海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_9987.JPG

ブエノスアイレスでロンドン? この町は多様性の街だから、何でもありなのです。
イギリス系の人々が移住し、例えば鉄道関係で働いていた人たちが余暇に遊んでいたから、サッカーだって繁栄したし、
パタゴニアのチュブッ州にはアフタヌーンティーの習慣があるし。。。

ブエノスアイレスの街の中心街、地下鉄A線ペルー駅出口すぐ、そして政治の中心である五月広場から始まる五月大通りに
London City ロンドンシティー、時にはあのロンドンと呼ばれる喫茶店があります。
1954 年、当時はブエノスアイレスのハロッズ的な有名な百貨店ガティチャベスの一階でした。
1960年にはアルゼンチンの文豪(芥川龍之介的)フリオ コルタサールがLos premios という小説をこの喫茶店で書き、
店内の描写が有名です。またコルタサールがいつも座っていた場所が今でも大切にとってあります。

IMG_9991.JPG

London City
Av. de Mayo 591
午前6時から深夜まで
毎日営業

2000年に70余りのブエノスアイレス市内の高名なる喫茶店のリストに加えられ、経営難なら、閉店なるかのときに
アルゼンチンの喫茶店チェーンが買い取り、キレイに改装して、コルタサールのテーマ喫茶店ともなっています。

おいしいケーキ(いずれも100ペソ前後 現在1ドル28ペソです)もぜひ堪能してみてください。
一方で伝統的な寒いときのチョコラテ(ホットチョコレート)は濃厚で絶品です。

IMG_9997.JPG

他にもおいしそうなそしてアルゼンチンには少ないかわいいデコレーションのケーキあり。友人のケーキ職人によるととてもいいケーキ作りの専門家がいるからだとのこと。。。

IMG_0002.JPG

IMG_0004.JPG

Av. de Mayo 五月大通りと Florida フロリダ通りの角です。



2018年8月 2日

雨が降っているし、寒いし。。。
とは言え、農牧展示会は本日8時まで。
それになんと、夕方5時ぐらいからはイベントがなくても牛や馬がたくさん、中央競技場に集まります。
一日牛舎に入れられて寝ているなんて一年にこの時期だけの馬や牛さんですから、
運動が必要なためです。普段アルゼンチンの家畜は家なしで、草原で一日放牧されているのですから。

IMG_9296.JPG

IMG_9284.JPG

IMG_9285.JPG


IMG_9318.JPG

賞の発表の合間のディナーはさすが、最初はチキンのシーザーサラダ


IMG_9325.JPG

そして デミタスソースステーキ
牛の生体が展示されているところで何ですが、大変おいしくいただきました。いわば、養殖されているのが牧場なのですから
これは致し方ないことです。 しかしながら実は、動物を囲いの中で飼うなんて、また食べるなんて! という動物愛護団体の方、ベジタリアン、べじーの方がアルゼンチンに増えてまいりまして、玄関口で運動していました。 それぞれの主張はありますけれどもね。難しい問題ですが、多くの人間が殺生をしないと生きていけない、のですからおいしく残さずいただくのがせめてもの、
というところでしょうか。

IMG_9359.JPG


IMG_9363.JPG


IMG_9401.JPG

IMG_9404.JPG

住友系のアグロテクノロジーの会社が賞を得ました。


IMG_9448.JPG


2018年7月30日

IMG_8761.JPG

アルゼンチンで農業牧畜の最大の祭典ルラルが終盤に向かいました。
こちらが農牧展についての詳細です。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2018/07/expo_rural729.html
実は最終日、OFERTAオフェルタと言われ、最後のセールがあります。昨日のオープニング式典の日も
すこし安くなっていました。
オープニング式典の記事です。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2018/07/exposicionrural_29.html

生産者が直売しているので、大変有益な製品についてのお話を聞いたり、食べ方使い方を説明していただけたり、
だいたい、その笑顔で信頼関係も生まれ、安心して消費ができますね! 

