海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る


こんにちは!!


今回は、日々忙しくてたまらない、仕事や家事の合間に出来立てお菓子とお茶やコーヒーで一息つきたいけどお菓子を作るのが面倒!という方のために、オランダで買える、しかもお土産としても面白いものをご紹介します。
それはこちら!

DSC_0510.JPG

これ、実は簡単にできるカップケーキの粉なんです。この商品を出している<Dr. Oetker ドクター・ウッカー>という会社は冷凍用のピザや、お菓子関係の商品を多数出している食品会社で、簡単に作れる割には味も質も良いと評判の会社です。

今回ご紹介するこのカップケーキの商品はこのようにして作ります。

① まずこの商品の袋の中に入っているパウダーをマグカップに入れる。(マグカップはこのような普通サイズ。)

DSC_1933.JPG

② 次にそのマグカップの中に牛乳を注ぎ、よくかき混ぜる。
③ それを電子レンジに入れて温める。
600ワット→70秒
700ワット→60秒
800ワット→50秒
④ 電子レンジから取り出し2分間冷ます。
⑤ いただきま~す!

出来上がりはふっくらと浮き上がって、まるで一昔に流行ったリーゼントの髪のようです。(もっと他の例えはなかったのだろうかと思いますがそれが偶然頭に浮かびましたので、はい・・・)

味も4種類と豊富です。


Caramel(キャラメル)
Chocolade(チョコレート)
Stracciatella(プレーンにチョコレートチップ入り)
Kruidcake

この最後の<kruidcake クラウドケーキ>という味、これは英語でも日本語でもうまく説明することが出来ません。適切な言葉が見つからないと言った方がいいかもしれません。この味、オランダ人がとても好む味で、オランダ独特の味じゃないかなぁ~と思います。色々なスパイスが混ざったような味で、結構強い味で、私はあんまり好きじゃありません。スパイスと言っても辛いわけではありません。もし興味がある方は一度試してみてください。

もしご滞在中のホテルの部屋に電子レンジがある方はご旅行中に、そうでない方はお土産にちょうどよい商品ではないかなと思います。
ただ、一から手作りで作っていくカップケーキと比べると、やはり味は劣ると思います。ただ時間がない時や、体調が悪い時などには便利だと思います。オランダに来たついでに試してみてはいかがでしょうか??


2017年11月12日

こんにちは!最近めっきり寒くなって来たオランダです。数日前の朝はマイナス6℃という気温を叩き出しました。毎朝子供を学校に連れていくために自転車で行くのですが、もう手袋、マフラー、冬用帽子は必須です。<寒いから車で行こうよ~!>とぐずる子供を<だから体を動かして温めなきゃ!運動運動!>と説得して行ったのはいいのですが、<さすがに寒いな、こりゃ~!>とひそかに心で思った私でした(笑)。

今回はアイントホーヘンにある小さなカフェをご紹介します。それはここ、Dutch homemade(ダッチ・ホームメイド)!

DSC_1837.JPG


このカフェはアイントホーヘンのKleine berg(クレイン・ベルグ)という通りにあります。
このKleine berg という通りはアイントホーヘン中心からちょっと入り込んだ小道のような通りです。入り込んだ小道とはいえ、危険な場所ではないのでご安心ください。この通りにはこじんまりしたカフェ、おもちゃ屋さん、本屋さんなどがある他、チェーン店ではないブティックがあるため若者に人気です。その上、これらの店は表通りにある店と比べても値段が高いわけでもありません。
その一角にあるこの店は、もともとフランスを代表する洋菓子であるマカロンの専門店。店の中に入ってみるとこのように色とりどりのマカロンがっ!ひょえ~!

DSC_1834.JPG

実は、個人的にはマカロンはあまり好きではありません。一度食べてみた時に歯に詰まりまくったのとあのパサパサとした中途半端な硬さがすっきりしません(笑)。しかしこの店にはマカロンに挟められているクリームの味がバニラの他にチーズケーキやチョコレートなどバリエーションがあったため(え、これ普通?!)、ちょっと興味があって立ち寄ってみました。子供達は初めて見慣れぬお菓子にオドオドし、結局アイスクリームを選びました。(笑)そう、ここには5種類ほどのアイスクリームも売られています。


アイスクリームの種類はこのマカロンに比べたら5種類ほどと少ないですが、子供達が選んだストロベリーのアイスクリームを一口もらってみるととてもおいしかったです。普段はストロベリー味はあまり好きではなく、選んだことはないのですがここでは昔ながらの甘いイチゴの味がしておいしかったです。
またここではお菓子の注文と共にコーヒーや紅茶なども飲み物を注文できるようになっています。それと一緒にとこのようなケーキも用意されています。
DSC_1835.JPG

うぷっ!どれもボリューム満点そうです!全部挑戦して食べたらコレステロールが一直線に急増してしまいそうです!!

その他にもこのようなかわいいチョコレートたちが!
DSC_1836.JPG

パッと見た感じ、上の段の左から3個目は犬版マイケル・ジャクソンかと思いました。っていうか絶対そう!このような包装がかわいいチョコレートをプレゼントしても面白いんじゃないかなと思います。


店員さんもとてもフレンドリー!
買い物の合間の休憩にこのようなかわいいカフェでちょっと休憩してはいかがですか?


