海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フィリピン/セブ2特派員ブログ

フィリピン/セブ2特派員ブログ カリパイ

フィリピン・セブ2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

みなさんこんにちは。セブ特派員のカリパイです。

今注目を集めているマクタン島コルドバ地区。開発が進み、オシャレなレストランやカフェができたことにより、多くの観光客でにぎわっています。

今回は、2017年2月14日にオープンした後、瞬く間に大人気観光スポットになった『10,000 Rosese Café & More』をご紹介します。


10,000本のバラの前で写真撮影を楽しもう! 009.jpg

フィリピンはFacebookの利用者数が世界一ということをご存知の方も多いでしょう。

そうなんです。フィリピン人は、時間さえあれば自慢の決め顔をFacebookにアップしています。

そんな彼らにとって、この『10,000 Rosese Café & More』は、もう絶好の場所なんです。

010.jpg

多いときには一日に3万人の来場者があるそうですから、人気のすごさがわかりますね。


10,000本のバラの正体は? 011.jpg

実はこのバラ、本物のバラではなく、LEDライトが組み込まれた「光るバラ」なんです。

明かりが灯ったバラが作り出すロマンティックな雰囲気は、デートで訪れるのにもってこいでしょう。

012.jpg

013.jpg

淡い光がきれいですね。                                       



『10,000 Rosese Café & More』への行き方

『10,000 Rosese Café & More』はマクタン島の南の端に位置するコルドバという地域にあります。

このエリアまでは、セブ市内からだとアクセスがあまりよくないので、タクシーで行くことをおすすめします。

セブ市内からだと、渋滞も考え、1時間ほど見ておいた方がいいでしょう。メーターで300ペソ(約600円)前後で行くことができます。

入場料は一人20ペソ(約40円)です。オープン当初は無料でしたが、カフェで注文をせず、写真だけを撮るお客さんがあまりにも多いため、入場料が必要となりました。



まとめ

LEDの柔らかい光が作り出す、幻想的な雰囲気の『10,000 Rosese Café & More』。

夕方18時頃からライトアップが始まりますが、その頃には多くの人で賑わいます。

おすすめは、16時頃に到着しておき、ライトが点灯される前と後の両方を楽しむプランです。

ぜひ一度、足を運んでみてください。


10,000 Roses Cafe & More
住所:Day-as Barangay Rd, Cordova, Cebu
営業時間:11:00~24:00
電話番号: (032) 496 7023




個人運営のブログやってます。
フィリピン・セブに関して、生の情報を提供中です。
よろしければこちらからどうぞ。
伝説のKalipay』←情報満載
カリパイの日々』←毎日更新

2017年10月15日

はじめまして。この度「地球の歩き方」フィリピン/セブ特派員ブログを担当することになりました「カリパイ」です。


セブに移住し3年目になりますが、毎日いろんな発見があり楽しく生活しています。
この特派員ブログを通して、フィリピンの文化やセブの魅力についてお伝えできればと思います。時には現地在住者ならではの目線で鋭く切れ込んでいきたいです。今後ともよろしくお願いします!


さて、第1回目の今回は、フィリピンのおすすめローカルフード「BBQ」のご紹介です。


フィリピンのローカルフード「BBQ」とは?
cebe1.jpg

フィリピンでは、豚肉や鳥肉の串焼きをバーベキューと呼びます。串一本当たりの値段がとても安く、ローカル庶民に圧倒的な支持を得ています。また、このBBQ、街の至る所で食べることができる手軽さも人気の理由です。屋台スタイルの店が圧倒的に多いです。


セブには日本人観光客でも安心して食べることができるレストランスタイルの店もたくさんあります。また、オスメニアサークルの「LARSIAN」やA.S.フォーチュナの「Matias」などはガイドブックに載るほどの超有名店です。
【LARSIAN】
Don Mariano Cui St, Cebu City, Cebu
【Matias】
A. S. Fortuna St, Mandaue City, 6014 Cebu


しかし、現地在住のカリパイは、あくまでもローカルな店をチョイス。とっても安くて美味しいんですよ。


フィリピンローカルフード「BBQ」の楽しみ方
cebe2.jpg

一串の値段は、5~20ペソ(約10~40円)です。見た目が赤っぽくなっているのは、ケチャップソースが使われているためです。

cebe5.jpg

また、フィリピン人がBBQといっしょに食べているのが、「プソ(puso)」と呼ばれるライスです。※英語名:ハンギングライス

cebe3.jpg

プソはお米をココナッツの葉で包んで湯がいたものです。日本のおむすびのような食べものといえるでしょう。一つ5ペソ(約10円)です。


また、もうひとつの超絶オススメメニューがこちらの「ロミ(lomi)」です。

cebe4.jpg

挽肉、キャベツ、ネギを油で炒めた後、鶏ガラベースのスープを加え、最後に卵と麺を投入すれば出来上がり。これがもうクセになる味なんです。一杯16ペソ(約32円)と、本当にお値打ちな値段。


カリパイ、BBQへ行った際は必ず注文します。むしろこのロミを食べるためにBBQショップへ行っていると言っても過言ではありません。


どうですか?
食べたくなりましたか?

cebe8.jpg

多くのBBQショップは持ち帰りも対応しています。むしろ持ち帰りの方が多いかも知れません。


フィリピン・セブに旅行で訪れた際、キレイなホテルのレストランもオススメですが、街中にあるローカルなBBQショップへ足を運んでみるのもいいですよ。


今後も現地在住の利を生かした情報をお届けしていきますのでお楽しみに!


個人経営のブログやってます。
フィリピン・セブに関して、生の情報を提供中です。
よろしければこちらからどうぞ。『伝説のKalipay』『カリパイの日々


2017年10月 5日
⇒すべての記事を見る

フィリピン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • セブ2特派員

    セブ2特派員
    カリパイ
    フィリピンセブ島に移住し3年目。 在宅にて現地企業へのリモートワーク(フィリピン人スタッフ)&個人ブログの運営をしながら、家事・子育てに毎日奮闘中のフリーランス主夫。6ヶ月間のフィリピン語学留学の経験あり。エアコン、テレビ、洗濯機のない暮らしでも、毎日楽しくやってます。好きな言葉は「BUY ONE TAKE ONE」 【愛車】YAMAHA Mio Soul i 125 ブログ:『伝説のKalipay』『カリパイの日々』 Twitter:@legendarykalipy 問合せ:info@legendary-kalipay.com DISQUS ID @disqus_thfBbG5Nz2

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集