海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

中南米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_1356.JPG

2016年末ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス「フアン・ラモン・フェルナンデス校」(元アルゼンチン国立高等語学院レングアスビバス)でときどき紹介に登場していた2013年生の皆さんがNIVEL 4を修了しました。

 そのため今学期2017年度はNIVEL 1初心者担当になりました。
 NIVEL 1は火曜日と木曜日の午後5時から6時20分までです。
新規申し込みは 3月27日と28日、
大学の語学オフィスにて午後1時半から4時半受け付けます。
この日は他に英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語、ロシア語、そして日本語と
8ヶ国語の初心者の申し込みがありますので、大混雑が予想されますので早めに
行ったほうがいいでしょう。先着順です。

以下に詳細をスペイン語で書いてあります。

https://www.facebook.com/CursoDeJaponesLenguasVivas/?fref=ts

また
すでに勉強している、していた予備知識のある人はレベルチェックテストを受けます。
新規の人たちには15日と16日午後5時から7時頃です。
筆記と口頭試験があります。

私は16日担当です。

Curso de Japones Lenguas Vivas 2017 - en Carlos Pellegrini 1515, Capital - Es de la institucion publica y gratuita, solo para mayor de 18 anos porque es el instituto superior (terciario)
Nivel 1 Martes y Jueves de 17 a 1820 Prof. Tomoko Aikawa
Nivel 2 Lunes y Miercoles de 17 a 1820 Prof. Norma Hokama
Nivel 3 Lunes y Miercoles de 1820 a 1940 Prof. Norma Hokama
Nivel 4 Lunes y Miercoles de 1820 a 1940 Prof. Liliana Nakama
Los que tiene conocimiento rinden un test de nivelacion.
Los principiantes (sin conocimiento) puede ir directamente a la inscripcion para la fecha y el horario determinado.


Inscripción Nivel 1 (Aspirantes externos de todos los idiomas )
Horario
: 13:30 a 16:30 hs. en Carlos Pellegrini 1515,
27/03/2017 y 28/03/2017
Hago acordar que el Instituto Lenguas Vivas es Publico y la Educación Publica Argentina es Gratuita. Solo solicitamos su colaboración con BONO CONTRIBUCION.

ASPIRANTE EXTERNO CON CONOCIMIENTO DE CURSO DE JAPONES
IES en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez.
https://www.facebook.com/ieslvjrfernandez/?fref=ts
Sobre la Inscripción ya esta publicada en la pagina pero explico un poco mejor, porque es DIFERENTE este año 2017
1) BUSCAR SU NUMERO PARA test de Nivelación
los días lunes y martes 13 y 14 de marzo 13:30 a 16:30 hs.
aclarando que va a rendir JAPONES.
2) RENDIR TEST DE NIVELACION - ORAL y ESCRITO
(un solo día indistinto del nivel) BOLiGRAFO, DNI, LOS DATOS PERSONALES A MANO, PAGO DE FOTOCOPIAS DE EXAMEN
MIE 15 de marzo, de 17:00 a 19:40 hs. (Prof. Liliana y Norma) o
JUE 16 de marzo, de 17:00 a 18:20 hs. (Prof. Tomoko)
3) INSRIBIRSE, BOLIGRAFO, DNI, COPIA DE DNI, LOS DATOS PERSONALES A MANO BONO CONTRIBUCION
20 y 21 de marzo,13:30 a 16:30 hs.
El Instituto de Enseanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez esta en CARLOS PELLEGRINI 1515.
http://ieslvf.caba.infd.edu.ar/sitio/index.cgi?
wid_seccion=2&wid_item=126#aens


 アルゼンチンで一番長くやっている職業は 日本語教師です。到着時からなので通算26年になります。

 ブエノスアイレス市立外国語大学フアンラモンフェルナンデス校は、通称「レングアスビバス」と言います。
 レングアスビバスとは生きた言葉という意味どおり、語学に重点を置き、
1895年からの歴史のある小学校から大学まである高等教育機関でアルゼンチンでは、一番レベルの高い外国語大学です。
午前中は中学高等部、午後は小学部、そして大学は午前から夜まで時間帯によります。
 
 英語はもちろん、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語の教員養成と翻訳学科があります。そして その学生が
学ぶ選択外国語科目の中には、英語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、アラビア語、ロシア語、中国語、そして、日本語があります。そして、選択外国語科目で履修する生徒以外の枠で公開講座として一般の人々も大学なので
18歳以上でしたら、申し込み登録をすれば履修が許可されます。

