海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フィリピン/セブ特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

フィリピン/セブ特派員ブログ いりん

フィリピン・セブ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

Yaoyuen1.jpg


九州・沖縄方面からセブに向かう皆さんは、マニラでの乗り継ぎ以外に台北を選ぶ方も多いようです。
LCC航空はセブパシフィックに加え、最近エアアジアもセブ-台北便が発着するようになり、選択肢が広がりました。


また少し長めの旅行や留学でセブに滞在する方の中には、観光ビザ代を支払って更新するより、台湾でプチ旅行も楽しみ、セブに戻る方もいます。


こちらは2017年1月現在の運行状況です。


セブパシフィック
台北→セブ 水・金・土 AM01:01- AM 03:45
セブ→台北 火・木・土 PM9:45PM-AM00:25(翌日)


エアアジア
台北→セブ 水・金・日 AM10:20-PM01:10
セブ→台北 水・金・日 AM07:00-AM09:55


エアアジアは午前中の便ですが、セブパシフィックは台北発着ともに深夜となり、空港で夜を過ごすことになります。


今日は桃園国際空港ターミナル1で過ごすお勧めスポットをご紹介します。
現在、セブパシフィックもエアアジアもターミナル1の利用になります。


Taoyuen2.jpg


台北からセブに向かう飛行機を待つ間、まずお勧めは地下のフードコート!
台湾でも有名なお店が数店舗入っています。


Taoyuen3.jpg


三階にもレストランやお土産品店があります。ほとんどの店舗がこの時間帯で営業しているようです。


セブパシフィックの利用で深夜出発の便なら、その後は出発ゲートのある3階で過ごすのがお勧め。


Yaoyuen4.jpg


両サイドにこのような円形状のソファーがあるので探してみてください。


Taoyuen5.jpg


近づいてみるとこんな感じです。フライトまで少し横になれます。
夜中になると照明が暗くなるので、休んでいる人がたくさんいました。
すごく快適ですが、どの季節に行ってもとにかく寒いです。
ブランケットや上着の持参をお勧めします。


Taoyuen6.jpg


電源もあるので、充電をしながらネットもできます。


Taoyuen7.jpg


また、無料のウォーターサーバーもお手洗いの前に設置されています。
冷水、ぬるま湯、お湯から選べます。
ペーパーカップならぬペーパー袋が備え付けられていました。


セブから台北に向かう便を降りた後は、到着ロビーが一階になります。
深夜便で到着して、すぐにホテルに移動する場合、一階出口に空港タクシーの乗り場があります。
ちなみに空港のWifiを使って、ウーバー(Uber)を利用するのも可能でした。
朝まで空港で待って移動する場合は、先ほどご紹介した3階で過ごすのがお勧めです。


24時間営業のコンビニエンスストアも地下にあります。
そちらは現金しか使えないのですが、荷物を受けとって外に出る手前に両替所があるのでそちらを利用できます。
両替所は”Money Changer”というサインを探してください。
台北駅構内のレートとほぼ同じでした。


私の個人的なお勧めですが、台北→セブはセブパシフィック。
当日桃園空港に日本から到着した後、深夜にセブに向かいます。
セブへの到着は午前4時頃になりますが、空港はにぎやかでタクシーもすぐつかまります。


そしてセブ→台北はエアアジア。
到着が午前10時頃なので、その後の日本へのトランジットもしやすく、
台北にとどまるとしても空港からの移動が楽です。


他の国際空港と比較して、桃園空港はトランジットにとても利用しやすい安全・快適国際空港です。
利用の度に新しい発見があるので、皆さんもいろいろ探してみてください。


2017年1月11日

afternoon1.jpg


「純セイロン産」の茶葉を、スリランカ国内で生産するディルマ(Dilmah)社。
日本でも見かける紅茶ブランドです。
そのディルマ直営のティーラウンジならぬティーバー(T Bar)が、
セブ市内の5つ星ホテル「ラディソンブル」にあります。


こちらから情報がご覧になれます。一番下がティーバーの紹介です。


afternoon2.jpg


ラディソンブルはSMシティーに隣接しており、ロケーションの便利さから観光客にも人気のホテルです。


ディルマ・ティーバーは1階のラウンジに併設されています。
窓越しに緑一杯のガーデンが見え、シティーの騒がしさとは様子が一変します。


afternoon3.jpg


壁一面に並べられたリーフティーの缶が圧巻です。
ラベルの色合いが並んできれい。まるでモダンアートのようです。


茶葉のセレクションは21種あるのですが、
アフタヌーンティーは希少茶の5種を除く16種の茶葉から2種類を選ぶことができます。
アールグレイやカモミールなどのおなじみのフレーバーから、
ローズフレンチバニラ、ローズ・アーモンドライチ、ブルーベリー&ザクロなどなど、
珍しいフレーバーがありどれにするか迷ってしまいます。


茶葉のメニューはこちら。(PDFファイルが開きます)


ティーバーにいる女性にお勧めの茶葉を尋ねることもできます。
Which tea do you recommend? (どのお茶がお勧めですか。)


彼女の一押しは”Green Tea with Jasmine Flower”(ジャスミン入り緑茶)だったのですが、
アフタヌーンティーはやっぱりいわゆる「紅茶」がいただきたいということで、
今回は王道アールグレイと気になるローズフレンチバニラをチョイス。


少し英語レッスンです。


緑茶は英語で”green tea”ですが、紅茶は…?


