海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ハンガリー/ブダペスト特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ハンガリー/ブダペスト特派員ブログ Shuri

ハンガリー・ブダペスト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

前回からの続きです。
[1]ヨーロッパNo.1の夏フェス『スィゲト・フェスティバル』ってこんなトコ!


お次は、スィゲト・フェスティバルの魅力のひとつといえる
世界の文化紹介エリアへ。


2sz1.jpg


こちらは、民族音楽エリア。
一人ひとつ民族楽器の太鼓を借りて、音の出し方や叩き方などを
リズムに合わせて指導してもらい、一緒に演奏していました。


また陽気なリズムが響き渡る中、そのすぐ横には
カラフルなエクステを使って、髪の毛を編み込んでもらっている
女性参加者の列ができていました。


2sz2.jpg


こちらは、ハンガリーの文化を紹介するエリア。
ここの一角では、伝統衣装を身にまとったハンガリー人たちと一緒に
ハンガリーの伝統舞踊を一緒に楽しむことができます。


男性は足を踏み鳴らし、女性はくるくると回りながら踊るのですが
最初はたどたどしくマネをしている参加者も、
1曲終わるころには、難しいステップをしっかりマスター!
みなさん踊りのセンスがいいのですね、さすがです。


2sz3.jpg


家族で参加できるワークショップも多数あります。
こちらは、小石にペイントをするコーナー。


2sz4.jpg


こちらは、軽石を削ってオリジナル作品が作れるコーナー。
フェスティバルの思い出に、手作りの作品を持ち帰るというのも
いいアイデアですね!
みなさん暑い中、集中して作品づくりに取り組んでいました。


2sz5.jpg


こちらは、ハンガリー発祥の「ルービック・キューブ」 の特設ブース。
ルービック・キューブ世界大会のように、完成までのタイムを測ることができます。
ここはやはり、男性が多かったです。


また、屋外でおこなわれているイベント以外にも、
特設テントや劇場で、芸術鑑賞ができるスポットが多くあります。
どれも無料なので、気になるプログラムがあれば
ふらりと行って自由に見ることができるところは、
このフェスティバルの魅力のひとつ。


2sz6.jpg


こちらは、ハンガリーの「Grotesque Gymnastics」のパフォーマンス。
この他にも世界各国の演劇や、サーカスなどもありました。


2sz7.jpg


通りを歩いていると、世界の大道芸人たちにばったりということもしばしば。
こちらの男性が乗っているのは、ペダルを漕ぐだけで数種類の楽器が自動演奏される
レトロな大型自転車(?)。
不規則なテンポで、ゆっくりと聞こえてくるどこか懐かしい音色に
大勢の人たちが足を止め、聞き入っていました。


2sz8.jpg


目的がなくても、常にどこかで素敵な催しものに出会えます。
こちらは大きな馬の模型を使ったショー!
近くで見とれていた子供は、頭をかぷりと噛み付かれたりしていました。


2sz11.jpg


暑い、とにかく暑い…!!
そんな時はこちらの冷たい霧が降り注ぐシャワーの下へ。
水鉄砲を持って、お互いに水のかけ合いをしている参加者も多く
歩いているだけで、狙われてぴしゃ!っと水が飛んでくることも。
びっくりしますが涼しくなるので、実はとってもありがたいのです。


2sz13.jpg


こちらは、参加者のお風呂?とも思えるような、泡のパーティー会場。
大音量のDJ音楽に合わせて踊りながら、パーティーを楽しんでいるように見えますが
実はなにげなく体を洗っていたりしているので、泡風呂状態です。


2sz12.jpg


出る時にはお互いにシャワーを掛け合ってすっきり!のご様子。
すぐ横にはドラッグストアもあり、シャンプーやボディソープなどを
購入できるようになっていました。


2sz14.jpg


音楽や文化を楽しむだけでなく、スポーツができるエリアもあります。
こちらはビーチバレーのコート。
他にも、朝ヨガのプログラムなどもありました。


夕方からオープンしたのは、ハンガリーの昔ながらのゲームコーナー。
レトロでどこか不思議な雰囲気が漂っていて、タイムスリップしたような気分に。


2sz15.jpg


こちらはレトロなキッチン用品が吊るされたゲーム。
小さなボールを投げて、お鍋やフライパンを鳴らします。
お姉さんが木のヘラでお鍋の底をたたいたら、スタート!
こちらのゲームに勝ち負けはないようでしたが、可愛らしかったです。


2sz16.jpg


こちらは、日本でもおなじみの射的なのですが、
的の中心にある穴に入ったら、当たり!というもの。
このお兄さん、なかなか入れることができず
「これって、本当に入るの?」と半信半疑で係の人にたずねると、
一発でポン…と、簡単に入れてしまいました。
その様子を見てた人たちは、大爆笑!