 アルゼンチンでの日本語教育は、まず、北はミシオネス州、南はネウケンーリオネグロ州、そして西はメンドサ州、そして東はブエノスアイレス州に広く日本人移住者のコミュニティがあり、主に日本語学校が日系社会で生まれ、
そしてその運営を行う地域の日本人会ができ、文化、スポーツを中心に発展してきました。

 その後、日本とアルゼンチンの友好団体を中心に、日本語や日本文化を普及し、教育する機関ができていき、
消えて行きました。
その中で、例えば、
国立ブエノスアイレス大学でも哲学文学部とロハス文化センターで、他の外国語、文化講座といっしょに
日本語講座が開設されました。

現在 私立公立、いろいろな機関や団体で日本語が教えられていますが、
1992年 アルゼンチン国立高等専門語学院レングアスビバスでは、
Instituto Nacional de Enseanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez
日本政府からの無償供与により、当時最新式のタッチパネルのLL教室が二室、そして、ビデオ編集室が寄贈されました。
それと同時に選択外国語科目が公開講座となり、日本語講座も開設されることになりました。
将来の教員養成課程などを目標に日本語上級と初心者講座が開設されました。

私は1993年から初心者、初級講座である日本語1、2を教え始めました。
残念ながら上級講座はなくなってしまいましたが、その後、順調に皆さんが進級するに従って、日本語3もできました。

また上記のビデオ編集室では英語を中心とした語学学習ビデオ教材が開発されました。
そのためSONYのビデオ芸術賞も数度受賞したことがあります。

その後 民営化の波で国立ではなくなりました。(が、以前公立で)
現在は、ブエノスアイレス市政府管轄となり、
ブエノスアイレス市立外国語大学レングアスビバス フアンラモンフェルナンデス校が正式名称で、スペイン語では
Instituto de Enseanza Superior en Lenguas Vivas Juan Ramon Fernandez になりました。


そして、教授陣も交代はありますが 3年前 から現在の3名体制におちついています。

当地では初めて公認教育課程で、そして、唯一、高等教育課程の中に組み込まれている単位の取得できる科目として教えられている場所です。

現在、日本語1、日本語2、日本語3、日本語4,
NIVEL1,
NIVEL2
NIVEL3,
NIVEL4 の計4クラスがそれぞれ週二回、二時限 開講されています。


実際、4年間、学生は2年間選択外国語を履修するだけでいいので、義務でもない勉強を行うのは大変なことです。
しかしながら 昨年末は無事 終了した笑顔の皆さんが 冒頭の写真です。

IMG_1355.JPG

積極的にパーティの準備をします。日本語1からパーティもしてもいいけれども、基本、乾杯の音頭、
そしてコメント、感想なども日本語で行います。

この日はJICAのシニアボランティアの鈴木万里先生もいらっしゃって、最後に 炭坑節を余興で教えていただきました。


こちらはパーティーメニュー、基本は手作り、持ち寄りです。

IMG_1357.JPG


 レングアスビバスの学生は語学好きが多いのはもとより、やはり昨今はアニメとともに育った世代がおおいです。
そして、日本語を選ぶちょっと変わったまじめっぽい人たちです。
 普通に会社員や大学の先生などで働いていながら、大学にも通っている人がほとんどです。
また、小学校時代は日系の日本語学校で勉強したけれども、
今一度、ある程度家庭的会話はできるけれども、しっかり学びたいという日系の二世、三世の大学生、
一方でいまも続けたいというその人たちの親の年代の人たちがレングアスビバスの生徒で増えています。

 また、日本語は、他のヨーロッパ言語とよりも、もっと専念して、時間をかけて、特に文字なども書いてもらわなければならないので、勉強が追いつかないことが多いのですが、それでも、逆に、「漢字が魅力的」「語学的興味」「日本文化が好き」という人たちが、レングアスビバスの学生には多いので、教える方も「助かります」。

 なお、本講座は公教育であり、アルゼンチンの一般の教育事情と同じで学費は 無料です。

 ただし、本校学生の単位取得授業と同等のため、出席率75%、また授業中の参加、また宿題の提出も成績に響きます。まずは出席がないと、試験が受けられない、即ち次のレベルに上がれないことになっております。そして、三回 無届けで欠席すると、席がなくなることになっています。

 皆さんの周辺、ご家族、ご友人のアルゼンチンの方で(たまにコロンビア人やアメリカ人、台湾人も来ますが)興味がある方は、お知らせしてあげてください。

記事がよかったらクリックください!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

IMG_1354.JPG


http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2014/02/post_304.html

http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2015/05/20155.html

http://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2017/03/seminario_invitacion_a_la_lect_1.html


