海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/ボルドー特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

フランス/ボルドー特派員ブログ 野田 祥子

フランス・ボルドー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

お客様のお話を聞いていると、アパートホテルに泊まる方が多いように思います。

確かに毎日3食外食は胃が疲れます。

そこで皆さんお米を炊くのではないかなぁと思います。

今回はフランスの何処のスーパーでも売っているおすすめのお米をおすすめしたいと思います。

スーパーの大きさにも依りますが、お米コーナーはこんなに充実しています!

IMG_9727[1].JPG

タイ米がたくさんあって、特にBasmati(バスマティ)というお米が主流です。

ゆでるとぐっと伸びて、とっても長いお米なのですが私は苦手なお米です。


一番のお勧めはアジアコーナーにある《寿司米》

最近は海外の食材が簡単に手に入ります。

アジアコーナーにはお寿司を作るための食材がたくさんあります!

寿司用のお米は粘り気もあり(日本で買うお米には負けますが)美味しく頂けます。

値段は500グラムで3ユーロ~4ユーロ程度でしょうか。


少しお高いので、私が普段買っているお米はこちらです。

IMG_9728[1].JPG


お米コーナーにある羽の生えた牛が目印で、オレンジ色の箱です。

私の言ってるスーパーでは2.3ユーロで寿司用のお米より安いです。

このお米は白米として食べるのには少し物足りないかもですが、丼ものだったり、チャーハンだったりにするにはとってもおすすめです!


皆さん是非是非試してみてください。


2017年4月15日

折角ボルドーまで足を伸ばして頂いているので、ボルドーでおすすめのお土産をご紹介したいと思います。


ボルドーであればもちろんワイン

以前の記事でご紹介しましたが、20ユーロ以上のワインを買うとほぼ間違いなくおいしいワインに出会えます。

以前の記事:http://tokuhain.arukikata.co.jp/bordeaux/2017/02/post_28.html

名物のチョコレート

Mademoiselle de Margaux(マドモワゼル・ド・マルゴー)というチョコレートです。

表示


このチョコレートはブドウの枝を模して造られており、写真を載せたオレンジ味が一番古くからある味です。

期間限定で出ている塩ホワイトチョコもとってもおいしいのでおすすめ!

ボルドーには店舗もありますし、ギャラリーラファイエットという百貨店の最上階で買うこともできます。

ホームページ:https://www.mademoiselledemargaux.com/#gref

ボルドー近郊で採られる

こちらはスーパーで簡単に、そしてお値段も優しく買えるお土産です。

安いものだと1ユーロ程度からあります。

ボルドーではないのですが、イルドレなどの塩の名産地が近くにあるために、パリで購入するより圧倒的に安く買えるのが魅力的。

天日塩を指すLa fleur de sel(ラ・フルール・ド・セル)と書かれたものは、質も良く、ミネラルも豊富。

同じくギャラリーラファイエットの最上階でも購入可能。


こちらもボルドー近郊のフォアグラ

同じくスーパーやギャラリーラファイエット最上階で購入できます。

ボルドーのお隣、ドルドーニュ県は鴨の名産地。

こちらで取れる質のいいフォアグラがとっても安く買えるボルドー。

などなどでしょうか。

フルールドセルではないですが、ワインを含んだ塩なども見つけることができます。

沢山のものを一度に買いたい場合はギャラリーラファイエット最上階がおすすめ。

食材コーナーはとても小さいですが、厳選されたものが並んでいます。


お手軽にお土産を探している場合はやっぱりスーパーがおすすめです。

町中には小さなお土産屋さんもあるので、是非探してみてください。


2017年3月28日

前回はボルドー観光をするときにできるだけ土日を避けてほしいという記事を書きました。

今回はボルドー観光でおすすめの季節/季節ごとのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。


    《春》

IMG_4037.JPG


日本で言うとゴールデンウイーク前まででしょうか。

この時期は個人的には一番おすすめです。

過ごしやすい気候で、晴れれば少し暑いかな、と思うほど。

ただ、雨が降る確率も夏に比べると高いので、折り畳み傘を持ってくることをおすすめします。

服装は重ね着をして、気温に合わせて脱ぎ着できるようにするのがおすすめです。

シャトーに関しても、この時期は観光客が少ない(土日は閉めているところがほとんどですが)ので、丁寧に案内してくれることが多いです。

総合:★★★★★

観光:★★★★☆

シャトー見学:★★★☆☆(週末のシャトー見学が厳しいので減点)

ブドウ畑:★★☆☆☆(葉のないブドウの木のみなので、この点数で)


    《夏》

DSC_0053.JPG


5月から7/8月くらいを今回夏にします。

天気がいい日もかなり多く、とっても暑い日が続きます。

サングラスや帽子を持ってきた方がいいでしょう。

日がとっても長く、太陽がずっと出ているので女性一人でも安心して夜飲みに行けるのがこの時期のいいところです。

また、シャトーも繁忙期に入り週末も見学を受け入れてくれるところが増えます。

ただ!夏のバカンスに重なると、レストランが閉まっていたりと観光には不便なことも。

必ず水は携帯するようにしてください!

総合:★★★★☆(バカンスの時期に重なると不便なので減点)

観光:★★★★★

シャトー見学:★★★★☆

ブドウ畑:★★★★☆(葉をつけて緑が広がる季節です)

    《秋》

DSC_0109.JPG


秋、といえば収穫の秋ですね!

ボルドーではワイン産業が盛んで、一番活気づく季節と言っても過言ではないでしょう。

夏の暑さは引き続き、晴れの日も多いです。

ただ、シャトーはとっても忙しいので見学を締め切るシャトーも増えます。

運よく収穫時期に見学できれば、それぞれのシャトーの収穫方法なんかも教えてくれます。

そしてブドウ畑が一年で一番きれいな季節です!


総合:★★★★★

観光:★★★★★

シャトー見学:★★★☆☆(繁忙期で見学させてくれない所多数)

ブドウ畑:★★★★★

    《冬》

DSC04736.JPG


フランス全体で観光業が閑散期へと入ります。

天気もどんより、雨の日が続きます。

さらにボルドーでは有名な「水の鏡」が凍結防止のために水がなくなってしまいます。

シャトー見学は春同様、土日の見学を受け入れてくれない場所が多くなりますが、とっても丁寧に時間をかけてくれます。

総合:★★★☆☆(雨が多い)

観光:★★☆☆☆

シャトー見学:★★★☆☆

ブドウ畑:★★☆☆☆


2017年3月17日
2017年3月10日
2017年3月 3日
2017年2月24日
2017年2月17日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