海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイントホーフェン特派員ブログ > モーゼルワインの里、ドイツ、コッヘム(Cochem...

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月21日

モーゼルワインの里、ドイツ、コッヘム(Cochem)の旅②


メール プリント もっと見る

モーゼルワインの里、ドイツ、コッヘム(Cochem)の旅②

さてさて、6月の初旬にやっと夏らしい気候になったかと思えば最近は雨ざんざんで、しかも気温も20度くらいにしか上がらないという、この苛立つ気候の中、元気に過ごそうとしている私でございます。今週末は30度前後になると予想されていますが私の気持ちは<もう信じらんわっ!勝手にせいっ!>という感じです。


さて、今回は前回の続きでドイツ、コッヘム(Cochem)のご紹介の続きをさせていただきます。

実はこのコッヘム、意外と坂が多く、地理的に言えば長崎市内にとても似ています。町のあちらこちらにこのような急斜面がっ!

DSC07565.JPG

ということで、<ぜひ訪れてみたいっ、前回紹介されていた巨大豚足にかぶりつき、モーゼルワインをがぶ飲みしたいっ!!>という野心を持たれている方はなるべく足腰が強いうちに訪れてみることをお勧めします!!

この急斜面は町のシンボルであるライヒスブルグ城(コッヘム城)を訪れる際もお城まで延々と続いています。延々と続く坂道から撮ったコッヘム城。下に広がるのはもちろんワイン用のブドウ畑です。


DSC07569.JPG

城内に入るとこのような立派な壁画もあります。

DSC07579.JPG

いざお城の中(中庭も含む)に入るにはすべてガイド付きで入らなければなりません。

DSC07582.JPG


このように丁寧に説明をしてくれます。説明はドイツ語もしくは英語なのですが、お城の説明のパンフレットはその他の言語の分も用意されています。日本語もありました!!説明を始める前にガイドの方がどの言語がいいか尋ねてくれるので<Of course Japanese(Vサイン付き!)オフコース ジャパニーズ !!>と景気よく言ってみてください!(笑)

このコッヘム城は1689年にフランス軍によって破壊されてしまいましたが、1868年から1877年にかけて、ベルリンの商業枢密顧問官であったルイス・ラファネーが愛する妻のために再興したのだとか。一人の女性のためにお城を作り上げてしまうとはっ!横で説明を聞いていた私の旦那が<絶対無理・・・>とぼやいたのを私は聞き逃しませんでした(笑)。なぬっ!<今の家で我慢して、頼む!>だって!(笑)いや、こんなでっかい家買ってもらっても掃除大変だしね!(その前に、自分で掃除することを考えること自体が庶民的・・・)

まず、これは食堂。ルネッサンス様式だとか。

DSC07583.JPG

この部屋の向かって右側の見えるドアは実は本当の扉じゃありません。ルネッサンス様式の左右対称の特徴を保つため、一枚の扉を取り付けただけらしいです。ドイツ人と日本人は、こだわるところが似ていると聞いたことがありますが、本当にそうですね!これがオランダ人だったら<もったいねぇじゃん!値段が高くなっちゃうよ!>とか言ってアイデア削除される可能性大!!

見かけは小さなお城に見えますが、中は多くの部屋があります。婦人達だけの部屋や、男性たちが政治について話し合った部屋、また緊急時の際に城から逃げ出すことができる秘密のドア等、とても興味深いです。この秘密のドアは地下深くまで続いていて町まで逃げることができるそうです。写真も撮ったのですが真っ暗で何なのかよく分かりません。

ここは騎士の部屋。

DSC07584.JPG

城内で一番広い部屋で、とても大きな暖炉があり、しかも、写真の左奥に見えるでしょうか、日本製の骨董品がいくつもありました。(おそらく有田焼。)この当時、アジア製の骨董品を持っているということは権力の象徴だったそうです。

これはお城のバルコニーから撮ったコッヘムの町。モーゼル川がゆったりと流れています。

DSC07572.JPG

中世時代、川はドイツとフランスを結ぶための主要路であり、その川を支配するためにコッヘム城が関税城として建てられたらしいです。

ここは城の中庭。とても大きな庭ではありませんが頑丈な作りで、とても綺麗に設計されていると思いました。

DSC07595.JPG

この井戸は50メートルの深さ。

DSC07593.JPG

石を落としてみると、かなり時間がたった後に<ポチャン........>とかすかに聞こえるくらいです。


さて、お城見学の後は、ちょっと市街に行って散策を。ここが町の中心部。

DSC07603.JPG


まさに<ドイツっ!!>という街並みですね!町の至るとこに喫茶店があり、ゆっくりと休憩することができます。町中の木造りの建物の角にはこのようなかわいい彫刻作品もたくさん見ることができます。

DSC07764.JPG


さて、次回はこの街を上から見るためにロープーウェーに乗って山の上まで行きます。お楽しみにっ!!


※コッヘム城への入場料は城内への入り口向かって右側にある土産物品店にて購入できます。
ガイド料を含めて6ユーロ。(2016年5月時点)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 見所・観光・定番スポット
2016年6月21日
« 前の記事「モーゼルワインの里、ドイツ、コッヘム(Cochem)の旅!①」へ
»次の記事「モーゼルワインの里、ドイツ、コッヘム(Cochem)の旅③」 へ
おすすめ記事
    アイントホーフェン特派員 新着記事
    アイントホーヘン観光に便利な無料情報誌!!
    ミルクアレルギーの方へ朗報、ココナッツミルクデザート!
    オランダ鉄道の驚きの変化!!
    オランダで注目されつつある自然墓地。
    オランダ郵便局の、ご遺族への素敵な気配り。
    シックな田舎町レストランでごゆっくりと休憩を!
    オランダ、最近のファッション動向!
    子供の心を惑わすおもちゃ、スピナー!!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    オランダの春の味、第2弾!
    世界でここだけ!特別な黒さくらんぼ!
    個人旅行の節約方法!
    オランダの春の味といえば。。。

    オランダ 航空券情報


    オランダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