海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > クスコ特派員ブログ > ペルー国内旅行者向けのレストラン:エミリアーナ

ペルー/クスコ特派員ブログ 藤本 Jorge 亮治

ペルー・クスコ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 9日

ペルー国内旅行者向けのレストラン:エミリアーナ


メール プリント もっと見る

ペルー国内旅行者向けのレストラン:エミリアーナ

emiliana-01.JPG


今回は、先日友人たちと行ったペルー料理レストラン「エミリアーナ」(Emiliana)を紹介します。
位置付けとしては観光レストランですが、外国からの旅行者よりもペルー国内の観光客が多く集まるお店です。
場所はアルマス広場からは少し離れていて、クスコのメイン道路であるソル通り(Avenida El Sol)を中心街から下った所にある巨大なお土産市場からすぐ近くです。

このレストランでは13:30pm頃から伝統舞踊のショーがあり、地元のダンスとショーの両方を楽しめる店となっています。 Menú Turisticoという観光客用のセット(40ソル)があり、前菜とメイン、デザートをそれぞれ選ぶことができます。 フリードリンクとしてペルー名物のカクテルであるピスコサワーと地元では「モテ」と呼ばれる茹でトウモロコシとチーズのセットが出てきます。

前菜は5種類から選べますが下の2種類がペルーらしい料理ですね。
*ロコト・レジェ―ノ Rocoto relleno
ペルー料理の中でも代表的な前菜です。
ピーマンの肉詰めに似ていますが、ピーマンではなく、ロコトというトウガラシを使っています。
ロコト×1、ふかしじゃがいも×1、玉ねぎと黄色トウガラシのサラダ付きです。
辛いのが好きな方にお勧めです。

*チャイロ Chairo
クスコならではの、モツ煮込みスープです。
各種モツ、パクチー、人参、羊の肉、じゃがいも、リサ、小麦など具だくさんのスープです。
カンチータ(炒ったトウモロコシ)が上に浮かんでいます。
モツが好きな人に試していただきたい一品です。

emiliana-02.JPG

続いてメイン料理がやってきます。

*トルッチャ(鱒) Trucha a la parrilla
アンデス山脈のクスコで食べることのできる新鮮な魚と言えばトルッチャ(鱒)です。
焼いた鱒にフライドポテトと温野菜が付いています。
日本人には、一番無難なチョイスと言えるでしょう。


emiliana-03.JPG


*レチョン&タマル Lechón con tamal
これもクスコの名物料理で、いわゆる豚のオーブン焼きです。
クスコでは、結婚式など特別な時に食される料理です。
タマル(トウモロコシの蒸しケーキ)と、サラダ、スフレ・デ・ロコト(Soufle de Rocoto/ロコト・レジェ―ナにチーズや溶き卵をかけてオーブン焼きしたもの)が付いています。



残念ながらデザートはそんなにクスコっぽいものはありませんでした。
*フルーツサラダ メロン、パパイヤ、ブドウなどの盛り合わせ 
*桃のコンポート


emiliana-04.JPG


ダンスと音楽のショーは13:30頃~16:00頃まで
ステージが小さいため、ダンサーはステージの上ではなく下で踊るため、席によっては良く見えないこともあります。
しっかり見たい方は、早目に行って(もしくは予約して)ステージ前の席に座っておきましょう。
ダンサーは男女2人ずつ、合計4人とこじんまりとしていました。

まず最初に、カナスという踊りでショーが始まります。
その後、繋ぎに司会者兼ボーカル(?)の人は、ムシカ・ネグラやペルーワルツなどの曲を歌います。

それから、トウルクイという踊り。
男性が長いスカートを履いているのが特徴的です。(ヨーロッパの影響だとか)

続いては、バリチャの踊りです。
クスコの人ならだれでも知っている曲で、「バリチャ」とはValeriana Huillca Condoriという実在した女性の愛称です。
美しいバリチャに恋をしたある男性が作曲したそうで、今でも愛され続けています。

emiliana-05.JPG

最後は、サクラ(ケチュア語で悪魔の意味)の踊り。
お面をかぶったダンサーたちが、客席をまわり、驚かせたり、一緒に踊るよう連れて行ったりします。
お面がちょっと恐いので、苦手な人はご注意ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー レストラン・料理・食材
2016年10月 9日
« 前の記事「アルマス広場から歩いて行けるクスコの見どころ」へ
»次の記事「チョカフェス2016でクスコ産のチョコとコーヒーを味わった」 へ
おすすめ記事
    クスコ特派員 新着記事
    チョカフェス2016でクスコ産のチョコとコーヒーを味わった
    ペルー国内旅行者向けのレストラン:エミリアーナ
    アルマス広場から歩いて行けるクスコの見どころ
    ペルーはスーパーフードの宝庫!
    旅行前に知っておきたいクスコのトイレ事情
    ケチュア民族の成人式「ワラチクイ」に行ってきました
    クスコは早めに雨季に突入しそうな予感(9月、10月の天気)
    メルヘンチックなカフェ:ラ・バレリアーナ

    ペルー ツアー最安値


    2017/10/22更新

    中南米 航空券情報


    ペルー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ペルーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • クスコ特派員

      クスコ特派員
      藤本 Jorge 亮治
      以前はプログラマーとして働いていましたが、物足りなさを覚えて退職。その際の長期休暇を利用して訪れたペルーに惚れ込み、2011年よりクスコに移住しています。 現在は現地旅行代理店の日本語窓口ホームページ「Machuyo」を立ち上げ、ペルー旅行やマチュピチュの情報を発信しています。 またさらに深いアンデスの文化に触れるため、インカ帝国の時代からの公用語であったケチュア語を学習中です。 旅行者の方々が少しでもクスコに来たくなるような情報を提供できるように頑張ります。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集