海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_8007.JPG

2018年アルゼンチンのTOMOKOの新年はこんな素敵な山小屋で迎えました。

スペイン語ではCABANA カバーニャと言います。

IMG_8006.JPG

こんな風に道が通っていて小川にかかっている橋を渡ると家。
家では小川のせせらぎを聞きながら休むことができました。((注 ここは夏です))

IMG_8003.JPG

朝ごはんはこんな感じで、お節料理と言えばそうでしょうか。。。フルーツサラダがありました。
手作りジャムもパンも最高でした。


IMG_8007.JPG

この家は月に住んでいた鳥という名前がついています。
そのお話はまた詳しくしますが、とてもアルゼンチン的な大晦日と新年をすごしました。

皆さまはどんな新年を迎えられましたか。今年も地球の反対側からの素顔のブエノスアイレスをよろしくお願いいたします。



2018年1月 3日

IMG_8028.JPG

Feliz año! フェリスアニョ!地球の反対側のブエノスアイレスは日本とは
12時間遅れて暑い新年を迎えました。
素晴らしい アルゼンチン人のマテ茶入れ名人の方に出会い、新年早々のお点前をいただきました。

IMG_8026.JPG

世界三大飲料のマテ茶はアルゼンチンをはじめ、ウルグアイ、チリ南部、ブラジル南部、パラグアイ南部でよく飲まれています。

IMG_8025.JPG

こんな風に葉っぱがあります。これをジェルバマテと言います。

IMG_7737.JPG

マテ茶好きの地域では2キロ袋があり、また一回の 飲む量も多いです。

IMG_8023.JPG

マテ茶を飲んで新年の願いをすると叶うそうです。
皆さんもぜひいかがでしょうか。


2018年1月 2日

24176988_1598147903613298_1852621054749283404_n.jpg

ここは、喫茶店なんですが、いかが? この歴史の重みを感じる場所は。。。。

11216795_934779883283440_1225620574619756869_n.jpg

Cafe Tortoni
Av. de Mayo 825, 1084 CABA
Teléfono: 011 4342-4328
地下鉄A線Piedras 下車すぐ

((このモニュメントは オラシオ フェレールさんというタンゴ詩人です。))

12107241_934779893283439_6226431530289565605_n.jpg


ブエノスアイレスに来て、ぜひ訪れてほしい 私のお気に入りの場所がカフェトルトーニです。

12112372_934779959950099_8738409717031449442_n.jpg

店内を歩くだけで博物館ですよ。

12079520_934780019950093_7967035308996281106_n.jpg

お店の給仕のモッソことウエイター。今までに何人の文化人を応対したことでしょう。

12118797_934780023283426_6038631103354385746_n.jpg

12112372_934780093283419_2730800086704881262_n.jpg

13920837_1141641279254384_3682647102606415569_n.jpg

((文豪ボルヘス手前ー後ろはタンゴ歌手のカルロス ガルデル、女性は詩人のアルフォンシーナストル二))

CAFE TORTONIカフェ トルトーニの歴史は、1858年にさかのぼります。
アルゼンチンのアーティストにとっては寺院と同じようなもので、必ず、ここにきて、その時間を過ごし、芸術を披露し、
友だちとあったりします。
例えば、歌手のカルロス ガルデルCarlos Gardel,
作家のホルヘ ルイス ボルヘス Jorge Luís Borges,

24129916_1598147986946623_5733482153286890871_n.jpg

((ありし日の文豪ボルヘスは左から二人目、お店に飾ってある写真です))


女優の ティタ メレロTita Merello
歌手の ミゲル デ モリナ Miguel de Molina
作曲家のフリオ デ カロ Julio de Caro,
ジャーナリストのアレハンドロ ドリナ Alejandro Dolina
ベニト キンケラ マルティンBenito Quinquela Marti主宰の 美術文学協会 la Agrupación de Gente de Artes y Letras
でした。

12106786_934780193283409_4393621742917872586_n.jpg

キンケラマルティン の名を冠した階下のホールでタンゴダンスショーも楽しめます。

午後8時からと10時からがあります。一時間ほどでお手頃価格。食事や飲み物は喫茶店のものを注文します。

10623990_1022390404522387_607316881570739650_o.jpg

そして、1956年はこの歴史のある店の新たな誕生で Robertoロベルト フェネゴ氏(中央)は、
別途 他にすでに働いている仲間とカフェトルトーニの経営権を得ました。
1932年生まれでずっとこの店でカフェを運営し、アルゼンチンの文化人と接していたため、

私はロベルト氏とお話しするだけでアルゼンチンの歴史や文化を学んでいると思います。
去年のお誕生日にはお友達のマルセラと行ったら、Roberto Fanegoロベルト ファネゴさんが迎えてくれました。
なお、2017年9月に ブエノスアイレス市著名文化人として認定されました。

ローマ法王にも謁見に行かれました。というのもベルゴリオ枢機卿時代、よくカフェを飲みに来られていていたんだそうです。

24176856_1598148153613273_6533245777036945175_n.jpg

24174413_1598147936946628_2018230137797075453_n.jpg

このお店でいつも注文するのは tostado y cafe cortado jarrito
ホットサンド はトスタード、ハムとチーズが入っています。
コーヒーに少しミルクを入れて中ぐらいサイズが カフェ コルタ―ド ハリートです。


24176988_1598147903613298_1852621054749283404_n.jpg


レジはもう使われていませんんが、この CとTは Cafe Tortoni カフェトルトーニの意味です。 新しいレジを使っても
大切にしてあるのがとても素敵です。歴史を大事にする教訓のような気がします。


24296708_1598147693613319_1432462491037485319_n.jpg

記事がよかったらクリックください!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2017年12月24日
2017年12月24日
2017年12月21日
2017年12月20日
2017年12月19日
⇒すべての記事を見る

アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    相川 知子
    1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集