海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ケルン2特派員ブログ

ドイツ/ケルン2特派員ブログ まり・ミュラー

ドイツ・ケルン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


elevator1.jpg

先日、エレベーターに閉じ込められたんです。気分はさながらハングオーバー2でしょうか。


幸いドイツの夏は終わり、その日の温度は20度くらいだったので、暑さに喘ぐことはなかったのですが、
うんともすんとも言わないエレベーターの中で、いろんなドラマが頭の中を駆け巡りました。


以前から揺れの激しいエレベーターには、一抹の不安は抱いていたんですが、
まさか自分の身に起きるとは思わず、閉じ込められていることに気づくまでしばらくかかりました。



まず住んでいる階に到着したのに、ドアが開かないことで異変に気付きました。
正確にはドアは開こうとして開かず、ギギッと音を立てている状況でした。


ドアが開かないのは一時的なものかと1、2分待ったのですが、状況は変わらず。


もしかしたら、他の階に行けば開くかもしれないと別の階のボタンを押しましたが、
エレベーターはうんともすんともいいません。


elevator2.jpg

そのうちに選択して光っていたボタンの光が消えました。
何度押してもどこを押しても反応なし。


これはいよいよまずいことになったかもしれない・・・とようやく危機感を抱きました。
エレベーターの中に緊急連絡先がないか確認しましたが、そういう情報は一切ありませんでした。


開閉ボタンの間にあるベルマークがおそらく緊急時のボタンだろうと予想し、押すもこれも反応なし。


最悪なことに、私はドイツの警察の電話番号も緊急消防の番号も把握していませんでした。
しかもエレベーターの中ではインターネットの接続が悪く、電波もよく届かない状況。


もしドアが開かないだけに止まらず、エレベーターが落ちたらどうしよう。
たった3階しかないけど、衝撃は結構あるのだろうか。
思わず、手すりをぎゅっと握ろうかと思いましたが、撫でるにとどめました。


幸いインターネットの接続が悪い中でもLINEを使うことはできたので、
唯一連絡が取れた妹にドイツの電話番号を調べてもらいました。


それからは早かったです。緊急消防に連絡してすぐに助け出されました。


ヨーロッパでは、112が緊急消防の電話番号です。
英語は問題なく通じるので、慌てず状況を伝えてください。
電話をかけるとすぐに通じます。私の場合は最初に、


警察、消防、救急車のどれが必要か


を聞かれた時にエレベーターに閉じ込められている旨を伝えました。


続いて、閉じ込められている場所の通りの名前、建物の番号、そして
閉じ込めらている階を聞かれて、10分後には消防士が到着しました。


閉じ込められてから、かれこれ40分後のことでした。


ドアがこじ開けられると光が差し込み、待っていたのは5人もの屈強な消防士たちでした。
間違いなく2m以上ある消防士さんは、まさにヒーローに見えました。
まさかただのエレベーターのために5人も来るとは思っていなかったので、
少したじろぎましたが。


その後はスピーディで、ここに住んでいるのかと確認され、くしゃくしゃのメモ用紙に
私の名前を書くと、すぐに解放してくれました。


念のために病院に行きましょう!と言われたらどうしようと心配していたのも
杞憂に終わりました。


ちなみに私が閉じ込められている間、夫はまずアパートの管理会社に電話しましたが、
すでに営業時間が過ぎていたため(18時半でした)、連絡を取ることができませんでした。


続いてエレベーター会社にかけると(今回の場合シンドラー社)、112にかけるよう
促されたようなので、無理にエレベーター会社に連絡するよりは直接112にかけた方が
効率が良さそうです。


そしてシンドラー社曰く、ベルマークは10秒以上押すと電話が通じるとのことです。
他の会社でもいたずらや間違いによる通話を防止するために、同じような措置を取っていると思います。


エレベーターの点検が一通り終わると、消防士さんたちは颯爽と帰って行きました。
どこの消防士さんもたくましくて頼もしいですね。


elevator3.JPG

部屋から覗くと消防車があって、妙に感激しました。


まとめ


・エレベーターに閉じ込められたら、緊急消防:112に電話。警察は110。
・消防車は場所にもよるが、すぐに到着する
・助け出された後は面倒な手続きはない


2018年8月21日

ケルンといえば、ケルン大聖堂!


毎年平均600万人もの観光客がケルン大聖堂を訪れています。
しかしケルン大聖堂のてっぺんまで登れることは意外と知られていません。
全長157m、1880年に建設完了した時点では世界で最も高い建物でした。


というわけで早速登るとどんな感じなのかご報告しようと思います。


入り口は大聖堂南玄関を正面に右側の階段を降りて左手にあります。
1969年に修復のため、大聖堂の周りを掘った際に出土した古代ローマの倉庫が
入り口入ってすぐのところで見られます。

inside-dom1.JPG

入場料は4ユーロですが、学生の場合は半額です。
日本の学生証でも学生料金で入れてくれる場合があるので、チャレンジする価値はあります。


登るのは南の塔、片道523段でエレベーターはありません。
足腰に不安がある方は避けた方がいいかもしれません。


個人的には階段を登ること自体はそこまで大変ではないのですが、
延々螺旋階段が続くので、疲れるより目が回ります。
inside-dom8.JPG

しかも見ての通り、階段の幅が狭いのに登る人と降りる人が同じ階段を利用するので、
途中何度も階段を譲り合わないと行けない場面も!
大きなお腹の人が来ると、かなりぎゅうぎゅう詰めです!!