※Dutch homemade(ダッチ ホームメイド)
アドレス:Kleine Berg 51 , 5611JT , Eindhoven
電話番号 : 040 3680526
開店時間 : 日~木曜日・・・12:00~21:00
       金曜日・・・11:00~22:00
       土曜日・・・10:00~22:00
Facebook : <DutchHomemade  Eindhoven>で検索


2017年11月12日


こんにちは!本日はオランダで代表的な観光地の一つ、ハーグにあるマドゥローダムをご紹介します。それはこちら!

DSC_1694.JPG


このテーマパークはオランダ各地にある名所やお祭りを25分の1に凝縮して再現したミニチュアタウンと言われています。オランダに長期滞在される方や、個人旅行で来られる方は、まずここに来て観光場所を決めるのもいいかもしれません!それほどオランダ全土が凝縮されています。現在では年に約65万人の観光客が訪れ、ハーグ市内では第一位の、オランダ国内では5本指に入るテーマパークとなっています。


もともとマドゥローダムとは第二次世界大戦中にオランダのレジスタンスの一員として戦ったジョージ・マドローの名前に由来しています。彼は結局ナチスドイツにつかまってしまい、ダッハウ強制収容所で命を落としてしまいますが、彼の両親が、息子の活躍祈念として寄付した資金でオランダ各地の名所を再現したこのようなテーマパークが建設されました。

以前、この園内は主に<展示物であるミニチュアタウンを見る>という目的が主だったのですが、それから改築工事をして、現在では子供達への体験型テーマパークへと様変わりしました。園内に入ってすぐにジョージ・マドローの人生のショートフィルムも見ることが出来ます。

ちょっと園内の様子をお見せしますね。

DSC_1647.JPG

これはユトレヒトにある有名なドムタワー。訪れた日はオランダ女子サッカーチームがヨーロッパ選手権で優勝した直後だったため、オレンジの縦幕が掛けられていました。

DSC_1685.JPG


こちらはアムステルダム中央部にあるダム広場。


DSC_1690.JPG


園内を一回りしていくと、このようなガチョウを抱えたおじさんの銅像があります。

DSC_1673.JPG


その横にはこのような展示物が。

DSC_1672.JPG

ここに50セント(1ユーロだったかもしれない、よくど忘れしてすみません!)を入れる場所があります。この工場のような建物に上には<Klompenfabrick クロンプンファブリック 、つまり木靴工場>と書いてあります。その金額のお金を入れると、トラックがやってきてこの工場の周りを一回りし、工場の中へと入って行って次に出て来た時にはトラックの荷台の上に木靴のキーホルダーを乗せてきます。その木靴にはマドゥローダムの名前も入っています。お金を払った方はぜひお持ち帰りください。

またこちらでは飛行機のプラモデルを使っての操縦シュミレーションを行うことが出来ます。

DSC_1664.JPG


こちらのコーナーは、船の上に積み木を少しずつ置いて、どのように、またどのバランスで置けば船がひっくり返って沈没しないかという遊びをすることが出来ます。

DSC_1675.JPG


これはオランダを海水から守っている堤防、以前ご紹介したデルタウェルクの仕組みを知ることが出来ます。

DSC_1676.JPG


また今一番子供達の間で人気があるのが<ニューアムステルダム>というアトラクション!

現在のアメリカのニューヨークは昔はニューアムステルダムという名前だったというのはご存知でしょうか?名前からも分かる通り、ニュー<アムステルダム>はオランダ人によって作られた場所です。その後、イギリスにその場所を売り渡した後、名前がニュー<ヨーク>と変わりました。このアトラクションではその頃のイギリスとオランダの間で行われた幾度にも及ぶ海戦を自ら体験できます。実際に画面のところにある人形も実際の人の様に動きますし、大砲を打つこともできます。自分が撃った後は画面上の海のしぶきが上がるので子供達は大喜び!大人にとっても結構面白いです。

Madurodam 2.jpg

(本画像はマドゥローダムの許諾を得てプレス用画像を使用しております。© Madurodam)

Madurodam.jpg

(本画像はマドゥローダムの許諾を得てプレス用画像を使用しております。© Madurodam)

展示物を見るテーマパークというと小さい子供達やあまり興味のない子供達が退屈になることがあるかもしれないと、パーク内にはこのように公園も設置されています。

DSC_1683.JPG

以上の様に一日歩いても飽きない、マドゥローダム。家族連れでも恋人同士でも楽しむことが出来ます。ぜひ訪れてみてくださいね!


マドゥローダム公式サイト→ https://www.madurodam.nl/nl/het-park

開園時間→ 月~日曜日 09 : 00~19 : 00
※デンハーグセントラル駅から9番トラム<Scheveningen Noorderstrand>行きに乗車し、約10分。トラム駅<Madurodam>で降車し、目の前がマドゥローダム。


2017年10月29日
2017年10月25日
2017年10月24日
2017年10月20日
2017年9月19日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集