海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイントホーフェン特派員ブログ > ちょいこわっ!洞窟探検!

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月13日

ちょいこわっ!洞窟探検!


メール プリント もっと見る

ちょいこわっ!洞窟探検!

今日は私の町から少し離れた町、Valkenburg aan de Geul(ファルクンブルグ アアン ドュ ヒュール、通称ファルクンブルグ)についてご紹介します。この町はオランダでも最南端のLimburg(リンブルグ)州にあります。ドイツに近いため、この州の方言はとってもドイツ語に近く、もうオランダにいるんだかドイツにいるんだか分からなくなり、<ここはどこ?私は誰?>状態です。方言のみで話すリンブルグ州の人同士の会話を盗み聞きしようとしても何言ってるか分かりません!ドイツ語ペラペラのオランダ人の旦那でさえも、<ありゃ~別の言語!>と言っています!私がこの州を訪れた時にちょっとお店に寄った際、店員さんが気さくに話しかけてこようとしたのですがその際にまず<英語、オランダ語、ドイツ語のどれがいい?>と言われて何じゃそりゃ!と思ったのを覚えています。
そのファルクンブルグで有名な観光地がこれっ!

DSC05349.JPG

Grot(フゴット)とはオランダ語で<洞窟>を意味します。ファルクンブルグ市内にはとても大きな洞窟があり、複数の入り口があります。これはそのうちの一つの入り口。Kasteelruïneはこの洞窟の上にある中世代(約11世紀)のお城の遺跡です。ここでは<洞窟>の方をご紹介します。実はこの町の中の大きな洞窟を使ったガイド付きツアーに参加できるのです。<ガイド付き>でなければなりません!なぜか、もしガイドがつかない場合は死を覚悟せねばなりません。怖いでしょ!!でもこの洞窟の中は本当に複雑でしかもガス灯なしじゃ真っ暗!自分がどこにいるのか、本当に分からなくなります。外界だけでなく、地下でさえ<ここはどこ?私は誰?>状態です。備え付けの電灯もありません。ツアーはガイドさんが持つガス灯の明かりのみ!一回のツアーに参加できる人数も、ガイドさんがしっかり把握できるように決まっていて、小さいお子さんは親御さんが手をつなぐよう言われます。過去に好奇心の強い10代の男の子3人が自分達だけでこの洞窟の中を探検しようとし、とうとう出てくることが出来ずに帰らぬ人になったこともあるそうです。そのため、ツアーの最初に決して子供から目を離さないよう、しつこく注意されます。
またここは洞窟なので中はとても寒いです。私達は夏に行きましたが、その際でも上着が必要でした。だいたい年間を通して気温12度前後を保っているとの事。夏だと寒く感じ、冬だとちょっと暖かく感じるとの事です。

早速中を見てみましょう。

DSC05352.JPG

このようにガイドさんと共に進みます。
このように洞窟の中にはとても美しい壁画が描かれています。

DSC05353.JPG

これはファルクンブルグに昔あった(現在は洞窟の上)中世代のお城の壁画。約11世紀頃のお城とか。

DSC05356.JPG

約18世紀頃に起こったフランスとの戦争の際には戦火を避けて多くの民間人がこの洞窟に身を隠したそうです。第二次世界大戦中のナチスドイツ占領下時代にも多くの民間人やユダヤ人が身を隠し、アメリカ兵もここを拠点として戦っていたそうです。これはそのような状況であってもキリスト教のお祈りができるようにと作られたお祈りの場所です。

DSC05363.JPG

このようなお祈りの場所は洞窟の中の至る所にあります。当時はキリスト教への信仰心が強かったことと、度重なる戦争により人々が安らぎを求めていたのかなと思いました。ここに隠れていたユダヤ人の人々やアメリカ兵達が自ら壁に残した名前なども見ることが出来ます。ちょっと怖かったのでその写真は撮らずじまい。。。

ここでちょいと明るい話題!この洞窟では毎年クリスマスマーケットが行われています。後述するホームページからその写真やビデオを見ることが出来ます。ちなみに今年は11月13日(金)から12月23日(水)まで。また、前述しましたがこのファルクンブルグの洞窟は入り口がいくつもあるとても大きな洞窟です。そして他の区域(Gemeentegrot)でも毎年クリスマスマーケットが開かれます。これもホームページを後述しておきます。地下で行われるクリスマスマーケットとしてはヨーロッパ最大です。洞窟で開かれるヨーロッパ最大のクリスマスマーケット、もしこの時期にオランダに来られる方はぜひ訪れてみてください!!

アドレス:Daalhemerweg27
6301BJ Valkenburg aan de Geul
ホームページ:http://www.fluweelengrot.nl/
  http://www.fluweelengrot.nl/kerstmarkt_algemeen (クリスマスマーケット情報)
電話番号:+31(0)43−8200040
      
Gemeentegrot アドレス:Cauberg 4 ,
            6301BT , Valkenburg aan de Geul
ホームページ : www.valkenburgkerstmarkt.nl

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年8月13日
« 前の記事「やっと僕の出番、風車だいっ!!」へ
»次の記事「蒸気機関車でゆっくりした時を・・・」 へ
おすすめ記事
    アイントホーフェン特派員 新着記事
    オランダ観光での便利なインターネット接続とその注意点!
    水害ならオランダにお任せ、世界トップの技術!
    ローカル色いっぱい、親子で行けるパンケーキ専門店!
    オランダの面白い慣習!
    ヘザーで埋めつくされる国立公園、Strabrechtse Heide !!
    ヤバイ!機内で小腹が空いた時の対処法!
    家族連れにお勧めレストラン、D'n Kleine dommel !
    注目!ヨーロッパ選手権におけるオランダ女性サッカーチームの活躍!

    オランダ 航空券情報


    オランダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アイントホーフェン特派員

      アイントホーフェン特派員
      ベッカーズ 絢嘉
      オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集