海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 東ティモール/ディリ特派員ブログ

東ティモール/ディリ特派員ブログ まっさん

東ティモール・ディリ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

地方観光のお勧めスポット地方編②の紹介です。

首都ディリから第2の都市バウカウまで車で車で約4時間、そこから約1時間のところにベニラレというという地区があり、そこに戦時中に旧日本軍の塹壕が残っています。

横2m高さ約1.3mの入口が5か所あり、奥行きは約10mあります。それぞれ行き来できるように繋がっています。壁を見ると、斧のようなもので削った後があります。この大きさを見ると、多くの人がここで過ごしたことはわかります。

7583891360_IMG_2142 2.JPG

入口は5つありますが、岩が崩れ落ちているところもあるので注意が必要です。

内部は暗く、場所によってはコウモリが飛んでました。

残念なのが、観光地とした整備はされておらず、ここがどういった場所なのか案内もなく、道中に突然現れるのでわかりにくいことです。それでも、この場所はティモール人を含め有名な観光名所です。


2018年4月15日

東ティモールに来たら行っとけと言われている場所の一つであるジャコ島は、現地の人も神聖な場所として、ゴミを捨てていけないのはもちろん、火を使ってはいけない、泊まってはいけない無人島として崇められています。

また、ワニも多く出没すると言われていますが、ジャコ島の西側だと出ないようで、東側では注意が必要なようです。

ジャコ島への行き方は陸路で行くのが一般的です。私たちは片道約1日かけてレンタカーで2泊3日のスケジュールで行きました。

公共交通機関のバスは、ロスパロスと呼ばれるところまではありますが、ティモール島の最東のトゥトゥアラと呼ばれるところまでのバスがありません。車も地方に行くほど少なくなっていくイメージです。

道路の工事状況にもよりますが、私が行ったものではこのぐらいの時間配分でした。

首都ディリ〜バウカウ 約4時間

バウカウから〜トゥトゥアラ 約3時間

途中で食料、水分の配達は限られるんで首都ディリで買っていくことをお勧めします。

宿泊はジャコ島を対岸に見ながら宿に泊まりました。

7583891360_IMG_1907 2.JPG

人も誰もいないので、とても静かでさざ波の音が大自然の中に自分が生きていることを実感しています。

2日も朝はサンライズを見るために早起きと言っても6時に起床しました。

サンライズは薄暗い中、ジャコ島の後ろに眩しい太陽がこちらを照らしてすごいエネルギーだと感じて、パワーをもらった気がしました。

7583891360_IMG_1965 2.JPG

ジャコ島には船で向かいます。船乗り場から漁師の船で向かいます。

7583891360_IMG_2039 2.JPG

ジャコ島は透き通る海に、真っ白な砂浜でとても神秘的でした。平日ということもあったからか、誰もいない貸切状態で楽しむことができました。魚の大群の中を泳ぎ、サンゴ礁によってくる色鮮やかな魚を見たりと海を大いに楽しみ、何かの動物の足跡と見たことのないカニを発見したり、海岸沿いを歩いて散策したりと楽しみ、島の中にも何か初めて見るような動物がいそうだが、藪があり中に入るのはすぐに諦めてしまいました。

あっという間に約束していた時間に迎えに来てもらい充実する時間を過ごすことができました。なんとも言えない、贅沢な時間な過ごし方というより、時間の過ぎ方。ここ東ティモールにいるうちにたくさん味わいたい時間の過ぎ方でした。


2018年3月22日

 東ティモールは日本の四国の真南に位置し、日本との時差がありません。この東ティモールに行くためには4つの方法があります。一つ一つ紹介します。

■東ティモールの行き方

 1.シンガポール経由

 2.バリ経由(インドネシア)

 3.ダーウィン経由(オーストラリア)

 4.クパン経由(インドネシア)

 

 なお、チケットを購入するときは、通常の航空券検索では表示されないサイトがあります。参考までに私がよく利用するサイトも載せておきます。

■チケット購入の参考サイト

  •  Kiwi

https://www.kiwi.com/ja/

  •  みんちゃんトラベル

https://www.timorminchantravel.com/

【2018年3月1日現在】

経由地

シンガポール

バリ

ダーウィン

クパン

便数

1回/週

(土曜)

2回/日

2回/日

3回/週

(月、水、金曜)

航空会社

Air Timor

Sriwijaya Air

Citi link

Nam Air

Qantas

Air north

Air Timor

日本から経由地までの直行便

羽田、成田、

関空、中部、

福岡

成田、関空

なし

なし

金額片道目安

(米ドル)

180

90

180

100

オススメ

★★

★★★

 1.シンガポール経由

 トランジットの時間も短かく、日本からシンガポールまでもゆとりあるフライトを楽しむことができます。欠点としては、シンガポール-ディリ間が2018年3月から週に1便と減便になったことです。利用したい日に利用できないのが難点ですが、ドランジットの時間も比較的短いことから、それを除けばオススメです。

 2.バリ経由(インドネシア)

 東ティモール人を含み、多くの人が利用している便がバリ-ディリ間です。毎日便が飛んでいることから、安価で利便性が高いです。日本から行く場合はバリから接続が悪く、トランジットで1泊しなければなりません。

 3.ダーウィン経由(オーストラリア)

 日本からダーウィンまでも直行便がないため、利用は限られているが、多くはオーストラリア人が利用しています。

 4.クパン経由(インドネシア)

 2017年12月から新たに便ができ、陸地で繋がる西ティモールのクパンとの行き来がしやすくなりました。

 以上、東ティモールの首都ディリまでの行き方を掲載しましたので、ぜひ、参考にしてみてください。

IMG_9729.jpg


2018年2月28日
2018年2月14日
2018年1月27日
2018年1月20日
2018年1月18日
⇒すべての記事を見る

東ティモール旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

現在登録されているスケジュールはありません。

■東ティモールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ディリ特派員

    ディリ特派員
    まっさん
    海外旅行には数える程度、でも海外に飛び出してみたいという思いから、バリ島から約1時間半、アジアで一番若いと言われる国、南国東ティモールで生活をすることになりました。海外初心者で、スポーツ全般と芸術や手づくりの工芸品を愛する私が、現地の方と生活を共にし、同じ目線で穏やかに暮らす人々の日常と、急激に発展する社会経済の様子、観光立国の取り組みを、大好きなサッカーで身につけた自慢の体力で全力でお届けします。 DISQUS ID @disqus_j8ueuD2RtF

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集