海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る


こんにちは!キリスト教の行事、イースターも先週末に終わり、オランダではまさに<春よ、来い来い!>と皆が思い始めておりますが本日は気温10度に達しない天気。お日様は元気いっぱい顔を出しているのでお昼になるにつれて暖かくはなってくると思いますが、それまではまた冬用のコートの出番です。

ところでイースターのシンボルといえばヒヨコ、子ウサギ、子羊など要するに生まれたばかりの草食動物。特にオランダではイースター当日にはPaas Haas(パースハース)というウサギが各家庭に卵の形をしたチョコレートを持ってきて、庭の中の色々な場所に隠し、子供達が朝起きてそれを探し始めるという習わしがあります。(もちろんそれは親御さん達による苦労の結晶!)うちの子供なんか、朝起きて<おはよう!>という前に早速外へ飛び出して行きました。今年は雨が予報されていましたので家の中に隠していたのですが、それを知らなかった子供達が家の中に戻って来た時の絶望的な顔が忘れられません。(笑)<全くなかった…>の一言。5歳の娘なんか泣き始めました。(笑)もちろん、その後、家の中でいくつもチョコレートを見つけて時には鼻水たらしながらニコニコ笑って喜んでました。
この行事につきましては以前ご紹介させていただいたのでぜひこちらをご一読下さい。
→http://tokuhain.arukikata.co.jp/eindhoven/2016/03/pasen.html

ただこの行事の欠点は、子供達が一定の年齢になると<ママ、ウサギと羊って卵産まないよね?>と小憎らしいことを言い出すこと。息子もそろそろ分かってきているみたいでです。ですが<妹のために黙っとけ!>とクギを刺されています。(笑)


イースターの日が近づいてくるとたくさんのお店で卵の形をしたチョコレートや上記した動物たちの形をしたチョコレートが売り出され始めます。
これは以前ご紹介したオランダで有名なお菓子屋さん、<Jamin>で売り出される卵の形をしたチョコレート。
DSC_0945.JPG

全部で40種類もの味があり、選ぶのに目移りしてしまいます。100グラムにつき1,75€。(約200円)自分で好きな味を選んで袋に入れ、レジにて重さを測って購入します。
またこのようなチョコレートも!

DSC_1003.JPG

またクリスマスと同様、イースターは家族の日。特に祖父母の家に行ってファミリーで食事をするという方が圧倒的に多いです。またそこでもチョコレートの卵探しがあるので、このイースターだけで一年分の量のチョコレートをもらうことも!キリストさんも<俺の復活を祝う日なのか、チョコレート祭りなのかはっきりしてくれ!>と言いたいに違いないと思っている私でございます。


このように春の到来を待ち焦がれているオランダ人、この思いが天に届きますように~!
(ってか、早く暖かくなってくれっ!)



2017年4月19日

オランダもだんだんと暖かくなってきました。寒くて暗い冬ももう終わりです!!!やっほ~!と叫んだところであちらこちらからクシャミや鼻をかむ音が聞こえてきます。
はい、やってきました、花粉症の時期!!今年は日本でも結構激しいのよ~と何週間か前に電話で話した我が母が言っておりました。彼女自身も花粉症なので、鼻がつまってしまって寝起きのような声で一生懸命話しておりました(笑)。

オランダでも花粉症は人々を苦しめます。風邪なのか、花粉症なのか分からないという人が多いのですが、天気がいい時に症状が悪化し、雨が降る日だと気分が良くなるというのは花粉症と判断する一番分かりやすい判断基準。また薬局(Apotheek アポテーク)に行くとこのような、花粉症なのか、それとも風邪なのかを見分けるポイントが記載されているチラシが置かれています。

DSC_0973[1].JPG


またそのチラシにはこのようにPollenkalender(ポルンカレンダー)と言って、どの時期(何月)にどの植物の花粉が飛び出すという情報が示されており、ご自分がどの花粉にアレルギー反応を示すかということが分かり、予防に努めること(心の準備)ができるようになっております。
DSC_0972[1].JPG


ちなみにこのカレンダーによると、4月に盛んになる花粉はポプラ、ハンノキ、柳、樺の木など。また5月はそれに追加されてオーク、モミの木 、栗の木、芝生などです。よってこれらの花粉に敏感な方はこの時期のオランダ旅行は鼻水旅行になるかもしれません!しかしそれはもともと花粉症気味の方だけでありません。私は日本では全く問題なかったのにオランダに来てから時々鼻がムズムズするようになりました。私の周りでも、オランダに来る前は何ともなかったのにここに来てから花粉症になったという友達がたくさんいます。またこの時期になると子供達ものどを痛がったり、風邪なのか、花粉症なのかよく分からない体の不調を訴えることが多くなります。恐ろしや、オランダの花粉の威力!ただ全く影響もない人ももちろんたくさんいますのでご心配なく。


