海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ケルン2特派員ブログ

ドイツ/ケルン2特派員ブログ 新井 麻里

ドイツ・ケルン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは。
ケルン特派員の新井です。


長いクリスマス期間を終え、すっかりドイツも普段通りです。
ケルンは2月8日のカーニバルに向けてわさわさし始めていますが。仮装している人をちらほら見かけます。


クリスマス期間の1月6日以降になると、ドイツではそこかしこで見かける光景があります。
それがこちら。


christmastree.JPG

使用済みのクリスマスツリー


ドイツではクリスマス直前にもみの木を買い、クリスマスツリーにするのが主流です。
毎年安定してよそ2400万〜2500万ものもみの木がクリスマスツリーとしてリビングに飾られ、
3人以上の家庭の80%がもみの木を購入するそうです。


この伝統は減少傾向どころか、若いカップルが率先してもみの木を買っています。
プラスチックなんて味気ない!貧乏くさい!と友人たちは言っています。
そして何よりもみの木の香りが素晴らしいのだそうです。

christmastree2.JPG

夫の会社では毎年同業他社を呼んでクリスマスパーティを開催し、もみの木をプレゼントしています。
一昨年は見込み数を超えてもみの木を欲しがる方がいて、不満噴出!


もみの木をもらうために来たんだから遅れてもいいから届けて欲しいと怒っていました。


もちろん夫側のミスではありますが、それだけもみの木のニーズは高いのです(木は2日ほど遅れて届けました)。
去年はこの失敗を経験に、多めに発注してことなきを得ました。


サイズは150cm〜175cmくらいのニーズが増加しており、8〜12年ほどで出荷されます。
値段はAldiなどの激安ディスカウントショップだと、このサイズでたったの15ユーロほどで買うことができます!
もちろん質の高いもみの木だと50ユーロを超えます。


購入されるもみの木のうち88〜90%はすでに伐採されたものです。
たった12%のもみの木が鉢に植えられた状態で販売されています。


当然90%のもみの木は枯れてしまいます。
そしてクリスマス期間が終えると、上記の写真のように粗大ゴミとして捨てられます。


環境大国のドイツがこんな資源の無駄をするの?!とびっくりしましたが、
このもみの木は家畜の餌として再利用されるそうです。
また火力発電に利用されるとも聞きました。


とは言っても毎年クリスマスツリーを買うのは面倒臭いからプラスチックのでいいや
と思ってしまうのは日本人故でしょうか。


今年のクリスマスは頑張ってツリーを飾ろうと思います。


2018年1月16日

明けましておめでとうございます。
お正月はどのように過ごされましたか?


ドイツのお正月はとても短く、祝日は1月1日のみ!
有給を取らない限り、1月2日から仕事始めです。


とはいえ第一クリスマスの12月25日と第二クリスマスの12月26日が祝日なので、
その日以降有給取る人はかなり多いです。




お正月とクリスマスでは、日本とドイツでは過ごし方が全く異なります。
簡単に言うとお正月とクリスマスの認識が逆なんです。


クリスマスは家族と過ごすもの、お正月と言うよりはむしろ大晦日は友達と大騒ぎするもの(若い人に限り)なんです。


大晦日はSilvesterと呼ばれます。
大晦日にみんなで集まり、飲んで食べて、1月1日になった瞬間バンバン盛大に花火を打ち上げます。


フライングして20時くらいから打ち上げる人もいるんですけどね(笑)




花火.MOV
この動画は1月1日になった直後の様子。


打ち上げ準備.JPG

友人が花火を打ち上げる準備をしているところです。
長さ1mを超える花火をビール瓶などに差し込んで打ち上げます。
クリスマスあたりからどこのスーパーでも花火を買えるようになります。


集まる人.JPG

夜中の12時に雨が降る中、外に出て花火を打ち上げている人たち。
残念ながら、この日は天候に恵まれず、普段なら1時2時まで打ち上げるところ12時半で
ほとんどの人たちが引き上げていました。



花火を打ち上げた後は少し残念な光景が広がっています・・・
ゴミ2.JPG



ドイツの人たちは打ち上げた花火などはそのまま放置して帰っちゃうんです・・・
掃除する人がいないと半年経っても残骸が残っていることも!


