海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シカゴ特派員ブログ > シカゴの通勤電車

北米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

アメリカ/シカゴ特派員ブログ あらたん

アメリカ・シカゴ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月 6日

シカゴの通勤電車


メール プリント もっと見る

シカゴの通勤電車

met4.JPGmet3.JPGmet2.JPG

乗車口付近の青い金属ラベルをよく見ると、日本車輌の文字が見える。

met1.JPG

シカゴといえばシカゴ市、と言われるが、シカゴランドとなるシカゴ近郊外からも
たくさんの人がダウンタウンに通勤している。車通勤となると渋滞は逃れられず、
時間的にも余裕ができる通勤電車(メトラ)を使っている人が多い。


市内在住者が使う公共交通機関よりも多少割高にはなるが、乗り心地は比べ物にならない。
市の電車の古いレールなのか電車自体なのかガッタンバッタンは聞こえないし、大きな声で
話している乗客さえもいない。


そして何と言っても制服と帽子をしっかり被った車掌さんが回ってくるのが楽しい。
チケットを見せると、席についているクリップに挟み「チケット買いましたよ、見せました
よ」アピールをする。
(次の駅から乗ってきた人とごっちゃにならないようにするためだと思われる。)


2階席の人にも車掌さんが手の届く場所にクリップがあり、チケットが挟んである。


しかし、最近ではスマートフォンでチケットを見せる人も多くなり、車掌さんの記憶力
だけに頼ることになるのか、どうなるのか。そんな通勤列車メトロの車掌さんも
たまに回ってこないこともあり、タダ乗り!なんてことも過去に何度かあったが、今後
テクノロジーが発達して、車掌さんもいらなくなってしまうのかなぁ、なんて考えるて
しまう2017年の始まりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空
2017年1月 6日
« 前の記事「ダウンタウンの祝カブス」へ
»次の記事「職場に戻る前に手を洗おう」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
シカゴ特派員 新着記事
職場に戻る前に手を洗おう
シカゴの通勤電車
ダウンタウンの祝カブス
108年ぶりの優勝!小熊さんチーム
公園でピアノを弾こう
トイレ
無料で映画を見よう
シカゴにもこんな専用車両があった
1年前の同じ月に投稿された記事
シカゴの温度

アメリカ ツアー最安値


2017/3/29更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