海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > アフリカンアートをお部屋のインテリアに☆

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 旧特派員 川手 潤子

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月25日

アフリカンアートをお部屋のインテリアに☆


メール プリント もっと見る

アフリカンアートをお部屋のインテリアに☆

Mambo vipi?
ども☆川手です。



今回は、お部屋のおススメのインテリアをご紹介したいと思います。




アフリカと言えば、有名なのがアフリカンアートです。
お部屋に飾れば、一気にアフリカンテイストな空間に♪




ティンガティンガなど、日本でも結構知っている人が多いのではないでしょうか?
日本でも展示会をやったり、ティンガティンガ村で修業して来た日本人の方が講座をしたりしています。




ザンジバルのOra Resort Coral Reefに宿泊した時に、お部屋に沢山のアートが飾ってあったのが印象的でした。
こちらのオーナーはイタリア人夫婦ですが、従業員はタンザニア人で、警備員はマサイ。
お花がいっぱいで、ビーチにも近くとても素敵なホテルでした。




ホテルの入り口から、壁に直接描かれたアフリカンアートでお出迎え☆



玄関.jpg




海沿いのメインレストランには、マサイ族のアートがずらり!圧巻です!



まさい.jpg




お部屋にも、広い壁に大きなアートが。
下のタイルの柄も可愛いです♪



あーと.jpg




ベッドルームに向かう入り口には、壁に可愛い鳥がいました。
子供が喜んでいたので、子供部屋にちょこっと描くのもお洒落かもしれません。



かべ.jpg



タンザニアの自宅も、こんな風にアートをセンス良く飾りたいなと思っています。



日本では、なかなか大きなアートを飾る事はスペース的に難しいですよね。
私は、日本ではティンガティンガの絵葉書を額に入れて飾っています。
お土産にも喜ばれるし、ちょっとしたインテリアのポイントにもなるのでおススメです☆



★Hotel info
Coral Reef
Pwani Mchangani, Pwani Mchangani, Tanzanie
(Anciennement Ora Resort Coral Reef)



2月のお題"新生活の参考にザンジバルで見つけたおしゃれな部屋テク"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2013年2月25日
« 前の記事「新年のご挨拶☆」へ
»次の記事「ダルの生活雑貨♪」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアの自動車ナンバープレート
    タンザニア、ダルエスサラームにて・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    タンザニアの国語、頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    タンザニアでは、音楽は大きければ大きいほど良いのか・・・?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    これが作れないとお嫁に行けないかも?

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      川手 潤子
      地球の歩き方に約1年勤務の後、2010年7月よりタンザニアに在住。現在スワヒリ語は3歳の子供から取得中。アフリカ人のポレポレ(のんびり)精神・ハクナマタタ(何とかなるさ)精神に若干まだ付いていけない部分もありつつ、毎日奮闘!まだまだ色々な可能性がある国。これからどんどん変わってゆくタンザニアの情報を皆様にお伝えします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集