海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > クライストチャーチ特派員ブログ > 愛され続けるパウアハウス

ニュージーランド/クライストチャーチ特派員ブログ 植村 ひとみ

ニュージーランド・クライストチャーチ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月 9日

愛され続けるパウアハウス


メール プリント もっと見る

愛され続けるパウアハウス

カンタベリー博物館内に常設されている、

"パウアハウス"

パウアとはニュージーランドアワビのこと。
サイズ15cmほどで、先住民マオリは緑と青に光るその殻を装飾工芸に用い、肉を食用としていました。今でも装飾品などに使われているニュージーランドのシンボルの一つです。

パウアハウスに入る前に、パウアハウスができるまでのお話をミニシアターで観ます。
壁にもニュージーランドアイコンがあって、ニュージーランド好きだったら微笑んじゃいます!
英語がわからなくても大丈夫!
シンプルにユーモア交えて作られているので面白いですよ~

その後パウアハウスのリビングルームに入ります。

壁にはパウアがい~っぱい!!!

電話にもパウア貝をつかってありました!


こちらのカップルがオリジナルのパウアハウスの持ち主。

南島最南端の町ブラフで生活をされてました。パウアの貝殻を加工するのが旦那様の趣味。
家の床に広がったたくさんのパウアの貝殻。
掃除をする度に"邪魔だな~"と思われた奥さまが、リビングの壁に飾り始めたのがパウアハウスができるきっかけだったんですね~
なんと、27年間かけて1200個のパウアを壁に飾ったのです!
そして、このパウアハウスはちょっとした観光名所にもなり1日8時間毎日多くの観光客の方々をリビングルームに招き入れていたのです!


残念ながらお二人とも他界されたのですが、彼らが大切に作ったパウアハウスは今でも大切に保存され観光客を温かく迎え入れてくれています。


是非覗いてみて下さい!
きっとほのぼのとした気持ちになれますよ~

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2014年5月 9日
« 前の記事「この街のベストカフェ10の一つ、Cafe LUMES」へ
»次の記事「イチオシレストラン☆Edesia」 へ
おすすめ記事
    クライストチャーチ特派員 新着記事
    やっぱり行くでしょ、カイコウラ!
    癒しの街、オアマル
    話題のカフェ Hello Sunday
    やっぱり見たい!羊の毛刈りショー
    いつも満席なので予約必須の朝食レストラン☆
    本当の森に会える、カウリコースト
    クライストチャーチで楽しめる日本のファミレス
    行かなきゃ損!マウントクックビジターセンター

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • クライストチャーチ特派員

      クライストチャーチ特派員
      植村 ひとみ
      熊本出身。ワーホリから始まったクライストチャーチ生活も気付けば18年目突入。現地旅行会社“ビッグファンツアーズ”にてツアーガイド兼マネージャー業務をこなす日々。クライストチャーチという街をもっとたくさんの人に知ってもらいたく特派員になりました。2011年2月には大地震に見舞われ、一度はこの街から離れて暮らしてみたものの、気づけばこの街に舞い戻ってきていました。大震災を経験したこの街から新しく生まれ変わっていく様子や生活ぶりを楽しくお伝えしていきます。ご連絡はこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集