地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 世界遺産・コロニア・デル・サクラメント(ウルグアイ)へ!

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月10日

世界遺産・コロニア・デル・サクラメント(ウルグアイ)へ!


メール プリント もっと見る

世界遺産・コロニア・デル・サクラメント(ウルグアイ)へ!





表紙\


▲石畳が今も残るコロニア・デル・サクラメントの旧市街




先週末、夫、私、友人の三人で
コロニア・デル・サクラメント(Colonia del Sacramento)へ行きました。
ラ・プラタ川の向こう、隣国ウルグアイの最古の街。
1995年、ユネスコの世界遺産に登録されています。



ブエノスアイレスから、コロニア・デル・サクラメントへは
プエルト・マデロ地区にある港からフェリーが出ています。
ブケブス(BUQUEBUS)社が毎日運行するフェリーには
高速フェリー(所用時間50分)と普通船(所要時間3時間)があり、
インターネットで乗船券の予約・購入が出来ます。
私たちも、事前に高速フェリーの乗船券をネットで購入しました。




旅のポイント


 この港で、アルゼンチン出国とウルグアイ入国の審査を同時に受けます。
 休日はかなりの数の乗客がいるので、時間に余裕を持って出かけましょう。
 インターネットで乗船券を予約・購入している人は
 ターミナル奥のチェックインカウンターに直接行き、
 預け荷物がある場合はここで預けます。







沖縄の小さな離島に1年ほど住んでいたことがあるので、
本島と離島を結ぶ、小さなフェリーを想像していました。
でも、ブケブス社のフェリーには驚き!


デカイ! そして(なかなか)豪華!



船内には免税品店もあり、
小さな地方空港並みの品揃えは期待できます。
また、ミニバー&ミニカフェもあるので、
朝食にとフランスパンのサンドイッチをいただきました。
これがまた旨かった!




高速フェリーの中


▲これがフェリーの中だなんて!(ミニバー&ミニカフェ)

高速フェリーの中2


▲まるでビジネスホテルのロビーのよう。




ブエノスアイレスのちょうど対岸にあるコロニア・デル・サクラメント。
お隣の国とはいえ、ビールを飲んだりおしゃべりしたりしている間に
いつの間にか到着〜。
こんなカンタンに海外旅行が出来てしまうなんて・・・ッ!
島国ニッポン国民の私、いちいち感動してしまいました。
船を下り、まずはホテルへ向かいます。
 「コロニア・デル・サクラメントのホテル*Hotel la misión」で紹介します




旅のポイント


 観光目的など、ビザなしでアルゼンチンに滞在できるのは最長3カ月。
 そのため、ビザを取得していない長期滞在希望者は、3カ月が経過したら
 一旦アルゼンチン国外に出国しなければなりません。
 そんな時、ウルグアイのコロニア・デル・サクラメントへ日帰りで行き、
 アルゼンチンへ再入国するのが最もカンタンな方法です。







ほぼ100m間隔の碁盤目状に区画されたブエノスアイレスと違い、
コロニア・デル・サクラメントでは
地形に合わせて不規則に通りが巡らされています。
それは、この街がポルトガル人たちによって建設されたから。
スペイン人が作る、直交・幅広の道とは対照的です。




石畳


▲石畳の道。




コロニア・デル・サクラメントの旧市街に残る、
美しい石畳の道。
ブエノスアイレス市内でも、サンテルモ地区などで目にすることがありますが
都市化とともに、アスファルトで舗装された道路に変わってしまったのは残念・・・。



石畳の上の犬


▲石畳の上でくつろぐ犬。

猫


▲犬や猫たちが、まったりと過ごしているのをよく見かけました。




ブエノスアイレスの喧噪を逃れ、
世界遺産の古都で、ゆっくりそして静かに過ごす贅沢な休日。
田舎暮らしに憧れる私ですが、
歴史・文化的に重要な、世界遺産の街に住んでみるのもいいなぁ。
こういう街に住む人は、感性が研ぎすまされているような気がします。




表紙4


▲古い古い建物が今も多く残る。さすが世界遺産です。

親友


▲なんだか子どもたちまで昔チックな雰囲気?

コロニア・デル・サクラメントは、坂の多い街です。
ラ・プラタ川に向かって下っていく坂道は
とても眺めがよく気持ちがいい!
でも、旧市街の中心に向かいこの坂を上るのが
お年を召した方にはちょっと辛いようです。


古い街並2


▲おじいちゃんとおばあちゃんが、仲良く手をつないで。

坂の多い街


▲この坂道、自転車でブーンと下りてみたい気がします。(危ないって?)

