海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/イーリー特派員ブログ

イギリス/イーリー特派員ブログ 岡野 愛

イギリス・イーリー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 1年以上も前からロンドンにココイチがオープンすると言う話がありましたが、とうとう先月中旬にオープンしました。在住日本人は楽しみにしていた方も多いはず!実は私は日本でココイチに行ったことが無いのですが、主人(イギリス人ですが)は大好きで何度も行ったことがあると言うこと。これは行ってみたい!と冬休み最後の週末(土曜日)に行ってきました。

 場所は地下鉄レスタースクエア駅(Leicester Square)から徒歩1分。以前はお好み焼き専門店 あべのがあった跡地。こちらは目の前の鉄板で焼いてくれる本格的なお好み焼きでとても美味しかったので無くなってしまったのは残念ですが、本店は変わらず営業されていますのでご安心ください☆


http://www.abeno.co.uk/index.html


到着したのは夕飯の時間には少し早い17時前。その為なのか、待ち時間も無くスムーズに入店できました。


IMG_20190104_161045.jpg


 本当は店内全体の写真を撮影したかったのですが、他のお客様もいらっしゃったので遠慮して私達が座った隣の座席の写真を載せておきますね。女性でも入りやすそうな雰囲気でしたよー。


IMG_20190104_172116.jpg


メニューがこちら↓


IMG_20190104_162152.jpg


ココイチの特徴である辛さのレベルが選べます。


IMG_20190104_162128.jpg


本当に種類が豊富です!


IMG_20190104_161341.jpg


IMG_20190104_161357.jpg


IMG_20190104_161406.jpg


IMG_20190104_161417.jpg


日本のメニューと比べてみましたが、オムライスは日本には無いようですね。


IMG_20190104_161424.jpg


サラダメニューも豊富。サラダの上にチキンカツが斬新!


IMG_20190104_161436.jpg


IMG_20190104_161444.jpg


トッピングもバリエーション豊かですね。


IMG_20190104_162323.jpg


 主人が選んだ「チキンカツ 野菜カレー」。辛さレベルは2を選択。13.4ポンド(約1,900円)。主人が「日本の味と同じだ!」と言っていました。


IMG_20190104_164147.jpg


 私は「チキンカツカレー」。辛さは普通。11.9ポンド(約1,700円)に3.5ポンド(約500円)のセットメニューを追加で日替わりスープ、ミニサラダ、ソフトドリンク(ホットドリンクも選択可)とデザートのアイスクリーム。この日のスープは玉ねぎとワカメのお味噌汁、サラダは胡麻ドレッシングか醤油ドレッシングを選択できました。写真を撮り忘れてしまったのですがアイスクリームは2スクープでした。


IMG_20190104_164249.jpg


 もちろん味は納得の美味しさでした。セットメニューもお願いしたのでお腹がパンパンになりました。セットメニューはかなりお得だと思います♪下の娘も一緒に食べたのですが辛さに強い子なので大人用の普通のカレーでも食べられました。

 もちろんキッズメニューもありますよ☆そしてこのメニューをひっくり返すと・・・


IMG_20190104_161205.jpg


塗り絵になっています。クレヨンもいただいて子供達も楽しく待つことができました。下の娘(3歳)の塗り絵です。


IMG_20190104_163609.jpg


 上の娘の「フライドチキン オムライスカレー」5.9ポンド(約850円)。ジュース、デザート(この日はカップゼリーでした)とおまけ付き。カレーは子供が食べやすいように甘口です。「美味しい!美味しい!」と言いながら完食しました。


IMG_20190104_163820.jpg


 値段に更にサービス税が12.5%が加算されるため日本円に計算してしまうと高い!と思ってしまいますが、ここはイギリス ロンドン。もともと物価が高いので他のお店で食べてもこのくらいの値段はしてしまいますし、私は妥当な値段だと感じました。味も美味しいし、ボリュームもあるし、そしてスタッフの方がとても親切である上にフレンドリーで大満足できました♪娘達にもお声かけくださったり、とても子供に優しいお店でした☆ロンドンに行った際にはぜひ再訪したいと思います。日本式のカレーがイギリスでも定着し、第2号店、3号店と増えていったら嬉しいなと個人的に思っています。できればケンブリッジにも!イーリーにもオープンして欲しいですが贅沢は言いませんからっ!!(笑) 


2019年1月 7日

2日遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。平成最後の2019年、今年もよろしくお願いします。


今月から下の娘もナーサリー(日本で言う幼稚園)に通い始める為、私も少しは時間ができるのでもう少し頻繁に更新できると思います。ブログの更新も今年の目標にしたいと思いますので変わらず読んでいただけたら嬉しいです。


今日はイギリスのお正月ってどんな雰囲気なのかを書きたいと思いますが…


「新年を感じない…。」


と言うのが正直なところです。以前住んでいたスペインのビルバオも同じです。日本のようにクリスマスが終わったら一斉に門松などのお正月の飾り付けに変わることもないですし、以前にもブログで書いたとおり、クリスマスツリーやデコレーションも1月6日まで飾られています。やはりキリスト教の国です。その中でも大晦日には近所のあちこちで花火が上がったりするのがお正月を感じるものと言う感じでしょうか。