ちょうど真ん中あたりの高さまで登ったところにある扉から中に入れるところがあります。
(現在2018年夏時点では残念ながら、修復中なのか閉鎖中です)


扉の先には大聖堂の鐘を見ることができます。
一番大きな鐘はSt. Peterの鐘です。

inside-dom2.JPG

除夜の鐘のごとく鳴らせるのかとワクワクしましたが、そのようなサービスはありませんでした。
大聖堂で一番大きな鐘であるSt. Peterの鐘は、ケルンの方言でDicker Pitterまたは
Decke Pitterという愛称で呼ばれています。
意味は「大きなピーターの鐘」です。


ちなみにSt. Peterの鐘の前には皇帝の鐘(KaiserglockeまたはGloriosa)と呼ばれる鐘があったのですが、
第一次世界大戦中に音が良くないのを理由に、武器鋳造のために溶かされてしまったという歴史があります。
その後1923年に取り付けられたSt. Peterの鐘は、鳴らすことができる世界で最も大きな鐘です。
重さはなんと24000kg!奈良の大仏像が25000kgですので、驚くべき大きさです。


さらに95段登るとようやく拓けた場所に出ます。
ひんやりとした石造りのベンチで一休み。

inside-dom10.JPG

inside-dom5.JPG

窓からは他の塔の一部や青い空が見えて、穏やかで静謐な空気が流れています。
かいた汗が引いたら、部屋の中央にそびえ立つ最後の135段が待っています。


inside-dom12.JPG

高所恐怖症の人には、少し怖いかもしれません。
私は何度登っても怖いです。


しかしここを登らないと大聖堂を登った醍醐味を味わえません!

inside-dom3.JPG

階段を登り切って、上を見上げると塔の先端が中から見えます。

inside-dom4.JPG

見えているのはここ!

inside-dom13.JPG

あとは高さ97.25mからの眺望を楽しむだけです。

inside-dom9.JPG

塔の周りをぐるっと歩くことができます。

inside-dom14.JPG

柵からかなり腕を伸ばさないと届かないようなところにまで落書きがあります。
落書きがそこら中にあるのは残念ですが、それ以上に景色が素晴らしいです。


ケルン大聖堂は世界遺産に登録されているため、ケルン市は周囲にケルン大聖堂よりも
高い建物を建てることができません。そのおかげでケルン市の景色がより楽しむことができます。

inside-dom6.JPG

inside-dom7.JPG

ライン川にかかるホーエルンツォレルン橋。


inside-dom11.JPG

隣の塔も見えます。


一通り見たら、最後に登った階段とは別の階段から先ほどの拓けた場所に降りて、
残りは同じらせん階段を降りていきます。
実は行きより帰りの方が辛い螺旋階段。


足元を見ながら降りるので、ぐるぐるぐるぐる目が回ります。
転ばないようゆっくり自分のペースで降りてください。


時間にして20-30分ほどです。
天気が良いには是非登ってみてください。地上とは異なった街並みを楽しめます。


2018年8月15日

babor1.jpg

ドイツは空気がとても乾燥しています。夏なんて暑さと乾燥で火災が起きるほどです。
そんな環境で肌に不調を覚えない方は少ないはずです。
少なくとも私は使用する美容液やクリームの量が大幅に増えたにも関わらず、
ふとした時に肌がバリバリになります。


そしてこの乾燥具合は、旅行という短期間でも実感される方はとても多いと思います。
観光案内をしていても老若男女問わず、化粧水やクリームを買い足したいという要望がよくあります。
(残念ながら、ドイツには日本にあるようないわゆる保湿化粧水という商品は販売されていません。)


乾燥をどうにかしたい!長旅の疲れを癒したい!ドイツの雑なサービスに疲れた!!


そんな方にオススメなのが、ドイツ発のエステBabor Beauty Spaです。
私自身Babor Beauty Spaは心と体のオアシスと言っても過言ではありません。


Baborは1955年以来の歴史があるアーヘン発のドクターズコスメブランドです。
フォーシーズンズやリッツカールトンなどの高級ホテルグループや高級スパで
使用されています。


そのBaborが直営しているエステサロンがケルンには3店舗(デュッセルドルフには1店舗)あります。
1つは街の中心にあるので、そこが一番行きやすいと思います。テレビ局があるケルン、芸能人も御用達です。


ウェブサイトはこちら:Babor Beauty Spa Köln




残念ながらドイツのサービスは日本ほど丁寧ではありません。
しかしここBaborでは、ドイツにいることを忘れてしまいそうなおもてなしを受けることができるのです!