観光用ミニカー


▲観光用ミニカー。歩いて散策するのが辛い方にもおすすめです。

コロニア・デル・サクラメントに最も似合うものー。
それはきっと、クラシックカー。
もう使われなくなった車、今でも現役で街を走っている車も
どれもクラシカルな雰囲気がぷんぷん漂っています。




posted by (C)bonita

クリックで大きな画像が見られます。




街中では、↑↑↑の写真のような車にたくさん出会いましたが、
中でも特別なクラシックカーが↓↓↓の車。


アンティークカー1




あるレストランの前に置かれたこのクラシックカー、
なんと中は客席として改造されていて
この中でお料理をいただくことが出来るのです。


そんな、ちょっと珍しいスタイルで食事を楽しみたい人におすすめなのが
教会の向かいにあるレストラン〈El Drugstore〉
もちろん、普通の席もあります。




角のレストラン




水玉がカワイイ店内



開店を待つ椅子たち






カラフルな水玉模様のテーブルクロスに惹かれて、
初日のランチをこのレストランでいただくことにした私たち。
ウルグアイ料理も、アルゼンチン同様にお肉が中心なのですが、
私は、ウルグアイの郷土料理である煮込みをオーダーしました。


ウルグアイ料理といえば多分これ

 ご飯が入っているのが日本人には嬉しい♪
 アルゼンチンの北部にも
 ロクロと呼ばれる豆の煮込み料理がありますが、
 ご飯は入っていません。



4種類のチーズのニョッキ

 4種類のチーズの
 クリームソースが美味しかったニョッキ。
 ニョッキってあまり好きではなかったんだけど、
 これを食べて考えを変えました。
 私、ニョッキが好きかも。




肉好きの夫は、ハンバーガーをオーダーしました。
・・・が、このレストランのハンバーガーは固かった!
このあたりのレストランにいくつか入り、食事をしましたが、
ハンバーガーだけでなく、お肉料理はどれも
私たち日本人には「焼き過ぎ」と思えるような焼き加減でした。


音楽を聴きながら食べるランチ


▲ギターの生演奏を聴きながら食べるランチ。
 これまた贅沢な時間。





ところで、コロニア・デル・サクラメントでは
ウルグアイペソ、アルゼンチンペソ、
そして米ドルが一般的に使われています。
なんとなく、
「現地通貨以外の通過で支払うと、レートが悪くて損をする」
と思い込んでいた私。
だから、到着してすぐに、ウルグアイドルに両替をしました。
けれど店によっては、両替屋よりレートが良い場合もあったので、
ムリに両替することもなかったなあとちょっぴり後悔。




旅のポイント


 ほとんどの土産店やレストランで、アルゼンチンペソや米ドルが使用できるので、
 両替は必要最低分でOK。
 支払いの際にその店のレートを訊ね、
 手持ちの通貨のうちより有利な方で支払うといいでしょう。





ウルグアイ最古の都市、コロニア・デル・サクラメント。
美しい石畳と古い建物が残るこの街の風景は、
デジタルカメラよりこんなレトロなカメラで撮った方がいいかもしれません。




クラシカルなカメラがよく似合う




カメラをかまえる夫と緑色のドア


▲アンティークカメラ好きのカメラ小僧にもおすすめの街です。


写真屋さん1


▲街の風景写真を販売している店もいくつかありました。


写真屋さん2


▲撮るのがニガテな人は、お気に入りの1枚を記念に買うといいかもしれません。


新市街


▲ユネスコに登録されている旧市街だけでなく、
 その周辺の新市街の雰囲気もまたレトロ。



ブティックの窓から


▲新市街には、お洒落なブティックもありました。でもファッションは、
 アルゼンチン・ブエノスアイレスの方が洗練されていると個人的には思います。



posted by (C)bonita

▲古都を彩る花々。この時期、あじさいがキレイでした。




地図を持たずに、ただ行き当たりバッタリに歩くだけでも
十分に楽しめるコロニア・デル・サクラメント。
でも、「これだけは必見!」の見所もありますので、
次回「コロニア・デル・サクラメントの歩き方」にて紹介します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 〈BUQUEBUS〉 ネット予約できます。


 URLhttp://www.buquebus.com/cache/HomeARG.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2009年12月10日 | コメント(0) | トラックバック (0)
« 前の記事「2010年も、ダカール・ラリーがアルゼンチンにやって来る!」へ
»次の記事「コロニア・デル・サクラメントの歩き方」 へ
いっしょに読みたい 関連記事

ブエノス・アイレス特派員 新着記事
アルゼンチンで最高の熟成肉はラ カブレラLa Cabreraで!
パタゴニア海洋希少動物ウオッチングの旅 おすすめ宿はプンタ デルガーダホテル
世界ふしぎ発見!で行ったラス ナサレナス肉食レストラン
アルゼンチンは肉食大国11月29日TBS世界ふしぎ発見!オラ!オラ!アルゼンチン! 大人のための肉食系恋愛術午後9時お見逃しなく
アルゼンチン的菓子パン「ファクトゥーラ」の種類
日曜日のファミリー アサード ランチLa Oriental ラ オリエンタル 2ec747
TBS 世界ふしぎ発見!11月29日はイイニクの日「大人のための肉食系恋愛術!」アルゼンチン編 
グローバルビジョンの「世界の町おこし」(12/6,13) アルゼンチン編オンエア

中南米 航空券情報


アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

コメント
※この記事は、旧特派員の投稿の為、現在コメント投稿を受け付けておりません。ご了承ください。


この記事のトラックバックURL

トラックバック

"世界遺産・コロニア・デル・サクラメント(ウルグアイ)へ!"へのトラックバックを受付中です。

▲ページ上部へ戻る