海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/カッパドキア特派員ブログ

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

トルコ/カッパドキア特派員ブログ 横溝 絢子

トルコ・カッパドキア特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ギョレメから約90キロ西南にあるギュゼルユルトは、かつてオスマン帝国前にギリシャ人が住んでいた村です。この村には、独自の地下都市や、モスクに変えられた教会などがあります。

19274957_10154561292106657_3737579161117588750_n.jpg

ギュゼルユルトで最も有名な建物は1896年設立の大教会モスク(写真下中央:The Great Church Mosque )です。

現在ギュゼルユルトは法律により、現地で採れた石を使い、村に馴染んだ建物を作ることを決められています。

19260562_10154561296196657_2477902016132406150_n.jpg

かつては農業と金細工を生業としていましたが、今では農業のみが中心で、ワイナリーもあります。

19225645_10154561292771657_4187312647909767342_n.jpg

第一次世界大戦後にこの村に住むギリシャ人がギリシャへ戻り、ギリシャに住んでいたイスラム教徒がこの村に住んだのち、ギュゼルユルト(Guzelyurt=美しい家)と名付けられました。

19145881_10154561290831657_1486964452964899018_n.jpg

この村に移住したイスラム教徒はかなり少なかったため、多くの建物が廃墟となりましたが、逆にそれが功を奏し、拡張されたり増築されることなく、昔のままの姿の建物を見ることができます。

19145718_10154559436116657_6321654908109378251_n.jpg

19149400_10154561291456657_4191120979292540585_n.jpg

19260475_10154561289906657_3748055304158551202_n.jpg

19225613_10154561291536657_8955865750463438114_n.jpg

19146224_10154561292066657_1523234128055632596_n.jpg

19149241_10154561291906657_2135922643286929022_n.jpg

19274798_10154561296551657_6804361178794146870_n.jpg

観光地化されていないカッパドキアの秘境に興味のある方にはぜひオススメです。





カッパドキアに関する日本語でのご予約
/お問い合わせはこちら をご参照ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村


2017年6月17日

先月26日から毎年恒例の30日間に渡る断食月(ラマザン)が開始しました。

【ラマザン】(断食月)
2017年5月26日(金)~2017年6月24日(土)

【ラマザンバイラム】(断食明けの国民の祝日)
2017年6月25日(日)~2017年6月27日(火)

トルコはイスラム教国家ではないですが、イスラム教徒が95%以上の国であり、国民の休日もイスラムカレンダーに従っているため、ラマザンはトルコにおいても特別な行事になっています。

bayram.jpg

ギョレメ村役場で配布される断食月用カレンダーです。

敬虔なイスラム教徒が過ごすラマザンの1日はこのような流れになっています。

【断食月の一日】

日の出前:起床、日の出前の食事(サフル)を済ます。

日の出後:サフル後に一眠りし、出勤。

日中:食事以外に飲み物を飲むことも絶ちます。

日の入後:モスクからのアナウンス(アザーン)と同時に食事を開始します。

断食するべき時間は、日の出の日の入りが変わるのに合わせ毎日変わるため、こちらで確認します(毎日5回の祈りの時間も記載されています)。


断食は、イスラム教に課せられた五つの義務行為(以下参照)の一つで、中でも一般の人が行いやすいため、トルコ国民の多くが実行しています。


<イスラムの教え>

日本アハマディア・ムスリム協会ナレッジサイト より抜粋)
1. 「アッラーのほかに神はなく、ムハンマドは神の使徒である」という信仰告白(シャハーダ)を行う。 2. 夜明け、正午、午後、日没、夜半と1日5回の礼拝を行う。
3. 年収から一定額の喜捨(ザカート)をする。
4. イスラーム暦第9月のラマダン月に、夜明けから日没まで一切の食物並びに水を口にしない
5. 第12月の巡礼月に(定められた方法で)メッカへ巡礼する

【ご注意】

断食後の祝日(ラマザンバイラム)は3日間となりますが、バイラムに合わせ長期連休にする人も多いため、トルコ国内がトルコ人旅行者で大変込み合います。
フライトや長距離バスでの国内移動のある方は、早めのチェックインやチケットの確保が必要になりますのでお気をつけください。


カッパドキアに関する日本語でのご予約
/お問い合わせはこちら をご参照ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村


2017年6月10日

5月の早朝は、雨や雲りが続いたため、フライトキャンセル率は15%ほどになりました。

気球ツアーを第一目的でカッパドキアを訪れる方は、余裕を持った滞在日数(2〜3泊程度)をおすすめいたします。

12931168_1134999183196991_4097013533984701933_n.jpg

【悪天候の場合】
翌日のフライトに空きがある場合、翌日振り替えが可能です(それ以外は全額返金)。

トルコの航空局がフライト可能かどうかの指示を毎朝出しますが、以下の場合が悪天候に該当します。
・強風(風速10キロ超)
・曇/霧
・豪雨

指示内容はこちら で確認可能です(赤=中止、黄色=待機、青=決行)。

<6月の気候>
日中の最高気温は25度程となりますが、早朝は10度を下回ることもあります(カッパドキアの気温 )。

カッパドキアは盆地のため、朝晩の温度差が10度以上となることもあります。
カッパドキアへご旅行の方は、気球用のお洋服(ジャケットなど)をお持ちになることをおすすめいたします。

<6月の送迎時刻>

日の出は朝5時過ぎとなりますので、送迎時刻は朝4時頃となっております。

【気球ツアーの流れ(ギョレメ内ホテルに滞在の場合)】

朝3時40分〜4時:ホテルより送迎

朝4時10分:気球会社オフィスへ到着 → お食事/お支払い

朝4時40分:気球会社オフィスを出発

朝5時:気球フライト開始

朝6時:気球フライト終了 → 着陸パーティー

朝6時30分:ホテルへ向け出発

朝7時頃:ホテルへ到着*


* 到着時間の調整が可能ですので、団体ツアーでカッパドキアを訪れているお客様も気球ツアーに参加することができます。

カッパドキアに関する日本語でのご予約/お問い合わせはこちら をご参照ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村


2017年6月 3日
2017年5月26日
2017年5月20日
2017年5月13日
2017年5月 6日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