海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > ダルエスサラームの朝ごはん

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月31日

ダルエスサラームの朝ごはん


メール プリント もっと見る

ダルエスサラームの朝ごはん

ダルエスサラームの朝ごはん、よく知られているのはチャパティ(chapati)やマンダズィ(mandazi)? 


チャパティといってもタンザニアのチャパティはインドのとは異なり、油で揚げ焼きされています。
インドでパラタと呼ばれるものに近いでしょうか?
早朝の街角には朝ごはん用の軽食の売り子が、あちこちに現れます。朝の交通渋滞を避けて
早朝出勤する人も多いので、朝食は職場に向かう途中で買って行くという訳です。


軽食を売っている付近では、コーヒー(kahawa/カハワ)の香り。紅茶(chai/チャイ)も煮立っています。
爽やかな香りが漂って来ると思ったら・・・レモングラスのハーブティー(mchaichai/ムチャイチャイ)も
よく飲まれているんですよ。脇に置かれたベンチは、朝食やお茶をとりながらおしゃべりを楽しむ憩いの場にも
なっています。


道端で火をおこして、揚げたてホクホクのキャッサバやサツマイモ(写真はキャッサバを揚げているところ)。
私は「揚げ」ではなく「茹で」の方が好きですが。
fried cassava.JPG

マッシュポテトに衣をつけて揚げてあるカチョリ(kachori)は、まるでサクサクの天ぷらです。
kachori.JPG

粗挽きのおから状の豆を丸めて揚げてあるバジーヤ(bajia)。外側はカリカリ、中はふっくら。
bajia.JPG

米粉の揚げパン?(kitumbuwa/キトゥンブワ)は、モチモチの食感と優しい甘み。ほんのりココナツミルクの風味がします。
kitumbwa.JPG

お馴染みサモサは、挽き肉版とジャガイモ版があります。インドのサモサと違ってスパイシーではありません。
samosa.JPG

油を使ったメニューが多いですね。

コーヒーやチャイを砂糖たっぷりで飲むので、一緒に食べるものは塩味か甘さ控えめです。
携帯式の炭火ポットで淹れてくれるコーヒーは、タンザニア版エスプレッソと言えるでしょう。
小さなカップで飲む濃い目のブラックコーヒーのお供は、ナッツを砂糖で固めたカシャータ(kashata)になります。


どれも美味しくて迷いますが、私は揚げたてのバジーヤ、カチョリ、食べごたえのあるキトゥンブワを選ぶことが多いでしょうか。
これらは、お店で買えば一点500から1000タンザニアシリング(20シリング/1円)するところですが、ここでは200~300シリング(Tsh) です。


カフェでゆっくり食べたい人には、牛肉を煮込んだスープやキリマンジャロ地方の名物ムトリ(Mtori・調理用バナナのポタージュ)もありますよ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2016年7月31日
« 前の記事「タンザニアでは挨拶が大事」へ
»次の記事「新進オーガニックブランド  Matila Organics」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアのナンバープレート
    ダルエスサラーム・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?
    かくして続く、ダルエスサラームの道
    ママの呼び名と、通りの名前

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集