ただ、日本の様にマスクをつけた状態で道を歩いていると必ず変に思われますのであまりお勧めしません。<こいつは重病人なのか、それとも・・・>と引きつった顔で見つめられる可能性大です!
ちなみに2年ほど前に花粉症の症状が現れた息子にマスクをかけさせて学校に行かせました。あの時見た担任の先生のぎょっとした顔と息子に対する憐みの顔が忘れられません(笑)。終業後、迎えに行った私に先生が一言、<息をするのがとてもきつそうだったのでマスクを外させました。いいでしょ?>

こちらではサングラスなどをかけて花粉が目に入るのを防ぐという人は多く見かけますが、マスクはアスベスト除去業者など、特別な業務をする人しか利用しないのできっと変に思われます。ただし、鼻をかむことは汚いという意識は全くないので、どんどんかんでいただいて結構です。逆に鼻をかまずに、中に吸い戻しているとそちらの方が嫌がられます!<きったね~な、こいつっ!>みたいな!

また薬局にはこのような花粉症に効くお薬も用意されています。
これは花粉症に対応した目薬。
DSC_0972.JPG

<Hooikoorts>というのは<花粉症>という意味。よって<Hooikoorts Oordruppels>というのが<花粉症用目薬>という意味です。この他に花粉症のアレルギー反応を抑えてくれるこの飲み薬。
DSC_0973.JPG

私の息子が花粉症の症状がすごく出ていてとてもきつそうだった時にこの薬を飲ませたところ、2日くらいで症状がかなり治まりました。ひと箱に5つくらい錠剤が入っているのですが、購入する際はひと箱で十分だと思います。よほどの症状でない限り5つで十分です。またこれは薬局で購入できるのですが、薬局のアドバイスとして、必ず医者に本当に花粉症であるのかどうかという判断を仰いでほしいということでした。(特に子供さんに利用される場合。)
また鼻水対応の鼻スプレーも購入可能ですが、ほとんどが風邪対応です。ただ、バセリンなどのクリームを鼻の内側の粘膜に塗って出かけるとよいという情報も聞きました。


ただ日本と比べると花粉症の人は圧倒的に少なく、また3,4,5月はまだ雨がよく降ったり曇りの日が多い時期なのであまり心配なさらず、ご旅行を楽しんでくださいね!(ティッシュは必需品。)だって、この時期はオランダならではのチューリップの時期でもあるので!!


2017年4月12日

小雨が降ってちょっと肌寒い日を送っているオランダからこんにちは!ここ数日とても暖かい日が続いていたので少し雨が降った方が植物には良い影響を与えると懐広くなった私でございます。


さて、今日はオランダのスーパーマーケットでよく見かけるこのマークについてご紹介します。

DSC_0937.JPG

これは<Fair trade>という機関が販売している商品という意味です。
この<Fair trade>とは一体何でしょうか?


オランダは様々な食糧を発展途上国から輸入しています。例えばコーヒー豆やバナナ、砂糖など暖かい場所でしか栽培できないものなどです。発展途上国はそのような輸出品で国内経済また農産業を支えようとしていますが、気候の変化で農作物がうまく育たない場合もあります。また個人農家などは農作物を売る際に買い取り値を必要以上に安くされ、十分な収入を得られない場合が多く見られました。そこへ気候の変化が影響して作物自体がよく育たないとなると農家の家計に大きな打撃を与えます。<Fair trade>とは簡単に言えばそのような貧困に苦しむ発展途上国の農家による農業組合みたいなものです。作物の育ち方に関わらず、また社会的な地位に関わらず、平等な価格で作物を取引し、利益の使い道は<Fair trade>に参加している農家で、農家の将来のために自主的に決めてよいというものです。この制度によって農家の家計が安定し、またその利益によって農家が集まっている村に学校を建てたり水道を引いたりとその村の将来を良くするきっかけを与え、自立の道に導くというのが狙いのようです。この制度は今や世界中に広がり、オランダでもこの制度を推奨して、多くのスーパーマーケットでこのマークのある商品が増えてきています。オランダには様々な人種の方たちが暮らしており、最近では色々な問題が噴出してきているとはいえ、人道的な制度にはとても熱心です。よって、このような商品をわざわざ選んで買うという人も多いです。


また、このような無農薬の食材も最近ではだんだんとスーパーマーケットで大きな割合を占めるようになってきました。

DSC_0936.JPG

私も野菜はなるべく無農薬のものを買うようにしています。もちろん、無農薬専門のお店もあり、そこでも野菜などは売っているのですがそのようなお店で買うと値段がとても高くなり、スーパーマーケットの無農薬野菜の方がお手頃なお値段で手に入れることができます。ちなみにベルギーとオランダの国境近くに住んでいる私は何回かベルギーのスーパーマーケットに行ってみたことがあるのですが、無農薬製品はオランダの方が圧倒的に多いです。こんなに国が近くてもやっぱり違うんだなと思ったのを覚えています。


以上、社会貢献や健康にとても重点をおいているオランダでした!(オランダ、やるじゃん!)


2017年4月11日
2017年4月10日
2017年3月26日
2017年3月20日
2017年3月14日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