海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > タンザニアのペット事情

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 旧特派員 川手 潤子

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月31日

タンザニアのペット事情


メール プリント もっと見る

タンザニアのペット事情

JAMBO☆
どうも川手です。


今回は、タンザニアのペット事情について紹介したいと思います。


私は、日本ではペット不可のマンションだったので大好きな犬をずっと飼いたのを我慢していました。
タンザニアに来て少ししてから、念願の犬を飼う事になりました。


きっかけは、ペットショップではなく道端で犬を売っているおじさんを見かけて覗いてみました。
箱の中には子犬が2匹いて、何の種類か分からないけどあまりにも可愛いのでその場で飼う事に決めました!
おじさんが連れ回してたのか、ちょっと元気も無かったので救出しないと!!と思い。。


本当は2匹とも飼いたかったのですが、初めて犬を飼うのでまずは1匹から。


お値段は、日本円で980円程!!!!!!!!!!!!!!
これからの病院代やご飯代のが絶対高いです。


すぐに近くの獣医さんに見てもらって、薬を飲ませて家に連れて帰りました。

男の子なので、フランダー君と命名♪

フランダー1.jpg

好きなディズニー映画「リトル・マーメイド」のお魚のフランダーから頂いて。


最初はご飯も余り食べてくれなくて、ミルクも飲まなくて心配していましたが、
だんだん家の環境に慣れて来たら、とても元気になってくれました。


日本では、ある程度大きくなったら散歩デビューするものですが、タンザニアでは犬の散歩はしないそうです。
私がたまに犬を散歩させていると、皆がビックリしているし、実際に私も他の人が散歩させているのを見たことが無いです。
外国人の方が犬を散歩させているのは見た事があるけど、やっぱりタンザニア人はしない様です。


獣医さんに狂犬病の注射をしに行った時にも、外国人は本当にペットを家族の様に可愛がるよねと言われました。


日本の様に室内犬なんて居ないそうです。


タンザニアの家は、日本の家に比べて庭も広いのでそこを自由に走り回っていれば散歩は要らないという考えみたいです。


最近は、すっかりフランダー君も大きくなって立派な番犬として大活躍しています☆

フランダー2.jpg

この前も、夜中に泥棒を撃退して大活躍しました!
隣の隣の家が泥棒に入られたみたいで、家族でビックリしていました。


日本では猫も人気のあるペットですが、タンザニアでは猫は嫌われている存在のようです。
こっちでは、猫が交尾をしている所を見ると、身内が亡くなるというジンクスがあるそうで、縁起の悪い動物という認識のようです。


犬の他には、道端に牛も居るし、山羊も居るし、鶏もよく見かけます。

やぎ.jpg

鶏は1日中放し飼いでも、夕方になると皆それぞれの家に自分で帰って行くらしいので面白いな~と思いました。
最初は信じていなかったのですが、目の前の家の鶏が、夕方自分の家のドアの前で鳴いて、ドアを開けてあげたら中に入っていったので、
本当なんだ!と関心しました。


日本とちょっと違うペット事情、なかなか面白い発見です!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年3月31日
« 前の記事「ザンジバル旅行★~プリズン島編~」へ
»次の記事「ダルエスサラームでライオン脱走事件!」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアのナンバープレート
    ダルエスサラーム・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?
    かくして続く、ダルエスサラームの道

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      川手 潤子
      地球の歩き方に約1年勤務の後、2010年7月よりタンザニアに在住。現在スワヒリ語は3歳の子供から取得中。アフリカ人のポレポレ(のんびり)精神・ハクナマタタ(何とかなるさ)精神に若干まだ付いていけない部分もありつつ、毎日奮闘!まだまだ色々な可能性がある国。これからどんどん変わってゆくタンザニアの情報を皆様にお伝えします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集