それさえなくなればもっと楽しい大晦日になるのに。と思っちゃいます。




最後に。
ケルンでは2015年の大晦日に約1000人のアラブ人・北アフリカ人による集団性暴行事件が起こりました。
一昨年は警備を強化したところ、一部で似たようなことが起こりましたが数が減りました。


去年は1500人の警察を動員した上、事前にアラブ人・北アフリカ人が多く住む場所に彼らの言語で、
ドイツでは性暴行を行ってはいけないことだと説明文を掲載したところ、事件の報告はなかったそうです。


相互理解が深まり、今後もこのように安全が守られることを切に願います。


2018年1月 9日

federweisser-cochem.JPG


こんにちは。ケルン特派員の新井です。


ケルンはだいぶ肌寒くなり、すっかり秋めいてきました。ダウンジャケットを着ている人も見かけるようになってきました。その中に混じってたまに半袖のTシャツを着ている人もいますが(笑)


秋といえばドイツはワインの季節です。日本ではその年収穫したばかりの新鮮なワインといえばボージョレー・ヌーボーですが、ドイツでも各村でフレッシュなワインを提供するワイン祭りが開催されます。


その中でもこの時期にしか飲めない季節限定のワインがあります。その名もフェーダーヴァイザー(Federweisser)。正確にはぶどうジュースから白ワインになる過程にある発酵途中の飲み物です。9月から10月にかけてだけ飲むことができます。この時期を逃すとまた1年待たなければいけません。


このフェーダーヴァイザーは、スーパーで買うこともできるのですが、どうせならぶどう畑のある村で飲もう!ということでモーゼル川沿いにあるコッヘム(Cochem)へ行ってきました。ケルンから車で1時間半ほどです。ちなみにドイツ最北端のワイン畑はドラッシェンフェルス(Drachenfels)というところにあり、ケルンから1時間かかりません。その村のことは、またの機会にご紹介しようと思います。


コッヘムのワイン畑は世界一急斜面にあると言われています。急斜面にあることでぶどうに燦々と太陽の光が注がれ、ぶどうにギュギュッと味がつまります。

federweisser-wineyard.JPG





ぶどうをさらに美味しくしているのは、スレート粘板石が風化してできた土壌のおかげです。粘板石は、ワイン畑を囲う壁にも使われていました。
federwisser-stone2.JPG





federweisser-grapes.JPG

このエリアは、白ワイン用のリースリング種が主流ですが、赤ぶどうも生産されているようです。




federweisser-cochem_castle.JPG



小高い丘から街を見下ろすコッヘム城の周りにもワイン畑があります。コッヘム城については次回ご紹介します。

コッヘムの街にはいたるところにワインショップがあり、お持ち帰り用のフェーダーヴァイザーを販売しているお店もありました。
フェーダーヴァイザーは発酵中なので、密閉されず蓋の閉まっていない瓶で販売されています。最初のうちはアルコール度数が低く、発酵が進むにつれアルコール度数が高くなっていきます。


カフェを覗くとどこもフェーダーヴァイザーとツヴィーベルクーヘンを販売していました。ツヴィーベルクーヘンは直訳すると玉ねぎケーキで、ベーコンと玉ねぎのキッシュのようなものです。フェーダーヴァイザーのおきまりのお供です。federweisser2.JPGおきまりのお供です。


フェーダーヴァイザーとツヴィーベルクーヘンがセットでたったの6.5ユーロ!安いのはセットだけではありません。
メニューを見るとリースリングワイン(200ml)がビール(300ml)と値段がかわりませんでした。


さすがワインの産地…。ただでさえドイツは気軽にワインを飲めるのに、コッヘムに住んでいたら間違いなく、私はアル中になっていたことでしょう。

ドイツに来ると、フォークがケーキにぶっ刺さって運ばれてきます。
federweisser-zwiebelnkuchen.jpg

白く濁ったフェーダーヴァイザー。飲んでみると驚くほどアルコール感がありません。甘いぶどうジュースみたいですいすい飲んでしまい、つい酔っ払ってしまいます。




このゴブレットのようなグラスが伝統的なフェーダーヴァイザー用のグラスです。
federweisser.jpg

まるでジュースのようなフェーダーヴァイザーと塩味の強いツヴィーベルクーヘンは抜群の相性でした。なるほどお供なだけあります。日本で流行っていないのがとても不思議です。
秋のシーズンにドイツに来ることがあれば、ぜひ召し上げってみてください。


2017年9月28日
2017年9月21日
2017年9月14日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ケルン2特派員

    ケルン2特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年ドイツに移住しました。本業の英日翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に観光ガイドや通訳も行っています。ケルンを中心に日本ではあまり馴染みのないドイツの文化を紹介していきます!美味しい食べ物に目がないのでレストラン情報やドイツ料理について多くなりがちですが、ドイツに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集