ちなみに日本の卒業式や閉店時に流れる「蛍の光」は年越しの時に歌われる曲。主人の実家に行った際、お友達もたくさん来ていた時にみんなで手を繋いで歌いました。


私はやはり日本人でずっと日本で育ってきたのでお正月をお祝いしたい気持ちが強いです。少しでもお正月の雰囲気を感じたくて今年もおせちを作りました。


IMG_20190101_124815.jpg


皆さんが日本で召し上がるおせちに比べたら手に入る物も限られていますし質素ですが、自分で手作りすることによって少しはお正月を感じることができます。そして子供達にも日本のお正月の雰囲気を感じてもらいたくてやっています。今年はお年玉も渡してみました。


おせち料理を作る際に何が大変かと言うと食材集めです。イーリーには日本食材店は無いので蒟蒻はケンブリッジのMill RoadにあるSeoul Plaza(ソウルプラザ)で買って来ました。乾燥黒豆と田作り用の煮干しは日本から。このように全てが簡単に手に入らない中で工夫しながらなんとか完成。年末に大根が手に入らなかったのでなますができず玉ねぎのサーモンマリネに急遽変更。上の娘は二色たまごのお手伝いをしてくれました。


こちらは前回のおせちです。↓


FB_IMG_1546386809782.jpg



海外で生活する中で手に入る範囲内で工夫し、そして日本を感じることができた時は幸せです。このような小さな幸せを積み上げながら今年もイギリス生活を楽しく送っていきたいと思います。


本年も引き続きイーリー特派員ブログをよろしくお願いいたします。


2019年1月 3日

 早いもので2018年も残り約1週間となりました。本当にあっという間ですね。クリスマスまでもあと数日。こちらは最終的なクリスマスショッピングに追われ、どのお店も通常より混み合っていますし、カートいっぱい買い物している人もたくさん。クリスマス当日はお店は全て閉まりますので、私もクリスマスイブまでには終わらせておかないとです。

 そんな中、このブログの中でも何度もご紹介しているピーコックスティールームに行ってきました。実は先週、義両親がイーリーに来ていたこともあってこちらにお邪魔したばかりだったのですが、クリスマスメニューで気になるものがあって、どうしても食べておきたいと思い先週に続き行ってきました。


IMG_20181216_111959.jpg


 店内のデコレーションもクリスマスバージョンになっています。娘が気が付いたのですが、これは本物のモミの木を横にして天井からぶら下げてあります。↓


IMG_20181216_114926.jpg


 こちらが期間限定クリスマスメニュー。私が気になっていたのは「ミンスパイ」。最初は紅茶とミンスパイだけお願いしようと思っていたのですが、せっかくなのでスコーンとクロテッドクリームも付くクリスマスクリームティーをオーダーしました。


IMG_20181216_112316.jpg


 写真右のクリスマスツリーが付いた丸いものがミンスパイです。↓パイ生地の中に「ミンスミート」と呼ばれるレーズン、りんご、ナッツ、スパイス、ブランデーなどを漬け込んだものが入っています。この時期には必ず食べる物と言っても過言では無いでしょう。もちろんスーパーでも売っていますし、自宅で手作りする人も。ただレーズン嫌いな方は苦手と言うか「無理!!」と言われるくらいレーズンがギッシリ入っています(笑)。私はレーズンが特別好きという訳では無いのですが、ミンスパイは好きで毎年この時期は欠かさずに食べています。7年もこちらに住んでいるとこれを食べるとクリスマスだなって思うようになってきました。


IMG_20181222_134710.jpg

 そしてピーコックスのホームメイド ミンスパイ、肝心なお味は、とっても美味しい!今まで食べたミンスパイの中で一番しっとりしたタイプでした。もちろんその横のスコーンも変わらない美味しさ。たっぷりとクロテッドクリームをのせて。見た目はクロテッドクリームとそっくりなのですが、この時期限定のブランデーバターも一緒にサーブされています。ブランデーバターはかなりお酒が強くて弱い方は少しでも酔ってしまうかもしれません(笑)。メニューには書いて無かったオレンジはインパクト大!!

 
 そして今回娘用に初めてオーダーしたティーポット ショートブレッド。見た目も可愛くて喜んでいました。お値段も1.75ポンド=約250円とティールームのお値段にしてはお手頃。これから娘の定番になりそうです。


IMG_20181222_134201.jpg


 今回ご紹介したクリスマスクリームティーはこの時期の期間限定になります。私も間に合って食べられてよかったです。来年もまたホームメイド ミンスパイ食べに行くのが楽しみです。

ピーコックスティールーム ホームページ↓

http://www.peacockstearoom.co.uk/


2018年12月23日
2018年12月14日
2018年11月30日
2018年11月 8日
2018年6月10日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • イーリー特派員

    イーリー特派員
    岡野 愛
    3年間のスペイン ビルバオ生活を経て、夫の母国であるイギリスに2013年より在住。2015年9月に次女を出産。自然に囲まれたイーリーは二人の娘の子育てにとても良い環境の街です。イギリスの文化や生活、四季の移り変わりなどいろいろご紹介していきたいと思います。 DISQUS ID @aiokano

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集