海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ケルン特派員ブログ > No.7 ケルンを安全に楽しむには

ドイツ/ケルン特派員ブログ タンジ・ユカリ

ドイツ・ケルン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月24日

No.7 ケルンを安全に楽しむには


メール プリント もっと見る

No.7 ケルンを安全に楽しむには

大晦日の日にケルンで多くの女性がセクハラの被害に遭ったことが。ドイツの外でも取り上げられるほどの大きなニュースになりました。 このニュースを見て、ケルンに遊びに来ることに不安を感じている方も沢山いるかもしれません。ケルンは普段は安全で、人込みの少ない街です。今回は、ケルンを安全に楽しむために、役立つ情報をまとめました。

ヨーロッパで訪問者が多い都市の、上位100に入るケルン。ケルン大聖堂には、毎日何百人もの観光客が、沢山の国から訪れています。 今回の事件が、このケルン大聖堂の目の前で起こったことから、この周辺の治安はどうなのかと、疑問を抱いている人もいると思います。

ケルンの犯罪件数


今回の事件では、セクハラが問題となっていますが、ケルンではドイツの他の都市と同様、大きな事件は特に目立ちません。 しかし、ケルンと周辺の地域は、ドイツの中でもスリが特に多いことで知られています。

スリに遭わないために

私も個人的に経験したり、現場を目にしたことがありますが、とにかくレストランやバーでは、バッグを、自分の手の届く範囲だからといって、隣の席に置いて置くだけでは危険です。肩紐を手に握っておくなど、とにかく身から離さないことです。

トイレに行くときも、一人であれば、ショッピングバックなども席に置いて置かない方がいいでしょう。パンフレットをテーブルの上に置き、スカーフを椅子に掛けておく・又は、何も入っていないショッピングバッグを置いて置くくらいがいいと思います。

ケルンは日本ほどの通勤ラッシュはありませんが、電車が混む時間帯があります。バッグを前に抱えて、服のポケットに入れて持ち歩いている携帯や財布はそのバッグの中に入れておく、又は内ポケットに入れるようにします。

ケルンの危険な区域

ケルンにはゲットーと呼ばれるような危険な区域はありませんが、アルコール中毒者やドラッグ使用者が集まる場所が何カ所かあります。旅行者が訪れる場所に近い、少し治安の悪い場所を挙げておきます。

  • 駅Heumarkt(ホイマークト)キオスク前
  • 駅Neumarkt(ノイマークト)地上、キオスク前
  • 駅Ebertplatz(エバープラッツ)、駅構内
  • ライン川を渡った右側:夜になると人通りが一気に減ります。

変な人が急に襲ってくるようなことはありませんが、挙動不審者が電車に乗ってきたり、お金やタバコを要求してくることがあります。そういう人に近寄ってこられたら、目を合わせずに、素通り、又は首を横に振って素通りしましょう。

最後に


ケルンはドイツにあるため、それほど危険ではありません。日中にリュックを前に抱えて歩き回っている観光客がいますが、人込みでない限りは、そこまでする必要はないでしょう。

被害に遭ってしまったら、警察に連絡しましょう。日本のように交番はないため、駅の構内などで、駅員さんに事情を説明して警察に連絡してもらいましょう。ケルンの人はとても親切なので、道端の人でもすぐに助けてくれます(ケルンは電車でお金が足りない時など、すぐに周りの人が小銭をくれるほどの親切さで有名です。)

警察は、日本と同じく110番です。 安全に気を付けて、素敵な旅の思い出を作ってください。


ドイツ生活と旅行情報:ブログもよろしくお願い致します。
↓ブログはこちらから↓
<a href="http://deutzlife.com" target="_self"><img src="http://deutzlife.com/wp-content/uploads/2016/07/logo.png" border="0" /></a>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2016年1月24日
« 前の記事「No.6 ケルンのクリスマスマーケット -Neumarkt編-」へ
»次の記事「No 8. ケルンのカーニバル:Rosen Montag ローゼンモンターク」 へ
おすすめ記事
    ケルン特派員 新着記事
    No. 12 ゲーマー界の聖地:ゲームズコムに潜入!
    No. 11 過去を振りかえさせる躓き石
    No 10 自分だけのお土産が作れるPottery Art Cafe
    No 9. ドイツの復活祭に欠かせないオスターアイ
    No 8. ケルンのカーニバル:Rosen Montag ローゼンモンターク
    No.7 ケルンを安全に楽しむには
    No.6 ケルンのクリスマスマーケット -Neumarkt編-
    No.5 子供でも大人でも楽しめる、無料動物園 Lidental Zoo

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ケルン特派員

      ケルン特派員
      タンジ・ユカリ
      取材が大好きなフリーランス・ライター。海外生活10年目。大学は英語圏に留学し、2013年11月からドイツに在住。様々なメディア向けに、英語と日本語で、カルチャー記事を提供中。ドイツ語が上達したら、ジャーナリズムの修士課程を始める予定のため、仕事の合間を見つけては日々ドイツ語と格闘中。夢は雑誌の記者になること。 DISQUS ID @disqus_YypKwYV7FA

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集