海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ケルン2特派員ブログ

ドイツ/ケルン2特派員ブログ 新井 麻里

ドイツ・ケルン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

federweisser-cochem.JPG


こんにちは。ケルン特派員の新井です。


ケルンはだいぶ肌寒くなり、すっかり秋めいてきました。ダウンジャケットを着ている人も見かけるようになってきました。その中に混じってたまに半袖のTシャツを着ている人もいますが(笑)


秋といえばドイツはワインの季節です。日本ではその年収穫したばかりの新鮮なワインといえばボージョレー・ヌーボーですが、ドイツでも各村でフレッシュなワインを提供するワイン祭りが開催されます。


その中でもこの時期にしか飲めない季節限定のワインがあります。その名もフェーダーヴァイザー(Federweisser)。正確にはぶどうジュースから白ワインになる過程にある発酵途中の飲み物です。9月から10月にかけてだけ飲むことができます。この時期を逃すとまた1年待たなければいけません。


このフェーダーヴァイザーは、スーパーで買うこともできるのですが、どうせならぶどう畑のある村で飲もう!ということでモーゼル川沿いにあるコッヘム(Cochem)へ行ってきました。ケルンから車で1時間半ほどです。ちなみにドイツ最北端のワイン畑はドラッシェンフェルス(Drachenfels)というところにあり、ケルンから1時間かかりません。その村のことは、またの機会にご紹介しようと思います。


コッヘムのワイン畑は世界一急斜面にあると言われています。急斜面にあることでぶどうに燦々と太陽の光が注がれ、ぶどうにギュギュッと味がつまります。

federweisser-wineyard.JPG





ぶどうをさらに美味しくしているのは、スレート粘板石が風化してできた土壌のおかげです。粘板石は、ワイン畑を囲う壁にも使われていました。
federwisser-stone2.JPG





federweisser-grapes.JPG

このエリアは、白ワイン用のリースリング種が主流ですが、赤ぶどうも生産されているようです。




federweisser-cochem_castle.JPG



小高い丘から街を見下ろすコッヘム城の周りにもワイン畑があります。コッヘム城については次回ご紹介します。

コッヘムの街にはいたるところにワインショップがあり、お持ち帰り用のフェーダーヴァイザーを販売しているお店もありました。
フェーダーヴァイザーは発酵中なので、密閉されず蓋の閉まっていない瓶で販売されています。最初のうちはアルコール度数が低く、発酵が進むにつれアルコール度数が高くなっていきます。


カフェを覗くとどこもフェーダーヴァイザーとツヴィーベルクーヘンを販売していました。ツヴィーベルクーヘンは直訳すると玉ねぎケーキで、ベーコンと玉ねぎのキッシュのようなものです。フェーダーヴァイザーのおきまりのお供です。federweisser2.JPGおきまりのお供です。


フェーダーヴァイザーとツヴィーベルクーヘンがセットでたったの6.5ユーロ!安いのはセットだけではありません。
メニューを見るとリースリングワイン(200ml)がビール(300ml)と値段がかわりませんでした。


さすがワインの産地…。ただでさえドイツは気軽にワインを飲めるのに、コッヘムに住んでいたら間違いなく、私はアル中になっていたことでしょう。

ドイツに来ると、フォークがケーキにぶっ刺さって運ばれてきます。
federweisser-zwiebelnkuchen.jpg

白く濁ったフェーダーヴァイザー。飲んでみると驚くほどアルコール感がありません。甘いぶどうジュースみたいですいすい飲んでしまい、つい酔っ払ってしまいます。




このゴブレットのようなグラスが伝統的なフェーダーヴァイザー用のグラスです。
federweisser.jpg

まるでジュースのようなフェーダーヴァイザーと塩味の強いツヴィーベルクーヘンは抜群の相性でした。なるほどお供なだけあります。日本で流行っていないのがとても不思議です。
秋のシーズンにドイツに来ることがあれば、ぜひ召し上げってみてください。


2017年9月28日

こんにちは。ケルン特派員の新井です。
今日はケルンとは直接関わらない少し地味なトピックを取り上げようと思います。


日本に住んでいる皆さんは、熱が出てどうしても出社できないときは基本的に有給を消化していると思います。日本に住んでいたとき、体の弱い私はそれが結構痛くて、日本人としては珍しく(?)フルで有給を消化したものです…


ところ変わってここドイツでは、有給休暇以外に病気休暇なるものが存在します。まず体調が悪いなと思ったら、迷うことなく近所の病院へ行きます。病院に会社を休む旨を伝えると、「診断書」を発行してくれます。


診断書はドイツ語でAttestと呼ばれ、全部で3枚綴りになります。1枚目は会社提出用、2枚目は保険会社提出用、3枚目は個人で保管する用です。


この診断書、日本だったら病院によりけりですが、2000〜3000円かかり地味に痛い出費ですが、ドイツでは無料で発行してくれます。しかも、診断書に診断内容はプライバシーに関わるので記載されません。会社側もどうして就労不能だったかを聞いてはいけません。診断書にはただ1点、治癒にかかる日数だけが記載されています。しかも!過去に遡って発行してくれるのだから驚きです。


例えば、8月23日に体調を崩して、あまりに具合が悪くて病院にも行けず会社を休んだとします。少しだけ体調が回復して、24日に病院へ行き前日も休んだ旨を伝えると24日発行の診断書で、病床期間を23日〜26日にしてくれます。