2sz17.jpg


特に人気があったのは、くるみ割りゲーム。
くるみ割り人形の口から、くるみがコロコロと
落ちてくるタイミングを狙って小槌で叩き割る、という
これまたものすごくシンプルなもの。


力任せに小槌をたたいて空振りする人もいれば、
毎秒叩き続けてどうしても割ろうとする人など
性格がよく出ていて、おもしろかったです。


そして最後に、スィゲト・フェスティバルに参加すると
必ずもらえるのが “スィゲト・フェスティバル共和国” のパスポート!


2sz18.jpg


島内にある22個のスタンプラリーを制覇して、島内の「移民局」に持っていくと、
なんと、スィゲト・フェスティバル共和国の公式の “国民” になれるのです!


2sz19.jpg


パスポートの中身はというと…
実はこれ、地図やプログラムが載っている小冊子。
細かなところまでアイデア満載なので、参加者のワクワク感が高まるのでしょうね!


2回に渡ってお届けした 「Sziget Fesztivál (スィゲト・フェスティバル)」。
気になる来年の日程は、2016年8月10〜17日の1週間。
今年のフェスティバル終了後、すぐに正式発表されました!
関係者のお話によると、チケットはクリスマス前に発売になるそうです。
クリスマスプレゼントに、来年のチケットを購入する方も多いようですよ。


ヨーロッパNo.1の夏フェスは、子供から大人まで誰でも楽しめる
音楽と文化のフェスティバルです。
いつかぜひ、みなさんも足を運んでみてくださいね!


2015年8月31日


2015年8月10日〜17日までの1週間、ブダペストで毎年恒例の
Sziget Fesztivál (スィゲト・フェスティバル) 2015」が開催されました!
わたしもいつか行ってみたいな〜と思っていたところ、ご縁があり
“ヨーロッパNo.1” に輝いた、この巨大な夏のフェスティバルに
急遽、今年初めて参加してきました。


“ヨーロッパNo.1”のフェスティバル といっても、いろいろな種類ありますが
このスィゲト・フェスティバルは、ヨーロッパで一番質のよいフェスティバルを表彰する
「Festival Awards Europe」 で、2011年と2014年に
「最優秀・文化フェスティバル (大規模部門) 賞」を受賞した
正真正銘 “ヨーロッパNo.1” の音楽・文化フェスティバル。
ちなみに昨年、世界中から集まった来場者の数は、
なんと40万人だったのだそうです。


今年のフェスティバル情報など、詳しくはこちらから。
URL: http://spotlight-media.jp/article/177405829710178169


今年のフェスティバルの様子は、こちらから。(公式HP)
URL: http://sziget.hu/fesztival


どこからどうお伝えしたらよいか分からないほど
魅力的なフェスティバルだったので、
今回は、2回に渡ってお届けいたします!


sz1.jpg


こちらは、フェスティバルの入り口へと続く橋。
Sziget (スィゲト)とは「島」のことで、ドナウ川の中洲「Óbudai - sziget (オーブダ島)」が
まるごとフェスティバル会場となっています。


sz2.jpg


橋の上からは、冷たい霧のシャワー!
この日は本格的な夏日が戻り、気温も35度越えだったため
霧のおかげでリフレッシュしながら橋を渡って、いざ入島!!
ただ、足元はすでにドロドロに…


sz3.jpg


入り口を入ってすぐに、会場内の飲食などに利用するお金を
チャージするためのカードを購入しました。
デポジットに500HUFかかりますが、カード返却時に払い戻されます。


sz4.jpg


見所がありすぎて、どこから回ろうかと迷っていたところ
目に飛び込んできたのは、カラフルな傘の屋根。
この下を歩いみたくなったので、こちらの通りに決定!


sz5.jpg


水着や露出の多い服装をしている人が多い中、
どうぶつの着ぐるみや、コスプレをしている人も大勢いました。
こちらの男性グループ、見るだけで暑そうですね…


sz6.jpg


こちらは、メインステージ。
大物ゲストが登場するライブは、主に夜開催されるため
日中は人気もなく、この通り。
果てしなく広いライブ会場ですが、夜になると足場もないほど
埋め尽くされるというから驚きです!


sz7.jpg


打って変わって、こちらは宿泊エリア。
無数のテントが島の至るところに、みっちりと並んでいます。
木にひもをかけて洗濯物を干している人や、遊び疲れて昼寝をしている人など
完全に、この島の「住人」と化していました。


sz8.jpg


フェスティバル会場となっているこの島は、
まるでひとつの “街” のように構成されています。
警察や病院をはじめ、ドラッグストアや八百屋さんまであるのです!
こちらの常に長蛇の列を作っていた人気店は、なんと薬局。
1週間泊まり込みの参加者も多いため、何かと必要になってくるのでしょうね。


sz9.jpg


さて、お店といえば忘れてならないのは飲食店!
こちらはハンガリーのワゴンフードが並ぶエリア。
以前こちらの記事でご紹介した 「ZING BURGER」 もありましたよ。
フードワゴンが集結!話題のストリートフード・スポット「Karaván」


sz10.jpg


こちらの、ハンガリー料理店が並ぶエリアも人気がありました。
ハンガリー伝統料理の定番、グヤーシュスープは具沢山で栄養満点です!


sz11.jpg


おもしろかったのは、こちらのドリンク専門店。
なんと、このカラフルなおもちゃのバケツに
レモネードなどのドリンクを入れてくれるのです!
猛暑の中、会場にはこのバケツを抱えて歩いている人も多く
ふたりで仲良くストローを差して飲んでいる人の姿もよく見かけました。
小さなコップじゃ、ものたりないですものね!
 

