海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/イーリー特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イギリス/イーリー特派員ブログ 岡野 愛

イギリス・イーリー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

先日ご紹介したベストシーズンのイチゴ編。↓


http://tokuhain.arukikata.co.jp/ely/2017/06/post_26.html


今回はラズベリー編をご紹介します。

イチゴと並びこの時期には美味しいラズベリーが豊富です。日本で生活していた時はラズベリーを生で食べるなんてことは無かったと思います。こんなに美味しいラズベリーを思いっきり食べられる幸せな時期でもあります。

IMG_9616.jpg

そして私が3年前にPYOに通い始めて初めて知ったゴールデンラズベリー!


このゴールデンラズベリーはスーパーでも見たことが無く、私の通うPYOで採ることができます。あるご夫婦がカゴいっぱいに入れていて、「これは何?」と聞いたらゴールデンラズベリーと言うんだよ、と教えてくれて味見させてくれたのが初めての出会い。普通のラズベリーは赤ですが、ゴールデンラズベリーはこのようにゴールドっぽいピンク色。味は酸っぱさが全く無く、とっても甘いんです。それ以来、毎年食べられるのが楽しみなんです。

IMG_9606.jpg

ラズベリーの採り方は身の部分を軽く持って下に引っ張ると簡単に採れます。イチゴよりも力を入れずに採れるので下の娘(1歳9か月)でも楽々~。その分、お会計前にも関わらずつまみ食いしてます(笑)。でもPYOの方も子供が食べているのを容認してくれているのが穏やかでありがたいです。ちなみに赤いラズベリーはゴールデンラズベリーに比べてできる時期は少し遅いそうで、もうしばらくしたらたくさん収穫できるそうです。(私が行ったのは木曜日で赤のラズベリーはまだあまり収穫できませんでした。)

IMG_9598.jpg

ブルーベリーと一緒に。ブルーベリーも今が旬で美味しいです。


IMG_9744.jpg

そしてこの時期によく作るのがこれ↓ メロンを小さく丸くくり抜いて他のフルーツもたくさん入れてフルーツバスケット。家のお庭のテーブルで食べるとまた気分も上がります。子供達も喜びます。イギリスはメロンも安くて1玉 1~2ポンド(140円~280円くらい)で買うことができます。


カラフルな見た目にもそして味にも大満足のフルーツの旬の時期です。

IMG_9863.jpg


2017年6月18日

今回は前回のイチゴ編に続きお花編です。

先週の半ばはこの時期には珍しくまとまった雨が降り、気温も下がりましたが、また良いお天気が続いています。

イギリスで今の時期のお花といえばやはりバラ。街のあちらこちらで、そしてお庭でもいっぱい咲いていて楽しむことができます。

IMG_4518.jpg

バラと言っても数多くの種類があり、本当に様々ですね。ミニバラや大きなバラ、色、形が違っていて見る度に発見があります。

IMG_4570.jpg

IMG_4512.jpg

そしてラベンダー。こちらは我が家の前庭のラベンダーで今が満開です。毎年大変ですが、剪定しているので元気に咲いてくれます。香りもいいんですよー。

IMG_4393.jpg

ポピーもこの時期のお花。私の中でこのお花が咲いているのを見つけるとそろそろイチゴ狩りの時期だなぁとセットで楽しみにしているお花でもあります。

IMG_4481.jpg

IMG_4552.jpg

なでしこも可愛いですね。いろいろな色があってとっても愛らしい。こちらではよく花瓶にいっぱい挿して飾っているのを見かけるお花です。

IMG_4572.jpg

IMG_4523.jpg

やはりカラフルなお花がいっぱい咲いていると気分も明るく、外に出るのが楽しみになります。普段は車で行ってしまう所も敢えて歩いてみようかなーと思ったり。健康にもいいですね。この時期がずっと続けばいいのに(笑)と思ってしまいます。でもきっと限られるからこそ、この時期が嬉しく思うんですよね。


日も長く今日現在の日の出は4時37分、日の入りは21時21分。夏至まで毎日伸びていきます。外も明るいとお出かけもしやすいですし、そういった点でもやはりイギリスのベストシーズンは6月です☆


2017年6月12日

 日本の6月は梅雨のジメジメしたイメージですが、イギリスのベストシーズンは6月。日も長く、雨も少なく、その為イベントも多いので人々のテンションも上がっています。私も毎年6月になるのが楽しみでワクワクしています。

 その理由のひとつが豊富な果物。その中でもイチゴは6月の果物の代表。スーパーにも甘くて安いイチゴが並んでいます。私はもちろんスーパーでも買いますが、毎年の楽しみである『PYO』=『Pick Your Own』いわゆる自分の手で摘むイチゴ狩りです。こちらは毎年私が行く『Lidgate Farm』の目印の看板前で撮ったもの。イーリー市内から車で15分くらいでIslehamという村にあります。行くまでの車中からの景色もキレイでドライブしていても気持ちがいいですよ。私のストレス発散方法のひとつです。

IMG_4469.jpg

 日本ではイチゴ=冬の果物ですが、ハウスで人工的に育てられるからなんですよね。イギリスのイチゴは自然の光をいっぱい浴びて育っています。こちら一面イチゴ畑です!

IMG_4422.jpg

近くに寄ってみると、


IMG_4423.jpg

 こんな感じにイチゴがいっぱい生っています。こちらのPYOは今年は先週の日曜日にオープンしたばかり。私もずっと楽しみにしていたので初日に訪問!その為、特にキレイで大きなイチゴがいっぱい!!

IMG_4461.jpg

 日本のイチゴ狩りは時間制でその場で食べるというシステムが多いですよね。それで結構なお値段がするので、そんなにしょっちゅうは行けないですよね。PYOはその場で食べるのでは無く、摘んだ分を後から量って清算する方法なので自分が必要な分だけをゆっくりと採ることができます。こちらのPYOは100グラム=1.35ポンドなので今のレートで計算すると200円弱。これをパック3つ分取ったので今回は約600円でした。もちろん甘くて美味しい!!


IMG_4434.jpg

 今週もまた行く予定です。この時期はイチゴが無くなったなーと思ったらフラッとPYOに出掛けます。娘達も大好きです。ここではもうしばらくするとラズベリーとグースベリー、カラント(日本名はスグリ)なども収穫できます。

 イギリス人の生活の一部でもあるPYO。国内にも数多くのPYOがありますので、ロンドンなど大きな街の観光ももちろん楽しいですが、レンタカーを借りて田舎のイギリスを覗いてみるのも楽しいですよ。この時期にいらしたらぜひPYOに寄ってみてください。また違ったイギリスの一面を発見できますよ☆


2017年6月 6日
2017年5月 8日
2017年4月26日
2017年3月21日
2017年2月 4日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