海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フィリピン/セブ特派員ブログ

フィリピン/セブ特派員ブログ いりん

フィリピン・セブ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

spa1.jpg


セブにはマッサージやスパのお店がたくさんあるんです。
お値段も日本に比べるとかなり手ごろなので、
旅行や留学の際にはぜひ行っていただきたい場所の一つです。


主流は1時間300ペソ(約660円)ほどのお手頃価格のマッサージ店です。
地元のセブアノ(セブ人)たちにも大人気で、いつもにぎわっています。


そして、マクタン島にあるリゾートホテルの中には本格的なスパサロンもあり、
ラグジュアリーな施術が受けられるところもたくさんあります。


今日はその中間価格帯にある、「ツリーシェイドスパ」(Tree Shade Spa)をご紹介します!
現在、セブシティーに2店舗、マクタン島に1店舗あります。


spa2.jpg


雨季まっただ中で、リフレッシュしたいと今回訪れたのは
「ツリーシェイドスパ」のエスカリオ店。


スパサロンとネイルサロンが併設しています。


人気の店舗で、前回は飛び込みだったため空きがありませんでした。
今回はちゃんと電話で予約してから行きました。


英語で電話をかけるのは緊張するかもしれませんが、シンプルな表現で大丈夫です!


“Is there any opening now?”
(現在、空きはありますか。)


“I would like to make a reservation at ~pm.”
(午後~時に予約したいのですが。)


最後に時間を念のために確認しましょう。
“At ~pm, right?” (午後~時ですね。)


その日は空きがあり、すぐに予約を取ることができました。
でも夕方には台湾系の観光客が大勢みえていたので、
午後2-5時ころのあまり混まない時間帯がお勧めです!


spa3.jpg


店内の様子です。
施術で使うローションやオイル、セブで人気のお土産なども販売していました。


spa4.jpg


フットやボディーだけの単品マッサージもありますが、
今回はフットとボディーがパッケージになった「ベーシックパッケージA」を選びました。
画像の左側の90分のコースです。右側は2時間コースの「ベーシックパッケージB」。
90分のコースだと、ボディー1時間、フットが30分になります。


パッケージの中からさらに「ドライ」、「オイル」、「ローション」と選べます。
「ドライ」は何も使わずに行うマッサージ。指圧などが中心になると思います。
「オイル」と「ローション」を使うマッサージはリンパを流すマッサージです。


こちらの料金表、外に貼られていたものだったのですが、お値段の改定がその後あったようで、
90分のコースは以下のようになっていました。
「ドライ」:600ペソ(約1,310円)
「オイル」:650ぺソ(約1,420円)
「ローション」:700ペソ(約1,530円)


spa5.jpg


マッサージルームは落ち着いた照明で、リラックスできます。
エステ用ベッドなので、横になるのも快適です!


今回はローションを選択しました。
スウェディッシュマッサージとタイ古式マッサージを組み合わせたような施術でした。
しっかり90分、丁寧にもみほぐしてくれます。
もみ返しがこないよう、弱めのトリートメントをお願いしました。


後半は気持ちよくなって、いつの間にか眠ってしまいました。
フィニッシュはこりのほぐれた状態で、タイ風に全身のストレッチ!
嬉しかったのが、最後は温かなタオルでローションを丁寧にふき取ってくれます。


施術が終わると温かいお茶が提供されます。


spa6.jpg


“TIP”と書かれたカードが添えられているので、
チップをカップの側に残しました。


南国セブではシャワーのホテルや住宅、アパートが多く、
湯船につかる機会があまりありませんが、
日本人の間で、マッサージをするとお風呂に入ったような効果がある!と言われています。
その晩はぐっすりと眠ることができました。


セブシティーのショッピングや観光の合間に、ツリーシェイドスパ、お勧めです!


