海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > グアム/デデド(グアム)特派員ブログ

グアム/デデド(グアム)特派員ブログ りひゃん

グアム・デデド(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
遅ればせながら、ハッピーハロウィン!今年のハロウィンは娘が歩けるようになったので、トリートイベントに娘自身も参加できるようになりました。当日はタモン周辺とモールのトリートイベントに参加してきましたよ。


1.JPG

こちらは「DFS Tギャラリア」のトリートイベント。写真に写っているのではDFSで働く従業員で、何やら仮装コンテストでもしているのでしょうか、すごく盛り上がっていましたよ。でも、グアム・ハロウィンの主役は子供!仮装して歩いていれば、様々なお店やスタッフさんからお菓子をもらえます。


2.JPG

夜は毎年盛り上がると噂の、「マイクロネシアモール」トリートイベントに行ってきました。センターコートには、仮装をした子供たちでいっぱいです。フードコートで夕飯を食べてイベントに参加しようと、少し早めに家を出たのですが、皆考えることは一緒ですね…フードコートも沢山の人でごった返していました。


3.JPG

娘ちゃんのコスチュームは、誕生日に続きハロウィンもユニコーンをセレクト!後ろ姿がまるでぬいぐるみのようで、キュンキュンしてしまいました。


4.JPG

肝心のトリートイベントですが、写真を見ればわかる通り一言”カオス”でした。モールのトリートイベントに参加するのは、今年が初めてだったのですが、ディズニーランドにいるような錯覚すら覚えました。娘もまだ小さいので3店舗ほどまわり、早々と退散(笑)エントリーなどはなく、ツーリストの方ももちろん参加できるので、ハロウィン当日にグアム滞在中の方はぜひ☆


5.jpg

この日1日でいただいたお菓子たち。娘はまだ食べることができず、途中で私がつまみ食いをしたものも含めるともっとありました。グアムの子供たちにとってハロウィンは、お菓子を沢山もらえるとっても良い1日なのでしょうね!来年も楽しみです☆


それでは最後にもう一度、ハッピーハロウィン!



2018年11月 7日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
突然ですが、下写真のアートを見たことがある!という方はいらっしゃいますか?グアムで有名なアーティストが描いたものなのですが、色鮮やかで細部までこだわりを感じますよね。


1.JPG

近年グアムでは、街の至るところに大きな壁画が描かれ、ローカルだけではなくツーリストの方にも”インスタスポット”として注目されているような気がします。街の壁画はグアムのローカルアーティストだけでなく、世界の有名アーティストを招いて描かれたものもあるんですよ!


2 (1).jpg

この日やってきたのは、グアムアート展「Guam Art Exhibit(通称GAX)」のオープニングセレモニー。今年で10年目を迎える同イベントは、グアムのアーティストが一同に集まり互いの作品を披露し合う場として、毎年とても盛り上がる展覧会です。ローカルの間では非常に注目されているイベントですが、グアムのアーティストたちが世界で活躍するチャンスや場所は、まだまだ整っていないのが現状。もっと多くの方に知ってほしい!という想いから、ローカルアーティストたちが結束して立ち上げたのだそうです。


3.JPG

私の想像を遥かに超えた人々が会場に集まっていました。じっくりと作品を眺めていると(あ!この絵あそこにある壁画を描いた人の作品だな!)というような発見もあり、とても楽しめました。写真に写っているアートは、おそらくThe PlazaからセイルズBBQに続く道路脇にある壁画と、同じアーティストだと思います。その人の個性やこだわりが作品にも現れますね!


4.JPG

そしてGAX立ち上げ人の一人であるJeff(ジェフ)氏。実は彼、私の友人(日本人)の旦那さんで普段から仲良くさせてもらっているのです。グアムでは超有名なアーティストで、島内の多くのアートを手がけています。


5.JPG

奥さんが日本人ということもあってか、Jeffのアートは所々に日本の文化を感じさせる部分があります。日本のサブカルチャーや誰もが知っているアニメキャラクターから作品のヒントを得ることで、日本人にも知ってもらいたい!という想いがあるのだそうですよ!


