海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > カサブランカ特派員ブログ > モロッコで憧れのサーフィン三昧

モロッコ/カサブランカ特派員ブログ カサ

モロッコ・カサブランカ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月 3日

モロッコで憧れのサーフィン三昧


メール プリント もっと見る

モロッコで憧れのサーフィン三昧

私は昔サーファーになりたいなんて夢見ていたこともあったのですが、大阪で生まれ育ったのでなかなか海に行くだけで一苦労でサーフィン三昧なんて夢のまた夢でした。が、モロッコの大西洋沿岸地域ではサーフィンが一年を通してできることが分かり、今では週1回程度サーフィンを楽しんでいます。

モロッコでサーフィンといえばタガズートという街が有名ですが、カサブランカでもできます。アイン・ディアブ・ビーチ(トラムウェイでも行ける)のほか、少し郊外のタマリス(車で15分程度)などにはサーフスクールも沢山あります。


私の行っているサーフスクールはタマリスにあります。サーフボード・コンビネゾン(ウェットスーツ)・レッスン料込みで、初めの言い値が150~250ディルハム(2000~3000円位、交渉できます)です。レッスンはもう嫌だってこっちが言うまで延々としてくれます。私のモロッコ人の先生は英語も話せます。1日2000円程度でサーフライフが楽しめるので、1週間くらいカサブランカ郊外にお部屋を借りて、ビーチでゆっくり過ごしてみるのも面白いと思います。

大西洋沿岸の波ですが、個人的には年中かなり高い波が立っていると思います。私は日本では徳島、京都、沖縄でしかサーフィンをしたことがないので詳しくないのですが、日本ではかなり波待ちの時間が長く、チャンスを逃すとまたかなり待たないといけない、しかも波の奪い合いもしなければいけないと、初心者にはハードルが高かったような記憶があります。が、モロッコ大西洋沿岸の波はどんどんどんどん来ます。小さい子供たちは海に浮かんで遊ぶなんてこともできないくらい、本当に波に押されます。まさにサーフィン三昧ができますが、言葉が分からないと空気が読めないのは必然なので、必ず現地のプロと波乗りするように心掛けています。
外務省の海外安全情報にも「大西洋岸の海水浴場は波が高く、水難事故が度々発生しています。また、一見穏やかに見えても、潮の流れが速く水温も低いため、十分に注意する必要があります。過去には日本人が犠牲となった水難事故も発生しています。」とありますので、モロッコ・サーフトリップを計画される方は注意して楽しんでくださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2015年2月 3日
« 前の記事「モロッコの卵料理といえば Oeuf au Khlii」へ
»次の記事「港町カサブランカと言えばシーフード」 へ
おすすめ記事
    カサブランカ特派員 新着記事
    世界一周旅行でモロッコ
    モロッコの観光地あるある
    ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション
    素敵な誕生日プレゼント
    モロッコ流ぼくの夏休み
    モロッコでフランス語を習う
    カサブランカの治安について
    モロッコの朝ごはん『フトール』

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • カサブランカ特派員

      カサブランカ特派員
      カサ
      2015年1月より約1年間カサブランカ特派員をさせていただきました。記事が皆様のご旅行の参考になりましたら幸甚です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集