海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > お客様、お靴をお脱ぎいただけますか?

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ 旧特派員 柴山 香

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年6月16日

お客様、お靴をお脱ぎいただけますか?


メール プリント もっと見る

お客様、お靴をお脱ぎいただけますか?

先日、日本に一時帰国した。

前回里帰りしたのがわずか一年前だったので、今回は、逆カルチャーショックもたいしたことなかろうと思っていた。が、やっぱり今回もイロイロ驚いた。

町を歩けば、やたらと注意書きが目につく。
ターミナル駅の地下道の薄汚れた壁には、10mくらいの間隔で「ここで寝泊まりしないでください」とか、「座り込み禁止」と張り紙してある。駅エスカレーターの乗り口には、「ここでは走らないでください」とか「追い越さないでください」と書いてあったが、この警告は120%無視されているようであった。

デパートやスーパーマーケットの休憩用ベンチ付近に目を移すと、ここにもやはり、「長時間の休憩はご遠慮下さい」とか、「他のお客様のご迷惑になる場合、警備員がお声を掛けさせていただきます」なんていう張り紙が、黒文字でドで〜っかく書かれている。これじゃ、買い物の合間に本当にひと休みしたくても、何となく憚られる雰囲気だ。
長時間居座り組が多発して、ほとほと手を焼いた果ての対策だろうが、私が見た限り、この張り紙がある場所では、座り込みも寝泊まりも見かけなかった。日本人は、あからさまに禁止してもらえれば、素直にそれに従うようである(ま、エスカレーターのように、例外も多いでしょうけどネ)。

さて、デパートのトイレに入いると、張り紙はさらに増える。「安全管理のため、従業員もこのトイレを使用します」というのは以前からよく見かけたが、「トイレ内ではお客様へのご挨拶を義務づけておりません。どうぞご容赦ください」というのは、昨年は見かけなかった。

ところで、話変わって、自分がほとほと情けなくなったのが、このブログのタイトルにもした出来事である。

今回の帰国中、タイトルのセリフを二度も言われてしまった。日本の習慣に不案内なガイジンさんが、本来靴を脱ぐべき場所にどかどか土足で上がり込み、「あ〜あ、もうっ!ガイジンさんだから、仕方ないなぁ」と呆れられる、アレである。

一カ所目は、都心の高層分譲マンションのモデルルームを見学した時のこと。建設ラッシュで、完成すれば即完売!という、大人気の高層マンションとやらを、ぜひ一度見てみたかったので、好奇心満々でモデルルームを見学に行ったのである。モデルルーム内部には、ふっかふかの黒絨毯が敷かれていたので、どこまでも靴のまま入いっていいと思い込んでいたら、本人が気づかぬうちに「土足禁止エリア」に侵入していたらしい。「お客様、恐れ入りますが、そちらはスリッパでご見学ください」と、やんわり指導されてしまった。よく見ると、周りの見学客は皆しっかりスリッパに履き替えているではないか。一体いつの間に....?一体どこで....?
ひとり慌ててスリッパに履き替えようとするも、羞恥心と動揺のため、履いていたサンダルが足に引っかかって上手く脱げなかった私である。

さてさて、お次は岩盤浴スパ施設でのこと。巷で人気の岩盤浴とやらも一度体験してみたいと思い、るんるん気分でスパ施設に出掛けて行ったのだが、その受付でまたまた注意されてしまった。「お客様、お靴を履き替えてからお越しくださいませ」。そう指摘されて後ろを振り返ると、自分がたった今通ってきた入り口にはしっかり段差があり、しかも下駄箱までずらーっと並んでいるではないか。段差と下駄箱の二段攻撃にも関わらず、「ああ、ここで靴を脱ぐのだな」と、どうして気づかずに素通りできようものか?

ここまで靴を脱ぐタイミングが判らなくなってしまうというのは、自分の日本人度がかなり低下してきている危険信号だ。「ここで靴を脱ぐのかな?」という疑いさえ持たず、周囲に指摘されるまで全く気づかないわけだから、このままでは困ったガイジンさんの仲間入り出来る日も近そうだ。

次回の日本帰国までには、余り間隔を空けないほうがよさそうだ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年6月16日
« 前の記事「太りすぎドイツに、喝〜っ!」へ
»次の記事「ダイハードを観る気がガゼン湧いてくるブログ」 へ
おすすめ記事
    フランクフルト特派員 新着記事
    フランクフルト、ノルドエンドのおすすめカフェ。
    フランクフルト 第二次世界大戦時の爆弾発見
    フランクフルト、深夜まで営業のスーパー
    アウトレットで賢くお買い物「ヴェルトハイムヴィレッジ」
    フランクフルト10月の気温、服装
    乗り換え時間でサクっと観光「マインツ」の魅力
    ドイツお土産ランキング②(ドラッグストア編)
    ドイツお土産ランキング(ドラッグストア編)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「そして、最後にドイツ人が勝つんだ。」
    ドイツ人はお暑いのがお好き?
    甲子園の土、いや、ベルリンの芝
    サッカーW杯・メラメラ炎天下のガラガラ野外観戦記
    ドイツ初戦勝利でお祭り騒ぎ
    サッカーW杯グッズ?「サッカーボール・ヨーグルト」

    ドイツ ツアー最安値


    2017/12/15更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フランクフルト特派員

      フランクフルト特派員
      柴山 香
      1986年に初めて訪れたドイツに、1995年より定住中。独日通訳・日本語教師・物書き・妻母業を兼任しながら、ドイツ(人)に感激したり激怒したり、感情の揺れ幅無限大の日々。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集