで首を斬られた聖ゲレオンは、
ケルンの守護聖人になり、聖ゲレオン教会のそばには、
同じようにIskender Yedilerによる首だけの彫刻があります。


こちらが教会の入り口です。

bonn_muenster5.JPG


かたく閉ざされた大きな扉の前にすると、圧倒されて中に入ってはいけない
気分にさせられますが、ご心配なく。普通に開けてください。


教会内の家具やインテリアの多くは16世紀末以降のものです。

bonn_muenster8.JPG

bonn_muenster4.JPG


bonn_muenster6.JPG

身廊前方にある銅像は、聖ヘレナです。
17世紀に旧カシウス修道院の修道長から寄進されました。

ステンドグラスはモノクロで、とてもモダンです。
bonn_muenster3.JPG

南側の翼廊の壁に描かれているのは、旅人の守護聖人である聖クリストフォルスです。


昼間にこの聖人にお祈りをすると突然死しないといわれており、商人などが
旅に出る前にお祈りをしにきたそうです。
bonn_muenster7.JPG


ミンスター教会にはカシウスとフロレンティウスの棺が置かれている地下聖堂もありますが、
守護聖人祭(10/10)以外は閉まっています。

ボン中央駅に到着すると、とがった塔の屋根が目に入るので、
すぐにどこにあるかわかります。


ボンに来た際には、ぜひ寄ってください。


開館時間 7:00-19:00
住所 Gerhard-von-Are-Straße 1, 53111 Bonn
電話 0228/2808899
ウェブサイト muensterladen.de


2017年4月18日

ドイツもすっかり桜が咲いて、春らしくなってきました。


実は、ボンは桜祭りで有名です。
bonn_sakura.jpg

今週末がピークのようです。

春になると、ドイツ人にとってはアイスクリームのシーズンです。冬の間閉まっていたアイスクリーム屋が続々と開店します。


寒い時期はイタリア人であるオーナーは母国に戻っているそうです。

さて今回ご紹介するEisLaborはエクスペディアで世界で最もおいしいアイス屋トップ5に選ばれました。
eislabor1.jpg

世界1位のイタリアにあるGelateria Dondoliは10年前訪れた時すでに有名店でしたが、
EisLaborは2000年代に入ってから開店した新しいお店です。


Eisは「アイス」と読み、日本語訳すると「アイスクリーム研究所」という名前になり、
ビオで健康的なアイスクリームを提供しています。


ビオ食品が大好きなドイツ人に受けたのもうなずけます。


日曜日に行きましたが、トップ5なだけあって、ドイツでは珍しく長蛇の列です!
eislabor5.jpg


店内はかろうじてベンチがひとつと椅子がひとつあるだけのとても小さな店舗。
お店があるのもボン中央駅から10分ほどの小さな通りにあるので、知らなければ素通りしてしまいます。

この日は日差しが強く、まさにアイスクリーム日和でした。
20分ほど待ち、ようやくお待ちかねのアイスクリーム!


eislabo6.JPG

上記は壁に貼られているメニュー。


左<牛乳を使用したアイスクリーム>
(左側から)
さくらんぼ
アボカド
ヘーゼルナッツ
ヨーグルト
コーヒー
キャラメル
ミルク
ラムレーズン
ピスタチオ
塩キャラメル
チョコレート
シュペクラチウス(ドイツのクリスマスシーズンに食べられるシナモンやジンジャー風味のクッキー)
タヒチバニラ
ティラミス
くるみ


真ん中<シャーベット>
りんご
アプリコット
オレンジ

ブラックベリー
カシス
いちご
ブルーベリー
ラズベリー
カクタス・フィグ(サボテンの実)
マンゴー
メロン
オレンジミント
パッションフルーツ
スモモ

ピンクグレープフルーツ
オレンジジュース
チョコレート
レモン


ただし残念ながら、毎回すべての種類があるわけではありません。

eislabor3.jpg


アボカドが濃厚でおいしいと聞いていたので、ぜひ試したかったのですが、
私が行ったときはありませんでした。


前日がアボカドデーだったようです。
この日はタヒチ・バニラがおすすめの日でした。

eislabor2.jpg


ワンスクープ1.20€とお手頃価格です。
アイスクリーム1つがけっこう小さい為ですが、ドイツ人は3つも4つも頼むのが基本!

eislabor4.jpg


お店によっては5個6個までの値段が表示されていて唖然としてしまいます笑
ドイツ人は甘いものが大好きなので、さすがとしか言いようがありません。


カップとコーンから選ぶことができます。
コーンもおいしいので、アレルギーがなければコーンをお奨めします!