しばらく行くと、遠くから不思議な音楽が聞こえてきたので
人が集まっている方へと歩いて行くと、
なにやら小さな野外サロンのようなブースがありました。


sz12.jpg


一目見ただけで釘付けになってしまった、このインパクト大のサロンにいたのは
スペインの美容師 「Sienta la Cabeza」という方々。
なんと、希望するお客さんなら誰でも無料で
想像もつかないほど奇抜な髪型とメイクをしてくれるというのです!


sz13.jpg


こんなに可愛らしい子だって…


sz14.jpg


数十分後には、こんな姿に!!
宇宙から来たかのような美容師さんたちは、言葉を発することなく
不思議な音楽に身を委ね、時には楽しく踊りながら
即興で、こんなおもしろいスタイルを完成させていくるのです。
わたしもすっかり、この美容師さんの虜になってしまいました。


sz15.jpg


こちらの女性の頭には、ヤシの木が2本植えられ
木の間にかけられたピンクのハンモックには
なんと、バービー人形が!
写真は、女性が動くとバービーが落ちてしてしまうので
どうしたら落ちないかと、美容師さんが試行錯誤しているところ。
ブルーの服の男性は、不思議な音楽を流すDJさんです。


音楽を楽しむだけでなく、文化フェスティバルとしても評価が高い
Sziget Fesztivál (スィゲト・フェスティバル)」 の見所は、
まだまだ、これだけではありません。
次回に続きます!


2015年8月30日


明日、8月20日はハンガリーの建国記念日。
建国王の名から「聖イシュトバーンの日」とも呼ばれています。
この日はハンガリー各地で、様々な記念イベントが開催されます。
ブダペストでは “国のケーキ” や “国のパン” などがお披露目されたり
王宮の丘では、フォークアートフェスティバルも開催されます。


昨年の様子は、こちらから。


建国記念日が待ち遠しい♪国の誕生日ケーキ「Magyarország tortája」


『国のケーキ』で建国記念日をお祝い!「Magyarország tortája 2014」


王宮で開催♪年に一度のフォークアートフェスティバル「Mesterségek ünnepe」


この祝日のクライマックスは、21:00〜21:30 に行われる毎年恒例の記念花火!
ドナウ川に架かるくさり橋 (Lánchíd) から自由橋 (Szabadság híd) 間の
エリアに打ち上げられます。
今年はブダ側のドナウ川沿いを走るトラム路線の大規模工事のため、
3年ぶりに、ゲッレールトの丘 (Gellért-hegy) からも打ち上げられることになり
注目を集めています。



こちらは、政府が公開した花火の打ち上げイメージ映像です。
ハンガリー音楽に合わせ、色鮮やかな花火が壮大かつ華やかに打ち上げられます。
世界文化遺産の夜景と年に一度の記念花火の融合は、一見の価値あり!


【花火の打ち上げポイント】


08201.jpg


赤いラインとマークがある、くさり橋 (Lánchíd)、自由橋 (Szabadság híd)、
ゲッレールトの丘 (Gellért-hegy) から、花火が打ち上げられます。


【通行止めになる場所】


08202.jpg


18:00から、オレンジ色のラインがあるドナウ川沿いの道と
エルジェーベト橋 (Erzsébethíd) は、車両通行止め。
同じく18:00から、赤いラインがある、花火が上がるくさり橋 (Lánchíd)と
自由橋 (Szabadság híd) は、歩行者も通行止めです。


【花火の鑑賞おすすめポイント】


08203.jpg


青いエリアは、花火の鑑賞おすすめポイント!
今年はブダ側の王宮や、ゲッレールトの丘上空にも花火が上がるようですので
特にペスト側からの眺めがよさそうですね。


動画はこちらから。


毎年8月20日が近づいてくると、話題にあがるのはお天気のこと。
狙いをつけたように、台風のような大雨と強風に襲われることが多く
花火の中止が危ぶまれることが多いのです。
でも、明日の天気予報は “くもり” とのこと。
お祝いに参加されるみなさんが、最後まで楽しく過ごせますように…!


2015年8月19日
2015年7月31日
2015年7月30日
2015年7月25日
2015年7月 6日
⇒すべての記事を見る

ハンガリー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ハンガリーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