6.JPG

3Dアートコーナーはフォトジェニックで幻想的な空間!GAXは11月17日まで開催しているので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。


7.JPG

■Guam Art Exhibit(グアムアート展=通称GAX)
開催期間:11月1日~11月17日
展示時間:月~金曜日19~23時、土、日曜日11時~23時
料金:無料(オープニングパーティーは20ドル、2ドリンク付き ※既に終了しています)
場所:The Plaza2階
URL:https://www.instagram.com/guamartexhibit/?hl=ja

2018年11月 5日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
近年、アイスクリーム屋さんやシェイブドアイス屋さんが続々とオープンしているグアム。ショップごとにこだわりがあり、ローカルの間でも瞬く間に話題になります。


1.JPG

今回ご紹介するのは、タモンのホテルロード沿いにオープンした「SNOW MONSTER(スノウモンスター)」。ラグジュアリーブランドを取り扱う免税店「タモンサンズプラザ」前の、タモンベイセンタービル1階にあります。ツーリストの方も気軽に足を運べる立地です。


2.JPG

オープンキッチンのある店内に入ると、美味しそうなスウィーツの香りがほのかに漂います。メニューはモニターで、わかりやすく写真付きで表示されています。


3.JPG

店内には大きなテディベアが鎮座しており、インパクト大!同アイスクリームショップは、パティシエのお父さんとその娘さんが二人仲良く共同経営しています。お二人は以前カリフォルニアに住んでいて、(グアムのローカルやツーリストの方にも、カリフォルニアらしい美味しくて見た目も可愛いデザートを食べてほしい!)という想いから、同アイスクリーム屋さんをオープンさせたそうです。


4.JPG

こちらは可愛いハートの氷が浮かぶ「ビヨンセレモネード(ミディアムサイズ)」。パープルのグラデーションがキレイなレモネードは、暑いグアムに滞在中のどを潤すのにピッタリです。言うまでもなく、インスタ映えバッチリ☆


5.JPG

自家製の「アイスクリーム(2Coops)」と「マカロン(ストロベリーチーズ)」。パティシエオーナー手作りのアイスクリームは、マンゴーとストロベリーチーズケーキをセレクト。種類が沢山あり迷いましたが、試食をさせてくれるのでゆっくりと選ぶことができました。個人的に気に入ったのが自家製マカロン。毎朝オーナーがその日の気分で、様々なフレーバーのマカロンを自作するそう。濃厚なクリームがサンドされており、次回足を運んだ際もぜひ食べたいと思いました。


6.JPG

そしてもう一つ、オーナーさんの粋な計らいがありました!それがこちらの、色が変わるスプーン。最初に見た際は(マーブル模様のおしゃれなスプーンだな~)と思っていましたが、アイスクリームを食べてるうちにどんどん模様が変わるではないか!冷たいアイスクリームやドリンクに反応するようになっているようで、食べている最中かなり楽しむことができました!(私大人ですけど、大興奮でした!)グアムに新しく登場した可愛いアイスクリーム屋さん「スノウモンスター」。滞在中にアイスクリームが食べたくなったら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。



■スノウモンスター (Snow Monster)
住所:1051 Pale San Vitores Road Tumon, Guam 96913
営業時間:11時~23時
定休日:なし
電話番号:671-649-2253
URL:https://www.facebook.com/snowmonstergu/?ref=py_c


2018年10月31日
2018年10月24日
2018年10月17日
2018年10月10日
2018年10月 3日
⇒すべての記事を見る

グアム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デデド(グアム)特派員

    デデド(グアム)特派員
    りひゃん
    グアム島内を忙しく駆け回る「人見知りの破天荒フリーライター」。日本で生まれ育った、日本人と韓国人のハーフ。韓国語も話せるバイリンガル。チャモロ人の夫と2016年に結婚しグアムに移住。グアムに一番詳しいライターになって本を出版するのが、近い将来の野望。観光情報、ローカル情報、裏情報など色々な情報を発信していきたいです!
    【主なグアム情報の配信先】
    キタコレ!
    グアム政府観光局・ウィークリーグアム
    個人ブログ「グアム×りひゃん=Happy DISQUS ID @Rihyan

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集