診断書は休暇を取った3日以内に提出しなければいけません。まずは写真を撮ってメールで送り、原本は郵便で送るか3日以内であれば、出社した際に提出します。


健康保険機関には、上記Arbeitgeberの箇所がKrankenkasseとなっているのを、郵便発送します。


attest.png

ちなみに私は週23時間働くという契約でパート勤務しているのですが、病欠した場合、給与はどうなるかというと、23時間を5日で割って、病欠1日ごとに4.6時間分が支給されます。


このようにドイツでは、病欠だけでも日本と大きな違いがあります。しかしこれを悪用して、金曜日に体調を崩したと言って休み、3連休にする輩がいます。私の夫は20人の社員がいる会社を経営しているのですが、たまに社員の半分近くが一気に金曜日休むことがあり、憤っています。雇われる方としては最高の制度ですが、雇い主としてはたまったものではありませんね。


ただ病欠した次の週から2、3週間の有給をとって旅行へ行くと、さすがに同僚から白い目で見られます(笑)


2017年9月21日

こんにちは。
先日までボン特派員だった新井麻里です。今後はケルン特派員としてどうぞよろしくお願いします。今まで以上に楽しい記事、ためになる記事を書いていけるようにします!


8月も半ば以降になると、秋めいた気候になることが多いケルン。
どんなに暑くても30度になることはありません。


半袖を着ることも少なってくる時期ですが、涼しくなってきてもドイツ人に人気なのがアイスクリーム。街の至る場所にアイスクリーム屋さんがあり、2種類、3種類あるいは4種類(これまでに最大6つまでの料金を載せているところを見たことがあります)のアイスクリームを求めてドイツ人が列をなしています。いくつも種類を頼む人が多いせいか日本のアイスクリームよりキューブが小さめです。だいたい1種類1ユーロくらいで、とってもお手頃価格です。


私が今回ご紹介のはKeiserlichというアイスクリーム屋さんです。街の中心ではなく、Linie1という電車に乗ってNeumarkt駅からJunkersdorf駅まで行きます(17分)。そこからさらに歩いて10分ほどの閑静な住宅街にひっそりとある隠れ家的アイスクリーム屋さんです。
1.11.jpg

特におしゃれな外観ではありませんが、次から次へと家族連れやカップルなどがやってきます。個人的にはロゴが黒地に金の文字で素敵だなと思います。


1.12.jpg

ドイツ語でアイスクリームは「eis」、「アイス」。「帝国の」という意味のKeiserlichにも「eis」が隠れていて、ロゴでもさりげなく色が変わっています。さてこのKeiserlich、何がそんなに特別なんでしょうか?答えは提供しているアイスクリームの種類を一目瞭然!


1.13.jpg

今回販売しているアイスクリームは、
すいか
バニラ
チョコレート
ライム
ファールーデ
アップルパイ
ストロベリー
ストロベリー・ヨーグルト・チョコレート
緑茶・ミント・チョコレート
キウイ・チア
ピスタチオ
グァバ
マンゴー
芥子
セモリナ・ストロベリー・ムース
日本語に翻訳しても、いったいなんなのかわからないものがいくつかあります(笑)
このアイスクリーム屋では、エキゾチックなアイスクリームを日替わりで販売していているのです。私が前回来たときはメロン・チーズケーキを頼みましたが、ほんのりチーズケーキ風味でおいしかったです。


今回は、なんなのか全くわからないファールーデなるものを頼みました。
少し変わっているためか、Keiserlichのアイスクリームは1つ1.30ユーロと割高です。そのほかにクリームトッピングなどのオプションがあります。でてきたファールーデはこちら!


1.14.jpg

なんかよく見ると透明の春雨みたいなものがアイスクリームに混じっています。正直、ちょっぴり気持ち悪い。メニューを見返すと確かにオレンジ・レモン・ローズ・グラスヌードルという説明書きが…本当に春雨なのか?と恐る恐る食べてみたら、なんだか甘い。バラ風味だけど、柑橘系がさわやかなアイスクリームでした。こんなアイスクリーム初めてです。


調べてみたら、ファールーデというのはイランのコーンスターチからつくる薄いヴェルミチェッリという麺に半冷凍状態のローズシロップをかけて作る冷たい菓子だそうです(ウィキペディア参照)。ちなみに夫が頼んだ無難なマンゴー味はとてもジューシーで、マンゴーをそのまま食べているようでした。


アイスクリームを食べ終わり、最後にコーンだけになるってことありますよね。ここではコーンを頼むと、アイスクリームを乗せる前にコーンの中にチョコレートを少し流し込んでくれるんです。最後の最後まで楽しめるようにしてくれるなんて素敵なはからいですね!


1.15.jpg

【ショップ情報】
Keiserlich Köln-Junkersdorf店
住所:Kirchweg 134, 50858 Köln-Junkersdorf
営業時間:月〜日12:00-18:00 (混んでいれば19:00)


2017年9月14日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ケルン2特派員

    ケルン2特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年ドイツに移住しました。本業の英日翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に観光ガイドや通訳も行っています。ケルンを中心に日本ではあまり馴染みのないドイツの文化を紹介していきます!美味しい食べ物に目がないのでレストラン情報やドイツ料理について多くなりがちですが、ドイツに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集