海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > タンザニアでは、音楽は大きければ大きいほど良いのか...

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月30日

タンザニアでは、音楽は大きければ大きいほど良いのか・・・?


メール プリント もっと見る

タンザニアでは、音楽は大きければ大きいほど良いのか・・・?

party by the sea.JPG

(桟橋の先に設けられた宴会場の一例)


関東地方で春らしさが感じ始められる頃、こちらは雨季が本格化してきます。
一雨ごとに気温が下がり、ゴールデンウィークに入った今、朝晩すっかり
涼しくなって一時の蒸し暑さも消え去っていることに気付きました。


ところで、昨夜は我が家付近でパーティがあったようです。
寝ようとして寝室に行ったら、どこからか音楽が聞こえてくるのに気付きました。
夜が深まり、生活音が消えていくとともに音はますます高く冴えていきます。


このようなパーティの音は時々聞こえてきます。
時には「ハッピー・バースデイ」の掛け声とお祝いの歌が混じることもあるので、
誰かの誕生日パーティだということが分かります。


以前、隣家で3歳の息子のバースデイパーティが開かれたことがありました。
招待された数十人の幼児のために低いテーブルと椅子がずらりと並べられたテントは、
リボンや風船でかわいらしく飾り付けられています。


その保護者たち用に、大人向けのセッティングをした別のテントがもう一つ設けられ、
料理人付きのバーベキューグリルも運び込まれます。


子供たち用の余興としてピエロ1名と、そびえ立つBouncy Castle(バウンスハウス)も
用意されました。

boucy castle.jpg

(バウンスハウス例)


パーティを盛り上げるには音楽がつきもの。


自宅の庭で開かれたパーティでしたが、大型冷蔵庫大のスピーカーが2つ持ち込まれ、
我が家の窓ガラスはビリビリと響き続けました。
早朝から準備が始められていた会場には、昼過ぎから招待客が到着し始めます。
夜8時で早くもお開きになったのは、このパーティが幼児向けだったからです。


たいていの場合、パーティは、日本で一般に「夕食の時間」とされるころにそろそろと
音楽が始まり、「寝る時間」とされるころから盛り上がりを見せ始めます。
ガラスが響くほどの爆音の音楽は深夜にはますます響き渡り、朝6時くらいまで爆音と
時々MCのスピーチが間断なく続くのは珍しくありません。


日本が好景気に沸いていた1980年代、大勢の外国人が日本を訪れ、私たちの隣人に
なりました。当時、ゴミの出し方や夜中まで騒ぐなどの生活習慣の違いが摩擦を起こして
話題になった時期がありましたね。


郷に入りては郷に従えなので、どんな爆音だろうが、こちらはひたすら耐えるのみです。
住宅地で夜通しの爆音が珍しくないところを見ると、タンザニア人自身にとっては普通
のことのようです。


先日、近所の商店に行ったら、お客のいない店内で店番の娘がラジオをボリューム
最大でかけていましたので、「声が聞こえないんだけどー!」と声を掛けたらラジオを
切ってくれました。


営業がたけなわとなったバーではライブ演奏がまたすごいので、平穏に暮らしたいなら、
住居を決めるときは近くにバーや結婚式場の類がないところを選ぶのも大事です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 夜遊び・クラブ・お酒 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2017年4月30日
« 前の記事「かくして続く、ダルエスサラームの道」へ
»次の記事「タンザニアの国語、頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアの自動車ナンバープレート
    タンザニア、ダルエスサラームにて・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    タンザニアの国語、頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    タンザニアでは、音楽は大きければ大きいほど良いのか・・・?

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集