海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

ドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフより、もちむさがお送りします。


6月初め、ドイツのお隣、オーストリア ザルツブルクへ行ってきました。
E725413E-F129-4887-808D-8F70F05AB713.jpeg


ザルツブルクといえば、モーツァルトやサウンドオブミュージックが有名ですが、旧市街の狭ーい路地の間に行列のできるB級グルメを見つけちゃいました。
1F155B20-C8D2-4E10-B525-BDFD3660AE7D.jpeg


その名もバルカングリル。
本当に狭ーい路地の間にある小さなお店なんですが、
81D341D0-4DD5-486A-9296-FACEA0897E8A.jpeg

こちらのお店はホットドッグのスタンドです。


ホットドッグ、つまりはソーセージ+パンということだと、ドイツのソーセージスタンドと同じ?と思ったのですが、
こちらのはスパイシーなホットドッグ。

82F18DF0-D835-4E5A-A92E-6AC5D06BE144.jpeg

ちょっとピリ辛だけど、とまらない味。

ドイツに住んでいて、事あるごとにソーセージを食べていますが、これはもう一度食べたい!と思う美味しさでした。


ちなみに、子どもさんで、辛いのは。。。というときは、子ども用に辛くなくしてくださいとお願いすると、香辛料なしにしてくれます。
ED6F7334-7B1E-4B5D-90AB-04171A34BCEB.jpeg

ザルツブルクのB級グルメ、ぜひお試しを。


◾️Balkan grill
Getreidegasse33, Salzburg



2018年6月29日

こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフより、もちむさがお送りします。


FIFAワールドカップが開催中の現在、日曜日の日本戦は引き分けでしたが、すごく面白い試合でしたね!
わが家はドイツのテレビ局の放送で試合を観ていたのですが、ドイツのキャスターさんの解説がなんだか日本寄りに感じられて、ちょっと嬉しかったです。


ドイツも2戦目は勝ったので、ぜひ、日本もドイツも勝ち進んでほしいですね。


ドイツといえばサッカーも有名ですが、ベートーベンに代表されるように音楽も有名ですよね。


そんなドイツ デュッセルドルフで、年に一度、ファミリー向けの音楽イベントがトンハレという音楽ホールで行われるのですが、週末家族で行ってきました。
F21A91A5-CFD5-4179-A8DA-5AF5DF132E7A.jpeg

トンハレは、デュッセルドルフの旧市街アルトシュタット近くにある音楽ホール。ドーム型の屋根が特徴的な素敵なホールです。
FC4BF13E-3D0E-418D-BFBD-C556A58570D3.jpeg
メインホールのメンデルスゾーンホールの天井は、まさにこのドーム。
929A203B-AFD6-4FEC-9109-98BD640CADAF.jpeg
そんなに大きなホールではありませんが、素敵なホールです。


そのホールに無料で入れるイベントがこのファミリエンムジークフェストです。
午前中は有料のコンサートがあるのですが、お昼12:00からは無料で開放され、メインホール以外でもたくさんのプログラムが用意されます。


わが家は昨年も観た14:00からのデュッセルドルフ少年少女オーケストラの舞台が面白くて気に入っているので、今年もそれを観てきました。

9A25D981-CC1C-4EFF-BA43-96DC7347CCEC.jpeg


昨年は007などの映画音楽をテーマに、客席参加型のコンサートが行われたのですが、今年のテーマはオペラ音楽。
オペラ音楽がテーマなので、昨年とは異なり、少年少女コーラスが舞台に参加して、トゥーランドットやアイーダなど有名オペラ音楽を演奏しました。


途中、客席も一緒に足踏みや拍手で音楽を盛り上げたり、簡単な音楽クイズも交えたり。
大人も子供も一緒に楽しめるコンサートで、今年もやっぱり面白かったです。


屋外でも太鼓などの打楽器をモチーフにした遊具などが設置され、たくさんの家族連れが耳でも、身体でも音楽を体感できます。
09DF1F00-7AF7-4BA7-915D-8576A8F628F8.jpeg


日本だとなかなか小さな子連れで参加できるコンサートは少ないですが、赤ちゃんからお年寄りまでみんなで音楽を体感できるイベント、ぜひ一度デュッセルドルフで楽しんでみませんか?

https://www.tonhalle.de/



2018年6月25日

こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフより、もちむさがお送りします。


5月末から6月初め、気候のよくなったこの時期を利用して、初めて南ドイツへ旅行してきました。


今回の旅のハイライトはノイシュバンシュタイン城。


しかし、その前に近くの世界遺産ヴィース教会へ。
ECAEB309-1B85-452D-89C2-909EE4CCD840.jpeg

CF25CC3A-F446-47DB-BA0C-CA68E74A610D.jpeg

Wiese、ドイツ語で草地という意味ですが、外は確かにキレイな草原。
F006ED09-9521-4F0D-AC4B-2ECFB5D2BA55.jpeg

なんだかハイジがいそうな空間に、この教会はありました。

建物はすごくシンプルですが、中も外もフォトジェニックです。


そんなヴィース教会の隣のレストランで、気になるものを発見。
それは、
8038868D-E9F5-4DCB-AE93-A1409070D517.jpeg
揚げパン!!


南ドイツの揚げパンですが、ここではWies Kücherl という名前で売られてました。

今回の旅行では、ほかの場所では揚げパンにお目にかからなかったのですが、こちらの揚げパンはシナモンの香り漂う美味しいお味。


インスタ映えなヴィース教会を訪れた際には、揚げパンでおやつタイムもいいですよ。



2018年6月23日
2018年6月 8日
2018年5月29日
2018年5月27日
2018年5月25日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デュッセルドルフ特派員

    デュッセルドルフ特派員
    もちむさ
    2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集