2017年3月15日

13567501_1091563434271750_4109335547343896339_n.jpg

2017年度「日本文学を読もう」セミナーSeminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
(講師 相川知子)が来たる
 3月18日(土)午前9時から 開始します。
前期は7月まで月に一度開催します。(3月18日、4月22日、5月20日、6月10日、7月15日)

14980623_1208123022615790_4592221207697875896_n.jpg

 日亜学院文化センター主催の「日本文学を読もう」講座は、
 昨年2016年は万葉集、枕の草子、源氏物語、百人一首、徒然草、奥の細道などを読んでいきました。

今年は夏目漱石の生誕150年、没100年ということで、最初の3回は「アルゼンチン夏目漱石祭り」を予定しています。
最初は「我輩は猫である」、そして「夢十夜」を読みながら、
夏目漱石についてそして日本文学から日本の英知を学びそして歴史的習慣や文化を紐解いていきます。
結構日本人にとっては当たり前のことも、日本文学から例を出していきアルゼンチンの方々に
日本文化を日本語を説明していきます。

その後他のテキストを考えています。
おそらく尾崎紅葉の金色夜叉になると思います。文学においては、原文を読むことはとても重要だと思います。

いままで日本文学講座は信じられないことに全てスペイン語訳だけで行われていました。

((とはいえ、日本文学のスペイン語訳が出版されるのは素晴らしいことです。真ん中は村上春樹の著作で
アルゼンチンでとても
人気があります。手前は2015年水村美苗著「母の遺産」のスペイン語訳”La herencia de la Madre”(Adriana Hidalgo Editoraです。スペイン語訳ささせていただきました))

13254751_1062211550540272_6920579812247702464_o.jpg

「姉妹の 明暗」という夏目漱石の最後の作品に触れたタイトルの章があります。水村美苗さんは続明暗が最初の小説です。

13567264_1090749781019782_4793052091872166986_n.jpg

日本語で読むのは初めて!という参加者に喜ばれています。


13221342_1064722853622475_5573925349091197719_o.jpg


13686778_1110245179070242_6832240880168566866_n.jpg

万葉集のときは 漢字の日本到来、万葉仮名など説明しました。

13428413_1081789408582486_1423894215200304760_n.jpg


また一方で日本文学を通じて世界の英知をアルゼンチンの方々に学んでほしいと思います。
((だいたい日本文学はアルゼンチン文学はもちろん、世界の文学で比べて歴史が古いですからね!))

13256536_1064047677023326_2437017003446103634_n.jpg


アルゼンチンの日本文学が大好きな人たちはとても熱心です。いろいろな興味で日本文学愛好者がいます。

13220912_1063872937040800_8939234597035588808_n.jpg

スペイン語を理解する、また勉強中の日本人の方の受講も歓迎します。
昨年は留学生が数名来てくれましたし、アルゼンチン人の知的系の友人ができてよかったようです。

ただし、講義はスペイン語で、日本語(ひらがな)で日本文学の原文を読みますし、用語(日本語)の解説をスペイン語で行います。ご興味があるアルゼンチン人の方にもぜひお知らせください。
そしてよかったら一緒に日本語ースペイン語で日本文学を楽しみませんか。

14484981_1171739616254131_7947629102898675632_n.jpg

((帝国書院から日本地図を寄贈いただきました。奥の細道で日本の地理も簡単に勉強できました))

場所は
日亜学院文化センター
申し込みは
Centro Cultural Nichia Gakuin.
住所 Pringles 268 ブエノスアイレス
https://www.facebook.com/Centro-Cultural-Nichia-Gakuin-712384728906280/?fref=ts
Tel 4983 0056/0072 (日本語でも、分かる方につなげてくれます)
ecultural@nichiagakuin.edu.ar
月から金 14時から18時
土    11時から17時 
もしよかったら tomokoargentina2@gmail.comへどうぞ。
Facebook Seminario de Literatura Japonesa
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?fref=ts

((途中からでも参加できます!!! 一度でも大丈夫です。ただし、通し5回より一回ずつは割高になりますが。。。))

Seminario Invitacion a la lectura de la literatura japonesa.
Profesora: Tomoko Aikawa
5 encuentros una vez por mes
………………………………………………….
Inicio: sabado 18 de marzo 9:00 hs,
…………………………………………………
siguientes clases: 22/04, 20/05, 10/06 y15/07.
Horario: de 09:00 a 10:40 hs
Requisito: Conocimiento de Hiragana y vocabulario basico de idioma japones.
Este seminario es una aproximacion a la literatura japonesa especialmente para quienes posean conocimiento de japones

Vamos a leer Natsume Soseki (Wagahai wa neko dearu, Yo soy un Gato, Yume juuya 10 noches de sueno) etc.

