海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

photo.JPG


外国に行ったら、最低限覚えておきたいその土地の言葉というものがあります。基本的
な挨拶
や、ある程度までの数の数え方などがその例です。


スワヒリ語の場合、5までの数字を覚えてしまうと曜日も簡単に覚えることが出来てしまいます。


今回は、スワヒリ語による「曜日の名前」と「時間の表し方」にフォーカスします。


数字と関係!?スワヒリ語で表す曜日
一週間を何曜日から始めるかについては、文化や言語などによって違いがありますが、
スワヒリ語では土曜日を週の初日としています。


まずは、スワヒリ語の数字を1から5まで挙げます。
1 Moja(モジャ)
2 Mbili(ンビリ)
3 Tatu(タトゥ)
4 Nne(ンネ)
5 Tano(タノ)


次に、スワヒリ語の一週間を挙げてみましょう。カタカナの後ろのアルファベットは
省略表記です。
土曜日 Jumamoshi(ジュマモシ、J’Msi)
日曜日 Jumapili(ジュマピリ、J’Pili)
月曜日 Jumatatu(ジュマタトゥ、J’Tatu)
火曜日 Jumanne(ジュマンネ、J’Nne)
水曜日 Jumatano(ジュマタノ、J’Tano)
木曜日 Alhamisi(アルハミスィ、Alhm)
金曜日 Ijumaa(イジュマー、Ijum)


「Juma(ジュマ)」が繰り返されているのにお気付きでしょう。「週(week)」にあたる
スワヒリ語です。


さて、土曜日から水曜日までの呼び名の中に、1から5までの数字の音が入っていると
思いませんか? 土曜日が週の初日であることから、土曜日から数字をカウントする形に
なっています。


つまり、「Jumamoshi(月曜)」の「moshi」は「moja(1)」に「Jumapili(火曜)」の
「pili」は「mbili(2)」に通じるし、その後は数字の3、4、5が丸ごと入っています。


そのため、次のような省略表記が可能となります。
土曜日 JM
日曜日 J2
月曜日 J3
火曜日 J4
水曜日 J5
木曜日 AL
金曜日 IJ


曜日の表記に数字が混じっているのは、とても目新しく見えます。
金曜日「Ijumaa」には「集まる」という意味がある通り、イスラム教徒にとって金曜日の
礼拝は特別なものとなっています。


ちなみに、月名は英語の音をスワヒリ語風にした表記になっています(左側)。カッコ内に
記した英語の月名と比べてみてください。


1月 Januari、Mwezi wa kwanza(January)
2月 Februari、Mwezi wa pili(February)
3月 Machi、Mwezi wa tatu(March)
4月 Aprili、Mwezi wa nne(April)
5月 Mei、Mwezi wa tano(May)
6月 Juni、Mwezi wa sita(June)
7月 Julai、Mwezi wa saba(July)
8月 Agosti、Mwezi wa nane(August)
9月 Septemba、Mwezi wa tisa(September)
10月 Oktoba、Mwezi wa kumi(October)
11月 Novemba、Mwezi wa kumi na moja(November)
12月 Desemba、Mwezi wa kumi na mbili(December)


都市部では英語名に準じた左側の言い方で通じますが、地方へ行くと、真ん中に記した
「Mwezi wa」で始まるスワヒリ語式の呼び方でないと通じない場合があります。


「Kwanza」は「一番目(first)」の意味で、以降、スワヒリ語の数字2から12まで
「○番目の月」という呼び方になっています。


「Mwezi」は「月(month)」の意味、空の「月(moon)」も同じ単語です。


スワヒリ時間の数え方
現地の言葉で時間も分かるようになると、さらに便利ですよね。


タンザニアを訪れたら是非体験したいのが、「スワヒリ語で表す時間」です。


というのは、私たちの常識では、新しい一日は夜中0時から始まるところ、スワヒリ語では
夕方6時から一日のカウントが始まるのです。


午後7時から順に1時、2時、3時と数えていきます。
「○時」とスワヒリ語でいうには、「saa(サア)+数字」です。
「saa」は時間を表す単位である他に、「時計」の意味もあります。


タンザニア人がスワヒリ語で「6時(saa sita、サア・スィタ)」というとき、私たちの時計は
12時を指しているはずです。


・Saa moja(1時=私たちにとっての7時)
・Saa kumi(10時=私たちにとっての4時)


かといって、街で目にする時計の文字盤はスワヒリタイムに則った表示になっているわけ
ではありません。私達が見ているのと同じ時計で、針が2時を指していれば換算して「8時だ
(saa nane、サア・ナネ)」というのです。


もし、「スワヒリタイム」に合った文字盤の時計があったら面白いなあと思うなら、
ユニークな雑貨を製作・販売している『AfriCraft』へ行ってみるとよいでしょう。12と6の
位置が逆になったスワヒリ時間式文字盤の時計を手に入れることが出来ます!(タイトル写真参照)


2017年9月19日

tanesco.PNG

(タネスコのロゴ。電光?の先がタンザニアらしくキリンの頭になっています。)


「アフリカ」の公共料金の支払い方ってどうなっているのだろうと思いませんか?


