海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > こうしてユーロはやって来た

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2002年1月18日

こうしてユーロはやって来た


メール プリント もっと見る

こうしてユーロはやって来た

2002年の元旦からユーロが流通しても、2月末迄はまだまだマルクが使えるし、たとえ使い切れなくても銀行で両替できるのだから...、と平静を装っていた私だが、クリスマス休暇を終えた頃からそわそわ落着かなくなってきた。
財布を覗くと、相変わらずマルクやペニヒ(マルクの下の単位)の小銭ばかりがジャラジャラ...。「この小銭、さっさと使ってしまわないと、後々両替するのがやっかいになりそうだなア」なんて、予め手持ちの小銭を数え上げてから、それに近い金額だけ買い物するように努めたりして、マルクを使い切る為に全神経を集中させ、すっかり気疲れしてしまった。そんな涙ぐましい努力の甲斐もなく、やはり小銭をどっさり抱えたまま新年に突入することになってしまった。


さて、休み明けの1月2日(水)。恐る恐る町へ出ると、昼過ぎなのに人影もまばらで、記念すべき「ユーロ初日」にしてはイマイチぱっとしない印象。いつものドラッグストアで要る物だけ選び、いよいよレジへ。この日ばかりは、自分の前に何人もの人がレジ待ちしていることにホッとする。前の人がどうやって支払うのか観察できるチャンスだから。そこでビックリ!皆、しっかりユーロで支払っているではないか!私なんて、マルクしか持っていないのに...。頭の中が混乱するうち、遂に自分の順番が来てしまった。買い物の合計額は9ユーロ。レジ係はもうすっかり手(口?)慣れた様子で、「マルクで払いますか?それともユーロ?」「マルクで。」と私。「17.60マルクです。」そこで私が20マルク札を出すと、「他にも小銭があれば受けますよ。」


全国にチェーン展開しているこの店では、ユーロ移行期の顧客向け特別サービスとして、使い切れなくて余っている旧通貨を引き取ってくれているのだ。即ち、9ユーロ(17.60マルク)の買い物をした私が、財布の中身全て(例えば52.76マルクという半端な金額だったとしても)を、きれいさっぱり支払ってしまうことができた。おつりは全てユーロでもらえるから、何と一瞬にして、財布の中身がユーロに大変身してしまったというワケ。


「なあーんだ、そうなのー。そういう仕組みなのー。そうならそうと早く言ってよー、最初から。もうホントに!!」 拍子抜けしたような、ホッとしたような心境。銀行へ両替に行く必要も無くなってしまった。


いやはや、マルクの小銭と格闘しながら、取り越し苦労で暮れた2001年。2002年は、「ドイツ人もなかなかフレキシブルになったものだなア」と、感心するところから始まった。某新聞社のアンケートでも、「ユーロへの移行はスムーズに進んでいる」と回答したドイツ住民が大半だったのも、もちろんうなづけます。


但し、個人経営の商店を始め、上記のような温情措置をとらないところも多々ある上、「当店ではマルクはお使い頂けません。」なんて張り紙を掲げている店さえあるほどですから、これからマルクで買い物しようと思っている方はどうぞご留意下さい。


1384.gif

支払う側も、受け取る側も、真剣そのもの。
当分の間は、レジで新通貨とにらめっこする日々が続きそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 生活・習慣・マナー
2002年1月18日
« 前の記事「ようこそ!新通貨「ユーロ」」へ
»次の記事「ツェッペリン ー 「空の貴賓席」へのいざない」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集