海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > アフリカの英雄が勢ぞろい!ママの呼び名と通りの名前

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月18日

アフリカの英雄が勢ぞろい!ママの呼び名と通りの名前


メール プリント もっと見る

アフリカの英雄が勢ぞろい!ママの呼び名と通りの名前

photo 3.JPG


日本でよくお母さん同士が「◯◯ちゃんのママ」「△△くんのママ」
と呼び合ったりしていますよね。タンザニアでも、一番上の子どもの
名前を取って「ママ・◯◯」という呼び方をします。


例えば、一番上の子どもがジョージであれば、「ママ・ジョージ(
Mama George)」です。
子どもが何人いても、一番上の子どもの名前で呼ばれます。


日本では、そのような呼び方をするのはあくまで、お母さんたちの
間だけですが、こちらではそれがれっきとした呼び方になります。
お父さんなら、「ババ・ジョージ(Baba George)」です。
スワヒリ語では、お父さんは「パパ」ならぬ「ババ」なのです。


お父さんがババなら、おばあちゃんのことは何と呼ぶのでしょう? 


おばあちゃんは「ビビ(bibi)」です。


ところで、ビビと言えば、ダルエスサラームの都心を貫く主要道路の
一つに「Bibi Titi Mohamed(ビビ・ティティ・モハメド)」という
名前の道路があります。


ティティ・モハメド女史は1950年代から60年代、タンザニアの独立に
尽力した女性政治家の名前。親しみを込めて「ビビ(おばあちゃん)」
を付けて、大通りにその名を残し、功績を讃えているのです。


実は、ダルエスサラームには、アフリカの英雄や革命家の名前を冠した
通りがたくさんあります。思いつくものを、以下に挙げてみます。


ジュリウス・ニエレレ通り(Julius K. Nyerere Road)
ジュリウス・カンバラゲ・ニエレレ(Julius Kambarage Nyerere)
タンザニアの建国の父、初代大統領。今でも国民にとても
敬愛されている。


カルメ・ロード(Karume Road)
アベイド・カルメ(Abeid Amani Karume)
ザンジバル革命後に成立したザンジバル人民共和国の初代大統領、
タンガニーカとザンジバルが合併して成立は、タンザニアの
初代副大統領。


ンクルマ通り(Nkrumah Street)
クワメ・エンクルマ(Kwame Nkrumah)
ガーナの初代大統領、独立の英雄、建国の父。


インディラ・ガンジー通り(Indira Gandi Street)
インディラ・ガンディー(Indira Gandhi)
インドの初代首相・ネールの娘で、インドの第5代および8代首相。


ハイレ・セラシエ(Haile Selassie Road)
ハイレ・セラシエ1世(Haile Selassie I)
エチオピア帝国最後の皇帝、OAU(アフリカ統一機構)初代議長。


ケニヤッタ・ドライブ(Kenyatta Drive)
ジョモ・ケニヤッタ(Jomo Kenyatta)
ケニアの初代首相および大統領、建国の父。


カウンダ・ドライブ(Kaunda Drive)
ケネス・デヴィッド・カウンダ(Kenneth David Kaunda)
ザンビアの独立を指揮した初代大統領。


マンデラ・ロード(Mandela Road)
ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(Nelson Rolihlahla Mandela)
反アパルトヘイト活動家、ノーベル平和賞受賞者、そして南アフリカで
初めて民主的に選ばれた大統領。


サモラ・アヴェニュー(Samora Avenue)
サモラ・マシェル(Samora Moisés Machel)
モザンビークの革命家。独立を指揮した初代大統領。


ルムンバ・ストリート(Lumumba Street)
パトリス・エメリ・ルムンバ(Patrice Emery Lumumba)
コンゴ共和国独立のリーダー、初代首相。


バラク・オバマ・ロード(Barack Obama Road)
バラク・フセイン・オバマ2世(Barack Hussein Obama II)
アメリカ44代大統領。2014年にタンザニアを訪問したのを機に、
官庁街から発して海沿いを走る道路の名前が、Ocean road(オーシャン・
ロード)から「オバマロード」に改変された。


アフリカ17か国が一斉に独立を果たした1960年。
タンザニアが独立したのは、「アフリカの年」Year of Africaと
呼ばれる、その翌年1961です。


こうやって、革命家や初代大統領たちの名前をみていると、独立を
目指して団結し、ついに果たした建国に沸く当時の熱い雰囲気が
伝わってくる気がします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年3月18日
« 前の記事「共通点あり、驚きあり・タンザニアの習慣」へ
»次の記事「かくして続く、ダルエスサラームの道」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアの自動車ナンバープレート
    タンザニア、ダルエスサラームにて・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    タンザニアの国語、頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    タンザニアでは、音楽は大きければ大きいほど良いのか・・・?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    最終回☆

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集