白を基調としたサロンに入ると、物腰柔らかなエステティシャンが出迎えてくれます。


その日の肌の状態に合わせて施術を行ってくれますので、時間さえ合えば予約したコースを変更することも可能です。
指圧はあまり重視されていないので、痛気持ちいいのが良い方はタイマッサージに行った方が
いいかもしれませんが、リフトアップ効果はお墨付きです。


一番お手頃価格で60分65ユーロのお急ぎコースです。
私がオススメなのは、コラーゲン・ブースター90分コースです。お肌にハリが出て、
リフトアップ効果もバッチリです。ベーシックだと99ユーロ、マスクをプラスすると119ユーロ、
さらにリフトアップに特化したマスクの場合は129ユーロ(顎がシャープになります!)です。


ニキビが気になる方はビタミンCのコースです。こちらはコラーゲン・ブースターよりも
お手頃価格です。他にもメンズ向けや10代向けのコースもあります。
全身マッサージは60分79ユーロからです。


もちろんラグジュアリー・コースもありますよ!


リラックスミュージックが流れる個室に通され、可動式のベッドに寝そべってマッサージを受けます。
選んだコースによってはシャワーを浴びることもできます。


babor3.jpg

施術が終わると、飲み物が聞かれるのですが、オススメは新鮮な果物のスムージーです。
たまにフルーツの盛り合わせを出してくれることもあります!




さてヨーロッパのエステに行く前に1点注意していただくことがあります。


それはズバリ。
痛みが伴う!ということ。


日本では鼻などの毛穴汚れは機械を使って処理してくれますが、
ヨーロッパでは指と爪を使います。


Baborでは手袋をはめて行いますが、素手で毛穴から汚れを搾り取るところもあるので要注意。
しかも鼻だけならまだしも、頰やあご、髪の毛の生え際などありとあらゆるところから
汚れを搾り取られます。その搾り取られる時の激痛と言ったらありません。


こめかみなんて普段つねりませんから、初めて爪で絞られた時は衝撃でした。


毛穴が小さい場合には、細い針でちくりと刺され、穴を広げて汚れが取り除かれます。
その後すぐと施術の終わりに消毒をしてくれるので、化膿することはありません。


同じ要領でニキビがある時にも細い針で穴をあけて、芯を取り除いてくれます。
腫れたニキビが施術後に鏡で確認するとほぼなくなっていて、感動的です。
針は爪で搾られるのに比べたら微々たる痛みです。


これらの処置を受けた後はどうしても肌にダメージがかかるので、
私の場合は、鼻の薄皮が数日後にめくれることがよくありました。
それを見越して保湿を多めにすることをオススメします。


もちろん!事前に断ることもできます。


Baborでは、眉毛も整えてくれます。エスティシャンは美容師ではないので、
全てピンセットで行われるため、毛を抜かれるのが嫌な方は事前に断りましょう。
(眉毛を整えるか最初に聞かれます)




前述した通り、Baborはもともとドクターズコスメブランドです。
施術に行われるのも全てBaborの製品です。
気に入った製品があれば、受付で買うことができます。
しかもBaborはなかなか太っ腹なので、何かを購入すると必ず10ユーロ以上相当の製品を
おまけでプレゼントしてくれます!


babor2.jpg

クリスマスシーズンはなんと、美容液を含む豪華なクリスマスプレゼントをくれました♪


ちなみにオススメのアンチエイジング美容液は、REVERSIVE anti-aging serumとDual Face Lift Serumです。
製品名は全て英語で、添付されている取扱説明書は様々な言語が記載されています。
(残念ながら日本は公式輸入していないので、日本語はありません)


最後に。
予約は電話以外にこちらのフォームからできます。
Wunschterminに希望の日時を記入し、Ihre Nachricht an unsにドイツ語ができない旨を伝えれば、
英語ができるエスティシャンが担当してくれます。コメント欄にはメールでのやり取りを希望すれば、電話もかかってきません。


Schildergasseが街の中心にあるサロンです。


Baborで素敵な時間をご堪能あれ!




Babor Beauty Spa(製品や会社についてのウェブサイト)
ケルンのBabor公式サイト
住所:Schildergasse 39, 50667 Köln Innenstadt
電話番号:0221 / 277 44 779
営業時間:平日 9:30 - 18:30 土曜 10:00 - 18:00
(店舗により営業時間は異なります)


2018年8月 6日
2018年7月31日
2018年7月24日
2018年7月 9日
2018年6月26日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ケルン2特派員

    ケルン2特派員
    まり・ミュラー
    結婚を機に2015年ドイツに移住しました。本業の英日翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に観光ガイドや通訳も行っています。ケルンを中心に日本ではあまり馴染みのないドイツの文化を紹介していきます!美味しい食べ物に目がないのでレストラン情報やドイツ料理について多くなりがちですが、ドイツに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集