Tree Shade Spa Escario Branch
(ツリーシェイドスパ・エスカリオ店)
住所:Escario Central Bldg., N. Escario St., Camputhaw, Cebu City
電話:(032)520-8000
営業時間:10:00-24:00

タクシーでのアクセスは「Escario Central Mall on Escario Street(エスカリオ通り、セントラル・モール)」で行けます。
運転手が分からなければ、”Next to MacDonald on Escario”(エスカリオのマクドナルトの隣)でお願いします。


2017年7月23日

セブに引っ越して間もない頃、超大型台風ハイエンと同規模のスーパー台風が
上陸する可能性があると警告シグナルが発令されました。


直撃になった場合、日本のようにすぐには復旧されないかもしれないと、
懐中電灯や数日分の食料品を買いに走りました。


驚いたのは人であふれかえるスーパーマーケット。
パンはすべて売り切れ、缶詰類の在庫も少なくなっていました。
改めて日本と異なる台風対策が必要だと実感しました。


ty1.jpg


いつもはこんなに大量に並んだ缶詰も、台風が近づくと品薄になります。
その時は直撃を免れましたが、日ごろからできる備えはしておきたいと感じた経験でした。


前回、PAGASAから発令される、シグナル(TCWC:熱帯低気圧警告)の確認方法についてご紹介しました。
今日はこちらでもう一つの、頼りになる情報ソースをお知らせします。


ty2.jpg

メールのキャプチャ画像


2つ目はこちら、在フィリピン日本国大使館から送られてくる安全対策情報です。
電子メールで受信できるため情報も早く、
台風の進路に応じてアップデートも送られて来るので安心です。


上陸・接近に備え、何を準備し購入すべきなのか、細かな情報も載せられています。
台風の時に届いたメールによると、以下のものを準備して備えるよう指示がありました。

・懐中電灯、ライター、ろうそく
・携帯ラジオ、予備の電池
・1~2週間分の飲料水・食料
・避難も想定し、旅券、現金等


一部の抜粋ですが、かなり具体的に指示されています。


ty3.jpg

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/キャプチャ画面


こちらの外務省海外旅行登録サイト、「たびレジ」から、
メールを受信するための登録ができるようになっています。


台風情報以外にもフィリピン国内におけるテロやデング熱など、
役立つ情報や警告がたびたび送られてきます。
少し長めの旅行や留学でセブにいらっしゃる皆さんは、たびレジへの登録をお勧めします。


ty4.jpg

http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.htmlキャプチャ画面


短期の旅行で「たびレジ」の登録を行わない場合でも、
在フィリピン日本国大使館のホームページにある新着情報から、
メールと同じ内容を確認できます。


このオレンジの矢印で指している「なりすましメールにご注意を!」の連絡も
メールで届いていました。


最後に、もう一つお勧めのサイトがこちら。


ty5.jpg

http://www.jma.go.jp/jp/typh/キャプチャ画面


こちらは日本の気象庁による台風情報ページです。
これは去年、台風が発生していた時のスクリーンショットです。


前回PAGASAのページで台風のシグナルを確認する方法をお伝えしました。
加えて、台風の進路についてはこちらのページがお勧めです。
さまざまな台風情報の中でも抜群に分かりやすいです。


ty6.jpg


時間や日付ごとの進路が確認でき、台風の予報円をクリックすると
「暴風警戒圏」が地図上で分かりやすく確認できます。
情報も6時間ごとにアップデートされるため、セブでもかなりお世話になっています。
日本以外の地域に台風が進行しても情報が随時アップされます。


台風は英語で”typhoon”(タイフーン)と言います。
台風が接近する場合には、”Typhoon is coming”(台風が近づいている)、
“Thyphoon is expected”(台風が予想される)と周りのフィリピン人も教えてくれると思います。


