海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > 頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!

アフリカにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 5日

頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!


メール プリント もっと見る

頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!

Street in Dar es salaam.JPG


アフリカの代表的な言語の一つ・スワヒリ語は、タンザニアの国語です。


スワヒリ語が使われている国はタンザニア周辺にいくつかあり、スワヒリ語圏を形成
しています。北の隣国ケニアでも、英語に並んでスワヒリ語が話されています。


けれども、ケニアの大統領の公式スピーチが英語で行われるところをみると、
ケニアにおけるスワヒリ語の立場が分かるような気がします。主流は英語ということです。


対して、タンザニアでは常に迷わずスワヒリ語です。


タンザニアには約130の民族いるとされており、それぞれは固有の言語を持っています。
スワヒリ語はそれらをまとめる共通語として重要な役割を果たしているのです。


民族の文化と歴史を伝える貴重な地域言語がたくさん存在しているといっても、ご多分
にもれず絶滅の危機に瀕している状態にあるものも少なくないようです。スワヒリ語に
吞み込まれつつあると。


英語でないところがいいなと思いますが、なるがままに任しておいては、それも時間の
問題になりかねません。


国がいくらスワヒリ語の保持に力を入れようとも、実生活で英語が分かる方が有利と
あれば、人々が英語に重きを置くようになるのも止むを得なくなります。まして、色々な
先進情報が英語で入ってくるとなれば、知る者と知らない者の差は格段になります。


スワヒリ語の立場を守りつつ情報格差を埋めようとするならば、あらゆる情報を翻訳して
提供していくことが必要となります。日本人が日本語だけで生活していても情報不足を
感じることがないのは、世界のあらゆる情報が日本語に変換されているからですよね。
が、それは莫大な費用がかかること。自国語を守るにも資金力次第というのはとても
皮肉なことです。


さて、一般に「教育のある」人は英語が話せることになっています。
イギリスの植民地でしたので、普及しているのはイギリス式の英語です。


街で出会う人の中で英語が伝わる確率は、感覚的には半分以下に思われます。
庶民的な場所では、さらに低くなるでしょう。そのような場所ではジェスチャーと片言
のスワヒリ語でのやりとりになります。


公的な書類などは英語版が用意されてもいますが、不可解なのが法廷での言語の扱いです。


一般庶民を対象にした法廷であっても、裁判官・弁護士が使う言葉や発行される書類は
英語になります。つまり、法廷に立つ当事者が英語を理解できない場合は、理解でき
ないまま審議が進むということです。これは大変な不利益だと同情を禁じ得ません。


一部にそのようなネジレ現象が見られるとしても、タンザニアにおけるスワヒリ語の
存在感には影響ありません。


日本語では外来語をそのまま採用しているデコーダーもアイロンも、ちゃんとスワヒリ語
があります。デコーダーはKing'amuzi(キンガムズィ)、アイロンはPasi(パスィ)です。


Eメールのことはスワヒリ語でBarua pepe(バルーア・ペペ)と呼びます。
Pepeとは「飛ぶ」という意味です。


日本語と同様、スワヒリ語はとても母音の多い言葉で、言葉の最後は必ず母音で終わります。
そのようなスワヒリ語訛りで英語を発音すると、n、s、tなどの子音で終わる英単語の
後ろに「i」の音が加わります。


例えば、Irene(アイリーン)という名前であれば最後にiが加わって「アイリニ」に、
Sammuel(サミュエル)であれば「サムエリ」になるという具合です。日本語の「ー」
のように伸ばす音もありません。
Martin(マーティン)に至っては、「マティニ」になっています。


その法則により、インターネットはインタネティ(Intaneti)、スピードはスピディ
(Spidi)になります。


ところで、私たちがシャープと呼ぶ記号(#)は、スワヒリ語で「アラマ・ヤ・レリ」と
呼ばれます。「レールの印」という意味です。
シャープ記号を見てレールを連想したことなどありませんでしたが、確かにレールに見えますよね。


電話はSimu(シム)。Namba ya simu(ナンバ・ヤ・シム)で電話番号です。
Nambaはナンバーのことだと分かりますね。やはり、伸ばす音「ー」は無くなっています。


携帯電話はSimu ya mkononi(シム・ヤ・ムコノニ)。Mkonoは片手のことです。
「片手に持つ電話」が携帯電話ということですね。
他方、固定電話のことはSimu ya mezani(シム・ヤ・メザニ)といいます。Mezaは机の意味
ですので、「机上電話」という表現になっています。


さて、日本語でバス高速輸送システムと呼ばれるBRT(Bus Rapid Transit)が一年前
(2016年春)、ダルエスサラーム市内で開通しました。
このBRT、英語の会話の中ではDART(ダート)という愛称で呼ばれていますが、スワヒリ語
会話ではもっぱらMwendokasi(ムウェンドカシ)という名前で呼ばれています。「高速運転」
という意味です。専用レーンを通るので、渋滞知らずの高速なのです。


ところで、他にも面白い話を聞きました。


タンザニアには、背が高いことで知られるWanyamwezi(ワニャムウェズィ)と呼ばれる
民族がいるそうですが、「背が高い人たち」=「アメリカ人」の発想から、アメリカ人
のことをWanyamweziと呼んだりするそうです。


ちなみに、国名としてのアメリカはMerekani(メレカニ)。耳に届いた音がそのまま
言葉になった感じでしょうか。
旧宗主国ドイツとイギリスはそれぞれUjerumani(ウジェルマニ)とUingereza(ウィンゲレザ)、
フランスはUfaransa(ウファランサ)、ロシアはUrusi(ウルスィ)です。どれも何となく
元の音が感じられますよね。 


日本は、最後にiをつける既述の法則に従ってJapani(ジャパニ)です。


なお、タンザニア自身に付けられたニックネームもあります。
皆さんがタンザニアに来たとき、Bongo(ボンゴ)という言葉を耳にすることはあるでしょうか?
Bongoとはタンザニアのことを指し、それはそもそも「脳ミソ(Brain)」の意味だそうです・・・。
タンザニア人は自国をとても愛する、誇り高い人々です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2017年5月 5日
« 前の記事「音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?」へ
»次の記事「今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    ダルエスサラーム・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?
    かくして続く、ダルエスサラームの道
    ママの呼び名と、通りの名前
    共通点あり、驚きあり・タンザニアの習慣
    タンザニアの主食

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