私は本日のおすすめタヒチ・バニラとレモンシャーベットにしました。トッピングはドイツでは一般的な生クリーム。

どこがどうタヒチなのかはわかりませんでしたが、とーーーっても濃厚でおいしかったです!

レモンもおいしかったですが、私はバニラや一口食べたチョコレートのほうが好みだったかな。

暑い日にボンに来た時にはおすすめです!
店の前にはテラスもあるので、そこで食べることができます。


EisLabor
住所:Maxstr. 16 53111, Bonn
電話:0228 92 68 71 72
【営業時間】
月-土 11時~18時
日・祝 12時~18時


2017年4月 6日

こんにちは!
今日はちょっと特別な日やホームパーティをするときにドイツ人が作る、
Rindsrouladenのレシピをご紹介します。

rindsrouladen5.jpg

Rindsrouladenは英語名がBeef olivesと呼ばれており、
大きく薄切りされた牛肉にピクルスやベーコンをのせて
巻いた料理です。

炒めた後に煮込んでぎゅぎゅーっと味が詰まった
グレービーソースとともにいただきます。


<材料>
牛肉のスライス 2枚(400g前後)
ピクルス大 1本
玉ねぎ小 2つ(1.5個はみじん切り、残りは薄切り)
ベーコン 5枚
パセリ 大匙2(たっぷり!)
マスタード 適量
塩コショウ 適量
コンソメのもと 1つ


<下準備>
牛肉は室温に戻しておく


1.ベーコンを細かく切り(ドイツには最初から細切れにされたベーコンが販売されています)、玉ねぎをみじん切りにします。


2.ベーコンを油なしで炒め、玉ねぎも入れ、透明になってきたらパセリも一緒に炒める
rindsrouladen1.jpg


3.全体的にしんなりしてきたら、みじん切りにしたピクルスも一緒に入れて、炒める。その際にあまりかき混ぜないようにする。


4.室温に戻した牛肉の両面に塩コショウをふる


5.牛肉にマスタードをたっぷり塗る。このマスタードが料理の味を決めます!


6.続いて牛肉に炒めたベーコン、玉ねぎ、パセリとピクルスを全体にのせる

rindsrouladen2.jpg


お肉の大きさが分かると思います!一人1つでも十分おなか一杯になります。

7.ぐるぐるとロールし、つまようじか紐で留める(ドイツには金属製のものがあるので、私はそれを利用しています)


8.鍋にオリーブオイルに入れて強火にかけ、十分に油が熱くなったら7.を入れる

rindsrouladen3.jpg


9.牛肉に焼き目がついたら、火を弱め、他の面も炒める


10.全体的に炒めてきたら、薄切りにした玉ねぎを入れ、グレービーソース用に茶色くなるように炒める

rindsrouladen4.jpg

11.しばらく弱火で炒め煮したら、少しずつ水を足し(お肉が冷えないように)、
最終的に牛肉の高さ半分くらいまでお水を足して、コンソメをいれたら一時間ほど煮込む


12.最後に塩コショウでグレービーソースの味を調整して出来上がり


グレービーソースは日本ではあまりなじみがありませんが、
野菜とお肉を煮込んでつくるソースは総称してグレービーソースと
呼ばれます。


ドイツではこのグレービーソースが欠かせません。
ソースをたっぷりかけて食べるのがドイツ流です。


ぜひRindsrouladenをお試しあれ!


2017年1月30日
2016年10月10日
2016年10月 5日
2016年9月30日
2016年9月30日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