海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > タンザニアでは挨拶が大事

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月30日

タンザニアでは挨拶が大事


メール プリント もっと見る

タンザニアでは挨拶が大事

初めまして! 西東たまきです。2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。
インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら
新旧の入り混じる街・ダルエスサラームの様子をお伝えします。


さて初回は、タンザニアでの挨拶についてご紹介します。


タンザニアの人は挨拶に時間をかけます。


Scene1.jpg


まずは、
Habari za asubuhi? (ハバリ ザ アスブヒ)おはよう
Habari za mchana? (ハバリ ザ ムチャーナ)こんにちは
Habari za jioni? (ハバリ ザ ジオーニ)夕方の挨拶
Habari za usiku? (ハバリ ザ ウスィク)こんばんは

その後さらに、
Habari za nyumbani? (ハバリ ザ ニュンバーニ)ご家族はお元気?
Habari za watoto? (ハバリ ザ ワトト)お子さんはお元気?
Habari za muke/mume wako? (ハバリ ザ ムケ/ムメ ワコ)奥さん/ご主人はお元気?
Habari za wikiendi?? (ハバリ ザ ウィキエンディ)週末はいかがでしたか?
・・・などが復数。


返答は、いずれの場合も、Salaama(サラーマ)、Nzuri(ンズーリ)、 Safi(サフィ)やPoa(ポア)などなど(どれもFine/Coolの意味)。
そして、こちらからも同様に聞き返すので、長い訳です。


日本人の感覚としては、延々と続きます。知り合いであれば、歩みを止めてじっくり立ち止まる必要がありましょう。
用件のある時は、早々に切り上げて早く本題に、と思ってしまいがちですが、ここは異文化を尊重してこちらからも
ご家族は?お子さんは?と返しましょう。とても喜んでくれます!


他に、親しみある挨拶として、Hu jambo!(フ ジャンボ) 若者はMambo!(マンボ)なども。
ちょっとステキなのは、Umeamkaje?(ウメアムカージェ)という朝の挨拶。
How did you wake up?(どんな気分で目覚めましたか)という意味です。
日本語だと、ご機嫌いかが?といったところでしょうか。
そして、最近覚えたのはKumekucha!(クメクーチャ)Brand-new day!新たな一日!


タンザニア人を見ていると、日本人と比べ、人と人の距離がとても近いことに気付きます。


Scene2.jpg


歩いている時、すれ違いざまに、Hu jambo!などと見知らぬ人から声を掛けられることはよくあります。
知り合い同士であれば笑顔で挨拶を交わすところでしょうが、面白いのは、挨拶は笑顔でなくてもよいことです。
言葉を交わすことが重要なのでしょう。
観光客/外国人として、付け入られる隙を与えてはいけませんが、すれ違いざまにむっつりと挨拶されたら、
挨拶を返しましょう。むっつりと、で結構です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2016年6月30日
« 前の記事「最終回☆」へ
»次の記事「ダルエスサラームの朝ごはん」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアのナンバープレート
    ダルエスサラーム・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?
    かくして続く、ダルエスサラームの道
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ダルのアイスクリーム♪

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集