海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > チッタゴン特派員ブログ > バングラデシュでは 3時のおやつより、3度のおやつ...

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

バングラデシュ/チッタゴン特派員ブログ 高木 昭博

バングラデシュ・チッタゴン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月21日

バングラデシュでは 3時のおやつより、3度のおやつ!?


メール プリント もっと見る

バングラデシュでは 3時のおやつより、3度のおやつ!?

みなさんは日本で何時位に晩御飯を食べますか?

バングラデシュ人の晩御飯は遅いです。
blog③-1.jpg

だいたい、21時から始まるのが普通です。22時を過ぎるのもザラです。

忘れちゃいけないのが、ナスタという習慣です。
暇さえあればナスタ(軽食)がでてきます。
「ナスタ」とは軽食、日本でいう「おやつ」のことです。
朝ごはん⇒ナスタ⇒昼ごはん⇒ナスタ⇒(ナスタ)⇒夜ご飯
といった流れです。
一日に2、3回ナスタ(軽食)を食べるのが普通で、一日の中でおなかが空いている時間がありません。

職場であっても、大事な会議中であっても
ナスタは自動的に出てきます。

作業を続けながらナスタを食べるのが好ましいですが
ティータイムということで休みを取りたがる人も少なくありません。

ナスタを食べている間は、人の話を聞いていないので
いっそのこと休み時間にしても良いと思います。

ナスタには
シンガラというスパイシーな揚げ餃子っぽい見た目の物が出たり、
blog③-2.jpg

ミシティと呼ばれる甘いお菓子が出ます。
blog③-3.jpg

これはもう軽食じゃなくて、「通常の食事じゃん。」って思う人もいると思います。ビスケットやパウンドケーキが出てくることもあります。

だいたい、外で買ってきたものを皿に並べるだけの場合が多いので、
手間はほとんど掛かりません。

お手伝いさんにとっては重要な仕事の一つになっています。

それと一緒に飲むのが、紅茶。コーヒーもありますが、紅茶のほうが圧倒的に多いです。
大体、最初から砂糖が入っています。しかも大量に(笑)
結果的に、太っている人が多いです。痩せているように見えても、下腹だけ出ている人もいます。

そして、ここにもまた一人・・・
blog③-4.jpg


筆者 濱岡聖也

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年1月21日
« 前の記事「バングラデシュに行くために必要な覚悟」へ
»次の記事「世界一長い砂浜「Cox's Bazar」」 へ
おすすめ記事
    チッタゴン特派員 新着記事
    世界一長い砂浜「Cox's Bazar」
    バングラデシュでは 3時のおやつより、3度のおやつ!?
    バングラデシュに行くために必要な覚悟
    バングラデシュってどこ? バングラデシュ料理ってなに?

    アジア 航空券情報


    バングラデシュ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バングラデシュの旅行記・口コミ「旅スケ」へ