セブの滞在中、天気に恵まれて欲しいものですが、もしも台風に見舞われることになれば、
ご紹介した2つの情報ソース、ぜひチェックしてみてください。


2017年6月19日

Typhoon1.jpg


2013年11月、フィリピン中部を襲った超大型台風ハイエン(現地名ヨランダ)は、
まだ記憶に残っているのではないでしょうか。


当局は”Storm Surge”(ストームサージ:高潮)の警報を発していましたが、
その単語を理解できない住民が避難するに至らなかった、と現地の友人が話していました。
それ以降、政府は早めに分かりやすい警告を出すよう努めているようです。


ここしばらく大型の台風はセブに来ていませんが、フィリピンの台風シーズンは長く続きます。
特にこの時期から11月頃まで、台風が多く発生します。
日本だと台風の進路に関する情報は、テレビやラジオ、インターネットで容易に手に入りますが、
フィリピンだとどうすれば良いのでしょうか。
セブでの旅行中・留学中に台風になったらどうしたら良いのでしょうか。


今回は現地で活用している情報ソースを2回に分けてお届けしたいと思います。


Typhoon2.jpg

http://www.pagasa.dost.gov.ph/キャプチャー画像


まず日本の気象庁にあたる、PAGASA(パグアーサ:フィリピン大気地球物理天文局)です。
このサイトで台風の進路や現在のシグナル(TCWC:熱帯低気圧警告)を確認できます。
シグナルとは台風の接近距離や強さに応じて、警告を数字でランク付けしたものです。
こちらのサイトは英語で書かれており、通常、警報も英語で発令されます。


現在このシグナルには5段階あり、それに応じて休校や政府機関の休業が決定されます。


シグナルNo.1:プリスクール(小学校前の学校)休校。
シグナルNo.2:プリスクール、小・中・高等学校休校。
シグナルNo3-5:プリスクール、小・中・高等学校、大学休校。各種政府機関、休業。
(2012年行政命令第66号による)


ではこのシグナル、どこで確認するのでしょうか。


Typhoon3.jpg

http://www.pagasa.dost.gov.ph/index.php/tropical-cyclones/weather-bulletinsキャプチャー画像


こちらはPAGASAの熱帯低気圧警報情報のページです。
上の画面のスクリーンショットは、フィリピン北部に台風が発生していた時のもので、警告シグナルが出ています。
台風が発生していない時は、特に画像などが出ていません。
スクロールダウンするとチャートがあり、エリアごとのシグナル情報を確認できます。


Typhoon4.jpg


こちらが上のページをスクロールダウンした画面です。
TCWCとは、熱帯低気圧警告シグナルのことです。
その横にあるのが、フィリピンを3つのエリアに分けた、ルソン、ヴィサヤ、ミンダナオです。
セブはヴィサヤエリアに属しています。


Typhoon5.jpg


さらに下に行くと、シグナル2が発令されていることが分かります。
どこが対象になっているかを確認するには、チャート上で今回はルソンのところだけに記載があり、
“Batanes Group of Islands”(バタネス諸島)となっています。
つまり、ルソン島のバタネス諸島に、現在No.2のシグナルが発令されているということになります。


今後、セブに台風が向かうことになれば、シグナルが表示され、ヴィサヤのところに”Cebu “と記載されます。


英語による情報なので、最初は分かりにくいかもしれませんが、
シグナルが1-5まであり、数値が高いほど大型の台風であること、
セブ在中の方はヴィサヤ地域のところを確認するという点を抑えていただければ必要な情報を探しやすいと思います。


PAGASAから得られる台風の警告シグナルに続き、次回もう一つ、頼りになる情報源をお伝えします。


2017年6月12日
2017年6月 5日
2017年5月15日
2017年5月 8日
2017年5月 1日
⇒すべての記事を見る

フィリピン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • セブ特派員

    セブ特派員
    いりん
    フィリピンに残される美しい自然、そしてセブアノ(セブ人)のおおらかさや優しさに惹かれています。こちらで生活し数年たちますが、まだまだ新しい発見がたくさんの日々です。このブログを通して皆さんにシェアしていきたいと思います。英語教育に長年携わってきた経験から、「ちょっと役立つ英語表現」もテーマに合わせて紹介します。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集