海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/ボルドー特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

フランス/ボルドー特派員ブログ 野田 祥子

フランス・ボルドー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

前回はボルドー観光をするときにできるだけ土日を避けてほしいという記事を書きました。

今回はボルドー観光でおすすめの季節/季節ごとのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。


    《春》

IMG_4037.JPG


日本で言うとゴールデンウイーク前まででしょうか。

この時期は個人的には一番おすすめです。

過ごしやすい気候で、晴れれば少し暑いかな、と思うほど。

ただ、雨が降る確率も夏に比べると高いので、折り畳み傘を持ってくることをおすすめします。

服装は重ね着をして、気温に合わせて脱ぎ着できるようにするのがおすすめです。

シャトーに関しても、この時期は観光客が少ない(土日は閉めているところがほとんどですが)ので、丁寧に案内してくれることが多いです。

総合:★★★★★

観光:★★★★☆

シャトー見学:★★★☆☆(週末のシャトー見学が厳しいので減点)

ブドウ畑:★★☆☆☆(葉のないブドウの木のみなので、この点数で)


    《夏》

DSC_0053.JPG


5月から7/8月くらいを今回夏にします。

天気がいい日もかなり多く、とっても暑い日が続きます。

サングラスや帽子を持ってきた方がいいでしょう。

日がとっても長く、太陽がずっと出ているので女性一人でも安心して夜飲みに行けるのがこの時期のいいところです。

また、シャトーも繁忙期に入り週末も見学を受け入れてくれるところが増えます。

ただ!夏のバカンスに重なると、レストランが閉まっていたりと観光には不便なことも。

必ず水は携帯するようにしてください!

総合:★★★★☆(バカンスの時期に重なると不便なので減点)

観光:★★★★★

シャトー見学:★★★★☆

ブドウ畑:★★★★☆(葉をつけて緑が広がる季節です)

    《秋》

DSC_0109.JPG


秋、といえば収穫の秋ですね!

ボルドーではワイン産業が盛んで、一番活気づく季節と言っても過言ではないでしょう。

夏の暑さは引き続き、晴れの日も多いです。

ただ、シャトーはとっても忙しいので見学を締め切るシャトーも増えます。

運よく収穫時期に見学できれば、それぞれのシャトーの収穫方法なんかも教えてくれます。

そしてブドウ畑が一年で一番きれいな季節です!


総合:★★★★★

観光:★★★★★

シャトー見学:★★★☆☆(繁忙期で見学させてくれない所多数)

ブドウ畑:★★★★★

    《冬》

DSC04736.JPG


フランス全体で観光業が閑散期へと入ります。

天気もどんより、雨の日が続きます。

さらにボルドーでは有名な「水の鏡」が凍結防止のために水がなくなってしまいます。

シャトー見学は春同様、土日の見学を受け入れてくれない場所が多くなりますが、とっても丁寧に時間をかけてくれます。

総合:★★★☆☆(雨が多い)

観光:★★☆☆☆

シャトー見学:★★★☆☆

ブドウ畑:★★☆☆☆


2017年3月17日

最近ボルドーは世界的に注目されている街ですが、人口25万人の小さな街です。

そこで注意してほしいのは…


    「土日祝日を避ける」

旅行でボルドーのみを観光する人は少ないと思うので、避けれるのであれば避けてください。


まず、ボルドー観光で欠かせないのがシャトー見学

DSC_0062.JPG


シャトー、特にメドック地方では土日祝日、見学を開放していないところがかなり多いです。

ちなみにですが収穫の時期、秋になると見学を締め切るシャトーもあるのでご注意ください。

そして欠かせないレストラン

IMG_1929.JPG

旅行では外食が欠かせなくなります。

フランスでは元来土日は家族で過ごすもの、という考えがあります。

ですのでレストランと云えども週末休みのお店が多いです。

(最近は日・月休みのお店が増えてきました)

ボルドーも観光地として徐々に有名になってきているために、日曜日も営業しているお店が増えてきましたが、それでもレストランの半分以上が日曜日営業していません。

パリなどの大きな都市と一緒に観光する場合は土日も営業しているところが多いので、是非スケジュール調整をしてみてください。


2017年3月10日

旅行をする時に欠かせないのが「観光案内所」の場所。

フランス語では観光案内所のことをoffice de tourisme(オフィスドトゥーリズム)といいます。

最近日本でも外国人観光客増えたので観光案内所のマークを「?」から「i」に変えるというニュースがありましたね。


フランスでは「i」のマークを探せば見つけることができます。

ボルドーには観光案内所は数か所あります。

    《空港に到着してすぐに地図が欲しい場合》

ターミナルBの1階に小さな窓口があり、そこに人がいれば(夜はいなくなってしまいます…)地図を貰うことができます。

ここは観光案内所ではないために、詳しい説明などをして貰うのは難しいですが、簡単な説明はしてもらえます。

    《駅に到着した場合》

駅に到着した場合は、観光案内所があります。

到着したらまず外に出てください。

右側へ、駅の壁に沿ってずっと進みます。

すると観光案内所がありますが、ここはあまり知られていないのか、常に扉が閉まっていてわかりにくいです…。

ここでは地図をもらえたり、詳しい観光説明もしてもらえます。

住所:Gare de Bordeaux St-Jean, Gare Saint-Jean, Parvis Louis Armand, Rue Charles Domercq, 33800 Bordeaux

電話番号:+33 5 56 91 64 70

営業時間:月曜日から土曜日 9時から12時/13時から18時

     日曜日 10時から12時/13時から15時

    《町中の観光案内所》

ここがボルドーで一番大きな観光案内所です。

カンコンス広場のすぐそば(最寄駅はトラムB線とC線のQuinconces(カンコンス)駅)にある観光案内所です。

ここはお土産を売っているショップも併設されており、情報もほかの場所と比べると圧倒的に多いです。

さらに、ボルドーの観光バスが発着している場所もここ。

観光バスについての記事はこちら:http://tokuhain.arukikata.co.jp/bordeaux/2015/11/post_11.html

いつもとは限りませんが、ワイン博物館の割引券がもらえたりもします。

住所:12 Cours du 30 Juillet, 33000 Bordeaux

電話番号:+33 5 56 00 66 00

営業時間:月曜日から土曜日 9時から18時30分

     日曜日 9時30分から17時

この3か所を知っていれば問題がないかと思います。

まずは地図をもって、ボルドーの散策をしてみてください!


2017年3月 3日
2017年2月24日
2017年2月17日
2017年2月10日
2017年2月 3日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストバルカン半島フィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