海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア2特派員ブログ > カッパドキアですべき10のこと*その⑧「メブラーナ...

トルコ/カッパドキア2特派員ブログ Akiko Cappadocia

トルコ・カッパドキア2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月20日

カッパドキアですべき10のこと*その⑧「メブラーナの舞を鑑賞する」


メール プリント もっと見る

カッパドキアですべき10のこと*その⑧「メブラーナの舞を鑑賞する」

セマーダンスと言えばコンヤですが、ギョレメでももちろん鑑賞することができます。
ギョレメの中心 からギョレメ野外博物館の前を通りユルギュップ方面へ進んでいく途中にDervis Eviがあります。
こちらでは1時間ほどのセマーダンスを鑑賞することで きます。
入り口からゴージャスなメブラーナ様が出迎えてくれます。
創始者メブラーナはアフガニスタン生まれですが、教育熱心な父と共に中央アナトリアに移り子供の時にキャラバンを従え、各地を放浪 しながらトルコのコンヤに定住したそうです。
その 放浪が厳しい道のりであったのと、のちに多くの弟子を持つ老僧と出会い、神への愛を学 んだことからメブラーナ思想の基本が出来上がったのだそうです。
この不思議な衣装は円 形型のつばのない長い帽子は墓石を表し、初めにまとっている黒いマントはお墓を意味しています。
ダンスの始まる前にこのマントを脱ぎ棄てるのは死の束縛から解放されるという意味があります。
そしてこの白いスカート... メブラーナ教は人間の思想を宇宙と結び付けています。
人間が住む地球を含め宇宙は丸い形をしていて永遠の時間を表して いることになります。
白いスカートは死者がまとう白布を意味しており、くるくる回ることでスカートを広がるのを宇宙へと広がっていく感じを表現しているそうです。

IMG_8221.jpgb.jpg

IMG_8214.jpgb.jpgIMG_8219.jpgb.jpg


★セマーの流れ

エザーンのような歌と3種類の楽器の演奏後、セマーダンサーが現れ1 人づつお辞儀が繰り返されいよいよまとっていたマントを脱ぎ捨てくる くるダンスの始まりです。なぜまたこんなにくるくる回るのかというと 、かつてこの踊りはメブラーナ教団の僧侶たちの永遠の思想に至るため の修行のひとつだったようです。こうやって繰り返し回ることによって 無我の境地に入り神との一体化を求めたそうです。さらに神からの贈り 物が世界中のあらゆる場所へいきわたるように..... という願いが込めら れているそうです。みんな首を右側に傾け、目を閉じて気持ちよさそう にくるくる回っています。まるで何かに浸っているかのように.....。最後はまたエザーンのような歌が聞こえダンサーが再び黒いマントをまと い終了です。終了後はギャラリーでシナモンジュースがふるまわれ、さ まざまなセマーグッツを購入することができます。セマーを見た後は不 思議と心が洗われたようにふわふわとした優しい気持ちになるのではな いでしょうか。そして演奏に使われる楽器にも注目です。実際には3種類 の楽器が使われていました。メインは縦笛のネイという楽器で、もう一 つはレバーブという弦楽器です。どの音色もとても落ち着く音色でメロ ディーはエキゾチックなのに音色が優しいので不思議な感じがしました。 セマー本番では撮影は一切禁止ですが、終了後写真撮影用に明るい舞台 で再び回ってくれるのでカメラは忘れずにもっていってくださいね。セ マー中撮影が禁止されている理由はダンサーが集中するためだけでなく、私たち観客もその世界に入り込むためでもあると思います。是非その目 で耳でメブラーナの世界をめいいっぱい感じてみてください。
セマー

IMG_8223.jpgb.jpg

人助けや奉仕の心は惜しむことなく流れる川のように 情け深さと優しさは太陽のように 他人の落ち度や秘密は夜のように 苛立ちや怒りは死人のように 慎み深さは大地のように 寛大な心は海のように 自分らしく生きるか さもなければ外見通りの人間になりなさい

メブラーナの7つの教えより

IMG_8222.jpgb.jpg


セマーの舞を鑑賞ご希望の方はお気軽にご連絡ください♪
akiko.cappadocia@gmail.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2017年5月20日
« 前の記事「カッパドキアですべき10のこと*その⑦「ウチヒサルキャッスルを訪れる」」へ
»次の記事「カッパドキアですべき10のこと*その⑨「中央の要膣オルタヒサルを訪れる」」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア2特派員 新着記事
    特別な日にお勧めのレストラン"Sira Restaurant"
    お勧めレストラン Kapadokya Urfa Sofrasi
    Turkish Bath (Hamam)
    自然が造り出した美しい造形の谷 Ihlara Valley
    アヴァノスの伝統工芸セラミック工房
    最近のカッパドキア気球ツアー
    Avanos
    ギョレメ野外博物館ってどんなところ???

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア2特派員

      カッパドキア2特派員
      Akiko Cappadocia
      カッパドキアライフ5年目。世界一周旅行者向けの宿の経営を経て、現在は旅行代理店にて観光客の方たちそれぞれにあったカッパドキアでの過ごし方を提案させていただいております。またトルコの伝統的なラグ「キリム」を使って作られたキリムバッグ・雑貨のお店“KilimDesigns”も運営しております。カッパドキアの美しい景色はインスタグラムmycappadociatripにて毎日紹介しています。 DISQUS ID @disqus_8MkzrUUtYK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集