今回の記事では、タンザニア第一の都市・ダルエスサラームにおける電気、水道、ごみ収集、
そしてガス料金の支払方法をご紹介します!


【電気】
タンザニアの電力供給は、通称・タネスコ(TANESCO・Tanzania Electric Supply Company
Limited)という公社が一手に扱っています。公社のキャッチコピーは「We Light up Your
Life」(皆さんの暮らしを照らします)とありますが、停電は珍しくありません。


特に、用事でせっかく役所に出向いたのに「停電でネットワークがダウンしているので手続き
不能」なんてときは迷惑千万。いつ復旧するか分からないので、そうそう待つ気にはなれません。
場所を離れたと同時に復旧、なんて皮肉な可能性もありますが。


復旧までどれくらいかかるかはともかく、復旧作業にはすぐに対応してくれているようなので
ユーザーは辛抱強く待つのみ。待ちきれない人は家庭に発電機を設置します。


一般家庭の電気料金は基本的に前払い制です。


タンザニアに来たことがある人は、街のあちこちで「LUKU」と書かれた看板を目にしたかも
しれません。この看板を掲げているところが支払取扱いのブースです。
LUKUと呼ばれる電気料金は、お望みの金額分購入することが出来ます。支払いと引き換えに
発行される20桁の番号を自宅のメーターに入力すれば、購入した分の電気がチャージされる
仕組みです。2017年8月現在で1kWhあたり約24円となっています。


LUKUの購入は、携帯電話のネットワークを使って自分の携帯電話から支払うのが断然便利です。
携帯電話の支払いシステムを使えば、電気も、水道料金も即支払い完了です!


ちなみに、タンザニアの電力安定供給をサポートするために、日本から長年に渡りタネスコ
への技術支援が続けられて来ました。


【水道】
一方、ダルエスサラームの水道はダワスコ(DAWASCO・Dar es salaam Water and Sewerage
Corporation)が管理しています。水質は悪くありません。軟水なので、お茶もおいしく入れる
ことが出来ます。


毎月、各戸の水道メーター数を係員が確認に来て、しばらくすると請求書が届きます。
支払い期日は「Immediately(即日)」と書かれており、待ったなしです。支払いが遅れると
容赦なく断水しにくるのでご注意。再開するには別途手数料がかかってしまいます。


なお、紙の請求書は徐々に廃止していくとのことで、最近は登録した携帯電話にメッセージで
請求が届けられるようになりました。


dawasco.PNG

(ダワスコのロゴには南国らしいパームツリーが。)


請求額には水道料金と共に下水道料金も含まれています。下水料は最低金額が約1260円
(2017年8月現在)なので、それを下回ると「調整料」として差額分が追加されます。


ダワスコの水道網がない地域では、水は都度購入になります。
バケツ1杯分の水から購入可能なようです。購入した水は各家庭のタンクに溜められます。
大容量のタンクを満たしたい場合は、タンクローリー1台分10トンの水を約5330円~6670円
ほどで購入出来ます。業者にもよると思いますが、このような水の質は一定ではありません。


【ゴミ収集】
週一回、大型トラックが住宅地を回って集めてくれます。当日の朝、ホイッスルが聞えたら
まもなく回収が始まる合図。家のゲート前にゴミ容器を出しておけば、やがてトラックが来て
中身を回収していってくれます。


ゴミの分別は求められていません。ペットボトルの回収人が時折回ってきますが、利用するか
どうかは各人次第です。


トラックによる回収作業は4~5人の男性がチームで行います。
荷台に数人のスタッフが立ち、他の仲間が各戸のゴミ容器を回収しては荷台の上の仲間に
渡して空にするという要領で作業が行われます。
回収費用は月額約1,000円。集金担当者が毎月回収に来ます。


けれども、このような定期収集システムは市内全域で行われているわけではありません。
行われていない地域では、必要に応じて電話で都度回収を頼むことになります。非公式業者と
思われるこちらは、1回の収集が約130円と破格です。


ただし、このような非公式業者が回収したゴミは、過去、不法に投棄されていたことが明るみ
になったこともあり、営業はいずれ難しくなっていくと思われます。


つい先日、8月4日付の英字紙「THE CITIZEN」に、ダルエスサラームから約190km西にある
モロゴロ(Morogoro)地域で、ゴミ収集料金が高額だとして住民からクレームが挙がっている
という記事がありました。
苦情にさらされているその金額は市街地で約400円、郊外で約200円とのことです。
ダルエスサラームとの違いは「大都市」と「地方」の差でしょうか・・・。


【ガス】
こちらの家庭で使うガスはプロパンガス。浴室の熱源は電気なので、ガスはもっぱらキッチン
コンロ用です。ボンベのサイズは複数あり、必要に応じて選べます。金額はブランドによって
若干異なるものの、中サイズで約3300円といったところです。
使用状況にもよりますが、我が家の場合3~4ヶ月持ちます。


タンザニアではまだ煮炊きに炭を利用している家庭は多く、森林破壊が心配されています。
そのため、ガスへの切り替えがすすめられており、手軽に購入出来るよう、鍋一つ載せて
そのまま使える「ゴトク付き小型ボンベ」も選べます。


キッチンのコンロは電気式のものも多く売られていますが、停電の多いこの国では電気式を
使うのは不安極まりません。
かといって、ガスだと残量が分からないため、そろそろ無くなる頃とは分かっても、いつ
切れるかは分からないという欠点があります。炊き上がっていると思ったご飯が生煮えで
コンロに取り残されていたりしかねないわけです。


そんな突然のガス切れに備え、コンロは電気とガスの併用タイプがおすすめです。
我が家の場合、ガスが3口、電気が1口のタイプを使っています。


ガスは電話一本で無料デリバリーなので、とても助かります。
バイクで配達してくれるので、あまり時間もかからずに届きます!