Para conocer como es el Seminario de Literatura Japonesa
https://www.facebook.com/Seminario-Literatura-Japonesa-2016-1636729143318174/?fref=ts
………………………………………………………………….
Informes e inscripcion:
Centro Cultural Nichia Gakuin.
Yatay 261/ Pringles 268. Tel 4983 0056/0072
ecultural@nichiagakuin.edu.ar
Horario de atencion:
lunes a viernes de 14 A 18 hs sabados de 11 a 17 hs

記事がよかったらクリックください!

にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2017年3月14日

DSC01021.JPG

ブエノスアイレス市文化省図書館読書振興局図書館ネットワーク主催の折り鶴教室が来る3月15日からはじまります。
Taller de Origami  タジェル デ オリガミとスペイン語では言います。

会場はイラリオ アスカスビ図書館
Biblioteca Hilario Ascasubi
住所はフロレスタ地区のこちらです。
General César Díaz 4219, Floresta.
時間は
毎週水曜日午後3時から4時です。
3月15日から始めます。
講師は私、相川知子です。
講習費は無料、もしくは今後 折り紙などの実費負担になるかもしれません。

パレルモ地区からはJuab B. Justo という大通りを走っているメトロブスという大通りの真ん中を通るバスで
行くことができます。

スペイン語の説明は以下のとおりです。
Taller de Origami
El 15 de marzo comienza el Taller gratuito de origami en la biblioteca Hilario Ascasubi. El mismo estará a cargo de la profesora Tomoko Aikawa y los encuentros serán todos los miércoles de 15.00 a 1600 horas. Podrán participar personas de cualquier edad, sean o no socias de la biblioteca. Ya estamos inscribiendo… apúrense porque los cupos son limitados al tamaño de la sala.
Teléfono: 4566-5171
Correo electrónico: biblioteca_ascasubi@buenosaires.gob.ar
Dirección: General César Díaz 4219, Floresta.
Los esperamos!!

実は6年前の3月15日ごろは 2011年震災のため、多くのアルゼンチンの人々と折り鶴を折っていました。

DSC01132.JPG

多くの人々が日本のために何かできないか、と連絡してきました。

支援物資はなどなどですが、
まずはどういう風にしたらいいかわからない、しかしみなさんの気持ちは重要で、それで
多くの人々といっしょにアルゼンチン国旗カラーの折り鶴を折って、皆で多くの人の無事と復興を祈っていました。

((Papel aficheという紙を15x15cmに切って使っていますね。これが見えるようにクルッと曲がってしまったりつるつるすぎたり、人によってはきちんと切れなかったり折り鶴の前の折り紙作りも結構大変でした))

いろいろな人がいましたが、そんな折り鶴教室の一部の様子です。うちの娘が右で先生やっていますね。
この子ももうすっかり大きくなりました。

DSC01014.JPG


DSC01021.JPG

あれから6年経ちます。
私たちはあれからそれぞれどうなったでしょうか。

今回は市の図書館の要請で どなたでも対象とは言っていますが、高齢者の余暇対策でもあり、
また午前中だけ学校へ行っている若者への文化行事ですが、きっと年配の方が多いでしょうね。

そして、折り鶴に加えて、いろいろな折紙を教えて欲しいということですが、
やっぱり3月15日だし、折り鶴にしようかなーとも思っています。

ただ、生徒さんがどんな方々かまだ不明なのですが、普通は折り紙初心者でしょうし、
そして本当に初めての折り紙では鶴は結構難しいので、
やっぱり最初は簡単なのにしようかなど思慮中です。
そして私はアーティストではなく、普通の基礎的な折り紙を教えていく予定です。

こんな折り紙教室に是非折り紙を持ってご参加してくださると嬉しいです。 アルゼンチンの人々との交流にもなりますよ。また折り紙得意!という人も大歓迎です。

**アルゼンチンでも最近折り紙を売り始めていますが 高いのです。ですから今後実費負担も大変です。

そしてまた今後 慣れてくれば
誰でもうちでできるように紙を切って、
リサイクル紙にしたいのですが、最初は片面が白い手が切れなかったり、力をいれすぎなくてもいい
折りやすい紙が最適です。

もちろん、折り紙だけの寄付も受け付けています!差し入れも歓迎です。
tomokoargentina2@gmail.com

また別途平和の折り鶴教室にも利用させてもらいます。
よろしくお願いします。

記事がよかったらクリックください!

にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


2017年3月 8日
2017年3月 7日
2017年2月27日
2017年2月20日
2017年2月19日
⇒すべての記事を見る

アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