実は”black tea”と言います。


イギリス人が頻繁にこのようなアフタヌーンティーをしているわけではありませんが、
紅茶は本当に身近な飲み物で、毎日何杯もいただきす。


ちょっとした休憩には”Let’s have a cuppa.”(お茶にしよう)となります。
“cuppa”とは”cup of tea”(一杯のお茶)を短くした言い方で、日本人には「カッパ」と聞こえます。
スコーンと一緒にいただくミルクティー、最高です!


でもこちらフィリピンでは紅茶よりコーヒーが一般的。
だからこそ、このように本格的な茶葉でいれた紅茶がいただけるこちらのティーバーは本当に貴重。


afternoon4.jpg


こちらが2人用のアフタヌーンティーのセットです。
この3段トレイを見るだけでもわくわくしますね。
基本この番号のように下から順番にいただくのですが、
こちらのティーバーのケーキスタンドは2段目と3段目が同じケーキになっていました。


もちろんティーを楽しみつつゆったりとくつろぐのが目的なので、
英国風にしなきゃ、とがちがちになる必要はありませんが、
久しぶりのアフタヌーンティーだったので、少しマナーをおさらいして行きました。


・紅茶はカップのみ持ち上げ、ソーサーはテーブルの上に残します。
・「サンドイッチ→スコーン→スイーツ」の順序でいただきます。
・サンドイッチやスコーンは手で取ってOKです。
・スコーンは手やナイフを使って横割りにします。ジャムなどを塗る場合は一口分ずつ塗っていただきます。


感動したのはクロッテッドクリームがちゃんと添えられていたこと。
ミニキッシュやサーモンサンドなどのフードも美味しかったです。
ケーキもさすがホテルクオリティーです。5種類あるのも嬉しい。


紅茶はローズフレンチバニラが美味しかったです。
アールグレイは使用する茶葉の量が少ないためか、あの独特の芳香に欠け少し残念でした。


ティーバーのアフタヌーンティーの時間帯は、毎日15~17時です。
2人用セット、税込み・サービス料別で900ペソ(約2,100円)。


以前、ロンドンで利用したアフタヌーンティーが一人5,000円以上だったのを考えると破格のお値段ですね。
午後のティータイムを満喫しました。


SMでのお買い物の合間に、優雅なアフタヌーンティーをぜひお楽しみください。


2017年1月 5日

pomelo1.jpg


常夏の島セブでは、一年を通し季節に大きな変化はありません。
乾季と雨季のはっきりしたマニラに比べ、セブは気候の変化もマイルドです。


でもそのセブで季節感を感じられるもの、それが「果物」です!


こちらに移住する前は、一年を通してマンゴーが食べられると思っていましたが、
実際に生活してみて、マンゴーにも旬の時期があることが分かりました。
もちろんどの時期でも、トロピカルフルーツがスーパーに並んでいますが、
旬の時期はお値段も安く、本当においしい果物が食べられます。


そして季節ごとに、スイカやマンゴーなどの一般的な果物から、
ランブータン、マンゴスチン、ランソーネス、ドリアンとエキゾチックな果物が楽しめます。


pomelo2.jpg


この年末の時期にセブに旅行する方に一押しなのが、今日ご紹介するポメロ(Pomelo)です。
見た目はグレープフルーツですが、苦みが全くなく、爽やかな甘みとしっかりとした食べごたえのある食感が特徴です。


房の大きさを比較するため、大さじスプーンを並べています。3~4つの房で大満足の大きさ。


ポメロはグレープフルーツより一回り大きい柑橘類で、直径15~20cm、重さが1kg前後あります。
東南アジア原産で、日本のザボン(ブンタン)の仲間です。


pomelo3.jpg


SMやアヤラのスーパーに行くと10月頃から1月頃にかけて、ワゴンに山積みになっています。
スーパーでは重さを計って販売するのですが、こちらは1つ66.20ペソ(約155円)です。

値札が付いていない時があれば、生鮮コーナにいる店員さんの所に持っていき、
“Could you weigh this?”(この重さを測ってください)とお願いしましょう。

“weigh”は「ウェイ」と発音し、重さを測るという動詞です。
“weight”「ウェイト」が「重量・重さ」というおなじみの名詞の単語です。


pomelo4.jpg


ザボンの一品種である晩白柚(ばんぺいゆ)。
こちらは日本のスーパーで見かけた晩白柚です。
ポメロは大きさこそ晩白柚に劣りますが、味も触感も似ているようです。


かなり厚い皮に包まれており、ナイフで十字に切れ込みを入れ手でむいていきます。
果肉部分は、皮をむく前のグレープフルーツ程の大きさがあります。
スーパーではすでに皮がむかれ、房から出されたものをパック売りにしていることも。


pomelo5.jpg


私のお気に入りの購入場所は、ローカルの市場です。
こんな風に外皮だけがむかれて、3個入りで販売されています。


pomelo6.jpg


お値段3つで100ペソ(235円)!スーパーと比べるとお安い。
冷蔵庫で冷やして食べるとまた格別です。地元では塩と一緒にいただくこともあるそうです。


そしてお気に入りのもう一つの理由は、房の袋からむきやすいこと。
粒がしっかりしているので、つぶれることなくきれいに取り出せます。


選ぶ際のポイントは、同じ大きさならずっしりと重たい方を選びます。水分がありジューシーです。
グレープフルーツやみかんを上回るビタミンCが含まれており、抗酸化作用による免疫力アップや美容効果も期待できます。
ぜひこの時期、セブの旅行の際はポメロを探してみてください。


2016年12月26日
2016年12月23日
2016年12月15日
2016年12月 4日
2016年11月28日
⇒すべての記事を見る

フィリピン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