またアルゼンチン全土の産品の展示、即売もあり、それぞれの地域性も学びことができます。

メンドサのオーガニック製品の直売です。
自然派食品が大好きな人にはいいですね。
IMG_8761.JPG


IMG_9819.JPG

IMG_8766.JPG


きちんと説明を聞き、試食してみることは大変重要です。


IMG_8780.JPG

こちらはアルゼンチン名産のドゥルセデレチェです、牛乳に砂糖を入れて煮詰めて茶色になってドロドロしたもので
キャラメルソースに似ていますが、ちょっと違います。
有名伝統メーカーのVAUQUITAのスタンドにて。


IMG_8778.JPG

このナッツが砂糖まぶして中にこのドゥルセデレチェ入りで、最強においしかったです。小さくてよかった。。。。
IMG_8798.JPG

こちらはアルゼンチン国立ジェルバマテ研究所のマテ茶フローズン試飲 時間を決めてやっていますので、列を見つけたら
並んで下さい。
IMG_8850.JPG

最近マテ茶の葉ジェルバマテの別のレシピを研究中のようです。

自然派のかりんを甘くしてようかん状にしたもの Dulce de Membrillo はアルゼンチンでは人気です。いつもと違う、、
赤くないと言ったら、着色料保存料を入れていないからだそうです。
oishii.jpg

ドライトマトの生産者の方が熱心に、このトマトは天日で自然に乾かしたものだからペタッとしているんだ、と説明してくれました。普通は大量生産をするため炉にかけて早く乾かすらしいです。
IMG_9581.JPG

オリーブオイルの生産者 
IMG_9576.JPG

それから牛の世話をしていて休憩中の牧場の皆さんが日本からわざわざ来たんですか、とマテ茶をふるまってくれました。
((これは特別な試飲ですー笑))

IMG_9484.JPG


さらにドゥルセ デ レチェ 農牧組合の学校が生産したものです。

IMG_8824.JPG

アルゼンチンのお肉にあう特製ソース チミチュリソース
IMG_8842.JPG

リキュールもあります。ふしぎなローズ酒リキュールは、この間、ぶっこみジャパニーズで、サムライアーティストの番組でアルゼンチンサムライが
飲め!とかむいの島口哲朗さんに薦めたものでした!

IMG_8792.JPG


その他いろいろな民芸品も素晴らしいです。さながら博物館をめぐるようで、そのまま気に入ったら買うこともできます。
市内の観光専門向けのおみやげより手軽な値段で、確実に地域で生産したものです。

IMG_9006.JPG

IMG_8462.JPG

IMG_8467.JPG

IMG_8463.JPG

IMG_9535.JPG


IMG_9533.JPG

私のお薦めを掲載してみました。
もし今年間に合わなくても来年のご参考にどうぞ! 
そしてアルゼンチンにいらっしゃる方でこの7月末の二週間にいらっしゃることがあれば
是非、ブエノスアイレス観光のルートに入れて、ご来場ください。
アルゼンチンの「生産」の中では、農業、牧畜業、農産業は大変重要な位置を占めていることを実感していただけます。

会期中雨が多くて 足元が悪くてちょっと残念でしたが、農産業、牧場は雨でも関係ありません。
そんな中の視察で皆さんに楽しくアルゼンチンにおける農業、牧畜業、農産業への理解が深まったと思います。

senalan la vaca.jpg

日本からの視察ご一行は、
Sociedad Rural Argentina アルゼンチン農牧協会の皆様には入場に便宜を図っていただきできるだけ簡単に、雨も避けて、そして短時間に会場を回ることができました。

ご連絡いただければご案内することも可能です。


2018年7月30日
2018年7月29日
2018年7月23日
2018年7月22日
2018年7月13日
⇒すべての記事を見る

アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    相川 知子
    1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集