海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シカゴ特派員ブログ > シカゴのハイウェイ

北米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

アメリカ/シカゴ特派員ブログ 田代 真奈美

アメリカ・シカゴ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月22日

シカゴのハイウェイ


メール プリント もっと見る

シカゴのハイウェイ

今回はシカゴでレンタカーを借りて運転をするという方に
知っておいていただきたいシカゴのハイウェイ事情をご紹介いたします。

Tollway sign.jpg


シカゴのハイウェイには2種類あって、お金を払わないといけないTollwayという道路があります。


tollway 3.jpg


無料のハイウェイから有料のハイウェイに変わる道もあるので注意が必要です。

高速道路には道が変わったり、別の高速へ乗り換えられる場所が近づいてくると必ずサインが
ありますので、そのサインを注意深く確認してくださいね!


Tollwayに入る場合には看板に黄色いサインでTOLLと書いてあります。

TOLLと書いた道へ進む場合には有料になり、料金を支払う必要があります。

料金は現金で払う方法と日本のETCのような自動引き落としパスがあります。



ご注意いただきたいのは現金で支払いをする場合です。

料金所によって有人の料金所と無人の料金所があります。

有人の場所はなんら問題はないのですが、無人の場合、現金をきっちり用意していないとおつりが
戻ってきません。

さらにほとんどの無人の料金所はコインのみでの支払いです。

紙幣は使えません。

ですので、現金で利用する際には必ずコインをお手元にご用意ください。




またコインを持ち合わせていない場合には、後からWEBで支払いをすることも可能です。
ただしその料金所の場所と名前を覚えておかないと、WEBにて支払いができませんのでご注意ください。


もし支払いをせずにそのままにしておくと、罰金が課せられ後々高額な請求が来ますのでご注意ください。


こういった不安を持ちたくない方は、日本のETCと同じような仕組みのI-PASSをご利用いただくことをお勧めします。

I-pass 1.jpg

どのレンタカー屋さんにもこのI-PASSのオプションがありますので、車を借りる際に聞いてみてください。

これがあれば、利用料金も割安になり、いちいち現金を持ち合わせているかいないかびくびくする必要もありません。

また料金所に入らなくてよい専用の道も通ることができますので、運転もスムーズです。


ipass.jpg


またTOLLWAYを使いたくない場合には、Google MapのナビゲーションにはオプションでTOLLWAYを避けるというオプションもあるので
そういった機能を有効に使うのも手かと思います。

シカゴで運転をする際には、覚えておいてくださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2017年2月22日
« 前の記事「トレーダージョーズで買えるお土産 パート2」へ
»次の記事「Chicago Restaurant Week」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
シカゴ特派員 新着記事
Chicago Restaurant Week
シカゴのハイウェイ
トレーダージョーズで買えるお土産 パート2
トレーダージョーズで買えるお土産
マギーダレイパーク スケートリボン
iFLYでスカイダイビング体験
Made in Chicago な ポテトチップス
Big & Little's

アメリカ ツアー最安値


2017/3/29更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