2017年8月 8日

Photo 1.JPG


タンザニアで登録された車のナンバープレートは、左上に小さく印刷されたタンザニアの
国旗に始まり、タンザニア(Tanzania)の「T」に続く3桁の数字と、3つのアルファベット
で成り立っています。


ちなみに、ザンジバルナンバーは「Z」から始まり、税体系も異なります。


ナンバープレートから分かる車の新旧
さて、ナンバープレートは輸入後、車両登録順に割り当てられており、アルファベットを
見ればその順番が分かるようになっています。


つまり、A から始まるナンバーを持つ車はタンザニアに輸入されてから年数が経っており、
BCDと進むにつれて新しく入ってきた車ということです。


車の製造年と連動しているわけではないので、年季の入った車でも最近輸入されたもので
あればDナンバーとして「新車の顔」が出来るというのはちょっと面白い点です。


なお、タンザニアに車を輸入する際は、タンザニア政府の指定を受けた検査業者による
輸出前検査を日本国内で受け、合格している必要があるので、入ってくる車の品質レベル
は保たれています。


ナンバープレートの色から分かる情報
タンザニアのナンバープレートの色は日本とは逆で、一般車は黄色ナンバー、業務用車両
は白色ナンバーです。


しかし、走り行く車たちをよく見たら、ほかにも様々な色のナンバープレートがあること
に気付くでしょう。


例えば、大使館関係の車両はグリーンのプレートを掲げています。
プレートに表示されている数字は国ごとに番号が割り当てられているため、その数字を
見ればどこの国の大使館の車かが分かるようになっています。
例えば、日本は「59」、アメリカは「116」、イギリスは「115」です。


水色のプレートは、国連関係および世界銀行関係の車に付けられます。


赤いプレートに文字が白抜きされたものは「DFP(Donor Funded Project)ナンバー」
と呼ばれます。


黒のプレートに白抜き文字が軍関係、「PT」の文字が見えれば警察車両、「ST」は政府
ナンバー、「J」は裁判官など、プレートを見るだけで様々な属性が分かるようになって
います。


黒地に国章だけのレアプレート??
何の文字も書かれておらず、唯一、タンザニアの国章だけが真ん中に付いている真っ黒い、
異質なナンバープレートを見掛けたら、それは大統領、副大統領、あるいは大臣の車です。


ちなみにそのタンザニアの国章というのは、以下にリストアップする14点のキーアイテム
が全て含まれた、とても盛りだくさんなデザインとなっています。


Photo 2.png



    二本の象牙
    鉱物を示す金色
    自由、啓発、知識を示す松明
    国旗
    アフリカの豊かな土壌
    国の発展の道具となる斧と鍬
    陸、海、湖と海岸線
    自由を守る槍
    協力する男女
    タンザニア特産のスパイスであるクローブの枝
    木綿(コットン)の木枝
    キリマンジャロ山
    国の標語である「Uhuru na Umoja(自由と統一)」の文字


外国ナンバーがタンザニアを走るには
島国である日本では、外国のナンバープレートをつけた車が日本の道路を走るのを見る
なんてことは皆無ですが、陸続きのタンザニアでは外国ナンバーの車が街中を走って
いることがあります。当初は新鮮に思われたものです。


例えば北側の隣国・ケニアのナンバーであれば頭に「K」のアルファベットが付いており、
文字数やレイアウトが全く異なるのですぐに分かります。


さて、外国登録の車は入国後、最大90日まで滞在可能ですが、ひと月ごとにタンザニア
の税務庁(Tanzania Revenue Authority(TRA))に運行許可料をアメリカドルで支払わ
なければなりません。
車両は90日を越えて滞在することは出来ないため、それまでに一度国外に出る必要があります。


運行許可証の金額は、タンザニアに入国した地点から、タンザニア国内での主な使用地
までの距離に応じて変わって来ます。


支払い状況はTRAの職員が持っている携帯端末ですぐに確認することが出来、支払いを
怠っていることがTRAに発覚すると、数千ドルに上る多額のペナルティが課せられる仕組み
です。


未払いが3ヶ月続くと、車は没収という厳しい処置が待っています。


2017年7月17日
2017年6月13日
2017年5月22日
2017年5月 5日
2017年4月30日
⇒すべての記事を見る

タンザニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ダルエスサラーム特派員

    ダルエスサラーム特派員
    西東 たまき
    2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集