海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > 「ナウマン象」のナウマンさんは、ドイツ人の名前だっ...

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年3月21日

「ナウマン象」のナウマンさんは、ドイツ人の名前だった


メール プリント もっと見る

「ナウマン象」のナウマンさんは、ドイツ人の名前だった

小学校の日本史の時間に習った「ナウマン象」。「ナウマン」というのが、実はドイツ人の名字だと知ったのは、あの日本史の時間からウン十年も後のこと......ドイツに住むようになってからのことでした。

さて、そのナウマンさんの本名は、ハインリヒ・エドムント・ナウマン。ヨーロッパ初の白色磁器誕生地として有名なマイセンに1854年に生まれ、その後ミュンヘン大学で地質学を修了。若干20歳で博士号を取得した彼は、明治政府の招きでお雇い外国人として来日し、殖産興業に躍起になる政府の命により、日本列島に眠る未知の地下資源を発掘すべく、地質調査に乗り出しました。来日早々、東京帝国大学地質学教室の初代教授にも就任したナウマンは、「大島の噴火」、「富士山の標高」、「先史時代の日本の象」などをテーマとした数多くの論文・研究発表をしましたが、特筆すべき功績のひとつが、「フォッサマグナ」(糸魚川静岡構造線で有名)の発見でしょう。また、地質調査という地道で過酷な作業は、やがて日本初の地質学地図の誕生という形で、大きく実を結ぶことにつながりました。そんな功労者ナウマンが、日本に生息した象の化石研究の第一人者でもあったことから、後々発見された古代象が「ナウマン象」と命名されるにいたったのです。

さて、十年にも及ぶ日本滞在を終えて30歳でドイツに帰国したナウマンは、母校であるミュンヘン大学で教鞭をとるなど、ライフワークである地質学・資源調査に深く関わり続けました。ところで、こんなエピソードも残っているようです:ある年、ナウマンが、日本の起源・風習・宗教などを題材とした講演会を行った際、そのスピーチの内容に反感を抱いた森鴎外と真っ向から対決することになりました。その後も延々と新聞紙上で鴎外と一対一で論争を繰り広げたナウマンは、地質学分野のみならず、日本という国に関する自分の見解、知識にも高い誇りを持ち続けた人物だったことがうかがい知れます。

そんなナウマンは、母国ドイツでは残念ながらほとんど無名に近いのですが、日本では各所に関連展示がなされ、その功績が今も讃えられています..... というわけで、本日は日本のリンクを一件ご紹介したいと思います。

フォッサマグナ・ミュージアム (地球誕生のロマン、日本の起源を探る博物館。ナウマンの功績に関する展示も。於:新潟県糸魚川市)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2007年3月21日
« 前の記事「超豪華名門ホテル・アドロンに何と100ユーロで泊まれる!かも?」へ
»次の記事「春休みは温泉三昧」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集