海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > かくして続く、ダルエスサラームの道

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月13日

かくして続く、ダルエスサラームの道


メール プリント もっと見る

かくして続く、ダルエスサラームの道

trunk road.JPG


ダルエスサラームの道路は、市街地および幹線道路はきれいに舗装されていますが、住宅地など
では、いったん脇道に入ると途端に未舗装になります。
雨の降らない乾季は、地面がカサカサに乾くので、車が通るたびものすごい砂埃が巻き上がります。


それは雨季になると一変し、未舗装の道はどこまでも続くぬかるみ道に変わります。
海辺の街でもあり、基本的に砂がちで水はけが良いところが多いのですが、もちろんそうでない
ところもあり、ところどころに大小の水溜りが出来て人も車も大きく迂回することになります。


大きな水溜りとなると、道路の端から端まで到達するほどになっている所も見られます。
少しでも水深の浅い部分を通ろうと、車が大きく右へ左へとゆっくり蛇行する様子は、千鳥足で
フラフラ、ヨタヨタと歩く人を思い起こさせます。
日本の道路では普通、このような走り方をする車を見ることは皆無ですから、なかなか見もの
だったりします。


過酷な道路状況を生き抜くために、街を走る車には4WD車が目立ちます。


さて、大量の水を含んだ未舗装の道を連日、数ヶ月に渡る雨季の間じゅう車が往来し続けた道は、
水が引くとどうなるか想像がつくでしょうか。
場所によっては、もはや「道路」の原型を留めないほどに凸凹です。晴れた日々が続くと、
その凸凹を残したまま乾燥して固まってしまいます。


あまりにひどくなれば、やがてグレーダー(地ならし機)がかけられる時がやって来ます。
本来の平らな表面が再現されると、ホッとするものです。


graded road.JPG
(地ならし後の住宅地の道)


せっかく舗装されていた道も、作業が甘いところは、雨季の間に隙間から浸透した水がいずれ
路面を破壊します。分厚いアスファルトがまるでバラバラに割ったチョコレートのような瓦礫
となって路上に散乱し、いくつもの大きな穴ボコも出現します。


そのような路上を、連日、バスや車が通るのです。
車両は最大限徐行し、かつダメージの少ない部分を探して右往左往して進むのですから、
通行は非常に限られます。その結果、ひどい渋滞が引き起こされ、それは道路が直らない限り
続くのです。


乾季に入ってしばらくすると道路の補修工事が始まり、ある日突然、道がきれいに戻ります。
スムーズな運転の喜びを再び味わうことが出来ます。


安全ベストとマスクをつけた作業員が、舗装道路の路肩に溜まる砂をこまめに掃除をしてくれる
ので、いつも路面はきれいに保たれています。


市内の幹線道路の一部には日本のODAで造られたものもありますよ。
車を走らせると表面がスムーズで安定感を感じます。


日本では考えられないことでしょうが、こちらの道路には側溝・排水溝のないものが大半と
いってよいでしょう(もちろん、ちゃんとあるところもあります)。激しい雨が降ると、
行き先を失った水がたちまち道路を沈めてしまいます。
どういうわけか水が引くのも早いのですが、車を運転する身にはハラハラする光景です。
日本製の道路は、側溝が備わっているからすぐ分かるという人がいました。


日本の道路を走るのには必要ないでしょう。
こちらでは、「エア・シュノーケル」というパーツを取り付けた車両が見られます。
エンジン内部に水が入らないように、空気の取り入れ口を上に設置するもので、運転席の
脇に「煙突」が立っているように見えます。


air snorkel.jpg


また、広い国土を走るのに、ランドクルーザーなども燃料タンクは二つ(dual fuel tank)
ついていたりします。


ちなみに、当地ではレギュラーガソリンというのはなく、すべてプレミアムガソリンです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2017年4月13日
« 前の記事「ママの呼び名と、通りの名前」へ
»次の記事「音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアのナンバープレート
    ダルエスサラーム・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?
    かくして続く、ダルエスサラームの道

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集