海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ケルン特派員ブログ > No.5 子供でも大人でも楽しめる、無料動物園 L...

ドイツ/ケルン特派員ブログ タンジ・ユカリ

ドイツ・ケルン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月19日

No.5 子供でも大人でも楽しめる、無料動物園 Lidental Zoo


メール プリント もっと見る

No.5 子供でも大人でも楽しめる、無料動物園 Lidental Zoo

ケルンには、歴史あるケルン動物園がありますが、少し郊外へ行けば、誰でも無料で入園できる、動物園があります。
今回は、地元の人もあまり知らない、この動物園を紹介します。
PettingZoo (2).JPG

電車を降りたら、住宅地を木の茂っている方に向かって真っすぐ15分くらい歩くと、もう入口が見えます。

PettingZoo (1).JPG

入口の鍵は開いているので、許可なしに開けて入れます。


園内には、近くにいる動物に合わせて、餌の自動販売機が設置されています。鳥のエリアでは鳥の餌をというようになっているため、一番近くにある自動販売機を使います。一パック50セントです。

PettingZoo (3).JPG

自動販売機は、50セントコインのみ使用可能で、お釣りは出ません。
どうしてもコインを持ち合わせていない時は、園内に一カ所だけ設置されているトイレの右わきから、柵越しに係の人を呼んで買うこともできますが、いつも誰かがいるわけではないので、コインを多めに持って行くといいでしょう。

PettingZoo (4).JPG

園内には、七面鳥やその他の鳥、ヤギ、ロバ、シカなどがいます。

PettingZoo (6).JPG

鳥は、手から餌を採りませんが、他の動物には直接餌付けすることができます。
大きな動物を怖がる子供のために、筒も用意されています。筒の前に立つと、動物が来てくれるので、餌を筒の中に流してあげます。

PettingZoo (7).JPG

動物によっては、手がよだれでベタベタになるので、ご注意を(笑)
動物に餌を上げる時は、園内のトイレに設置されている洗剤で最初に手を洗いましょう。

PettingZoo (8).JPG

餌をあげ終わったら、空き箱は、専用の緑の回収ボックスに入れましょう。リサイクルされます。

PettingZoo (5).JPG

係の人は全然干渉しないので、子供が柵に登ったりしていても注意はしません。柵を乗り越えない限りは、柵の向こうのヤギに触ったりということも可能です。

PettingZoo (10).JPG

(園内の表記はドイツ語なので、分かりづらいかもしれませんが)芝生のエリアは立ち入り禁止なので、動物が寄ってこないからといって、中に入らないように注意しましょう。

PettingZoo (9).JPG

ピクニックテーブルも用意されているので、おやつやお弁当を持って行って、ゆっくりするのもいいと思います。

現地名称:Lindenthaler Zoo (リンデンタール・ツォー)
開園時間:年中ほぼ無休9-17、季節によって夜20時まで開園
住所:Kitschburger Str., 50935 Köln
アクセス:U7又はU1 Lindenthal Brahmsstr.駅から徒歩15分


ドイツ生活と旅行情報:ブログもよろしくお願い致します。
↓ブログはこちらから↓

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年11月19日
« 前の記事「No.4 若者に大人気の公園:広島・長崎公園」へ
»次の記事「No.6 ケルンのクリスマスマーケット -Neumarkt編-」 へ
おすすめ記事
    ケルン特派員 新着記事
    No. 12 ゲーマー界の聖地:ゲームズコムに潜入!
    No. 11 過去を振りかえさせる躓き石
    No 10 自分だけのお土産が作れるPottery Art Cafe
    No 9. ドイツの復活祭に欠かせないオスターアイ
    No 8. ケルンのカーニバル:Rosen Montag ローゼンモンターク
    No.7 ケルンを安全に楽しむには
    No.6 ケルンのクリスマスマーケット -Neumarkt編-
    No.5 子供でも大人でも楽しめる、無料動物園 Lidental Zoo

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ケルン特派員

      ケルン特派員
      タンジ・ユカリ
      取材が大好きなフリーランス・ライター。海外生活10年目。大学は英語圏に留学し、2013年11月からドイツに在住。様々なメディア向けに、英語と日本語で、カルチャー記事を提供中。ドイツ語が上達したら、ジャーナリズムの修士課程を始める予定のため、仕事の合間を見つけては日々ドイツ語と格闘中。夢は雑誌の記者になること。 DISQUS ID @disqus_YypKwYV7FA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集